連載官能小説『憧れの女子生徒』第1回

連載官能小説『憧れの女子生徒』第1回

新年あけてからの学校は怠い。

冬休みボケを抱えながら、勝田勇磨は高校へ向かっていた。

季節は1月。まだまだ気温も寒い。マフラーを首にぐるぐると巻いて防寒しつつ、彼は足取り重く歩いていた。まだ高校1年生である勇磨は、進路について全く考えていない。漠然と大学に行けたらいいかな? くらいしか考えていないのである。

そもそも彼の通う高校は、それほど進学校ではなく、高校一年生の段階では、ほとんどの生徒が受験勉強を始めていなかった。のんびりと高校生活を楽しんでいたのである。

 

学校に着き、教室へ向かう。

今日も一日怠い日が始まりそうだ。そう思うと、気分も重くなってくる。

彼がそんな風に考えていると、教室のトビラが開き、一人の生徒が入ってくる。

肩まで伸びたライトブラウンの髪の毛に、メルトンのコート姿が良く似合っている。スラっとしたキレイな脚は、黒タイツに包まれており、それより一層魅惑的に見える。

学園のアイドル。西園寺奏の登校である。

(西園寺さん。今日も可愛いなぁ)

と、羨望の眼差しで奏を見つめる勇磨。

密かに憧れを持っているもの、未だに交流を持った経験はない。遠くから、見ているだけの関係。これは関係とは言えないかもしれない。

そもそも、勇磨は自分に自信がなかった。決してイケメンではないし、スポーツが得意なわけでも、勉強ができるわけでもない。取柄なんてほとんどないし、モテる要素が皆無なのだ。だからこそ、奏のような美少女に近づいたところで、全く脈はないだろうと考えていた。

やがてホームルームが始まり、そこで教師からある提案がされた。

新年も始まったことだし、気持ちを新たに席替えをしようという提案だった。

これには、教室内も色めき立つ。席替えは、なかなかのイベントである。当然ではあるが、勇磨の心も高鳴っていく。そしてこの席替えがある奇跡を生む。

席替えにより、勇磨は窓際の席をゲットした。これだけでも運がいいのであるが、さらに幸運は続く。なんと、憧れの奏の隣の席になったのだ。新年早々ツイている。と、一気に気分が盛り上がる勇磨。

席が隣になった時、勇磨は奏に向かって声をかけてみた。

何となく、挨拶くらいはしておいてもいいと思ったのである。

「あ、あの、西園寺さん、宜しく」

おっかなびっくりな声で、勇磨は奏に向かって挨拶をする。

すると、奏はにこやかな笑みを浮かべて、

「うん、コチラこそよろしく、勝田君」

勝田君。

今、奏は確かに勝田君と言った。

名前を覚えているんだ。そう思うと、心の底から嬉しくなる。

あまりに展開に、勇磨は固まってしまう。彼が硬直していると、それを不思議に思った奏がさらに声をかけてきた。

「どうかしたの、勝田君?」

その言葉にフリーズが解ける勇磨。

「あ、いや、名前覚えていてくれてるんだなって思って」

「え、だってクラスメイトじゃない。当然でしょ」

「そ、そうか、そうだよね、ゴメン、変なこと聞いて」

「ううん。それに勝田君は真面目そうだし、何となく印象に残って」

「ありがとう」

印象に残っている。その発言を聞くだけで、勇磨の心は踊った。

 

そのまま一日は過ぎていき、やがて放課後を迎えた。

部活動に入っていない勇磨は、授業が終わればそのまま帰宅するのであるが、今日は何となく、教室に残りぼんやりとしていた。一人、また一人下校していく中、勇磨は一人残り、哀愁の漂う教室内にいた。

どれくらいだろう、ぼんやりしていると、日が暮れてきたのがわかった。

また1月である。夕方5時くらいになれば、薄暗くなってしまう。

(そろそろ帰るか……)

そう思い、腰をあげると、途端教室に一人の少女が入ってきた。

それは奏だった。

奏は教室に残っていた勇磨を見つけると、興味深そうに尋ねる。

「あれ、勝田君、残ってたの?」

それを受け、勇磨は答える。

「あ、うん。ちょっとボケっとしてたら、こんな時間になっちゃって」

「そうなんだ。勝田君てどこに住んでるの?」

「俺は、A町だよ、だからここからも近い」

「ふ~ん、なら途中まで一緒ね、よかったら一緒に帰らない?」

「え? いいの」

「うん。私も委員会終わって後は帰るだけなの」

「それじゃ是非」

こうして二人は一緒に帰ることになった。

帰り道、勇磨はドキドキとしていた。何か話さなくてはならないのだが、何を話せばいいのかわからない。とにかく無言になるのは避けたかった。

その時だった、会話を探して何か話そうとすると、急に、奏がふらついて、勇磨に倒れ掛かってきたのである。

「さ、西園寺さん。だ、大丈夫」

「ご、ゴメンなさい、ちょっと貧血で、少し休める場所があればいいんだけど」

休める場所といってもこの近くには何もない。あるといったら住宅地くらい。

「休む場所……、この近くだと俺の家くらいしか」

「迷惑でなければ、勝田君の家で少し休ませてくれないかしら」

「え、俺の家でいいの?」

「うん、ちょっと辛くて」

「わかった。じゃあ俺の家に行こう」

唐突な展開であったが、勇磨は嬉しかった。

憧れの奏を家に呼べる。それだけで胸は高鳴る。

勇磨の両親は共働きで、夜も遅くなる。それ故に、今自宅には勇磨しかない。

彼は自分の部屋に奏を招き入れると、サッとベッドをキレイにして、そこで寝てもらうことにした。

「よかったらベッド使って。俺お茶を淹れてくるから」

「ゴメンなさい、じゃあちょっと休ませてもらうわね」

「うん」

リビングへ行き、お茶を淹れて戻ってくると、奏は静かに眠っていた。

余程貧血が辛かったのだろう。もしかすると、疲れもたまっていたかもしれない。

奏の寝顔を見ていると、とても可愛らしい。

静かに寝息を立てて、彼女は眠っている。

そんな姿を見つめていると、奏が寝返りを打った。

布団がめくれ、制服姿の奏が露になる。スカートがめくれ上がり、下着が僅かに見えている。

(西園寺さんのパンツが見えそうだ)

急激に悪戯したいという思いが浮かび上がる。

(す、少しくらいなら……)

勇磨は奏が眠っているのを確認すると、スカートの裾を指先で摘み、ひらりとめくりあげた。

すると、シンプルな白の下着があらわになる。決して華美なものではなく、可愛いらしい白の下着だった。

(駄目だ、こんなことしちゃ……)

頭ではこれが悪いとわかっているのだが、身体が言うことを聞かない。

勇磨はじっと奏を凝視し、さらに一歩進める。

(ごめん、西園寺さん、俺我慢できないよ)

勇磨は奏のショーツに手をかけ、少しずつ下ろしていった。

すると、淫靡な匂いが充満し、さらに陰毛が顔を出した。

控えめな陰毛はそれほど量が多くなく、うっすらと生え渡っている。恥丘をなぞるように見つめていくと、奥に大陰唇が見えている。ピタッと女性器は閉じているが、かなりエロスを感じさせる光景である。

(これが、西園寺さんのおま×こ)

奏は余程疲れているのか、全く起き上がる素振りを見せない。

それをいいことに、勇磨はさらに大胆に行動を進める。

奏の下着を完全に脱がし、今度は、脚を持った。そしてその足をゆっくりと左右に開いていく。そうすると、それまで閉じていた女性器がくぱぁと顔を出し、膣口まではっきりと見えるようになった。

小陰唇から膣口にかけてはキレイなサーモンピンクをしており、みずみずしい印象がある。また、ムダ毛がほとんどなく、かなりキレイな形である。

堪らなくなった、勇磨は、自分のズボンの中に手を入れ、ペニスをしごき始めた。

既にペニスは硬く勃起している。学校一のアイドルである、奏の悩殺ショットを見て、どこまでも興奮は高鳴っていく。

(ご、ゴメンよ。西園寺さん、俺、我慢できないんだ)

軽く性器に触れてみる、勇磨。

当然ではあるが、奏の性器は乾いている。眠っているから興奮するはずがないのである。

しかし、指先であそこに触れていると、僅かながら、湿り気を感じ始める。

ぬめぬめとした質感が、勇磨の指先を覆っていくのである。

(少し濡れている)

手でペニスをしごきながら、女性器を弄っていると、あっという間に気持ちよくなってしまう。もう、それほど持たないだろう。これは自分が持っているどんなエロ本よりも、魅力的であると思えた。

(もう駄目だ……。イク)

次の瞬間、勇磨は、オルガスムスを感じ、果ててしまった。

大量の精液が飛び散り、彼の手を汚した。

勇磨はティッシュで精液をふき取ると、何事もなかったかのように、楓の下着を戻し、布団をかけた。

それから一時間後、楓は起き上がり、無事に帰れるようになった。途中まで送っていき、別れる勇磨。心の中は罪悪感でいっぱいだった。

(俺、なんてことをしてしまったんだろう、最低だ……)

奏は気づいていたのだろうか?

それはわからない、しかし、翌日になり、物事は一気に進展する。

 

翌日――。

いつも通り、学校へ行き、いつも通り授業を終える。

そして放課後になり帰ろうとすると、勇磨は奏に呼び止められた。

「勝田君。そ、そのちょっといい?」

ドキッとする勇磨。

「え、何?」

「き、昨日のこと、昨日はありがとう。休ませてくれて。で、でも、そ、その……」

勇磨はドキドキとして状況を見つめた。

「実はね、昨日勝田君が私にしたこと、私知っているの」

バレている。

勇磨の中で何かがガラガラと音を立てて崩れ落ちていった――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください