連載官能小説『同級生狩り』第1回

連載官能小説『同級生狩り』第1回

「久しぶりね、昭君」

「あ、あぁ、そうだよね」

洒落たバーの中で、二人の男女が会話している。

女性の名は、西城真紀。男性の名は飯田昭。

二人は高校時代の同級生であり、今こうして10年ぶりに会ったのである。

高校を卒業してから10年。既に28歳になった二人は、それぞれの生活を送っている。真紀なら、数年前に結婚したし、昭も仕事をそれなりに覚えて、会社の戦力になりつつある。

昭は高校時代真紀に憧れていた。告白はしなかったが、ずっと思いを抱いていたのだ。しかし、真紀とこうして再会し、結婚の事実を聞き、少なからずショックを覚えていた。

昭と真紀は、休日の街で偶然出会った。恐らく、真紀? と、昭が考えていると、真紀の方から声をかけてきたのである。そして、意気投合し、そのまま居酒屋に直行し、その後、バーに移って話を楽しんでいた。

「結婚したんだね」

と、昭は告げる。

なるべく心中を悟られないように、快活な声を出す。

真紀は左手の薬指につけられた指輪に視線を落とすと、

「うん。だけどね、全然ダメなのよ」

「全然ダメ?」

「そう。私の旦那ね、浮気しているのよ」

重たい話になり、昭は黙り込む。

結婚する人間は多いが、それでも、すべての人間が幸せになれるわけではない。離婚する人間も多いし、結婚生活に疲れている人間も多いのだ。

昭は結婚していない。それに彼女もいない。

彼女がいた時期もあっただが、あまり上手くいかず、数年前に別れていた。それ以降、誰とも付き合ってはおらず、孤独な日々を暮らしている。

自分が真紀の旦那だったら、きっと浮気なんてしないだろう。

きっと幸せにしてみせる。そのくらいの心意気がある。

「どうするの?」

ふと、昭は尋ねた。

すると、真紀はキョトンとした表情を浮かべた。

「どうするって何が?」

「浮気されてるんだろ。なら何か対策はしているのか?」

「何もしていないわ。多分、向こうはこっちが浮気に気づいているとは思っていないもの。それに何をしていいのかわからないし」

「苦しくないのか?」

「そりゃまぁ苦しいけれど……」

酒も大分進み、昭の気分は高揚していた。

心の底から旦那が憎い。なのに、何もできない自分がいる。

それが歯がゆくて堪らなかった。

「この後、暇か?」

「暇っていうか。帰らないと、旦那は帰りが遅いけれど、家に帰って私がいなかったらきっと不振に思うだろうし」

時刻を確認する。

既に、時刻は夜10時を回っていた。

普通の主婦として生活しているのならば、そろそろ帰らないとならないだろう。

しかし、このまま真紀を返したくない。

もっと二人の時間を満喫したい。

「もう少し付き合ってくれないか?」

「どこか行くの?」

「あぁ。少しでいい」

バーを出て、今度は駅の裏側の方へ回る。

そちらには飲食店などはほとんどなく、代わりにラブホテルなどが建っている。

「ちょっとこっちって」

ホテルの風景を眺めて、真紀は慌てている。

「旦那、浮気しているんだろ。なら、お前も浮気し返してやれよ」

「え、それってつまり」

「俺とホテル行かないか?」

「駄目よ。私は一応人妻なのよ」

「わかってる。でも俺は苦しんでいる真紀を見たくない」

真紀は必死に抵抗し、帰ろうとしていたが、強引に口説き、何とかホテルに引き込んでいく。

ラブホテルは、それほど混雑しておらず、すぐに部屋が取れた。

シンプルなタイプの出屋で、十畳ほどの空間にダブルベッドが鎮座している。

「ねぇ、やっぱり私帰るわ。こんなのよくないし」

「大丈夫だよ、真紀は真面目過ぎるんだよ。少しくらい羽を伸ばした方がいい」

「でも、だからといって、浮気するなて」

「旦那はしているんだろ。ならお前には何も言えないはずだ」

「そ、そうかもしれないけれど」

真紀は困惑した表情を浮かべる。

酔いが回っている昭は、ベッドの真紀を座らせると、そのまま肩を掴んだ。そして、強引いキスをしようと迫る。

真紀は必死に抵抗する。

「ちょっと、昭君、何をするの、や、止めて」

「キスするだけだよ。別にいいだろ」

「よくないよ、だった、私人妻なのよ」

「人妻だからなんだ、お、俺はなぁ、ずっとお前のことが……」

好きだったとは言えなかった。

しかし、その代わり強引に唇を奪った。

むちゅみちゅちゅぷ……。

唇が触れるだけのキスから、強引に舌を入れて絡ませていく。

真紀は必死に抵抗するが、力は昭の方が強い。

されるがままに、真紀は押し倒されていく。

「みちゅ、みちゅ。蕩けるようなキスだ。どうだ、興奮してこないか?」

「い、いい加減して……。止めてよ」

圧倒的な拒絶だった。

それでも酔っていた昭は止まらなかった。強い力で真紀を押し倒すと今度は、服を脱がしにかかった。

真紀は、白のタートルネックに、ベージュのスリムパンツを穿いている。コートは既に脱いでおり、昭はタートルネックを脱がし始めた。

「いやいや、止めてぇ、昭君、何をするの」

「決まってるだろ、そんなこと言わせるな」

「いやぁぁぁ。やめてぇー」

このホテルは防音の設備がしっかりしているのか、外に声は響かなかった。

ニットを強引に脱がし、次はパンツに手をかける、スリムパンツであるため、かなり脱がしにくかったが、強引にパンツを脱がすと、そのまま自分の上着やスラックスを脱ぎ始めた。あっという間に真紀を下着姿にすると、再びキスをしながら、ブラを外しにかかる。

真紀は懸命に暴れるが、力では昭に適わない。なすすべなく、ブラを外される。すると、形のいい乳房が露になる。決して大きくはないが、小さくもなく、大きさは手ごろであった。また、まだ28歳ということもあり、女の盛りである。甘い香りが漂い、暴れてもなお、美貌を残している。

これはレイプである。それはわかっている。だけど昭は止められなかった。

「も、もう、やめてぇぇぇ。いやよぉぉ」

胸を揉みしだき、そのまま乳首に吸い付く。女性特有の甘い香りが昭の鼻をつく。牝の香りが漂い、それが昭を興奮させていく。

「素直になれよ。旦那とはセックスしているのか?」

「そ、そんなこと言えるわけないじゃない」

「してないんだろ、なら、溜まってるはずだ、ストレス発散させようぜ」

「いやいや、やめてぇ、いい加減にしてよ、昭君」

「そのうちに気持ちよくなるから。少し我慢してくれ」

「いやぁぁぁぁ。もう帰して、お願いだからぁ」

「教えてやる、俺はな、お前のことが好きだったんだ。何度も妄想の中でお前を犯してきたんだ。だから、俺がお前を救ってやる。俺とセックスしろ」

「な、何をいっているの、酔い過ぎよ。とにかく止めてよぉ」

胸を揉みしだくと、次は下半身に指先を動かしていく。

下着越しに、秘部に触れると、熱を帯びているのがわかる。

そのまま足を広げて、下着を脱がしにかかる。

下着をはぎ取られると、真紀は泣きそうな声で、懸命に抵抗する。

「も、もう、やめてぇ。おねがいだからぁ」

「ここまできて、やめられるか。いうことを聞け」

「こ、こんなの犯罪だよ。犯罪者になってもいいの」

「旦那に浮気されて悔しくないのか、やり返してやればいいんだよ。俺が手伝ってやる」

「そ、そんな酷いよ、酷すぎるよ」

足を広げ、性器を押し広げる。

ふさふさとした陰毛の奥に膣口が口を開いている。

そのまま、昭はクンニリングスを開始する。

「ちゅぱびゅちゅみりゃ、お前のおま×こ、すげぇ美味しいぜ」

「やめてぇ、舐めたりしないでぇ、お願いだからぁ」

「お前だって興奮しているんだろ。おま×こが熱いぜ」

「こ、興奮なんてするわけ……」

べろべろと舌先で女性器を舐め、舌を膣口に入れていく。ぴちゃぴちゃと淫靡な音が鳴り響き、それが室内に広がっていく。

甘い性臭がどんどんと広がっていい、それが一層昭を興奮させていく。もっと、先に進みたい、滅茶苦茶にしたいという願望が溢れ出てきて止まらない。

真紀は嫌がっていたのだが、どこかこの状況に興奮してる自分に気が付いた。

旦那とセックスしたのは、いつだったのだろうか?

少なくとも、ここ数カ月肉体関係はない。だからこそ、身体を持て余していたのは事実である。そんな中、強引にレイプをされて、どこか興奮している自分がいるのである。

「こ、こんなの駄目だよ。も、もう止めてぇぇぇ」

「嘘いえ、お前だって興奮しているんだろ。その証拠に濡れているぞ。レイプされて濡れる女は淫乱な証拠だ」

「嘘よぉ。濡れてなんか……」

「見てみろよ」

昭は指先を膣内に入れて、そのまま出し入れした、すると、にちゃにちゃと指先が濡れていく。じんわりとした透明の愛液が付着したのである。

「ほら、みてみろよ、濡れてるだろ。お前だって興奮しているんだ。だから俺と一緒になろう」

「いや、いやよぉ、とにかく止めてよぉ」

「今すぐ気持ちよくさせてやる」

指を奥深くまで挿入し、Gスポットを刺激する。

すると、真紀の顔色が変わっていく。

「そ、そんなに乱暴にしないでぇ、そんなに刺激されたら、出ちゃう、止めてぇ」

「俺が潮吹きさせてやる。思い切り潮を吹いて見せろ」

ぶちゅぶちゅぐちゅにちゃ……。

卑猥な音が鳴り響き、淫靡な音が染み渡っていく。

次の瞬間、びちゃびちゃと勢いよく、真紀が潮を吹いた。

大量の尿と愛液が、シーツに飛び散り染みを作っていく。

「いやぁぁぁあー、やめてぇぇぇ」

「口では嫌がっていても、身体は正直だな。レイプされて潮を吹いたんだ。お前だって興奮しているだ」

昭は、そこで気を抜いた。

その隙を突かれてしまった。

真紀は服を持つと、そのまま部屋を飛び出し、駆け出していく。

あまりに素早かったので、昭はその後を追えなかった。

しかし、ベッド上には、真紀の財布が残されていた。

そして、そこには真紀の住所が書かれている。

(真紀。俺はお前を手に入れるからな……。絶対に)

昭はそのように考え、あえて真紀を追わなかった。

この翌日、昭は真紀の家に訪れることになる――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください