官能小説レビュー 第14回『【誘惑三重奏】私立高校生徒会』

官能小説レビュー 第14回『【誘惑三重奏】私立高校生徒会』

引用元:https://www.amazon.co.jp/dp/B00KBS1W44/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1

今回紹介する官能小説は、犬飼龍司さんの『【誘惑三重奏】私立高校生徒会』です。

官能小説では定番の、高校を舞台にした作品となっています。

同級生、後輩、先生……。相手となる女性もさまざまで、非常に面白い作品です。

それでは、早速レビューしていきますので、ぜひご覧ください。

□登場人物とストーリー

【登場人物】

・後藤良介……主人公の高校生 生徒副会長

・川原春菜……良介の同級生 生徒会長

・北沢七海……良介の後輩 生徒会書記

・坂崎智子……良介の担任教師 生徒会顧問

【ストーリー】

本作品は全8章の構成となっており、それぞれのパートで、Hなプレイが展開されます。

1つずつ章を確認していきましょう。

〇第1章

生徒会副会長である後藤良介は生徒会の仕事で遅くまで残ります。そこに、顧問の坂崎智子がやってきて、二人で作業をするのですが、仕事で疲れた智子はうとうとと眠ってしまいます。実は、良介は智子に憧れを持っており、眠った智子を見て、Hな悪戯をしてしまいます。ただ、智子は起きていて、この悪戯を感じているのです。

そして、このまま良介が道を外さないように、自分の体を使って、良介を導いていきます。手コキ、フェラと続けて奉仕をして、良介の性欲を諌めようと躍起になるのです。ここから、良介と智子の禁断の関係が始まります。

〇第2章

智子は既に結婚しており、良介と淫らな関係になってしまったことを悩みます。同時に、良介は、一度、智子にフェラなどの奉仕をしてもらい、もっと関係を深めたいと考えています。

そんなある日、誰もいない教室で、良介と智子は一緒になります。そこから、先日のHなプレイが思い出され、良介が動きます。

智子は、抵抗するのですが、良介の気持ちを知り、再び手でしごくことになります。しかし、それで満足できない良介は、智子の身体を求め、そのまま二人はセックスしてしまうのです。

〇第3章

この章は良介と春菜のパートとなっています。

智子とセックスをしてから、良介は智子に避けられてしまいます。困った良介は、生徒会長である春菜に、先生とセックスしたと告白し、どうしたらいいか助言を貰うことにします。真面目な春菜は信じられないと顔を歪めますが、自分も良介と関係を持ちたいと考え始めます。

そこで自分は経験豊富だと思わせながら、良介のペニスを弄び、口で奉仕してあげる流れになります。

良介はフェラをされながら、オルガスムスに達し、春菜の口内に射精するのでした。

〇第4章

続けて良介と春菜のパートです。

生徒会室で仕事をしていると、いつの間にか時間が過ぎ、良介と春菜の二人きりになります。

そんな中、春菜が切り出します。前回、良介を気持ちよくしたんだから、今度は自分が気持ちよくなる番だと提案するのです。その流れで、Hなプレイをすることになります。

胸を揉んだり、クンニリングスをしたりと、春菜を気持ちよくさせていく良介でしたが、我慢できずに、身体を求めてしまいます。

春菜もそれを受け入れ、二人はセックスをしてしまいます。

〇第5章

この章は良介と七海のパートです。

七海は過去良介に助けられた経験があり、それで良介に思いを抱いています。

そんな中、七海は生徒会室でセックスに耽る、良介と春菜を目撃してしまいます。

驚いた七海は、自分だけ取り残されていると感じ、良介にバージンを貰って欲しいとお願いします。

七海は転校が決まっており、もう長くこの学校にいられないのです。

そのため、最後の思い出作りとして、良介と結ばれることを望みます。

その意志をくみ取った良介は、七海とセックスをします。

〇第6章

文化祭で生徒会はメイド喫茶の出し物をします。

これがなかなか好評で、多くのお客さんが来店したのです。

無事文化祭が終わり、メイド服のままの春菜と良介は教室で一緒になります。

良介はメイド服を着たまま、セックスがしたいと提案し、春菜もそれを呑みます。

結果的に二人はセックスをするのですが、これを、七海が目撃しています。

七海は静かに教室内を見ているのですが、見つかってしまい二人の前に現れます。

春菜は七海が良介に憧れを抱いていることを知っているので、三人で楽しもうと提案します。

良介も七海も承諾し、3Pが展開されます。

〇第7章

文化祭が終わり、後夜祭が行われている中、良介と智子は一緒になります。

智子は、かつて良介とセックスをしており、その罪悪感から、一度きりの関係にしようと考えているのですが、身体が良介を求めてしまいます。

良介自身も智子を求め、二人は人気ない場所でキスを始めます。

その流れから、二人は激しく求めあい、結果的にセックスをしてしまいます。

夫がいながら、教え子とセックスしていまう、智子の苦悩や、良介の智子を想う気持ちが色濃く描かれた章となっています。

〇第8章

第8章は、良介、春菜、七海、智子のパートです。

大体流れで分かると思いますが、4Pが主体であり、良介とそれぞれの女性たちが入り乱れてセックスをします。

最初は、良介と春菜、そして七海、最後に智子と、色濃くセックスが展開されていきます。

物語のクライマックスだけあって、かなり綿密な描写が続き、引き込まれます。

エピローグでも、4Pを示唆する内容があり、4人で仲良くセックスをするというところで話は終わります。

□様々なタイプの女性と入り乱れる

本作品は、主人公一人に対し、三人の女性が相手になります。

やや高飛車なところがある同級生の春菜。

小さくて妹系の七海。

そして、豊満なボディで良介の憧れとなっている智子。

さまざまなタイプの女性と入り乱れるので、読んでいて飽きませんし読み応えがあります。

特に物語終盤の4Pの描写は素晴らしく、官能的な気分にさせてくれます。

非常に興奮度の高い官能小説だったと思います。

□文章自体は端正

比較的読みやすく、親しみやすい文体で描かれています。

諄いような描写も少なく、割と淡々とした形です。

それでもあっさりしすぎているわけではなく、綿密に書かれているので、読んでいて、物足りないなと感じることが少ないです。

例えば、

「膣の浅瀬に位置するGスポットを思いっきり摩擦され、七海の眼前で桃色の小爆発が起きた」

P204より抜粋

このように表現力豊かな描写もあるので、読んでいて引き込まれます。

□過不足なく描かれた高校系作品の秀作

高校を舞台にした作品としては、ストーリーもしっかりしていますし、色々な女性と関係を持つので、飽きることなく読み通せます。

また、過激な描写は少なく、全体的にソフトな描写が続くので、多くの方におすすめできる作品となっています。

私の場合、大体3時間ほどで読破できましたが、じっくり読んでも楽しめるでしょう。

未読の方は、ぜひ一度読んでみてください。

 

コチラの作品はここで購入できます。

https://www.amazon.co.jp/dp/B00KBS1W44/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1

 


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください