連載官能小説『僕だけの先生』第1回

連載官能小説『僕だけの先生』第1回

高校1年生である原田幸一は、今悩みを抱えていた。

担任教師である野間奈美子を好きになってしまったのだ。

奈美子は今年28歳になる若手の国語の教師で、幸一の担任教師である。

スタイルもよく、ひざ丈のスカートから覗くほっそりとした白い脚が、かなり魅力的なのである。もちろん、ルックスも素晴らしい。有名女優に少し似ているところもあり、男子生徒からも注目されている。今風のショートボブのヘアスタイルで、すっきりとした印象がある。

今日も幸一は、奈美子の授業を黙って聞いていた。聞こえるのは、奈美子の声。その声に聞き入りすぎて、授業の内容は全く頭に入ってこない。最近ずっとこんな感じなのである。とにかく奈美子のことが頭から離れないのだ。四六時中奈美子のことばかり考えている。それ故に、幸一の成績は低下する一方であった。

(はぁ。……なんであんなに綺麗なんだろう?)

授業が終わり、自分の席でそんな風に考えていた。

頭の中は奈美子でいっぱいになっている。このままでは不味い。それはわかっているのだが、どう対処していいのかわからなかった。

(でも、俺なんてまったく相手にされないよなぁ……)

奈美子と幸一の年齢は10歳以上離れている。幸一はまだまだ子供である。そのため、恐らく自分なんて相手にされないだろうと、考えていたのである。

仮に告白しても、それを受け入れられる可能性は低い。もしも告白してしまったら、きっと玉砕してしまうだろう。そうなった時、自分は何をして、生きていけばいいのか? それが怖くて、とてもでないが告白などできなかった。

授業が終わり、下校時間を迎える。

幸一は部活動に入っていない。そのため、授業が終われば帰宅するだけである。今日も帰る支度を済ませ、そのまま玄関へ向かおうとすると、廊下で呼び止められた。

聞き慣れた声。

その声を発したのは、他でもない、憧れの担任教師、野間奈美子だった。

「原田君、ちょっといいかしら」

いきなり呼び止められ、幸一はドキッとしてしまう。

「あ、はい。何でしょうか?」

「これから時間あるかしら、ちょっと話したいことがあって」

「は、はい。大丈夫です」

奈美子と話せるのであれば、それに越したことはない。

幸一は心の底から嬉しくなった。

奈美子は、幸一を進路指導室に連れていった。幸一はまだ1年生だから、ほとんどこの部屋は使わないが、進路が明確になってきた、2、3年生は使うことが多いのである。

冬の進路指導室は、少し寒く、電気がついていないので薄暗く感じた。

奈美子は部屋に入るなり、ストーブのスイッチを入れ、さらに電気をつけた。

途端、室内は明るさに満たされていく。

進路指導室には、平机が二台並んでおり、椅子が数脚設置されている。幸一が立ち尽くしていると、それを見た奈美子が声をかける。

「座ってもいいのよ」

「あ、はい。では」

幸一が座ると、その対面に奈美子が座った。

ストーブから温かい空気が吐き出され、少しずつ室内が暖まっていく。

「いきなり呼び出してゴメンなさいね。大丈夫だった?」

「あ、はい。大丈夫です」

「そう。それならいいんだけど、それで、原田君はどうしてここに呼ばれたのかわかるかしら?」

唐突に問われる幸一。

サッと考えを巡らせるが、何も思いあたらない。

だが、しいて言えば、成績が下がっていることだろうか?

「成績が悪いからですか?」

「少し語弊があるかもしれないけれど、成績に関する話よ」

「そ、そうですか」

「原田君、最近成績が落ちているでしょ。特にこの間行った小テスト、酷い点数だったわよね」

奈美子が担当する国語では、定期的に小テストが行われる。

いつもはそれなりに点数を取っていた幸一であったが、ここ最近は、このテストの結果が落ちているのだ。それは自分でもわかっている。

「はい。すみません」

「どうしてなのか、教えてくれる? きっと悩みがあるんじゃないの?」

優しく諭すような口調で奈美子は言った。

その言葉を聞き、幸一はどう話すべきか迷った。

成績の低下の原因が、奈美子を好きになったためとは、言い出しにくかったのである。

言えば、想いを伝えたようなものだ。きっとソフトに拒絶されるに違いない。そうなったら自分は立ち直れないだろう。そんな思いが、幸一を支配していく。

「まぁ色々ありまして」

とりあえず口を濁す幸一。

真実を告げる勇気は、今のところないのだ。

「色々って何かしら? 原田君はそれなりの成績を取っていたから、こんな風に成績が急低下して先生も驚いているし、心配しているの。このままじゃ大変よ。原田君は大学志望でしょう」

「そ、そうですけど……」

「なら、今頑張らないと、それで、色々って何なの? 先生にも話せないことなの」

「そ、それは……まぁ、言いづらいって言うか」

「もしかして、恋の悩みかしら?」

恋というフレーズを聞き、幸一は固まってしまう。

幸一の変化に、勘のいい奈美子は気づいたようである。

「なるほど、恋の悩みなのね」

「ま、まぁそんな感じです」

「好きな人ができて、その子のことが頭から離れないのね」

「はい。そうなんです。それに……」

「それに、何かしら」

「あ、あの、変な話なんですか、凄くHな気分になるんです。その人を想うと……。だから何も手につかなくて」

幸一は奈美子を考えるあまり、Hな気分になってしまうのだ。頭の中で、奈美子を犯してしまう。もちろん、こんなことは奈美子には言えない。

対する奈美子は、どう対処すべきか迷った。

思春期の男子のHな悩みというのは奥が深い。性的な興味が湧く時期であるから、Hな悩みがあっても不思議ではない。大切なのは、よりよい方向に導くということだろう。

「好きな子を考えるあまり、Hな気分になってしまうのね」

「そ、そうです。だから、俺苦しくて……」

拳を握り俯く幸一。そんな幸一の姿を見ていると、助けてあげたい気持ちになる。

「わかったわ。あなたの悩み、先生が解決してあげる」

「へ?」

「先生がそのHな悩みを解決してあげるわ。だから安心してね。じゃあまずは、ズボンを脱いでもらえる」

「え、その、何を」

「Hなことを考えてしまうのは、きっと溜まっているからなのよ。それを解放してあげれば、悩みはなくなるわ」

「で、でも、そ、そんな……」

慌てふためく幸一であったが、奈美子は幸一のそばにより、幸一を立たせると、そのままベルトを外し、制服のズボンを脱がし始めた。そしてボクサーパンツ越しにペニスを弄り始めた。

あまりの展開に驚く幸一であったが、嬉しい展開になっている。憧れの奈美子にペニスを弄ってもらっているのである。嬉しくないわけがない。

すぐに幸一のペニスは臨戦態勢になった。

それを確認した奈美子は、ボクサーパンツを脱がし、勃起したペニスを露出させると、勢いよく、ペニスをしごき始めた。

「は、くぅ、うぁ」

声にならない嗚咽が漏れる。

堪らなく気持ちがいいのである。

奈美子は次第にペニスを速くしごいていく。幸一は、天にも昇るような気持ちよさの中にいた。そして恍惚とした表情をしながら、ある提案をしてみた。

「せ、先生、あの、もっと過激にしてもらってもいいですか?」

「過激に? どういうことかしら」

「そ、その、手じゃなくて口でしてもらいたいんです。駄目でしょうか」

「く、口で……」

奈美子は驚いた瞳を向ける。しかし、可愛い生徒の頼みである。反故にはできない。

(口でっていうのはフェラチオをしてほしいって意味よね?)

それほど性体験が豊富ではない奈美子は、フェラという行為にたじろいでしまった。

しかし、幸一があまりに懇願してくるので、断り切れなくなった。

「わかったわ。口でしてあげる。だから落ち着いて」

「あ、ありがとうございます」

(これが原田君のち×ぽ。凄い匂いがするわ)

牡の香りを纏ったペニスを口に含み、じゅぼじゅぼと音を立ててフェラを開始する奈美子。フェラの経験は少なく、ほとんどが見様見真似であった。ただ、歯を立てないように注意しながら、フェラを続ける。

(こ、これが先生の口の中、何て気持ちいいんだ)

幸一は感動していた。

憧れの奈美子にフェラをされていると、どんどんと気持ちよくなっていき、すべてを忘れてしまいそうになる。

奈美子は、懸命にフェラを続けていたが、ある変化に気づいていた。

(わ、私、興奮している?)

不意にあそこが疼いてしまったのである。

しかし、こんなことは幸一には言えない。なるべく悟られないように、一定のペースでフェラを続けていった。

「せ、先生、俺、その、もうイキそうです」

「イキそうなのね。なら出してしまいなさい」

「い、いいんですか? 先生の口の中に出して」

「大丈夫、先生が受け止めてあげるから」

やがて、急激なオルガスムスを感じる幸一。

ペニスが収縮したと思うと、急激な爆発があった。勢いよく、射精をしたのである。

奈美子は口内で、幸一の精液を受け止める。

(あ、熱い、これが原田君の精液なのね)

奈美子自身も興奮の最中にいた。

彼女は口内に噴射された精液を飲み干しまうと、持っていたティッシュペーパーを使い、幸一のペニスをキレイにしていく。

こうして、奈美子のフェラは終わりを告げた。

「これで勉強にも集中できるわね」

「は、はい。ありがとうございます」

 

しかし、幸一のHな熱は全く収まらなかった。

むしろ逆に、高まってしまったのである。

(先生にもう一度抜いてもらいたい……。俺、我慢できないよ)

溢れ出る感情をコントロールできずにいた、幸一は、翌日の放課後、再び奈美子のもとへ訪れた。

「せ、先生ダメなんです。俺、頭の中が混乱して」

慌てた奈美子は、幸一を進路指導室に連れていくと、そこで話を聞くことにした。

幸一は、性欲が収まらないと正直に告げ、さらに、

「あ、あの、先生、お願いがあります」

「お願い?」

「はい、見せてほしいんです」

「見せるって何を?」

「そ、その、先生のあそこ、つまり、おま×こが見たいんです」

幸一の言葉を聞き、奈美子は体の疼きを感じだ。

何か興奮してしまう自分がいる。

幸一と奈美子の視線が交錯し、時間が止まったかのように静まり返った――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください