連載官能小説『男子になった風紀委員』最終回

連載官能小説『男子になった風紀委員』最終回

「あなた、誠也君とはどんな関係なの?」

不意に、葵がそう尋ねてきた。

恵は少し困っていたが、偽ることなく答える。

「どうって。ただのクラスメイトですけど……」

「もしかして、あなたも魔法を使っているの?」

魔法――。

それはつまり、誠也が持つ性転換の魔法のことであろうか?

誠也が魔法を使えるというのは、学園の噂になっている。だからこそ、ここで葵がそれを知っていても、何ら不思議ではない。

恵はチラッと誠也を見つめる。

誠也は視線に気づいているだろうが、あえて何も言わずに状況を楽しんでいる。

「私も魔法を使っています。葵さんも魔法を?」

「そう。私も使っている。元は男なのよ。でもあなたは元が女みたいね。まだ、話し方が女のままだもの」

「葵さんはそのまま女みたいになっていますよね。もう、長いんですか?」

「うん。一週間くらいかな。もう少しで元に戻るけれど」

「どうして女になったんですか?」

「単純な興味……。かな」

興味。

恐らく、恵と同じような理由があるのであろう。

恵は男子の気持ちを知るために、性転換の魔法を受けた。確かに男子の気持ちを知るという名目があったのだが、それ以上に単純な興味があったのも事実である。男子がどんな思いで生活しているのか、そんなことに興味があった。

風紀委員としてHな本を持ってくる男子に気持ちが知りたかったし、何よりも、男子のリビドーを理解したかったのである。

「そういうあなたはどうして男になったの?」

「私も葵さんと似たような理由です。興味というか、男子のリビドーを知る必要があって」

「ふ~ん。それでここに隠れて私にオナニーを見ていたわけか。意外と変態なんだね」

変態と言われ、恵は黙り込んでしまう。

確かに男子に変化してから、自分は少しおかしい。とにかくHなことがしたくて堪らないのだ。それがなかなか抜けずに困っているのも事実である。

「まぁ良いわ。私、女になったけれど、実はセックスはまだなの。ちょうど試したいって思っていたし。あながた相手なら不足はないわ。ここでしましょう」

意外な展開になり。恵は驚きを覚えていた。

やはり、人は性転換すると、性的な興味が湧くらしい。それを知り、恵は少しだけ安心する。

「わかりました。じゃあ、お願いします」

恵がそう言うと、二人を見ていた誠也が口を挟んだ。

「ようやく決まったみたいだね。なら僕はここから出ていって、誰か来ないか見張っているよ。安心してセックスを楽しむといい」

そのように言い、誠也は一人外に出ていった。

生徒会室には、恵と葵の二人が残された。

まず、動いたのは、葵の方だった。

葵は恵の前に来ると、恵の穿いているスラックスを下ろしていく。

下着姿になる恵。昨日購入したボクサーパンツを穿いている。

「ちょ、な、何を……」

恵が慌てて言うと、葵は冷静に答える。

「何ってフェラしてあげるのよ。したことないけれど、多分できると思う」

ボクサーパンツを脱がされる恵。既に恵ペニスは勃起していた。

「スゴイ、こんなに大きくなっているのね。これが私の中に入るのかしら」

興味深そうに葵が言うと、彼女はそのままペニスを口に含み、フェラを始めた。

(く、うぁ。き、気持ちいい)

マスターベーションとは違う、快楽が恵を覆っていく。

一人でマスターベーションをしても十分気持ちがよかったが、フェラが別格である。温かい口内の質感に包まれていると、それだけで、身体が蕩けそうになる。

「どう、気持ちいい?」

「気持ちいいです。凄い……」

「そうそれならよかった。なら。私の方も気持ちよくして頂戴」

「え?」

「ここは床だけど、横になるくらいできるでしょ。シックスナインしてみたいの」

シックスナインという言葉は知っていたが、やり方はよくわからない。恵はそんな風に考えていた。

まず、葵は恵を仰向けにして、自分の下半身を恵の方むけた。パンティに包まれた白い臀部が目の前に広がる。パンティのクロッチ部分にはわずかに染みができており、濡れていると確認できた。

(葵さん。……濡れてる、興奮しているんだ)

「早くあなたも舐めて頂戴」

女性器を舐めるのは不思議な気分だったが、舐めたいという衝動は溢れ出てくる。

恵は葵の下着を下ろすと、女性器を見つめた。

男になり、生の女性器を見るのはこれが初めてである。Hな本にはモザイクがかかっているし、男になったから、自分の性器を見るわけにはいかない。だからこそ、改めて見た女性器は感動的なくらい神々しかった。

「舐めます」

恵は、葵の性器に舌を当て、ペロペロと舐めていく。堪らない性臭が迸り、気分がくらくらとしてくる。

「あん。いい感じよ、もっと舐めて頂戴」

指で小陰唇を押し開き、膣口に舌を入れて舐め続ける恵。うっとりとした気分になり、もっと舐めていたくなる。葵の性器からは愛液が止めどなく溢れ。それが恵の下の上で踊った。

「そろそろ本番と行きましょうか?」

しばらくシックスナインを続けていると、そのように葵が提案した。

本番。つまり、セックスをするのだろう。

「ほ、本当にいいんですか?」

恵は恐る恐る尋ねる。

しかし、葵は特に怖がる素振りを見せずに答えた。

「大丈夫。騎乗位でイカせてあげるから。あなたはそのまま横になっていて」

「はぁ……。でも」

「いいから、もうここまで来たんだから、止められないわ。さぁ行くわよ」

葵は体の向きを恵の方に向けて、恵をまたぐようにしゃがみ込んだ。

そして、ゆっくりと腰を落とし、自分の性器に恵のペニスを押し当てていく。

ずぶずぶずぶ……。

恵のペニスが、葵の膣内に吸い込まれていく。

温かな感触が、葵のペニスを覆っていく。

(す、凄い、これがセックス)

男子はエロい生き物であるが、どうしてそこまでセックスの虜になるのか、今まで恵にはわからなかった。しかし、今なら確かにわかる。

セックスには魔力が存在していているのだ。男性の本能として、セックスを求めている。だから皆、男子はHな行為に夢中になるのだろう。

「入ったぁ。どう気持ちいい?」

「はい。気持ち良すぎます」

「なら、もっと気持ちよくなりましょう。速く動くわよ」

そう言い、葵は徐々にペースを上げていく。

騎乗位になると、結合部分がよく見える。

だからこそ、どんどんと興奮していくのである。恵自身も快楽を求めるあまり、葵の腰の動きに合わせて、ペニスを突き上げた。

「あん。すごい、あなたのち×ぽが奥に当たって気持ちいいのぉ」

甘い声で叫ぶ葵。

ここが学校の教室であることを忘れているようあった。

だが、そのくらい気持ちいい行為なのである。恵自身もあまりの快楽に混乱していく。セックスの虜になったら、女に戻れないのではないかと思ってしまうのだ。

「もっと、もっと、激しく突いて頂戴」

「わ、わかりました。なら体勢変えませんか? 後ろから挿れれば、もっと速く動けます」

「バックからしたいわけね。わかったわ、そうしましょう」

葵はペニスを一旦抜くと、四つん這いになり、お尻を高くあげた。

ヌレヌレの性器が押し開かれて、より一層エロティシズムを引き上げていく。

バックから恵はペニスを挿入すると、力の限り動き始めた。

このままではすぐに果ててしまうだろう。しかし、それでもよかった。この気持ちよさをもッと堪能したい。その思いが恵や葵を支配している。

「お、奥までち×ぽが当たって、おま×こが気持ちいいわぁ」

「私も気持ちいいです。葵さんのおま×こ最高ですよ」

パンパンパンと、身体がぶつかり合う音がこだまし、やがてオルガスムスを感じ始める。

「葵さん、私イキそうです。どうしたらいいですか?」

「このまま中に出しなさい、どうせまた性転換するんだから問題ないはずよ」

「わかりました……。じゃあ中に出します」

「あぁぁぁん、イク、イっちゃうわぁ」

「うぉぉぉぉぉ」

激しい声を上げて、二人はイッた。

ドクドクと白濁した精液が葵の膣内に注ぎ込まれる。

こうして、二人のセックスは終わりを迎えた。

 

二人が生徒会室の床で横になっていると、そこに誠也が現れた。

「終わったみたいだね。なら、元の性別に戻ろうか?」

「うん」

と、恵は答える。男子の気持ちは十二分にわかったつもりだ。

これで風紀委員としてやっていけるだろう。

誠也は魔法を使い、葵を男子、恵を女子に戻した。

二人は唖然としながら、状況を見つめていた。

「俺たちセックスしたんだよな」

男に戻った葵は、既に口調も男になっていた。

「そうです。ありがとうございます」

恵が答えると、誠也が最後に言った。

「君たちは両方の性を経験したんだ。きっと、どちらの気持ちもわかるだろう。後は好きにしたまえ」

そう言い、彼は消えて行った。

残された葵と恵は顔を見合わせながら、

「なぁ君さえよければ、改めて戻った性でセックスしてみないか? きっと楽しめると思うんだ」

「え、でも私……」

恵は迷った。しかし、男子の時に経験した性欲が抜けきらない。

「大丈夫だよ。俺たちならできる」

「まぁいいですけど……。私も今度は女の気持ちよさを味わいたいです」

「じゃあ決まりだな。もう一回しよう」

こうして二人は再びセックスをすることになった。

性転換し、両性の気持ちがわかった二人の欲求は、留まることを知らない――。

 

〈了〉


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください