2018-11

官能小説レビュー

官能小説レビュー 第4回『相姦マンション【ふとももハーレム】』

官能小説レビュー『相姦マンション【ふとももハーレム】』 引用元: 今回紹介する官能小説は宮園貴志さんの『相姦マンション【ふとももハーレム】』です。 タイトルからそそられる感じがしますが、一体どのような作品なのでしょうか? ...
連載官能小説

連載官能小説『失命前の艶夜』第1回

失命前の艶夜 第1回 何もかもが嫌になっていた牧田利信は、死んでやろうと考えていた。 どこで死ぬのか考えた時、ビルの屋上から飛び降りるだとか、電車に飛び込むとかいろいろ考えたけれど、苦しいのは嫌であった。だからこそ、ホテルの一室で薬...
連載官能小説

連載官能小説『SかM』最終回

連載官能小説『SかM』最終回 自分がSかMなのかわからない。 だからこそ、こうして調べているのである。 Sプレイを楽しんだ後、次はMプレイに移行する。何となく興味はあるが、虐げられるのは少し嫌だ。それでも仕方ないだろう。 ...
古き良きAV女優紹介

古き良きAV女優 第9回『星崎アンリ』

古き良きAV女優  第9回『星崎アンリ』 引用元: AV女優になる理由は、人によってさまざまあるのですが、スカウトもあるようです。 今回は00年代~10年代初頭を席巻したAV女優「星崎アンリ」をご紹介します。 抜群のスタイル...
連載官能小説

連載官能小説『SかM』第2回

連載官能小説『SかM』第2回 大輔は苦痛に顔を歪めていた。 彼は一般的な男子高校生である。それ故に、アナルを弄られた経験はない。自分でも全く触ったことすらないのだ。彼とって、アナルは排泄器官であり、快楽の対象ではなかった。拡張もせず...
官能小説家の日常

果たしてどうなる?官能小説の文学賞に投稿

官能小説の文学賞に投稿! 官能小説の出版社というと、有名なところはフランス書院ではないでしょうか? 私も、フランス書院の官能小説はよく買います。 黒い装丁でなんとなくエロスを感じますよね。 官能小説家を目指している人なら知ってい...
連載官能小説

連載官能小説『SかM』第1回

連載官能小説『SかM』第1回 「あんたってさ、SとMどっち?」 と、徐に雨宮麗禾は呟いた。 今、彼女の前には幼馴染である中谷大輔がいる。 「SかM? 何だよ急に」 「だから、あんたはSなの? Mなの?」 幼馴...
連載官能小説

連載官能小説『新たなる世界』最終回

連載官能小説『新たなる世界』最終回 隆の自宅のインターフォンを押すと、少しの間沈黙があった。 しかし、コチラの向かってくる足音が聞こえてくる。 ガチャとトビラが開き、中から隆が出てきた。 「そろそろ来ると思ったよ」 ...
連載官能小説

連載官能小説『新たなる世界』第3回

連載官能小説『新たなる世界』第3回 「やぁ。やっぱり来たね」 見透かした表情で隆は告げる。 性懲りもなく来てしまったのは事実だ。 聡子は、新しい世界というものが、どんなものであるのか、この目で確認したかったのである。 ...
連載官能小説

連載官能小説『新たなる世界』第2回

連載官能小説『新たなる世界』第2回 次の講義の時間は英語であった。 大講義室で行う講義とは違い、英語の講義は、小さな教室で行う。 聡子は教室に入ると、なるべく目立たない後ろの方の席に座った。 彼女がマイクロミニのスカート...
タイトルとURLをコピーしました