連載官能小説『失命前の艶夜』第2回

連載官能小説『失命前の艶夜』第2回

セックスなんて、本当に何カ月ぶりだろうか?

理沙のパンティに手をかけながら、利信はそんな風に考えていた。

女性ものの下着触れたのは、久しぶりである。

死のうとしていたから、きっと二度と触ることはないだろうと感じていた。

ゆっくりと下着を下ろしていく。

すると控えめに生えた陰毛が見えてくる。恐らく、ムダ毛の処理をしているのであろう。Vラインはキレイに整っており、ムダ毛が全くなかった。それでいて、白く透き通る肌が、どこまでも魅力的に見える。

次に利信はブラジャーに手をかけた。

胸も見たい。彼は興奮の中にいた。背中のホックを外し、ブラジャーを取ると丸みのあるバストが露になる。

理沙の胸は決して大きくはないが、おわん型をした膨らみが印象的であり、さらに形がよかった。いわゆる、美乳である。うっとりしながら利信が見惚れていると、恥ずかしそうに理沙が囁いた。

「あ、あの、あんまり見られると恥ずかしいです」

「ご、ゴメン。だたあまりにキレイで」

それは正直な印象であった。

この体をいつまでも見ていたい。そんな風に思えるのである。

それに、なぜこんな関係になっているのだろうか?

いつのかにか、性的な関係になっていることに、利信は不思議な印象を抱いていた。

普通に、こんな女性を抱く経験なんてしないだろう。

自分はモテないし、これからも結婚だってするのかわからない。30歳を過ぎても、うだつの上がらない生活を送っているから、女性関係は無縁なのだ。

膝立ちになっている理沙を、ゆっくりと利信は押し倒していく。

そして、仰向けになった理沙の胸を揉み、その感触を味わった。

(や、柔らかいな)

久しぶりに触る、女性の乳房。それは感動的な位柔らかく、利信の神経を刺激していく。

「ふ、ふぁ。くすぐったいです」

と、理沙の声が漏れる。

そんな甘い声を聞きながら、利信はさらに胸を揉みながら、乳首に口をつけた。

そして、赤子が母乳を飲むように、ちゅーちゅーと吸い始める。

もちろん、母乳などは出ない。しかし、どこか甘い蜜の味がするのは事実だ。

女性特有のうっとりとさせるような香りが漂っている。女臭と一緒に、香水の匂いが入り混じり、興奮させるような香りが充満し始めた。

利信は右手で胸を触り、さらに乳首を責めながら、左手は彼女の恥丘に向けた。指であそこをまさぐるように触れると、理沙の喘ぎ声が漏れる。

そして、膣口に指を当てると、若干であるが濡れているのがわかった。

(濡れてる。興奮しているんだ)

そう思うと、どこか嬉しくなってくる。

膣口を指で触れ、さらに膣内に指を挿入していく。

濡れているため、すんなりと指が膣内に吸い込まれていく。

温かい。指先で体温を感じながら、くりくりと膣内を指で動かし、刺激していく。

理沙も利信が指を動かしやすいように、足を広げて、官能の中にいる。

やがて、胸を弄るのを止めた利信は、陰部に口を近づけていく。

甘酸っぱい匂いが鼻を突き、どんどんHな気分にさせていく。つい先ほど、射精したばかりなのに、利信のペニスは既に復活し、ギンギンに勃っていた。先端からは透明の我慢汁が溢れている。

クンニリングス……。

舌を出し、丁寧に、陰部を舐める利信。

「き、気持ちいです。温かい感じ」

理沙は快楽に身を捩らせながら、目を閉じ、甘い声を出す。

利信は、舌で女性器を舐めまわしていくと、指で陰核の包皮を向き、女性の敏感な部分であるクリトリスを舐め始めた。

「あん、そんな場所を……」

クリトリスを舐めた瞬間、理沙の体がビクンと跳ねた。

それでも気にすることなく利信はクンニリングスを続けていく。

馨しい香りが、利信の体を包み込み、より一層興奮させていく。この匂いを嗅いでいると、どんどんおかしな気分になっていく。本当に死のうとしていたのかさえ、わからなくなるのだ。

クリトリスを舌で弄りながら、空いた右手で膣内に指を入れ、ピストンさせていく。最初はゆっくりと動かし、徐々に動きを大きくしていく。

「あん。そんなにかき回したら、おかしくなっちゃいます」

指を膣内の奥まで入れ、刺激していくと、理沙の体もそれに合わせて動いていく。

どんどん愛液という名のシロップが溢れてきて、それが利信の指を濡らし、滑らせていく。指を一本から二本に変え、動きも早くしていく。

「くぁ、あん、そんなに激しくされたら」

クリトリスを舐めるのを止め、手マンに集中する利信。

彼は右手を使って手マンしながら、空いた左手で、クリトリスを刺激していく。

すると、徐々に理沙の体がガクガクと震え始めた。

「あ、あの、出ちゃいそうです」

「出る? 何が?

「そ、その、おしっこ出そうです。一旦止めてもらえますか?」

「駄目だよ。なら、君のおしっこが見たい。このまま続けるよ」

「ほ、本当に出そうなんです。あん、もう……」

理沙は抵抗したが、利信は手マンを止めなかった。むしろ、より一層動きを激しくして、理沙の興奮を高めていく。

「あん、もう駄目」

理沙がそう言った瞬間、理沙のあそこから黄金の液体が迸った。強烈な潮吹きとも表現できるだろう。

利信は動きを止めずに、手マンを続け、理沙のおしっこを指で浴びた。

熱い。どこまでも熱く、妙に興奮させる匂いが充満していく。

ベッド上はたちまち理沙のおしっこで染みが作られた。

「お漏らししたんだね」

「そんな風に言わないでください、恥ずかしすぎます」

「でも可愛いと思うよ。それにおしっこが出たってことは、もう少しでイケるかもしれない」

「た、確かにイキそうです。このまま続けてください。わたしのおま×こを滅茶苦茶にして」

利信はクリトリスを弄りながら、さらに指のピストンを早くし、膣内の奥をノックするように叩いた。既に愛液と黄金水で濡れた彼の指は、堪らないエロス感じる艶で満たされていた。

「あん、あ、そのなんか変です。気持ちよすぎます」

理沙の体が再び震え始める。

同時に、膣内が激しく痙攣し始めてきた。

利信はこれをイク前兆であると察し、続けて指を動かし続けた。

「あん、イクイク。もう駄目ですぅ」

エビ反りのように反り返った理沙は、激しく昇天する。

全身が性感帯になったかのようにびくびくと震え、やがてベッドの上に崩れ落ちた。

「イッたんだね」

「はい。気持ちよく過ぎて、それにおしっこまでしちゃって」

「僕は構わないよ。でもほら、僕も元気になってきた」

「死ぬ気はなくなりましたか?」

「そ、それはわからない……。だけど、今はこの気持ちよさを堪能したい」

「まだ死ぬ気があるんですね、じゃあもっと気持ちよくなりましょう」

「私のここに挿れて下さい」

そう言うと、理沙は仰向けになりながら、足を大きく開き、ヴァギナを広げた。

すると小陰唇の奥にある膣口が顔を出し、ピンク色の秘部がよく見えた。

「セックスしてもいいの?」

と、利信は尋ねる。

「野暮なこと聞かないでください。二人でもっと気持ちよくなりましょう。そうすれば死にたいなんて忘れてしまいますから」

ペニスは早く挿れたいと悲鳴を上げている。

理沙のあそこはヒクヒクと震えており、こちらも早く挿れてと言っているかのようであった。

このまま我慢はできない。

むしろセックスを楽しみたいと思う自分がいるのは確かだ。

利信は、ペニスを挿れる前に、理沙の唇に自分の唇を重ねた。

そして、舌を絡め合い、彼女の唾液を吸い取るようにディープなキスを続けていく。

理沙の唾液はどこまでも甘く、まるでシロップのようでもあった。

キスをしていると、気分はどんどん高まっていく。

ふと理沙を見つめると、彼女の表情も恍惚としている。

利信は快楽に身を委ね、理沙の秘部に向かってペニスの照準を合わせた――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください