連載官能小説『同級生狩り』第4回

連載官能小説『同級生狩り』第4回

昭はスーツを脱ぎ、ボクサーパンツ一枚なる。

股間部分はもっこりと膨らんでおり、興奮している様子が見て取れる。

仁王立ちする昭。それを見つめる真紀。

二人の間には、静寂があり、それが余計に興奮させる要素となっていた。

「そろそろ俺を気持ちよくしてもらうかな」

「な、何をするというの?」

「口でしてもらおうか? オーラルセックスだよ」

「そ、そんなの出来ないわ」

「ごちゃごちゃ言うな。真紀、お前ならできるはずなんだ。ほら、俺のち×ぽに触れてみるんだ」

昭はそう言うと、一歩足を進めた。

真紀の目の前に、昭の股間が広がる。

真紀は下着越しにペニスに触れてみた。

(あ、熱い……)

昭のペニスはかなり熱を持っていた。

それに全体的に窮屈そうである。「早くボクサーパンツから解放してほしい」と、言っているようにも思えた。

「触ったけれど、これでいいの?」

「口でご奉仕するんだ。フェラくらいしたことあるだろう?」

真紀自身、フェラチオの経験はあるが、豊富ではない。

彼女の夫は、それほど、フェラを求める人間でないからだ。昔、少しだけしたことがあるが、上手くできずに断念した思い出がある。

それに、こんなものを口に入れるなんて、考えただけでも悍ましい。

だが、少しだけ興味があるもの事実である。

「そんなに経験ないからできないわよ」

「いいからやるんだ。俺の指示通りすればいい。そうすればもっと気持ちよくしてやる」

口答えしないほうがいいだろう。

何しろ弱みを握られているのだから……。

「わ、わかったわ」

真紀はそう言うと、昭のボクサーパンツを脱がした。

すると、むわっとするような性臭が広がっていく。

(す、すごい匂い……。こんな匂いが嗅いだら……)

牡の猛々しい香りが充満する中、真紀は一人沈黙していた。

その様子を見た昭が指示を飛ばす。

「よし、まずは手でしごくんだ。いいかゆっくりと始めろ」

「え、ぇぇ」

真紀は言われるままにペニスを持ち、しごき始める。

しこしことゆっくりと動かしていくと、亀頭の先端から、カウパー腺液が溢れ出し、それが指に付着した。

「な、何か出てるわ」

「我慢汁だよ。どうだ、舐めてみたくなったんじゃないのか?」

「な、舐めたくなんかないわ。嫌で仕方ないもの」

「舐めるのなら、再びローターのスイッチを入れてやろう。止めるというのなら、お前はそれ以上気持ちよくなれない。それでもいいんだな」

気持ちよくなれない。

そう考えると、真紀は躊躇してしまう。

一度、あの快楽を経験してしまうと、それに抗うのは難しい。もっと快楽を求めたくなってしまう。しかし、それでは昭の思う壺だ。

(この人は、私を征服しようとしているんだわ)

恐怖はあるが、興味もある。

そんなギリギリの精神の中、真紀は一人迷っていた。

「どうだ、気持ちよくなりたくないのか?」

「そ、それは……」

「真紀、素直になるんだ。別に恥ずかしいことじゃない。正常な精神なんだよ。お互いに気持ちよくなろう。俺なら、お前を救ってやれる。旦那と全然していないんだろ、だからお前は、身体を持て余している。本当は興奮したいし、気持ちよくもなりたいんだ。なのに、それを無理矢理我慢している。我慢する必要はない。解放してやるんだ」

「と、とにかく舐めればいいのね。だったらしてあげるわ」

「ククク。その調子だ、なら、舐めてもらおうか。まずは舌先で亀頭を舐めるんだ。いいな」

言わるまま、真紀は舌先で亀頭を舐め始めた。

猛々しい肉竿は、それだけで圧倒的な存在感があり、真紀を興奮の中に誘っていく。舌先に、先走り汁が付着し、にちゃにちゃと卑猥な音を上げて糸を伸ばし始めた。全く味はしなかった。ただ、少しだけ熱い。そんな感じがする。

「よしよし、いい感じだぞ、次は亀頭の裏側の舐めるんだ。ぺろぺろと舌先を使って丁寧に舐めるんだぞ」

「にちゅ、びゅぶ、んん、ふぐ」

真紀は舌先を使って亀頭の裏側を舐めていく。

猛々しく勃起した肉棒から、堪らない性臭が漂ってくる。

こんな匂いを間近で嗅いでしまうと、くらくらとしてしまう。

指示通り、フェラを続ける真紀を見た昭は、ローターのリモコンを取り出し、そのスイッチを入れた。

ヴヴヴヴヴ……。

ローターの稼働音が室内に響き渡る。

ローターの刺激が、若い肉壺に伝わり、真紀は体をくねらせた。

「アアン。し、刺激が強すぎるぅ」

「このくらいがちょうどいいだろう。ほら、口が止まっているぞ、もっと下で俺のち×ぽを刺激しろ」

亀頭全体をペロペロと舐めていく真紀、彼女が舐めれば舐めるほど、男根は硬くなり、ますますその存在感を増していく。カウパー腺液も止めどなく溢れ、それが一層真紀を興奮させていった。

旦那以外の男性の性器を舐めるなんて、想像もできなかった。

しかし、何かこう自分の殻を破るような気持がして、決して嫌ではなかった。いつの間にか、真紀はペニスを求めるようになっていった。舌先を使って、亀頭全体を舐め回していく。その姿を見た昭は、次の指示を飛ばす。

「よしそろそろ、口に含んでもらうか。ち×ぽを口に含め。いいか、歯を立てるなよ。静かにゆっくりとするんだ」

「わ、わかったわ」

真紀は硬く勃起した肉棒を口に含んだ。

こんな大きなもの、口には入らないと感じていたが、意外とスムーズに入れられた。すると、たちまちゾクゾクとした感覚が彼女を襲っていく。

「よし、真紀、口でち×ぽをしごくように舐めまわしていけ。少しずつ動きを速めていくんだ。お前ならできるはずだ」

「ふぐ、ふあぁ、アン、ひぅふぅ」

真紀は懸命にフェラを続けていく。彼女の口元から唾液が滴り落ち、それが床に広がっていく。ローターにより、秘部にも刺激が入っているため、真紀は堪らない快楽の中に放り込まれた。このまま気持ちよくなりたい。

「きもひいいれすか?(気持ちいいですか?)」

と、真紀は尋ねる。

「あぁいい感じだ。よし、空いた手で陰嚢を刺激するんだ。丁寧に揉んでみろ」

真紀はフェラで奉仕を続けながら、空いた右手を使って陰嚢を揉み始めた。すると、昭の様子が少しずつ変わっていく。彼もまた、気持ちよさの絶頂にいた。エクスタシーを迎え、恍惚とした表情を浮かべている。

「うぉ、いいぞ、その感じだ。よし、もっと早くフェラをするだ、吸い込んだり、口全体を使うようにしたりしてフェラを続けろ」

しゅぼしゅぼ、ニチャクチャ……。

淫靡な音が染み渡っていく。昭はガクガクと腰を振るわせて、真紀のフェラを見つめている。この女には素質がある。もっと調教すれば、素晴らしい性玩具になるような気がしていた。フェラの経験がそれほど多くない真紀であったが、飲み込みは早く、過不足なくフェラができるようになっていた。

口いっぱいにペニスを受け入れていると、どんどんとおかしな気分になっていく。しかし、もっと求めたくなる自分がいる。なぜ、こんな風に思うのか理解できなかったが。それでも真紀は次第に自分の行為に慣れ始めていった。

「真紀、そのまま限界まで動きを速めろ、そして俺をイカしてみるんだ、それができれば、お前にご褒美をあげよう」

真紀は口の動きを速めていった。口全体を使ってペニスをしごいていく。

やがて、ペニスが小刻みに震え始めた。

昭も限界を迎え始めた。

「く、うぁ、堪らん……。いいぞ、その調子だ」

堪らない快楽が昭を覆っていく。

やがて、彼はオルガスムスを感じ始める。

ペニスが収縮していったかと思うと、次の瞬間、絶大な爆発があった。

「うぉぉぉぉ。イクぞ。真紀受け止めろよぉー」

ビュルビュルドビュブピュ……。

激しい勢いで射精する昭。

彼の濃いザーメンが真紀の口内に注ぎ込まれる。

「ぐふ、ふあぁ、ひん」

あまりの精液の量にせき込む真紀。しかし、それでも彼女は昭のザーメンを受け止めた。

「真紀、俺の精子を飲んでみろ。お前なら飲めるはずだ」

こんなもの飲みたくはない。

だが、彼女はこの時快楽の絶頂にいた。そのため躊躇なく精液を飲み込んだ。

ゴクリ。喉元が震える。

初めて飲む精液は、どこまでもこく、淫靡な味がする。

どこか癖になってしまいそうな感じがするではないか。

昭はローターのレベルを最大まで上げて真紀の性器を刺激した。

真紀もガクガクと震え、そのまま果ててしまった。

真紀は床に倒れんだのを見るなり。昭はローターのスイッチを切り。部屋のクローゼットの方に向かい、そこから袋に入った何かを取り出した。

ぼんやりとする意識の中、真紀は袋の中身を見つめた。

それは犬がするような首輪であった。

「そ、それは何?」

恐る恐る真紀は尋ねる。

昭は首輪を弄びながら、

「見てわかるだろ、ご褒美の首輪だよ。牝犬には首輪が必要だからな。俺の方で用意したんだ。今日からお前は俺のペットだ。いいな。ここに来るときは、首輪をつけるんだ」

「ひ、そ、そんな犬だなんて……。私は人間よ」

「お前は牝犬だ。そのために調教してやるんだ。明日、またここに来るんだ。その時、俺が指定する格好で来るんだぞ。そして部屋に来たら首輪をつけて俺が調教してやる。楽しみにしていろよ」

少しずつ、真紀は狂い始めていった。

一体、この先どうなるのだろうか? 不安と期待が入り混じる中、彼女はマンションを後にした――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください