連載官能小説『女性向け風俗』第1回

連載官能小説『女性向け風俗』第1回

戸坂栄太は大学を卒業し、一般企業に入社したが、一年も経たずに辞めてしまっていた。なんとなく、社会に適応しない。そんな思いがあったからこそ、彼は早々に会社を辞めてしまったのである。

次の仕事もすぐに見つかるだろう。彼はそう考えていた。どの業界も人手不足で喘いでいる。なら、自分だってどこかの会社に入れるはずだ。と、楽観的に考えていたのである。しかし、現実は甘くなかった。

栄太は数多の企業を受けるが、全く採用されず、仕事を辞めてから約三カ月が経とうとしていた。もう、それほど貯金は残っていない。何とかしなければならないのに、どうしていいのかわからないのだ。

そんな時、彼はある求人を見つけた。

『健康な男子募集! 月収20万円を約束』

どんな仕事なのか、よくわからないが、仕事を選んではいられない。栄太は藁にも縋る重いで、この求人に応募してみた。ここから、彼の人生は大きく変わることになるとは知らずに……。

「ようこそ、グッドライフカンパニーへ」

とあるビルの一室。小ぢんまりとした空間の中に、栄太は座っていた。

彼はグッドライフカンパニーという謎の会社の面接を受けに来ている。そこで、衝撃的な話を聞いた。

「手前どもは、女性向けの風俗を経営しています。そこで働く男性キャストを募集しているのです」

女性向け風俗? 話には聞いたことがある。キャストというのは、つまり風俗嬢の男性バージョンという意味だろう。参った。完全に参った。変なところに来てしまったという後悔の念が栄太を覆っていく。

「はぁ、あの、俺ちょっと間違えたみたいで」

「間違えた?」

「そ、その、風俗って知らなかったものですから」

栄太は素直にそう言った。

これで解放されるだろう、そんな風に思っていた。流石に風俗で働くのは気が引ける。まだ、二十三歳と若い栄太は、別の真っ当な業界で働きたいと考えていた。

「ふむ。しかし、これも何かの縁です。ぜひ、あなたにはやってみてもらいたい」

意外なことに、この男性社員は栄太を引き留めたのである。

正直、栄太は困惑してしまう。風俗で働く気はないのに。

(参ったな、どうしたらいいんだろう)

「これはあなたにとってもいい話なんですよ」

男性はそう言った。

「いい話ですか?」

「そうです。人のために約立てる仕事です。きっとやりがいも出てくるでしょう。どうです、まずは一カ月働いてみませんか?」

断るに断れない状況ができてしまった。

結局、栄太は承諾してしまう。彼はこうして風俗店の男性キャストとなった。

グッドライフカンパニーが展開している女性向け風俗は、簡単に言うと、女性版のソープである。つまり本番がありなのだ。

栄太はそれほど絶倫というわけではない。恐らく、2、3回イってしまったら、もう勃たなくなるかもしれない。それで仕事になるのか不安だったが、彼は仕事に赴いた。

客からの指名があると、そのまま部屋に出ていって、女性と一緒にプレイをするという流れである。

(はぁ、憂鬱だなぁ)

控室で待っていると、栄太は堪らない憂鬱感に襲われた。やりたくない。早く帰りたい。そんな思いばかりが頭を駆け巡るのだ。

やがて、栄太に指名が入った。栄太は童貞ではないが、女性経験が豊富なわけでもない。だからこそ、カチコチに緊張していた。

控室から出ていき、トビラをくぐった先に客である女性がいる。

(どんな人なんだろう。きっと、こんなところに来るくらいだから、ブサイクなのかもしれない)

栄太がトビラを開き、女性を出迎える。

すると、彼の想像とは全く別のタイプの女性が立っていた。

一言で言えば、美人である。スタイルもかなり良く、ファッションモデルのようにも見える。

ベージュのトレンチコートに、スリムな黒のパンツ。足元は黒んパンプスであり、髪の毛はややライトブラウンの明るめ。長さは肩くらいまである。かなり手入れをしているのか、艶のある髪の毛であった。

「こ、こんにちは」

ぎこちなく会釈をする栄太。彼は女性を部屋まで招き入れる。

プレイをする部屋は、それなりに広い。清潔なベッドに、浴室が付いたシンプルな部屋である。

栄太は女性をベッドの上に座らせると、簡単に自己紹介をした。

「どうも、栄太です。今日は宜しくお願い致します」

丁寧にあいさつすると、女性は深く頷き、

「はい、ありがとうございます。そ、その、私、こういうところ初めてで」

「そうなんですか? まぁリラックスしてください。まずはシャワーを浴びましょうか?」

そう言い。女性を浴室に案内する。

シャワーを捻りお湯を出すと、辺りは湯気で包まれていった。

「服を脱いでこっちに来てください」

栄太も服を脱ぎ、全裸になる。

女性は恥ずかしそうにしていたが、やがて覚悟を決めて服を脱ぎ始めた。

本来、女性の服を脱がすのは栄太の仕事なのであるが、彼は初めての客ということもあり、すっかり業務を忘れていたのである。

女性の裸体は神々しいほど、完成されていた。スリムな肉体であるのだが、決して細すぎるわけではなく、適度に脂肪が付いている。女性らしい体のラインがしっかりと形成されているのだ。

シャワーを使い、女性の体を丁寧に洗っていく。風俗は時間制限があるので、あまり長い間入浴に時間は割けない。さっと体を洗いあげると、タオルで女性の身体を拭き、ベッドに移動する。

「あ、あの、栄太さん。実は今日はお願いしたいことがあって」

不意に、女性がそんな風に言った。

「お願いですか?」

「はい。そ、その、私、セクハラされているかもしれないんです」

「は、はぁ……セクハラですか」

確かに、この女性ほどの美貌があれば、セクハラされても仕方ないような気がする。栄太はそう思ったが、口には出さず話を聞いた。

「まだ、確実ではないんですけど、もしかするとセクハラかもしれないんで、確認してほしいんです」

「確認?」

「はい。実際に私が受けた行為を、本当にセクハラかどうか確かめてほしいんです」

「まぁそれはいいですけど」

「よかった、じゃ、お願いします」

「わかりました。それで具体的にどんなことをされたんですか?」

「実は、私の会社の上司なんですけど、私が肩こりが酷いっていったら、マッサージしてやる言ってくれたんです」

マッサージか。栄太は続けて話を聞く。

「でもそのマッサージがちょっと変っていうか、おかしいんです」

「おかしい?」

「はい。マッサージをするだけなのに、ブラを外せって言うんです」

「確かにおかしいですね。それで外したんですか」

「えぇ一応、上司の命令ですから」

「それでどんなマッサージを?」

「実際に言うんで、栄太ささんがそれを真似てやってみてくれますか?」

「わかりました」

「まずは、肩を揉まれました。ゆっくり揉んでみてください」

栄太は言われるままに肩を揉み始めた。女性の肩はかなりこっている。恐らく胸が大きいからこってしまうのだろう。

「次に、服の中に手を入れられました」

「服の中に? こ、こんな感じですか?」

栄太は襟元から手を突っ込み、女性の肌に触れた。しっとりとした肌の質感が栄太の手のひらに伝わる。

「そ、そんな感じです。それで胸を揉まれました」

「な、なんですって胸を……。そ、それはけしからん」

「ちょっと触ってもらえますか?」

「え、いいんですか?」

「そうしないとセクハラかどうかわからないし」

「やってみましょう」

栄太は胸の方に手を異動させた。ブラジャーを外しているので、胸の柔らかさがダイレクトに伝わる。

「それで、どうされたんですか?」

「胸を直に揉まれました。やや強めに」

栄太はやや強めに胸を揉み始めた。

「くぅ、うぅ、そ、そんな感じです。その後、乳首をコリコリと刺激されました」

「ち、乳首を、い、弄ればいいんですね」

「やってください」

栄太は乳首を指でつまむと、それをコリコリと刺激し始めた。女性の乳首は硬くなり、ぷくっと膨れ上がった。

「アン、そ、そんな感じです。そのまま乳首と胸を同時に揉まれたんです。このままやってもらえますか」

栄太は胸を揉みしだきながら、女性の反応を待った。

女性は胸が性感帯なのか、ガクガクと体を震わせ始める。

「い、いい感じです。そんな風に胸を揉まれたんです」

「そしたらあなたはどうなったんですか?」

「わ、私、あまりに気持ちよくなってしまって、……そ、その、つまり、イってしまったんです」

「なら実際にイってみましょう。俺が胸を揉み続けるんで、イってください」

「いやぁん、ほ、ホントにイッちゃいますぅ」

女性は体を痙攣させると、そのまま多く反り返った。

栄太は懸命に胸を揉んでいた。女性の豊満な乳房を揉み、さらに乳首を刺激する。それだけで、彼も気持ちよくなり始めた。

これはセクハラか……。

確実にセクハラだろう。マッサージするのはわかるが、流石に胸をダイレクトに触るのはセクハラ以外何者でもない。

「ひゃん、もう、駄目、イク、イッちゃいますぅ」

女性は快感の声を上げると、そのまま果ててしまった。

ガクッと力が抜け、栄太にもたれかかってくる。

「ど、どうですか? これってセクハラですか?」

女性は恍惚とした表情で呟いた。

栄太はそれを受け、正直に答える。

「セクハラだと思います。完全に……」

「やっぱり……。でも、別のこともされたんです」

「別のこと?」

「そうです。それも実践してみていいですか? 栄太さんが確かめてくれると、ありがたいのですが」

「僕でよければ協力しますよ」

「ありがとうございます。実はこのマッサージには続きがあったんです」

「続き?」

「はい、それをこれからお話しします」

女性はそう言うと、栄太を真剣な表情で見つめ、やがて語り始めた――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください