短編官能小説『痴漢プレイ』

短編官能小説『痴漢プレイ』

芹沢雄二のクラスメイトで、パッとしない女子生徒がいる。

その少女の名は、宮内瑞希十六歳。

雄二と瑞希は同じ電車に乗り、高校に通っている。但し、それほど話すわけではない。ただ、クラスが同じだけで、特に会話はしないのである。しかし、ある日、雄二は瑞希に呼ばれ、放課後の屋上に赴いていた。

雄二の通う私立K学院は屋上に立ち入りができるのであるが、殺風景な場所であり、あまり利用する人間はいない。それ故に、放課後の屋上はひっそりとしていた。第一、何故瑞希に呼ばれたのは不明である。今まで特に話したりしなかったのだから、その分奇妙に感じられた。

雄二が屋上に向かうと、既に瑞希の姿があった。ここで、宮内瑞希について少し説明しておこう。瑞希の身長は一六〇センチくらいで、それほど高くない。さらに痩せ型であり、肩まで伸びた髪の毛が、若干茶色に染まっている少女である。ルックスもそれほど悪くはないのだが、全体的に地味な印象があり、言うほど人気があるわけではない。

つまり、完全にパッとしない普通な少女である。女子高生と言うと、スカートが短い傾向があるが、瑞希のスカートはそれほど短くなく、校則に順守している。真面目な少女なのだろう。そんな風に雄二は考えていた。

ひっそりと静まり返った屋上で、雄二は瑞希に向かって尋ねた。

「あのさ。用って何?」

もしかすると、告白されるかもしれない。

屋上で告白する人間がいることを、雄二は知っていた。それだけに、心は半分浮ついている。

「うん。実はね」

答えにくそうに、瑞希は囁いた。

僅かに沈黙が流れるが、すぐに瑞希が声を出した。

「あのさ、芹沢君って痴漢とかしたことある?」

「は?」

あまりの質問に、雄二は面を食らう。

痴漢? 一体何を言っているのだろう……。

「だから、痴漢。電車の中で女の人に性的な悪戯する行為」

「それは知ってるよ。それに、俺は痴漢なんてしたことないよ」

「そう。してみたいとは思うの?」

「思わないよ。だって犯罪だろ」

「本当に?」

「本当だよ。一体なんだよ。いきなり呼びつけたと思ったら、痴漢の話なんて、ちょっと普通じゃないぜ」

「うん。実はね。あたし、痴漢されたことないの。多分、パッとしないから……」

「そうなの。いいじゃないか。痴漢されるなんて気持ちのいい行為じゃないだろう」

「でも周りのクラスメイトには、結構多いのよ、登下校中の電車内で痴漢されるって」

「へぇ……。そうなんだ。女子は色々大変なんだな」

「うん、それでね、あたしも痴漢されてみたいの」

「へ? お、おま、何を言ってるんだ」

と、慌てて答える雄二。

対する瑞希も顔を真っ赤にさせている。真っ赤になりたいのは、こっちの方だと、雄二は突っ込みたくなる。

「だから、痴漢されてみたいの。それでね、その痴漢役を芹沢君にしてもらいたくて」

「な、なんで俺なんだよ」

「気づいていると思うけれど、あたしと同じ電車を使って、同じ駅で降りるのって芹沢君だけなのよ。あんまり知らない人に痴漢されるのって抵抗あるし、それなら優しそうで、同じ駅を利用している芹沢君がいいかなって」

優しい人。

そう言われると、悪い気はしない。信頼されている証拠だろう。

しかし、お願いが常軌を逸している。どこの世界に、痴漢をしてくれとクラスメイトに頼む人間がいるのだろうか?

「あのさ、一つ聞くけど、どうして痴漢されたいんだ?」

と、雄二が尋ねると、瑞希はすんなりと答えた。

「なんていうのかな。経験してみたいの。どんな感じなのかなって。それにパッとしない印象が変わると思うし……」

「痴漢ってその、Hなことするんだぞ。それでもいいのか?」

「芹沢君ならいいよ。だからお願い」

あまりに、必死に懇願されるので、雄二も断れなくなった。

こうして、彼は痴漢役を引き受けたのである。

 

 

下校中の車内――。

時刻は午後五時。朝方のラッシュ時に比べると、車内はそこまで混雑していない。

しかし、座れるほど、余裕があるわけではない。

瑞希と雄二は同じ車両に乗り、目立ちにくい、車両の連結部分まで足を進めると、そこで二人縦に並んだ。つまり、瑞希が前に、そのぴったり後ろに雄二が立ったのである。

「じゃあ、やるぞ、いいんだな?」

「うん、お、お願い」

再確認し、瑞希の同意を得た後、雄二はスッと手を伸ばした。

そして、瑞希のスカートの中に手を入れる。

白い、下着の生地が雄二の手に触れる。それに妙に温かい。

雄二は普通の高校生であり、当然痴漢の経験はない。だからこそ、どうすれば、瑞希が望む痴漢行為ができるのか、皆目見当がつかなかった。

それでも引き受けた以上、見様見真似でやるしかない。

お尻部分を撫でまわしながら、雄二は瑞希の様子を見る。

瑞希は前を向きながら、顔を赤くさせている。そして、時折、「あん」と小さな声を上げる。

(そ、そんな声を出すなよな)

あまりに、甘い声であるので、雄二も興奮してくる。

健全な高校生である雄二のペニスは、勃起し始め、先端から我慢汁が溢れ始めた。

雄二は下着の隙間から指を入れて、生のお尻に触る。見たわけではないのだが、温かく、すべすべとしている。だんだんと興奮してくる雄二。

彼の興奮のボルテージも上がってくる。

そんな中、瑞希が囁くように言った。

「もっと、大胆にしてみてよ」

「大胆に?」

「うん。お尻じゃ物足りないの」

「本気か?」

「大マジよ。だからそっちも本気で痴漢して」

本気の痴漢。

それがどんな行為なのか不明だが、雄二は、お尻を触るのを止め、今度は、手を前方の方に回した。女性の三角地帯。そこに雄二の手が伸びる。

そして、下着越しに三角地帯を優しく撫でまわす。

「ふ、ふぁ」

徐に瑞希の声が漏れる。

それ聞いた雄二は慌てて、

「お、おい、あんまり声出すなよ。疑われるだろ」

「ご、ごめんなさい、ただびっくりしちゃって」

「続きしてもいいのか?」

「うん」

「じゃあもっと大胆に行くぞ」

そう言い、雄二は、下着の中に手を突っ込んでいく。

すると、瑞希の陰毛に指が触れた。

指先で触れただけであるが、妙に興奮してくる。この下には、女性の大切な部分が隠されている。

雄二は童貞である。そのため、女性器を見た経験はないし、どう触っていいのかわからない。しかし、陰核を触れると気持ちよくなるというのは、Hな本を読み知っていた。

(クリトリスを触ればいいのか?)

常に手探りである雄二は、陰部に指を伸ばし、そこをじっくりと撫でまわした。

「う、うぅ、あん……」

僅かに瑞希の声が漏れる。

その声を聞いていると、雄二もおかしくなっていく。

何かこう、もっと触ってみたくなるのである。

(確か上の方にあるんだよな、クリトリスって)

具体的な位置がわからない雄二は、いたずらに小陰唇を撫でまわし苦戦をしていた。

指で触れ続けていると、微かに指先が濡れ始めた。しっとりした愛液が雄二の指先に付着し、それが一層彼の興奮を高めていく。

(ぬ、濡れてる……。こ、興奮しているのか)

「芹沢君、も、もっと触って、奥の方を」

そう言われ、さらに大胆に指を動かす雄二。

彼は小陰唇から膣口に指を回し、さらに膣内に指を押し入れ、ゆっくりとかき回していく。

彼女の秘部からは愛液が流れ始めており、それで指はスムーズに動く。

ぬめぬめとした触感。人指し指で膣壁を押すように刺激し、さらに親指で陰核を刺激する。

実際に見ていないので、詳しくはわからないが、豆のような突起部分に親指が当たった。その瞬間、瑞希の体がビクンと震えた。

「く、くぁ、ふぁ……」

「き、気持ちいいのか?」

囁くように告げる雄二。すると、瑞希は前を向いたまま、

「う、うん。芹沢君って上手なのね」

「そんなことないよ。完全に見様見真似さ」

「と、とにかく続けて」

「わかった」

そのまま陰核を刺激しながら、膣内をピストンするように指で動かしていく。

一層、愛液は流れ出し、それがぴちゃぴちゃと音を立て始めた。

今のところ乗客は気づいていないが、何かこう、本格的に痴漢をしているような気分になる。

「なんか変。どうしよう」

「え?」

「もっと触って」

雄二は、膣内から指を抜き、親指と人差し指で、陰核を摘まむように刺激していく。

すると、瑞希の体に電流が走る。

「い、イキそう」

瑞希はそう言うと、恍惚とした表情のまま、膣内を激しく収縮させた。

痙攣に近い衝撃が走り、瑞希はガクッと膝を折った。

一斉に車内の人間の視線が突き刺さる。

咄嗟に指を下着から離し、瑞希を支えるように手を差し伸べる雄二。

「だ、大丈夫か? 宮内?」

「う、うん、ごめんなさい。ただ気持ちよくなりすぎちゃって、足が砕けたっていうか」

「と、とにかく今日はこれで止めよう。怪しまれてるし」

「そうだね……」

 

 

二人は同じ駅で降り、改札口で佇んだ。

「芹沢君、今日はありがとう、なんか痴漢される気持ちがわかった」

「ならよかったよ。役に立てたみたいで」

「そ、そのまた今度してくれない。なんか気持ちよかったし、もちろんお礼もするから」

「い、いいのかよ」

「う、うん、何事も経験だし」

「なら、付き合ってやるよ。それで満足なんだろ」

「ありがと。じゃあまた明日ね」

「なぁ、お前はパッとしなくなんてないよ。ちょっと、可愛いと思うし。自分に自信持てよ」

そう言うと、瑞希は顔を赤くしながら、

「褒めてくれるんだね。嬉しいよ。芹沢君には感謝しているから。これからも宜しくね」

こうして二人は別れた。

それ以降、二人は時折、車内で痴漢プレイを楽しむ仲になったそうである。いずれにしても、それはまた別の話――。

 

〈了〉

 





Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください