連載官能小説『女性向け風俗』第3回

連載官能小説『女性向け風俗』第3回

(裕子さんか……)

先日のプレイを思い出し、栄太は一人自室に佇んでいた。

女性向け風俗で働き始めて、既に数日が経っている。何となく仕事をこなしているが、このままこの仕事を続けていくべきなんだろうか? もっといい仕事はたくさんあるだろう。しかし、栄太はこの仕事に愛着を抱いていた。

世の中には、変わった人もたくさんいる。

裕子はあきらかに、セクハラを受けている。

しかし、どういうわけか、自分でセクハラを受けているかわからないと言う。天然というか、自然体というか、変わっている女性である。

だけど、もう一度会いたい。

もう一度会う約束はしている。だが、あれから裕子は店に現れない。会って続きのプレイをしたいのであるが、会えないことには続きはできない。そんな中、今日も栄太は仕事に勤しんでいた。

この店に来る人間は実に変わっている。やはり、風俗に来るくらいだから、ルックスに難があったり、異常に太っている人間が来たりとさまざまである。裕子のような美女が来る時点で奇跡なのだ。

一人目の客を捌き、控室に戻ってくると、そのまま休憩である。基本的に指名が入らない限り、仕事にはならない。指名が入らなくても客の前に行くケースはあるが、それはあまりなかった。

控室でスマホを弄りながら、自由に過ごしていると、栄太に指名が入った。慌てて準備をし、お客さんに会う準備を始めた。

栄太に指名を入れたのは、裕子であった。トビラを開くと、スタイル抜群の美女が立っていた。

「また来ちゃいました」

舌をペロッと出して、裕子はそう言った。

その仕草が可愛くて、栄太は気分がよくなる。

「もう、来ないと思いましたよ。じゃあ部屋に行きますか」

「お願いします」

裕子をエスコートして、プレイルームに入っていく。

まずは、ベッドの上に座り、簡単な世間話をする。

あまり長く話していると、プレイする時間が無くなってしまうので、早々に話を切り上げ、シャワーに移動する。

裕子の裸体は、いつ見ても美しい、女性らしいシルエットが素晴らしく、それを見ているだけでうっとりとしてしまう。

「あんまり見られると恥ずかしいです」

と、裕子は言った。

慌てて栄太は答える。

「す、すみません。ただ、あまりにキレイで」

「褒めてもらって嬉しいです。でも、何もありませんよ」

裕子はにっこりと笑った。

裕子の身体をキレイにすると、次はタオルでふいてやる。丁寧体を拭き、そして、そのままベッドに移動する。本当ならここでプレイがスタートするのであるが、裕子の場合は少し違っている。彼女には、彼女のやりたいプレイがあるのだ。

「今日はどんなプレイが希望ですか?」

と、栄太は質問する。

すると、裕子は恥ずかしそうに答える。

「そ、その、変な話なんですけど、これを使って欲しいんです」

そう言い、裕子は、バッグの中から極太のバイブを取り出した。さらに準備がよく、ローションまで用意している。

「これは、バイブですね……」

「はい。使ったことないんです。だから一度使ってみたくて」

「もちろん、OKですよ、早速やってみましょうか?」

「でも入りますかね、かなり太いのを買ってしまったみたいで」

確かに彼女が持っているバイブはかなり太い。明らかに栄太のペニスよりも大きいのである。

「ゆっくり挿れてみますか? 多分大丈夫だと思いますけど」

「では、お願いします」

「後ろから挿れるのと、前から挿れるのならどっちがいいですか?」

「う~ん、とりあえず前からの方がいいですね。慣れてきたら後ろからもやってください」

「わかりました。では……」

栄太は、裕子の額に軽くキスをして、そのまま足を左右に広げた。

性器が顔を出し、サーモンピンクの膣口がてかてかと光って見えた。既に濡れているようで、とろとろとした愛液が流れ出ている。

濡れているが、一応ローションを付けた方がいいだろう。

そう考えた栄太は、ローションをバイブに塗り、先端を膣口に近づけた。ぴちゃという卑猥な音が聞こえ、栄太を興奮させていく。

「じゃあ、挿れます」

「は、はい」

栄太はゆっくりとバイブを挿入していく。

裕子の膣内はかなり窮屈であって、メリメリと膣壁を切り開くようにバイブが吸い込まれていく。

「く、くぁ。お、大きい……」

「だ、大丈夫ですか?」

「今のところは、な、何かゾクゾクします」

半分ほどバイブを入れたところで、スイッチを入れてみる。

すると、ヴヴヴヴヴと音が鳴り始めた。

その音に反応して、裕子は体をガクガクと反応させていく。

「し、刺激が、つ、強い、何か凄いです」

裕子は恍惚とした表情を浮かべて、快楽に身を委ねている。

そのままバイブを奥深くまで挿入して、軽くピストンさせてみる。

くちゅくちゅと淫靡な音が鳴り響き、白い糸が粘ついてエロスを感じさせる。

こんな大きなバイブが裕子の中に入っている。それは絶景であった。魅力溢れる裕子だからこそ、バイブを入れた姿も絵になるのではないかと思えた。

「少しずつ動かしますよ」

栄太はそう言い、少しずつバイブの動きを速めていった。

それに合わせて裕子の腰も動いていく。

「アアン、凄い、気持ちいいですね。もっと刺激を……、もっと激しくぅ」

バイブで膣内をかき回しながら、栄太は空いた手でクリトリスを刺激し始めた。白い女豆をこすっていくと、裕子は甲高い声を上げる。

「いやぁぁん、そんな敏感なところを……」

「スゴイお汁が溢れてきますよ」

裕子の愛液はとめどなく溢れていく。

ローションと愛液が入り混じり、やや半透明なった液体が、結合部分でしっとりと糸を引いている。こんな光景を見ていると、もっと刺激してしまいたくなる。

「次は後ろからやってみますか?」

「う、後ろからですか、じ、じゃあ、お願いします」

栄太は一旦バイブを抜き、裕子を四つん這いにさせた。

そしてお尻を高くあげてもらい、性器が見えやすいようにお尻の双肉を左右に広げた。

ぴくぴくと震える性器が、早くバイブを挿れてほしいと言っているかのようであった。

(すごい、キレイなあそこだ)

栄太は感動していた。

そして、バイブを性器に押し当てると、そのままゆっくりと挿入していった。

電動音が鳴り響き、奥深くまでバイブが挿入されていく。バックなので、正常位で挿れるよりも奥深くまでバイブは吸い込まれていった。

「スゴイ、大きすぎてあそこが壊れちゃいますぅ」

「もっと早く動かしていきますよ」

ぎゅいんぎゅいんとバイブが乱暴に動いていく。

お尻を高くあげているので、菊門の様子までよく見える、キレイな褐色であり、ムダ毛が一本も生えていない。試しに指をぴたりと菊門に押し当てる。すると、裕子の身体が反り返った。

「そ、その穴は違う穴ですぅ」

「こっちも気持ちよくなるかもしれませんよ、試してみましょう」

「いやぁぁん、おかしくなっちゃいますぅ」

栄太はお尻の穴に指を少しだけ挿入していく。

しっとりと温かく、締まりが格段に強い、指全体を締め付けるように菊門が自在に動いていく。

ガクガクと体を痙攣させていき、裕子は悶えている。

「アアアン、お、お尻も気持ちいいですぅ、癖になっちゃうぅ……」

さらに栄太はバイブを速く動かしていく。ぐちゅぐちゅと愛液が流れ出し、それがシーツに滴り落ちて、染みを作っていく。太ももの裏にも、愛液が流れ出し、堪らない女臭を放っている。

「え、栄太さん、わ、私イキそうです。イってもいいですか?」

「もちろんです、最高に気持ちよくなってください」

「アアアン、き、気持ちいい、ホントにイッちゃう、イクゥゥ!」

身体を思い切り反り返らせ、激しく昇天する裕子。

膣やアナルの締め付けがこれ以上ないくらい強くなり、そのまま裕子は果ててしまった。

ベッドの上に倒れ込み、裕子は小刻みに躰を震わせている。

「ど、どうでしたか?」

恍惚とした表情で、裕子は栄太を見上げた。

「よ、よかったです。こんな大きなバイブを使ってイってしまうなんて、私は変態なのかもしれません。引きましたか?」

「そんなことはないですよ。それに全然変態じゃないです。健全な方じゃないかなぁ」

「そう言ってもらえるとありがたいです。本当にありがとうございます」

こうして今日のプレイは終わりを告げた。

相手を気持ちよくすることに徹していたため、栄太はやや消化不良であったが、それでも気持ちよくなってもらい満足していた。

「また、指名してもいいですか?」

「もちろんです。どんどん指名してください」

「じゃ、じゃあまた来ます。宜しくお願いします」

二人は再会を約束し、その日は別れた――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください