連載官能小説『誘惑する義母』第2回

連載官能小説『誘惑する義母』第2回

(茉優さんの指先、なんて気持ちいいんだ)

指先でペニスを弄られ、そんな風に感じる孝之。

彼は自分の以外の人間にペニスを握られた経験はない。

それ故に、新しい快楽に感動していた。自分以外の人間にペニスを握られ、さらにしごかれると、それだけで気持ちよくなってしまうのである。

茉優はかなり慣れているのか、そこまでスピードを上げずに、ゆっくりとしたペースでペニスをしごいていく。

亀頭の先端から、我慢汁が迸り、それが茉優の指先に付着する。

「もう、こんなに精液が出ているわよ」

茉優はそんな風に言うと、ニコッと笑みを浮かべる。

茉優の手は非常に柔らかく繊細である。そのため孝之のごつごつした手とは違い、しっとりとした感覚でペニスを覆っていった。これで、興奮するなという方が無理である。孝之のペニスは、時間が経つにつれて、どんどんと固くなっていく。

「うふふ。孝之君のおちん×ん。ますます大きくなっているわよ」

「ま、茉優さんが素敵すぎるから」

「違うでしょ。私はあなたのお母さんなのよ。お母さんって呼んでもらわなくちゃ」

「でも、なんか年齢的に、母親っていうよりも、姉っていう感じがするんです」

「私が若く見えるってことね。そう言ってもらえるのはありがたいわ。でもね、一応私はあなたの母親になるんだから、お母さんって呼んでもらいたいの」

「はい。お、お母さん」

「いい子ね。ご褒美に舐めてあげる」

茉優はミディアムヘアをかき上げると、耳にかけて、口元を、孝之のペニスに近づけた。

そして、下の先でチロチロとペニスの先端を舐めまわしていく。

すると、彼女の下の先に、孝之の我慢汁が付着した。

「孝之君の精液、美味しいわ。若いオスの味がするのね」

「は、はぁそうでしょうか」

「どうしてもらいたい?」

「そ、その、口に含んでもらいたいです」

「そうね。あなたのおちん×んも舐めてもらいたくてたまらないみたい」

舌先でペニスを弄っていると、やがて茉優は、口をペニス近づけ、咥えこんだ。

ぬめぬめとした口内の触感が、孝之のペニスを覆っていく。

(あ、温かい。それに気持ち良すぎる)

孝之は、あまりの気持ちよさに体をガクガクと震わせた。

ねっとりとした舌の熱で、ペニスは蕩けそうになっている。ますます興奮した孝之は、仰向けになりながら、ただただ感動していた。

ふと力を抜いてしまうと、たちまちイってしまいそうになる。しかし、この気持ちよさをずっと堪能していたい。そう考えると、すぐにはイケない。何とか耐えるしかないだろう。

(すごく、気持ちいい。持つかな?)

一抹の不安を覚えながら、孝之はご奉仕を受ける。

茉優のフェラのペースが少しずつ上がっていく。

口をすぼめ、ペニスを吸い取るように、動かしていく。

すると、たちまちペニスが搾り取られるような感覚になり、捉えようのない快楽が広がっていく。

くちゅくちゅという、卑猥な音が鳴り響き。二人のHな時間が流れる。

孝之は仰向けになりながら、恍惚の中にいた。

とにかく、気持ちがいいのである。これはマスターベーションでは感じられないレベルだ。フェラチオがここまで気持ちいい行為であるとは思わなかった。もっと堪能していたい。しかし、そろそろ限界も近い。お尻をきゅっと引き締めながら、懸命に快楽と戦う孝之であったが、もう耐えられそうにない。

「お、お母さん、もうイキそうなんだけど」

「イキたいの? まだ駄目よ」

そう言い、茉優はフェラチオのペースを落とし、一旦、ペニスを咥えるのを止めた。精液と唾液でぬらぬらとしたペニスは、ピカピカと光っている。

途中でお預けを食らった孝之は消化不良を感じている。折角気持ちよくイケそうだったのに、それを中途半端に止められてしまった。

「お母さん、僕イキたいよ」

「孝之君、まだ我慢しなくちゃ。これからもっと気持ちよくしてあげるんだから」

「もっと?」

「そう。今度は四つん這いになりなさい」

「四つん這いに? でも」

「いいから早く。お母さんの命令よ」

「わ、わかりました」

言われるままに、孝之はベッドの上で四つん這いになる。

その姿を茉優は恍惚とした表情で見つめている。彼女は、孝之のお尻の方に体を進めると、お尻を高く上げさせた。すると、お尻の穴まで丸見えになる。

「お、お母さん恥ずかしいよ」

「可愛いわね。お尻の穴まで丸見えよ。でもとっても綺麗」

茉優は両手でお尻を掴むと左右に押し開いた。すると、孝之のアナルがくいっと顔を出す。

茉優は、徐に顔を近づけると、舌先でアナルの周りを刺激し始めた。決して、アナルの中心を責めず、じらすようにして周囲を舐めまわしていく。

それと同時に、茉優は孝之の足の間から手を回し、後ろからペニスを握りしめ、しごき始めた。あくまでゆっくりと動かすように……。

一方、孝之はアナルの周囲を舐められて悶えていた。本当は、アナル自身を舐めてもらい。しかし、このじらしも絶秒な形となっており、より一層孝之の興奮を高めていく。

「お、お母さん、周りじゃなくて、中心を舐めて」

「どうしてかしら?」

「もっと気持ちよくなりたいんだ。周囲だけじゃ足りないよ」

「お母さんに命令するなんて、悪い子ね、そういう子には途中で止めちゃいます」

茉優は徐にアナルの周囲を舐めるのを止め、代わりに臀部を舌で舐めまわし始めた。同時に、ペニスを弄る手も休め、完全に離してしまった。

一気に現実に引き戻された孝之は、悶え苦しんだ。本当はもっと気持ちよくなりたいのに。それを止められてしまい、おかしくなりそうだった。

「お、お母さん、お願いただから止めないで」

「でもね、お母さんに命令するような悪い子は嫌いよ」

「お願いします。命令じゃなくてお願いしているんです」

「うふふ……、なんてね冗談よ。ちゃんとイカせてあげるから心配しないで」

そう言うと、茉優はアナルの中心部を舌で舐めまわし始めた。

圧倒的な快楽が孝之を襲う。アナルを舐められる屈辱的な行為が、堪らなく気持ちいのである。

アナルを舐められているだけなのに、ペニスはギンギンに硬くなり、どういうわけか気持ちよくなっていく。このままイってしまうかもしれない。

「おちん×んもしごいてあげるわね」

茉優はペニスを握りしめ、同時にアナルを責めた。

二か所を同時に責められ、孝之のボルテージもクライマックスを迎える。

「お、お母さん、もう駄目、イキそうだよ」

「そう、なら思い切りイキなさい。お母さんが悪い膿をすべて出してあげるから」

孝之はオルガスムスを感じ、ペニスが収縮し、気持ちよさのマックスを迎える。

「あ、イクゥ」

びゅるびゅる、どびゅ!

勢いよく射精をする孝之。

彼の精液は大量に迸り、ベッドや茉優の手を汚した。

「こんなにたくさん。本当に溜まっていたのね」

「うん。ゴメン、ベッドを汚しちゃって」

「後で洗濯すれば問題ないわよ。でもこれで終わりじゃないでしょう」

「え?」

「本番はこれからよ。お母さんともっとHなことしてみない」

「それってつまり」

セックスをするって意味だろうか?

当然、このまま快楽に溺れ、セックスをしてみたい。

しかし、孝之と茉優は一応親子なのである。

親子でセックスするなんて、倫理に反する禁断行為だ。

だからこそ、孝之は迷っていた。

「で、でも、僕ら親子だし」

「そんなの関係ないわ。私は孝之君にもっと気持ちよくなってもらいたいの。つまりね、子供の成長を望んでいるのよ。親として当然の感情かな」

「で、でもいいの。その、僕童貞だし、どうしていいのかわからないんだ」

「大丈夫。心配しないで、お母さんが一緒なんだから」

「う、うん、じゃあお願いします」

「お母さんとセックスしたい?」

「したいです。お願いします」

「いい返事ね。じゃあここに挿れて」

そう言うと、茉優は仰向けに横になり、そして足を広げた。

綺麗なサーモンピンクのあそこは、ぬらぬらと濡れており、男性器を迎え入れる準備が整っている。

ごくりと生唾を飲む孝之。

彼のペニスはイッたばかりだというのに、既に回復して大きくなっていた。

「い、挿れればいいんだね、お母さん」

「そう、ゆっくりね。さぁいらっしゃい。孝之君」

孝之はペニスを持ち、茉優のあそこに照準を合わせる。

今日、孝之は童貞を卒業し大人になる。

二人のセックスは、こうして幕を開けた――。

 

〈続く〉





Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください