連載官能小説『美人女家庭教師』第1回

連載官能小説『美人女家庭教師』第1回

高校生である本庄幸一は窮地を迎えていた。

現在、高校二年生。翌年には受験生になる。一応、大学進学を希望しているが、今のままの成績では、進学は難しい。そんな風に担任教師に言われてしまったのである。

その話は当然両親の耳にも届いた。

そんな両親は、幸一のためにある提案をした。

 

「家庭教師ぃ?」

と、幸一は素っ頓狂な声を上げる。

すると、母親は意気揚々と告げる。

「そう。お母さんの友達の子供でね、凄い教えるのが上手い子がいるんですって。その人にあなたの家庭教師を頼もうと思って」

「嫌だなぁ。家庭教師なんて」

「そんな風にいうものじゃありませんよ。あなたは成績が悪いんだから、ここで踏ん張らないと大学進学はできないのよ」

全くその通りであった。

しかし、だからといって家庭教師とは……。

幸一は頭を擡げていた。

それでも、家庭教師を雇うとなってしまったようだ。これはもう避けられない。ならば、やるしかないのである。

「それで」幸一は尋ねる。「その家庭教師どんな人なの?」

「大学二年生の女性よ。なんでもT学に行っているみたいなのよ、凄い優秀よねぇ」

女性か……。

そう考えると、何か少しだけやる気になってくる。

オタクみたいな男性が教師だったら、やる気も低下してしまうが、女性であれば優しく教えてもらえそうだ。

「わかったよ。それでその人いつから来るの?」

「明日からお願いしているわ。明日の夜八時。しっかり勉強しなさないね」

結局、そのような形で話は終わる……。

 

翌日。

時刻は七時五十分。

後、十分で家庭教師が到着する。

(はぁ、やっぱり憂鬱だ……)

正直な話、幸一は全く勉強が好きではない。だからこそ、こうして強制的に勉強させられる環境がかなり苦手であった。

ギリギリになり、彼は逃げ出したくてたまらなくなる。

その時だった。自宅のインターフォンが鳴り、家庭教師が到着したようである。

幸一は自分の部屋で家庭教師の到着を待っている。

本当に憂鬱だ。これから地獄が始まる。そんな風に感じていた。

コンコンコン……。

部屋のトビラがノックされる。

どうやら、とうとう家庭教師がやってきたらしい。

「どうぞ、開いてます」

そう言い、幸一は家庭教師を迎え入れる。

すると、幸一は目を見張った。

「初めまして。私があなたの家庭教師をする溝口楓です」

楓と名乗る家庭教師はかなりに美人女性であった。

なんというか、有名女性ファッション誌から出てきたような感じの人である。

シックな白のロングワンピースに、デニムのブルゾンを羽織っている。少し大きめのトートバックを持っていて、その中に勉強道具が入っているようであった。

「え? あなたが家庭教師?」

あまりの美人を前に、幸一は激しく動揺する。

「そうだけど、何か問題でもある?」

「い、いえ、ありませんけど」

「それじゃ早速始めましょうか。あまり時間もないし……」

「は、はぁ」

幸一の動揺など全く気にせずに、楓は彼の隣に立ち、持っていた鞄の中から教科書やらノートやらを取り出した。

「これ、私が高校時代に使っていた教科書や参考書、それにノートも持ってきたの、何かの参考になればいいけど」

「はぁ、ありがとうございます」

「じゃあ、まずは英語からやりましょうか。苦手なんでしょ」

「もうさっぱりですよ」

「そう、でもコツを掴めば高校レベルの英語なら何とかなると思う、英検一級を目指すわけじゃないんだから、気楽にいきましょう」

英語の教科書を開き、例文を読みながら文法の使い方や単語の説明などをしていく楓。

かなり距離が近く、それでいていい香りが漂ってくる。

こんな様子では勉強には集中できそうにない。

幸一はチラと楓の方を見つめた。

楓は、姿勢を前傾にさせながら、教科書を読んでいる。ワンピースはそれほど露出が多いタイプではなかったが、胸のふくらみがしっかりと見える。恐らく、胸はあまり小さくはない。むしろ大きい部類に入るだろう。

そんな柔らかそうな胸を見ていると、とてもではないが、勉強する気にはなれない。

「えっと、これでこのページはおしまいだけど、何か質問は?」

その言葉で、ハッと我に返る幸一。

質問なんてない。ほとんど聞いておらず、楓の体ばかり見ていたのだから。

「い、いや、大丈夫です」

「そう、じゃあここ訳してみて」

「え?」

「だから訳してみて、説明したからそんなに難しくないと思うけど」

「すいません、あんまり聞いてませんでした」

「ちゃんと集中しないと。大学に行くんでしょ」

「まぁそうなんですけど」

そこで、再び胸を見つめてしまう。

何というか、もっと見たくなってしまうのだ。これは精神衛生上よろしくない。

恐らく、幸一の視線に楓も気づいたであろう。

彼女は少し顔を赤くしながら、声を出した。

「今、見たでしょ?」

「え?」

「だから私の胸見たでしょ?」

「い、いや、その……、見てないです」

「嘘仰い。視線で分かったわ。つまり、あなたは私の胸に集中しすぎて、説明を聞かなかったわけね」

「そういうわけじゃないんですけど、ただ、気になっちゃって」

「男の子の部屋のわりに、結構片付いているわよね。普通にHな本が乱雑に散らばっていると想像したけど、違うみたいね」

この人は、どんな想像をしているのだろうか?

確かに、健全な男子高校である幸一は、Hな本の一冊や二冊くらい持っている。しかし、それはキチンと隠しているのである。そんなわかりやすいような場所に置いてはいない。

「どうしたら集中できるかしら」

「すいません。次は集中しますから、もう一度教えてもらえませんか?」

「きっとまた胸を見ちゃって集中できなくなるでしょう。そんな私から提案があります」

「提案……ですか?」

「私をHな目で見てしまうのは仕方ないわ。それは認める。なら、あなたの悶々とした気持ちを先に収めるのが必要だと思うの」

「気持ちを収めるって、どうやって?」

「つまり、私とHなプレイをしましょうってこと……」

話の展開が読めない。

それに、この人は何を言っているのであろうか?

「い、今なんて?」

「だからHなことをしましょうって言ったの。一度すっきりすれば集中できると思うし」

「そ、そんな……、で、でも」

「したくないの?」

正直、こんな美人とHなプレイができるのであれば、それに越したことはない。

けれど、そんな夢みたいな話が現実にありえるだろうか?

「そ、そりゃまぁしたいですけど、で、でも、いろいろ問題が……」

「大丈夫よ。あなたがしたいのなら、私は協力するわ。なぜなら、あなたの成績を上げるのが私の役目だから」

そう言うと、楓は来ていたデニムのブルゾンを脱いだ。

すると、ノースリーブの白のワンピース一枚になる。ほっそりとした白い二の腕が、女性らしく魅力的に見える。彼女はさらに髪をかき上げながら、幸一に近づいてきた。

吐息が幸一の鼻にかかる。可憐な香りが漂い、おかしくなってしまいそうであった。

楓は幸一の手を取ると、その手を自分の胸に押し当てた。

ブラジャーをしているから、硬い質感が幸一の手のひらを覆っていく。

「直接触りたい?」

「そ、それは……」

「正直に言いなさい。触りたいの、触りたくないの?」

正直に言うべきなんだろうか?

楓の口調は途端に厳しくなり、人を従える妙な力があるように感じられた。

「さ、触りたいです」

と、幸一は正直に答えた。理性が徐々に崩壊していく。

「いい子ね。なら見せてあげる」

そこで楓はくるっと後ろを向いた。

すると、ロングワンピースのファスナーがあるのがわかった。

「ファスナーを下ろして」

「い、良いんですか?」

「うん、良いからは早くしなさい」

結局、幸一は素早くファスナーを下ろした。

すると、楓は再び前を向き、ゆっくりとワンピースを脱ぎ始める。

あっという間に、下着姿になる。シンプルな白の下着であるが、ところどころにレースがあしらわれ、女性らしい印象がある。

「あなたも脱ぎましょうか?」

「で、でも」

「いいから脱ぎなさい」

高圧的な言葉に服従する幸一。彼も言われたように服を脱ぎ、ボクサーパンツ姿になる。既にペニスは勃起し始めている。

楓はブラのホックを外すと、柔らかそうな胸を幸一に見せつけた。

恐らく、Dカップ前後あるだろう、決して小さくはない、それでいて大きすぎず、絶妙なカップ数をしていると感じられた。乳首もキレイな褐色をしており、ツンと上を向いている。さらに、胸の形もよくお椀のような形をしているではないか。とにかく触りたい、そんな風に感じてしまう。

「どう、私の胸?」

そんな風に声をかける楓、少し蠱惑的な表情をしている。

「き、キレイです」

正直な印象だった。

「触りたい?」

「はい。でも良いんですか?」

「ええ。その代わりしっかり勉強するのよ」

楓はさらに一歩前に踏み出し、胸を幸一に見せつけ、彼の手を取ると、その手を乳房に当てた。

(や、柔らかい……)

幸一は童貞であり、当然であるが、女性に胸に触った経験はない。

だからこそ、感動的ですらあった

「も、揉んでみて」

言われるままに、胸を揉み始める幸一。

あまりに刺激的過ぎて、ペニスの先端から我慢汁が溢れ、それがボクサーパンツを汚していく。

「ふ、ふぁ、いいわ」

甘い声を出す楓。

そんな声を出されると、もっと興奮してしまう。

もう、我慢できなかった。

両手で胸を揉みながら、彼はさらに過激なお願いをする。

「せ、先生、舐めてもいいですか?」

「赤ちゃんみたいなこと言うのね、でもいいわ、舐めて頂戴……」

幸一は、舌を出し、恐るおそる乳首を吸いあげる。

堪らない高貴な香りが充満していき、より一層興奮していく。

「幸一君。続きはベッドの上でしましょう。これからもっと良いことを教えてあげるわ」

「い、良いこと?」

「そう、とにかくベッドに行きましょう」

二人はベッドに移動し、そこで隣り合わせ座った。

楓はニコッと笑うと、優しく幸一を押し倒していった――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください