連載官能小説『痴漢少年』第2回

連載官能小説『痴漢少年』第2回

一体、なぜこんなことになっているのだろう?

(この人は一体……)

忠は、女性の体を見つめながら、そんな風に考えていた。

ペニスは興奮しているのだが、何をするべきなのかわからない。

忠は、童貞であり、女性経験がない。だからこそ、どうやって女性を気持ちよくできるのかわからなかった。

岩のように固まっていえると、女性の方から声をかけてきた。

「どうかしたの?」

「い、いや、あなたは一体何者なんですか?」

「そう言えば名乗っていなかったわね。私は冴子。北条冴子よ」

「冴子さん。一つ聞きますけど、なんでこんな真似を? 俺はあなたに痴漢しようとしたんですよ。それならば、俺は今頃警察にいるべきだ。痴漢は犯罪なんだから」

「そんなに警察に行きたいわけ?」

「だって、俺は犯罪者だし」

「なんかさ、あなたを見ていると、可哀想になってきて、警察とか行く気分じゃないのよね。それに痴漢行為をしたってことは、Hな行為には興味があるわけでしょ?」

「そ、それはまぁ、人並みですけど……」

「それなら何も考えずに、ただ、身を委ねればいいのよ」

「美人局か何かですか?」

「本当に疑り深いのね。そんなんじゃないの。たださ、私も手っ取り早くセックスできる相手を探していたって言うか、それで、私に痴漢をしてきたあなたを相手に決めたの。それでいいかしら?」

「そ、そんな簡単に……」

「性的な欲求は人間の本能よ。それは男女関係ない。あなただって性欲があるでしょう。それと同じで、私にも性欲はあるの。だから、今日だけの関係。後腐れないし、何も心配はないわ」

「そ、そうかもしれないですけど」

「とにかく深く考えず、今を楽しめばいいの。あなた、死にそうな顔しているわよ。そんな顔していると、幸運も逃げてしまうわ。ほら、笑って……」

笑ってくれと言われても、忠は素直には笑えなかった。漠然と冴子を見つめ、そのまま立ち尽くした。

確かにセックスはしたい、Hな行為もしたい。

でも、なんだかできすぎていて、素直に喜べないのだ。

「まずは胸から触ってみる?」

と、冴子は得意げな表情で呟く。

そして、そのままブラのホックを外し、バストを露出させた。

冴子のバストは、決して巨乳というわけではない。しかし、形がよくて、ぷにぷにとした印象があった。

忠は、とうとう覚悟を決めた。

冴子が何者であったとしても、それは関係ない。

騙されたっていいじゃないか。どうせ半ば終わったような人生だ。今騙されたって、問題はないだろう。

忠は、吸い込まれるように、冴子の胸に触れた。

「どう、柔らかいでしょう」

「はい、柔らかいです」

「触り方がぎごちないわね。もしかしてあなた童貞?」

「はい、童貞です?」

「えっと、名前は確か……」

「忠です」

「そう。忠君。私は別に童貞でも構わないわよ。要は、気持ちよくさせたいという気持ちが大切なのよ」

「わかりました」

「じゃあ胸を触って私を気持ちよくさせて頂戴……」

忠は、言われるままに、冴子の胸に触れる。

どこまでも柔らかく、マシュマロのような触り心地である。

(これが、女性の身体……)

半ば、忠は感動していた。

男性とは全く違う感触。素直に素晴らしいと思えた。

次に、忠は乳首を刺激し始めた。指でくりくりと刺激していくと、ぷくっと乳首が膨れ上がり、硬くなっていく。そして、そのまま乳首を舐め始めた。激しく吸い付きながら、さらにもう片方の乳房を揉みしだいていく。

「ふあ……いいわ、いい感じよ、忠君」

ちゅぱちぃぱ……。

卑猥な音が鳴り響き、室内を覆いこんでいく。

初めて吸い付く乳首は、どこか甘い香りがする。女性特有の甘い香りが鼻をつき、忠を刺激していく。

胸を揉んでいくと、次なる興味が湧いて出てくる。

(もっと触りたい……)

胸だけでは満足できない自分がいる。

胸の次は……。

そのまま、下半身に手を伸ばしていく。

冴子はまだショーツを穿いているが、それを脱がしてもいいのだろうか?

ショーツ越しに、秘部に触れてみる。

(あ、熱い……)

冴子の秘部は、じんわりと熱を帯びていた。

それにプラスし、うっすらと濡れているのがわかった。

「濡れていますね」

と、忠は言った。

「ふふ、そうね、私も興奮しているのよ。ほら、もっと気持ちよくして……」

指で丁寧に探っていくと、愛液がどんどんと溢れ出していき、ショーツのクロッチ部分に染みができていく。その光景はどこまでも淫靡であった。

「ショーツ脱がしてもいいですか?」

「ええ、好きにして頂戴」

ごくりと生唾を飲み、忠はショーツに手をかけて、脱がし始めた。初めて見る女性器。縮れた陰毛の先に、ワレメが見えて、じんわりと濡れているのがわかった。

恥丘に触れると、意外と硬いということがわかった。そして、そのまま指を秘部に持っていく。

(すごい、熱い……)

冴子の秘部は燃えるような熱があった。

同時に、愛液が滴り落ちており、それが忠の指を濡らしていく。

ぬるぬるとした、独特の愛液がてかてかと光っていて、妙な興奮を生み出していく。

膣口に指を持っていき、そのまま膣内に指を入れてみた。

かなり濡れているので、指はすんなりと膣内に吸い込まれていく。

「あん。指が入ってくるわぁ。もっと刺激してぇ」

人差し指で膣内をくりくりと刺激し、もっと奥まで入れていく。

(一本だけじゃ足りないな)

そう思った忠は、人差し指と中指の二本を膣内に挿入した。

変幻自在に形を変える女性器は、二本の指も吸い込んでいき、にちゃにちゃと卑猥な音を上げ始めた。

「くぅあ……。あん、いい感じよ、そのまま指を動かしてみて」

言われるままに、忠は指をピストンさせていく。

ぬるぬるとした質感で、指はスムーズに動く。

もっと気持ちよくさせたい。どうしたらいいのであろうか?

(確か、クリトリスが気持ちいいんだよな)

知識として、忠はクリトリスの存在を知っている。

女性の一番敏感な部分。それがクリトリスである。大まかな位置も大体把握している。

指を二本入れながら、親指で、女性器の上方部分を刺激する。そこには包皮に覆われた部分があり、そこを押し広げていく。すると、中から白い豆のようなものが顔を出し、それがクリトリスであるとわかった。

試しにそこを指で刺激してみる。

途端、冴子の身体が反り返った。

「あぁぁぁぁぁん、そ、そんな敏感なところを弄らないでぇ」

クリトリスを刺激しながら、さらに、膣内を指で突き続ける。

「あひぃ、気持ちいいぃ、気持ちいいぃのぉ。おかしくなりそうぅ」

激しい指使いで女性器を刺激していくと、やがて冴子もオルガスムスを感じ始めた。

身体をガクガクと痙攣させ、足を無意識に閉じ始めた。

忠は、冴子の足を強引に開き、そのまま指でクリトリスを刺激しながら、さらに、膣内を突き続ける。

「あぁぁん、もう駄目、私、イキそうよ。最後にもっと激しくしてぇ」

冴子の声が大きくなる。

忠が指使いも激しくなった時、突如、冴子の陰部から愛液が迸った。尿と愛液が入り混じり、潮を吹いたのである。びちゃびちゃと液体が飛び散り、それがシーツに迸っていく。

ガクガクと悶えていた冴子は、そのままベッドの上にへたれこんだ。

「イッたんですね? 気持ちよかったですか?」

「忠君、よかったわ、初めてとは思えないくらい」

「あ、ありがとうございます」

「でも、まだまだこれからよ。もちろんまだやる気は満々よね?」

「もちろんです」

「じゃあ次のステップに進みましょう。当然だけど、セックスをするのよ。私とセックスすれば、あなたの悩みも吹き飛ぶし、私も気持ちよくなる。まさに一石二鳥よ」

「は、はぁそうかもしれません」

「忠君は童貞だから、最初は私が主導になってやってあげる、まずはあなたは仰向けで横になっていてね。騎乗位で始めましょう」

そう言うと、冴子は体を起こし、忠を仰向けに寝かせた。そして、そのまま忠のペニスを手で持つと、にっこりと笑みを浮かべた。

(お、俺、セックスするんだ……。どうなるんだろう)

不安と期待が入り混じる中、忠はとうとう大人の階段を登る――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください