連載官能小説『家出少女』第2回

連載官能小説『家出少女』第2回

シャワーの音が、浴室内に響き渡っている。

慎太の目の前には、生まれたままの姿の恵梨香が立っている。

「私、初めてなんです」

と、恵梨香は言った。

「あのさ、なら、俺が相手でもいいの?」

と、慎太は聞き返す。

彼は童貞ではない。

現在、彼に彼女はいないが、昔はいたのである。その時の彼女と、当然のようにセックスしていた。それは甘い記憶の一ページである。

何も、好きな人が初めての相手でなければならない法律はない。

しかし、恵梨香はまだ女子校生である。

初めてセックスをするのなら、こんな24歳の男ではなく、同級生の方がいいのではないか? そんな風に考えたのである。

しかし、恵梨香は真剣な瞳を向けると、

「初めては、北原さんが良いんです」

「どうして? だって俺たち、知り合ったばかりなのに……。それにさ、君にだって同級生がいるだろう。そっちの方がいいんじゃないのか?」

「同級生はいますけど、対象外です。私は老人にも優しい北原さんがいいんです。きっと大切にしてくれると思うから」

「まぁ仕事だからね、それにお年寄りは大切にしないと」

「そういうところ、凄いいいと思います。私のことも大切にしてください」

「ほ、本当にいいんだな」

「構いません。それにここで止めるんなら、私はここで起きたことを告発します。そうなれば、北原さんは社会的に抹殺されますよ」

それはかなり恐ろしい脅しであった。

冗談であってほしかったが、恵梨香は至って本気である。

ここで返してしまったら、きっと浴室であったHな行為をすべて話すだろう。

そうなれば、慎太は確かに社会的に抹殺される。

相手は女子校生である。まだ十代の未成年だ。

そんな人間と関係を持ってしまえば、問題は大きくなるだろう。

事実、芸能人の中にも女子校生と淫行して抹殺された人間は多い。

(ここで抹殺されるのは困るなぁ)

それが慎太の正直な印象であった。

まだ働いていたし、なによりも介護の仕事が気に入っていたのだ。

それができなくなるのは辛い……。

ならば、この場で取る選択は一つしかない。

慎太は、恵梨香の肩を持つと、顔を近づけていく。

まずはキスから……。

恵梨香はキスされるのだと察し、静かに目を閉じた。

お互いの唇同士が重なる。

わずかに触れるだけの優しいキス。

それを始まりの儀式のように行うと、慎太はそのまま恵梨香の胸を触った。

この胸で、さっきまでパイズリされていたのである。

恐らく、Dカップ前後はあるだろう。

近頃の女子校生は発育がいいと思えた。

軽く乳首に触れる。

すると、恵梨香の身体がビクンと跳ねた。

「ふ、ふあぁ……」

「ご、ゴメン。いきなりだったかな」

「い、いえ大丈夫です。好きにしてください」

かわいい子に好きにしてくれなどと言われると、どこまでも嬉しくなる。

慎太は続けて胸を揉み始めた。

マシュマロのように柔らかいおっぱい。それを指先全体で味わっていく。

「私の胸、魅力的ですか?」

控えめな声で、恵梨香が囁く。

「魅力的だよ。かなり大きいしね」

「自分だと、いまいち大きいのかわからないんですよね。多分、周りの子よりも大きいとは思うんですけど」

「パイズリできるくらいだから、大きい方だよ。自信を持っていい」

軽く胸を揉んだ後、慎太は視線を下半身に移していった。

恵梨香の陰毛はそれほど濃くなく、控えめに恥丘に茂っている。

薄っすらと生えた陰毛が、エロスを感じさせる。

いきなり性器には触れず、まずは太ももから責める。

彼女の太ももは、しっかりとムダ毛の処理がされており、白くすべすべとしている。

それでいて、適度に筋肉がついており、触り心地がいい。

また、若いだけあって弾力も素晴らしい。

恵梨香の太ももに触れていると、興奮は再びやってくる。

既に一度射精をしている慎太であったが、再びペニスは勃起し始めた。

恐らく、その姿に恵梨香は気づいているだろう。

しかし、彼女は何も言わず、慎太のことを見つめていた。

「き、北原さん、なんか変な感じです」

「変な感じ?」

「はい。なんか太もも触られると、気持ちいいっていうか、もっと触ってほしくなるんです。これって変でしょうか?」

「変じゃないと思うよ。Hなプレイをして興奮するのは自然の反応だから」

「も、もっと触ってください。お願いします」

太ももを撫でながら、次はヒップに手を移していく。

こちらも弾力が素晴らしい。適度に脂肪がのり、どこまでも女性らしいシルエット。

慎太は手のひらの全体を使って臀部を弄ぶと、つんつんと突いたり、揉んでみたりと繰り返した。

「はぁふ。はぁ」

僅かに恵梨香の声が漏れる。

彼女の頬は赤く上気し、興奮しているようである。

こんな表情を見ていると、もっと刺激したくなる。

お尻を触った後は、いよいよメインである。

「足、広げられる?」

と、慎太は尋ねる。

性器を弄ろうにも、足をぴったりと閉じているので難しい。

「は、はい、でも恥ずかしいです」

「すぐに慣れるよ、大丈夫、優しくするから」

諭すような口調で、慎太は告げる。

その言葉を受け、恵梨香は静かに足を広げ始めた。

陰毛を撫でるように触れ、その後大陰唇を刺激する。

「く、くぁ……」

恵梨香は顔を赤くさせ、興奮の中にいる。

優しくじらすように、性器を刺激する慎太。

彼は決してテクニシャンというわけではないが、なるべくゆっくりと性器を弄ろうと考えたのである。

大陰唇から、小陰唇へ指を動かし、そこから膣口に指を向ける。

僅かに膣口の粘膜に指が触れる。

(濡れている……)

恵梨香の秘部はしっとりと濡れていた。

それは決してシャワーの水滴ではない。

蜜のようなとろりとした愛液が溢れているのである。

その証拠に、愛液はぬるぬるとぬめっており、妙に温かかった。

「濡れてるね。興奮しているんだね」

「そ、そんな風に言わないでください」

「大丈夫、もっと気持ちよくするから」

指を膣口に持っていき、静かに挿入していく。

恵梨香の膣内は、温かくぬめぬめとしていた。激しく動かず、ゆっくり入り口をかき回すように弄ると、恵梨香の声も大きくなる。

「くぁ、き、気持ちいいです。凄い変な感じ」

「もっと気持ちよくなりたい?」

「はい、でも怖いっていうか」

「大丈夫だよ、俺に任せて」

そう言い、慎太は次のステップに進む。

小陰唇を指で押し広げると、膣口の情報にある陰核に指先を向けた。

まだ、豊富に包まれた陰核は、その表情が見えない。

「クリトリスを刺激するよ」

慎太は陰核の包皮を剥くと、指で白い豆のようなクリトリスを刺激した。

「あん、す、すごい……、ビクッとします」

恵梨香の身体がビクッと跳ねる。

急にクリトリスを触られ、無防備な身体が驚いたのであろう。

「でも気持ちいいでしょ」

「はい、なんかもっと触ってほしい感じです」

「わかった、もっと弄ってあげるよ」

クリトリスを指で刺激する慎太。

摘みながら弄び、さらに開いた指で膣口を責める。

膣内とクリトリス、両方を責められながら、恵梨香は快楽の中に放り込まれた。

(す、すごい、気持ちいい、わたしおかしくなっちゃう)

恵梨香の身体がガクガクと震え始める。

身体の奥から気持ちよさが沸き上がってくる。

「き、北原さん、その、なんかおかしいです」

「おかしい?」

「はい。なんか気持ちよくておかしくなりそうです」

「イキそうなんだね。このまま続けるよ、君は気持ちよさを堪能していればいいんだ」

続けて慎太は、恵梨香の性器を刺激続ける。

「う、くぁ、……、き、北原さん、あそこが気持ちよくて、そ、そのイッちゃいそうです」

途端、恵梨香の身体が反り返る。

慎太は、恵梨香の身体を支えながら、クリトリスを刺激し、さらに指先でピストンを繰り返す。

「イク、イッちゃいます……、も、もう駄目……」

次の瞬間、恵梨香は圧倒的なオルガスムスを感じた。

こんな快楽は初めての体験である。全く未知の領域。だからこそ、彼女は驚いていた。

同時に、もっと先に進みたい。そんな思いが浮かび上がってくる。

「イッたんだね、最高にセクシーだったよ」

「北原さん、その、もっと気持ちよくなりたいんです。続きをお願いします」

「続き……、それってセックスって意味だよね」

「はい、私とセックスしてください」

「わかった、じゃあ一旦浴室を出よう。そこで続きをしようか」

どこまでも熱い浴室を出て、二人はベッドに映った。

全裸の若い二人が、ベッド上で向かい合わせになる。

「じゃあ行くよ……」

「はい、お願いします」

女子校生とセックスする。

つい先ほどまで、こんな風には考えられなかっただろう。

しかし、慎太も恵梨香も興奮の渦中にいる。

もはや、欲望を止められなかったのである。

暴走した列車が急には止まらないように、二人の快楽への欲求も、続いていくだろう。

慎太は、恵梨香を仰向けに寝かせ、足をもって広げた。

そして、自分のペニスを持つと、ゆっくりと秘部に近づけていった――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください