連載官能小説『アイドルのパンスト』最終回

連載官能小説『アイドルのパンスト』最終回

 ナナはそれほど人気のある地下アイドルではない。

 通常、地下アイドルはライブでのパフォーマンスが終わった後、写真撮影や物販などを行うが、人気のあるアイドル程、ファンは列を作る。しかし、ナナは大体いつも十名ほどでそれほど多くない。

 今回もそうであった。長く話をするために、一番後ろに並び、裕也はナナとの会話を待つ。

 やがて、自分の番がやってくる。

「今日のライブよかったよ」

「ありがとうございます。あ、写真ですか?」

「うん、それもあるんだけど、実は少し話ができないかな?」

「話ですか? ここじゃダメなんですか?」

「あぁ、少し込み入っていてね。もちろん、お金は払うから」

「わかりました。じゃあ後で楽屋に来てください。一応話をつけて通れるようにしておきますから」

「わかった。ありがとう」

 こうして、一枚だけ写真を撮って会話は終わった。

 後は、楽屋に行けばいい。

 そこで……。

(僕はナナを犯すんだ)

 そう覚悟を決めて、彼はナナの楽屋に向かった。

 ライブ後の楽屋は騒がしいイメージがあったが、そうではなく、しんみりとした環境が出来上がっていた。もちろん、ここにはナナ以外のアイドルや、スタッフなど関係者もいる。

 ナナは楽屋に入ってきた裕也の姿に気づき、笑みを浮かべて自分の前に来るように指示を出した。

 ナナの前に立ち、裕也は頭を掻いた。

 さて、なんて切り出せばいいんだろう?

 流石にやらせてくださいと言っても通用しないように思える。

 しかし、ナナは裕也の考えを見抜いているかのようであった。

「あなたがここに来た理由はわかります」

 と、ナナは告げる。

 少し驚いて、裕也は答える。

「僕が何を考えているのかわかるの?」

「大体? だってこの間パンスト買ったじゃないですか? それで我慢できなくなったんでしょう。つまり、私の体を欲している」

 図星だった。

 あまりに的確に指摘されたので、裕也は立ち尽くし、答えることができなかった。

 それを見た、ナナが言葉を続ける。

「お金払ってくれるのなら、付き合ってもいいですよ。例えば、10万ならどうです?」

 これは売春だ。

 しかし、10万というのはかなり高い。

 普通のソープだってもっと良心的である。

 それにこの場では手持ちがない。

 唖然としていると、さらにナナが続けた。

「流石に高いですか? でもチャンスですよ。私を抱く……。とりあえずホテル行きましょうか。ストレスたまってセックスもしたいんです」

 なかなか大胆な子であると思えた。

 裕也は納得し、ライブハウスの近くにあるホテルに向かった。

 この界隈は繁華街であるため、ラブホテルのようなものはなかった。その代わり、小さなビジネスホテルがいくつかあり、一泊五千円程度であったため、そこの部屋を手配し、ナナと二人、ホテルの一室に入った。

 ナナはホテルの部屋に入るなり、ベッドの上にごろりと横になった。

 今、ナナはフリルのミニスカートに、ショート丈のブルゾンを羽織っている。そんな格好で寝転ぶものだから、僅かに下着が見えてしまっている。白の下着のようであった。

「はぁ疲れた。ライブって疲労するんですよね」

「打ち上げとかないの?」

「ある場合もあるんですけど、私はあんまり参加しないんです。面倒だし」

「そう。それで、君とセックスできるの?」

「いいですよ。ちなみに今いくらあるんですか?」

 ホテル代は裕也が払っている。

 それを差し引くと、残り三万円くらいしかない。

「三万かな」

「なら三万でもいいですよ。セックスして相性がよければ、セフレとして契約してもいいですし」

「大胆なんだね」

「アイドル活動のためにお金は必要ですから。シャワー浴びてきます?」

「いやそのままでもいい」

「でもライブで汗かいたし……」

「そのままがいいんだ」

「わかりました。じゃあ、そのままセックスしましょう」

 裕也はベッド座り、ナナのスカートをめくりあげ、下着をあらわにさせた。

「そ、そんないきなり……」

 ナナは驚いたような素振りを見せたが、嫌がってはいない。

 そのまま下着越しに秘部に触れる。

 すると、じんわりと熱を帯び、しっとりとして愛液が滲みだしてくる。

 どうやら、ナナはかなり淫乱なところがあるようだ。こんな見ず知らずの男性を前にしても、濡れてしまうのだから。

「濡れてるね」

「言わないでください、恥ずかしいぃ」

「でも可愛いよ」

 裕也はそう言うと、下着越しに秘部を舐め始めた。

 うっすらとアンモニア臭がする中に、ナナの女臭が感じられる。

 想像の中でいつも嗅いでいた匂いが、そのまま発言したように思えた。

(こ、これは本物……、つまりリアルなんだ)

 感慨深くなり、裕也はそう考えた。

 早く秘部が見たい。

 もう我慢できない。

 裕也は一気にパンティをずり下ろし、女性器をまじまじと見つめる。

「そんな風に見ないで、恥ずかしすぎます」

 足を広げ、女性器を開いていく、小陰唇が開かれ、サーモンピンクの膣口が顔を出す。ナナは体毛が薄いのか、それとも剃っているのか判断できないが、陰毛がものすごく薄く、パイパンのようであった。

「きれいなあそこだね」

「あなたも脱いでください、私だけ裸はずるいです」

「そうだね」

 こうして、二人は一気に裸になった。

 ただ、裕也はこう提案する。

「パンストだけ穿いてくれる? ノーパンで」

「パンスト好きなんですね。わかりました」

 ナナはノーパンにパンストという格好になり、仰向けになった。 

 その姿を堪能した後、裕也は秘部の部分のパンストをわずかに破り、挿入できるようにすると、勃起したペニス押し当てた。

 早くこの肉棒を挿れたい。

 爆発寸前なのである。

「これだけ濡れてればもう大丈夫だよね。挿れるよ」

 裕也はそう言うと、肉棒を一気に挿入した。

 ぬるぬるとした膣内はすんなりと肉棒を飲み込んでいく。

(温かいな)

「あん、す、すごい大きいぃ」

 お世辞かどうかわからない。しかし、ペニスが大きいと言われ、裕也は少し自信になった。

 ゆっくりと腰を動かし、正常位でセックスを進める。

 想像とは違い、格段に気持ちがいい。これがアイドルとのセックス。

 どこまでもリアルな現実の話。

「も、もっと、ち×ぽを奥まで、激しくついてください」

「わかった」

 裕也は激しくペニスを突き始める。

 ナナはシーツを両手でつかみながら、喘ぎ声をあげる。

「あん、しゅ、しゅごい、奥まで届いて気持ちよすぎますぅ」

「僕も気持ちいい。もっと動くよ」

「とにかくめちゃめちゃにしてくださいぃ」

 腰を突きまくる裕也。

 姿勢をやや前傾にして突きやすいように体勢を変える。

 仰向けになったナナの胸がプルンプルンと震えている。

 ナナの胸はそれほど大きくないが、しっかりとおわん型をしていて、マシュマロのような柔らかさがある。あまりに胸には興味はないが、それでも胸に触れ、乳首をコリコリと刺激した。

「はぁん、乳首、感じちゃいますぅ」 

 ナナの甘い声が漏れる。

 それと同時に、乳首は硬くなり、更なる刺激を求めているように感じた。

 今度はナナの足を大きく開き、より奥まで挿入できるように体勢を変える。

 膣内がきゅっとしまったような気がする。

 ペニス全体が搾り取られるように包み込まれていく。

「ひゃん、こ、こんな格好、でも、気持ちいいぃ、ち×ぽ最高ですぅ」

 正常位で腰を動かしながら、さらにクリトリスを指で刺激する。

 すると、ナナの体がビクンと反り返る。

「あん、そこは駄目、敏感なんですぅ。ひぐぅぅぅぅ」

 ナナの声も大きくなる。

 もっと気持ちよくさせたい。

 そう考えた裕也はクリトリスを弄りながら、腰の動きをより一層速くしていった。

 ペースは速い。次第に、裕也も気持ちよさを感じ、オルガスムスを感じ始める。

「ナナ、イキそうだ。どこに出せばいい?」

「か、顔に、顔に一杯せーしください」

「顔だな。よし、一気にぶちまけてやる」

「私も気持ちいいぃぃ。イク、イクの、大きいち×ぽでイッちゃうのぉ」

 イク寸前、裕也はペニスを引き抜き、ナナの顔面い熱い精液をぶちまけた。

「あぁ熱い、せーえき熱いですぅ」

 ナナは顔面に射精され、手で精液を弄び始めた。そして、僅かに舐めた後、満足そうな顔で、目を閉じた。

 こうして、アイドルとのセックスは終わりを告げる。

 あまりにあっという間であり、ジェットコースターのような時間であった。

          *

 セックスが終わり、ベッドに横になったナナが呟いた。

「あなたのち×ぽ、私と相性いいみたいです。よかった、今後もセフレになってもらえませんか?」

「でもそんなにお金ないし」

「毎回ライブに来てくれるなら、お金は取りません。その代わり、私をセックスで満足させてください」

「そ、それならいいけど」

「ありがとうございます。では、お名前を教えてもらえますか?」

「僕は裕也、神谷裕也だよ」

「裕也さん。私はナナです。これからも宜しくお願いします」

「うん。じゃあ、これからもう一回しない? まだたっぷり時間はあるし」

「そうですね。いいですよ。もっと気持ちよくしてください」

 こうして、裕也はナナと関係を持つことになった。

 アイドルとファン。

 数奇な関係だが、こうして結びつく場合もある。

 二人は再び、官能の海へと旅立っていった――。

〈了〉

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください