連載官能小説『幼馴染はナース』第2回

連載官能小説『幼馴染はナース』第2回 

雄一は童貞であり、セックスの経験はない。

それ故に、聡美をどんな風に扱えばいいのかわからなかった。

それにプラスして、今は利き腕が使えない。なんというか、どうしていいのか迷っていた。目の前には、ナース服をはだけさせた聡美の姿がある。こんな神々しい幼馴染を見るのは初めてである。何よりも緊張する。

「何黙ってんのよ?」

と、聡美が言った。

「い、いや、なんというか、こんな展開になって驚いたっていうか」

「セックスしたくないの?」

「そりゃまぁ……」

セックスがしたいか?

そう問われれば、したいと答えるしかないだろう。

男なんだから当然セックスには興味がある。

だけど――。

「なんていうのかな。こういうのってさ、普通恋人同士がするものじゃないの?」

「セックスは恋人同士がするもの? 何ふざけたこと言ってんのよ。そんな夢みたい話、お話の中だけでしょ。普通にセフレとか持っている人はいるし、風俗だってあるじゃない。だから恋人同士だけが特別なわけじゃない」

「まぁそうかもしれないんだけど」

理屈はわかる。

普通に風俗はあるし、AVだって存在する。

そういう業界は後ろめたい所があるけれど、決して滅びないだろう。

それでも何というか納得できないのだ。

自分は好きな人とセックスしたい。

ただそれだけなのだ。

「雄一ってさ、まだ童貞でしょ?」

と、真剣な口調で聡美は言った。

その言葉には、決してヤらしい響きがない。

「うん。そうだけど」

「やっぱり初めては好きな人がいいわけ?」

「まぁそんな感じかな。それに、俺は聡美姉ぇが大切だよ。だからこそ、こんな行き当たりばったりで関係を持ちたくないんだ」

「ふ~ん、真面目なんだ。じゃあさ、雄一は私が嫌い?」

聡美が嫌いか?

こう問われれば、答えは決まっている。

「嫌いじゃないよ」

「じゃあ好きなの?」

「どちらかと言えば好きかな」

「なんか煮え切らないわね。私は雄一のこと好きよ」

「え?」

「だから好きって言ってんの? それは幼馴染だから好きだって言っているんじゃない、一人の男性として雄一が好きなの」

そこの言葉は、雄一の凝り固まった心を溶かしていった。

これはある種告白ではなかろうか?

そう考えると、雄一の中でももやもやとした気持ちが溢れ出してくる。

「雄一は私が嫌いじゃないんだよね?」

「うん」

「好き? それも女として」

女として好きか?

正直な話。よくわからなかった。

だけど、好きと言われて激しく嬉しい。

動揺もするけれど、何よりも喜びの方が大きいのである。

(多分、俺は聡美姉ぇが好きだと思う)

と、心の中で考える。

きっと好きだから、こうして一緒にいても嫌ではないのだろう。

セックスがしたいと思えるのだ。

「質問を変えるわ。雄一、私とセックスしたい?」

「え? そ、それは」

「正直に答えて。今日ね、私がここに来たのは、雄一を助けるため……。まぁそれは名目で、本当は雄一と一緒になりたかったの、だってずっと好きだったから。そんな雄一が入院して苦しんでいる。だから助けたいの。私とセックスしてよ」

「い、いいの。本当に俺でいいの?」

「うん。というよりも雄一じゃないと駄目なの」

「俺も聡美姉ぇが好きだよ。セックスしたいと思ってる」

それが雄一の正直な感想であった。

ずっと一緒にいた幼馴染。

歳は離れているけれど、近しい存在であることには違いない。

近すぎるからこそ、お互いの気持ちがよくわからなかった。

しかし、今なら言える。

(確かに俺は聡美姉ぇが好きなんだ。それは間違いない)

 

覚悟を決めて、雄一は聡美を見つめる。

お互いの視線が交錯し、静かな部屋に静寂が訪れる。

最初に動いたのは聡美であった。

彼女はナース服を脱ぐと、下着とパンスト姿になり、そのままベッドに座り込んだ。

その姿を黙って雄一は見つめている。

聡美はスタイルがいい。ファッションモデルと言っても通用しそうなくらいだ。

そんな彼女が、下着姿になっている。これで興奮しないわけがない。既に、一度射精しているが、再びペニスは硬くなり。臨戦態勢になった。

「あ、またおっきくなったね」

反応したペニスをみて、嬉しそうに聡美が言った。

「そりゃそうだよ。だって聡美姉ぇは魅力的だから」

「嬉しいこと言ってくれるじゃあいの。じゃあ一緒に気持ちよくなろ。シックスナインくらい知っているわよね」

もちろん、シックスナインは知っている。

男女がお互いの性器を愛撫する行為だ。実際に経験はないが、AVやエロ本などで一通りの知識はある。

「うん、一応。あんまり詳しくないけど」

「大丈夫よ、そんなに難しくないから。とはいってもあんたは右手が使えないから、私が上になるわね、あんたは下から舐めて頂戴」

「わ、わかった」

雄一がそう言うと、聡美はパンストを脱ぎ、さらに下着を下ろした。ついでにブラも外し、完全に生まれたままの姿になる。

どこまでも綺麗な聡美の裸体が雄一の前に広がる。

それは、酷く官能的であり、感動を覚える光景であった。

聡美は、雄一の上に跨り、彼のペニスに顔を近づけると、下半身を雄一の頭の方へ向けた。

秘部がくっきりと雄一の目の前に広がる。

女性器を見たのはこれが初めてである。

なんというか、エロスを感じる形をしている。小陰唇という肉襞の奥に、膣口が隠れており、それがまたいだことによって口を開いた。

「あ、あんまりじっと見ないでよね、恥ずかしいから」

「恥ずかしいのはお互い様だよ」

「とにかく、始めるわよ」

先に動いたのは聡美であった。

彼女は、雄一のペニスを持つと、手で上下に動かし、しごき始めた。

それに合わせて、雄一も女性器に手を触れる。

まずは小陰唇を開き、膣口をくっきりとさせる。顔を近づけると、他の女臭が漂ってくる。決して不快ではなく、神聖な香り、エロスを感じさせる高貴な香りだ。

こんな匂いが嗅いでしまうと、どこまでも興奮が高まり、ペニスは一層固くなっていく。

「んン……、雄一舐めてみて」

「う、うん」

言われるままに、雄一は聡美の性器を舐め上げる。

仄かに温かく、蜜のように甘い。

もちろん、これは比喩であり、味などないのであるが、味があるような錯覚が起こる。

「ふ、ふぁんん、き、気持ちいい」

聡美の甘い声が漏れる。

その声をもっと聞きたい。

雄一は、顔を上げて、性器にむしゃぶりついた。

(確か、クリトリスが感じるんだよな)

クリトリスの存在は知っている。

そこが女性の一番敏感な部分であることも知識としてあるのだ。

雄一はクリトリスを覆っている包皮を向き、白い豆のような物体を丁寧に舐めていく。

「あん、そんな敏感なところを」

「でも気持ちいいでしょ」

「うん、きもちいい。あん、も、もっと、頂戴」

聡美の声が徐々に大きくなっていく。

必死にクリトリスを舐め、さらに指を膣内に挿入する。

利き腕でないから、上手くできないと思ったが、そうではなく、指はすんなりと膣内に吸い込まれていく。

「聡美姉ぇのあそこ濡れてるね」

「あん、そ、そんな風に言わないで、と、当然でしょ」

「もっと気持ちよくさせてあげるよ」

雄一はクリトリスと膣を同時に責めていく。

すると、愛液がどんどんと溢れ出してきて、蜜のように蕩けた。

「ふぁ、いい、気持ちいい」

「聡美姉ぇも俺を気持ちよくしてくれよ、手が止まってる」

「だってぇ、気持ちよくて体が上手く動かないんだもん」

クリトリスを舌で弄るのを止め、雄一は顔をさらに上げて甘噛みしてみた。

すると、聡美の体に電流が走ったかのように反り返った。

「ひゃん、そんな風にされたら私、もう駄目かも」

クリトリスを刺激しながら、さらに指で膣内をかき回す。

奥の方まで指を入れて、ノックするように刺激していく。すると、途端膣内が激しく収縮し始めた。

「あん、ゆ、雄一、わ、私イキそう」

「イっていいよ。さっきは俺がイったんだから、今度は聡美姉ぇの番だよ」

聡美は既にフェラができない状態になっている。

それだけ気持ちよさの海の中にいるのだろう。

ほとんど手は止まり、快楽の虜になっている。

「ふぁぁぁ、だ、ダメ……い、イク……イっちゃう!」

聡美の体が反り返り、彼女は激しく昇天する。

恍惚とした表情をで、彼女はオルガスムスを感じ始めた。

そして、激しく言った後、ベッドに崩れ落ちるように寝そべった。

「スゴイ、雄一って意外とテクニシャンなの? 私イッたこととかなかったのに」

「そんな風に言ってもらえてうれしいよ。じゃあ次のステージに行こうか?」

「雄一はイカなくていいの?」

「俺は聡美姉ぇの中でイキたいな」

「わかった。じゃあ挿れて。手怪我しているけど大丈夫?」

「うん、多分正常位とかバックなら問題ないよ、騎乗位でもいいかも」

「初めての癖に色んな単語知ってるんだ? Hなんだね」

「まぁ男だからね」

「じゃあ雄一はそのまま寝てて、まずは騎乗位でやってあげる。慣れてきたら別の体位に映りましょう」

「わかった。それでいいよ」

聡美は一旦立ち上がると、雄一をまたぎ、彼のペニスを手で支えると、ゆっくりと腰を落とし、秘部にペニスを導いた。

二人の甘い時間は留まることを知らない――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください