連載官能小説『SかM』第1回

連載官能小説『SかM』第1回

「あんたってさ、SとMどっち?」

と、徐に雨宮麗禾は呟いた。

今、彼女の前には幼馴染である中谷大輔がいる。

「SかM? 何だよ急に」

「だから、あんたはSなの? Mなの?」

幼馴染とはいえ、異性からSMの話を振られ、大輔は聊か困惑する。

それに、自分がSかMなんて考えたこともない。

「わかんないよ」

「どうして? 気にならないの」

「それはまぁ、どっちかは気になるけれど。……って、そんなの麗禾には関係ないだろ」

「ねぇ。一つ提案なんだけどいい?」

「提案?」

「うん。私さ、自分がSかMなのか知りたいのよ。だから、あんたには協力してもらいたいわけ」

なんだか話が変な方向に進んでいる。

困惑しながら大輔が眉根を寄せると、次いで麗禾が言った。

「まずは、私にSっ気があるか確かめたいの」

「S……。つまりサディスティックかどうかか」

「うん。だからあんた実験台になりなさい」

「ちょっと待て。どういう意味だ?」

「こういう意味よ」

そう言うと、麗禾は立ち上がり、机の方へ向かった。

今、二人がいるのは、麗禾の一室である。幼馴染である二人は、時折どちらかの家に行き、こうして喋る時があるのだ。

麗禾は机の引き出しから何やら取り出した。

「それは?」

遠目でよく見えない。不思議に思った大輔はそう尋ねた。

「見てわからないの。これは首輪よ」

首輪。確かに犬につけるような首輪である。

しかし、なんでそんなものを持っているのだろうか?

「あのさ、一つ聞くけどそれで何をするの?」

「決まってるでしょ。こうするのよ」

弾丸のように大輔に向かってくる麗禾。

そして、素早く彼の首元に首輪を装着させた。

少し、首元が苦しい。そんな風に思いながら、大輔は囁いた。

「何を」

「どう、気持ちいい?」

「気持ちよくないよ」

「ゾクゾクしないの?」

「今のところ全く……」

「あんたってMじゃないのかしら」

「こんな風にいきなり首輪をつけられたら、誰だって困惑するよ」

「そうかもね、もう少し実験しないと。服を脱ぎなさい」

「……なんでだよ?」

「昔は一緒にお風呂入った仲じゃない。それくらいできるでしょ」

「仮に服を脱ぐとしても、首輪が邪魔で脱げないよ」

「それもそうか……」

麗禾は一旦首輪を外すと、再び大輔に向かって服を脱ぐように指示を出した。

迷った大輔であったが、彼は頑なに拒んでいた。いくら幼馴染とはいえ、男女である。女性の前に裸体を見せるなど、できなかった。しかし、麗禾は納得しない。

「早く脱ぎなさいよ。そうしないと、大声で叫ぶわよ」

「なんでそうなる?」

「それかあんたが変質者だって言いふらす」

「濡れ衣だ!」

「とにかく脱いで、悪いようにはしないから」

仕方なく上半身を裸にする大輔。

ほっそりとしたスリムな肉体が露になる。

「下も脱ぐのよ」

「下? ば、馬鹿、お前正気か?」

「正気よ。これは実験なの。とにかく脱いでよ」

「い、嫌だよ」

「なら大声出す。そんであんたに酷いことされそうになったって言いふらす」

「それは勘弁してほしい」

「なら脱ぎなさい」

麗禾はやや強引なところがある。

それを、長年の付き合いで大輔は知っていた。あまりに抵抗しないほうがいいだろう。

仕方なく彼はズボンを脱ぎ、下着だけなった。

下着だけになると、麗禾は再び大輔に首をつけて、四つん這いで歩かせ始めた。

「どう、興奮する?」

「全くしないよ。こんなんで興奮するような奴はきっと病気だ」

「おかしいわね、やっぱSなのかしら。Mっぽい顔をしているのに」

「もういい? 寒いから服を着たいんだけど」

「駄目よ。まだ実験はこれから。仕方ない。ならこっちもやるしかないわね」

何を思ったのか、麗禾も一枚ずつ服を脱いでいき、あっという間に、下着姿になった。

シンプルな白のブラとショーツ。高校生らしい清々しさがある。

「な、なに脱いでんだよ」

「だから言ってるでしょ。SかMなのか確認するって」

下着姿のまま、麗禾は首輪を持ち、さらに高圧的な態度になる。

大輔は、幼馴染の裸体に近い姿を見て、少しずつ興奮し始めた。

あそこが反応してしまったのである。

咄嗟に、股間部分を手で隠す。勃起してテントを張り始めている。

その姿に、麗禾は気づいた。

「なんで手で隠すの?」

「いや、その」

「手をどけなさい」

「無理です」

「叫ぶわよ」

「わ、わかったよ」

大輔は手を外した。すると、ボクサーパンツがテントを張り、中でペニスが熱く隆起していた。

「Mなのかもね、興奮しちゃったんだ」

「言うな。仕方ないだろ」

「どうしてほしい?」

「服を着たい」

「嘘言わないで。本当はもっとしたいんじゃない。例えばこんなのはどう?」

麗禾は首輪を持ちながら、座り込み、M字に開脚した。

女の子の大切な部分が見えそうになって、大輔は食い入るように見つめてしまった。

すると、麗禾は脚で大輔の顔面を蹴った。

ドフ!

鈍い音がして、大輔は蹴られた場所を押さえる。

「な、何すんだよ」

「如何わしい目で見ているからよ。そう言う人間にはこれよ」

一旦立ち上がると、彼女は机の中から、黒革の鞭を取り出した。

「お、おいおい。そんなものどこで?」

「通販で買ったのよ。便利よね。あんたには丁度いいわ」

そう言い、麗禾は鞭で大輔の体をぴしぴしと叩いた。

若干手加減しているとはいえ、かなり痛い。大輔は苦痛に顔を歪めていた。

「あ、なんかちょっと楽しいかも。あんたはどう? 興奮してる?」

「馬鹿言うな? こんな凌辱されて誰が興奮なんか」

「その割にあそこはビンビンみたいだけど」

確かに言うとおりであった。

何か虐げられているのに、興奮してしまう自分がいるのだ。

もっとしてほしい。そんな気持ちが沸き上がってくる。

大輔はそんな気持ちの変化に驚いていた。

(僕、Mなのかな?)

若干の恐怖はある。

「四つん這いで歩きなさい」

高圧的な態度で、麗禾は呟いた。

言われるままに、首輪に繋がれたまま、大輔は部屋を四つん這いで歩いた。

その姿はまるで人間犬のようである。

ペニスは硬く勃起し、先端からは我慢汁が溢れていた。

「あのさ。僕変な気分になっているんだけど」

「奇遇ね。実は私も、ゾクゾクしているの」

「ゴメン。僕もう駄目かも」

そう言った瞬間、興奮した大輔は麗禾に襲い掛かった。

若い性欲が一気に爆発した形である。

「な、何してんのよ。放しなさい」

麗禾は勢いよく首輪を締めて大輔を引きはがす。

あまりに首をきつく締めたため、呼吸困難になった大輔は、その場で蹲った。

「牡犬! あんたってホント変態ね。そんな牡犬はお仕置きよ」

麗禾は猛り狂っている。

黒く撓る鞭で、何度も倒れた大輔を打ち始めた。

「ご、ゴメン……、痛いよ、麗禾。叩くの止めて」

「なら言うことを聞くのよ」

「わかりました」

「じゃあ次のステップに進みます。大輔、下着を脱ぎなさい」

「でもそうすると、大事な部分が見えてしまうけど」

「見たいからいいのよ。早く脱ぎなさい。もたもたしてると、またぶつわよ」

「わ、わかったよ、人使い荒いんだから……」

仕方なく大輔はボクサーパンツを脱いだ。

勃起したペニスはギンギンに熱くなっている。早くこの興奮を諌めたい。

「勃起しているのね。どうしてほしい?」

「う~ん、舐めてほしいかな」

「馬鹿!」

麗禾は躊躇なく大輔の股間を蹴り上げた。

「ふぐ!」

あまりの痛みに悶絶する大輔。

「あ、あのなぁ。ここは男子の大切な場所で」

「舐めろなんて言うからよ。でもいいわ、そのままの状態でいなさい」

麗禾は首輪を持ったまま、大輔の後ろに向かう。

この時、大輔は再び四つん這いになっていた。そんな彼の股間に手を回し、麗禾はペニスを握りしめた。

「ち×ぽって固いのね。それに変な液が出てるし」

そう言いながら、麗禾はペニスをしごき始めた。

Hな小説などを読み、男性のマスターベーションの方法は熟視している。

彼女は、大輔のペニスをしごきながら、空いたもう片方の手で背中を叩いた。

大輔は興奮していた。

鞭で叩かれるのは痛くて嫌なはずなのに。こうして叩かれながらペニスを弄られると、どうしても気持ちよくなってしまうのである。

(なんでこんなに気持ちいいんだろう)

その理由が知りたい。

しかし、都合のいい答えは思い浮かばなかった。

「イキそうになったら言うのよ」

麗禾の手の動きが早くなる。

四つん這いにされ、凌辱を受けているのに、大輔はどんどん気持ちよくなっていった。

やがて、気持ちよさがマックスを迎えると、イキそうになってくる。

「まずい、麗禾、イキそうだ」

「まだ駄目よ」

イクと聞いた麗禾はペニスをしごくのを止めた。

そして、一旦立ち上がると、勢いよく大輔の首を絞め上げる。

「く、苦しい! こ、殺す気か」

「イクのは駄目。だからお仕置きしたの」

「でもなんで止めるんだよ。イカせてくれよ。これじゃ生殺しだ」

「なんかさ、いまいち私が気持ちよくないのよね。何となく、ゾクゾクはするんだけど、後少し何かが足りないっていうか」

「知るか!」

「仕方ない、レベル2に進むわ」

再び、麗禾は机に向かい、そこから次なるアイテムを取り出した。

それは、黒光りするペニスバンドであった。

「それは?」

と、不安そうな顔で大輔が尋ねる。

「これであんたを調教するわ。ほら舐めなさい」

麗禾はペニスバンドを装着すると、それを大輔の口元に持っていき、舐めるように強要した。

「い、嫌だよ」

「じゃあこれ以上気持ちよくさせてあげない。それでもいいの」

「わかりました。やります。だから気持ちよくしてください」

犬のようにペロペロとペニスバンドを舐める大輔。

たっぷりと唾液を含ませて、ペニスバンドを舐め上げると、ぬるぬるとした唾液でペニスバンドが汚れていった。

「そろそろいいわ。そのまま四つん這いでいなさい」

「な、何をするんだ」

麗禾は大輔のお尻を左右に押し開くと、アナルに向かってそのペニスバンドを突き立てた。

まだ、未熟な大輔のアナルは、なかなかペニスバンドを飲み込まない。

しかし、それでも強引に麗禾がアナルにペニスバンドを挿入させた。

「入ったわ。さぁ行くわよ!M男」

「うぐぅ。い、痛いよ、麗禾」

「我慢しなさい、すぐに気持ちよくなるから」

男女が入れ替わったアナルセックスがこうして始まろとしている――。

 

〈続く〉





Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください