連載官能小説『「花園」に来る懲りない面々』第3回

連載官能小説『「花園」に来る懲りない面々』第3回

相沢南は風俗嬢。

この仕事に誇りを持ち、今日も男性客の淫液を浴びる。

そんな生活にも慣れた、20歳の女の子。それが相沢南である。

彼女は『花園』の人気の風俗嬢なので、出勤すれば指名が多く入る。

多い時で、1日5人以上の男性と関係を結ぶのであるから、頭が上がらない。

また、彼女には固定の客もいる。

ファンと言ってもいいかもしれない。彼女を慕い、一緒にセックスしたいと思う男性も多いのである。

そんな男性の一人に。桐谷邦夫がいる。

邦夫は少し変わった客であり、南の虜になっている。

彼が今日、『花園』の門をくぐった。

「いらっしゃいません。ようこそ『花園』へ」

指名が入った南には。そのまま控室を出て客を出迎える。

いつもこの瞬間は緊張するのだ。ステージに立つアイドルの心境と言っても過言ではないかもしれない。既に、1年近く『花園』で働いている南であったが。この緊張は、なかなかなくならない。もしも変な客だったらどうしよう? そんな一抹の不安があるのは事実だ。

「南ちゃーん。やっほー」

「えっと、あなたは確か、邦夫さんでしたよね」

「覚えてくれたんだ。嬉しー」

邦夫はやや人懐っこいと言うか、フランクな所がある。

彼は既に30歳を超えているのだが、話し方は若者のそれとあまり変わらない。

「もちろん、覚えています。では、お部屋にご案内します」

南と邦夫はプレイルームに入る。

『花園』は店舗型のソープランドである。キレイな部屋がいくつもあり、男性客にも評判である。

案内した部屋は、なかなか大きな部屋で、浴室とベッドが一体化している。

部屋に入るなり、南は邦夫の上着を受け取り、それをハンガーにかける。この一連の流れも、なかなか素晴らしい。

邦夫はベッドに腰を下ろすと、やや大きなカバンの中から、あるアイテムを取り出した。

それは、少し変わったセーラー服であった。

『花園』はコスプレ衣装の貸し出しもある。セーラー服やブレザーなど、幅広く取り揃えている。ただ、邦夫は変わっていて、重度のアニメオタクである。気に入ったアニメ作品の衣装を揃えては、それを南に来てもらってプレイするのである。

『花園』では、コスプレ衣装の持ち込みが可能になっている。だから、客によっては、コスプレ衣装を持参するケースがあるのだ。邦夫はそんな持ち込みをする客の一人でもある。

「今日はこれを着てほしいんだけど」

「いいですけど、また何かアニメですか?」

「そう『魔女っ娘戦士凜々花ちゃん』の学校の制服。コスプレショップで買ったんだ」

そう言い、邦夫はコスプレ衣装を広げる。

かなり風変わりなセーラー服で、色がピンクであった。

(ホント、変わった人……)

と、南は考える。

彼女自身、コスプレをするのは嫌いではない。意外と変身願望のある女性は多いのだ。

コスプレ衣装をベッドの上に置くと、二人は服を脱ぎ、そのまま浴室に向かう。

南はボディソープをたっぷりとつけて、邦夫の局部を洗っていく。

南の絶妙なタッチに、邦夫は時折「おっ」「うぉ」と、喜びの声を上げる。

プレイ時間は60分であり、それほどが長くない、プレイ時間を削らないためにも、シャワー時間は最小限に抑える。

シャワーを終えると、タオルで拭いてベッドに移動する。

その際、南はコスプレ衣装を着用する。

「うほ、完全に凜々花ちゃんだ。似合っているよぉ、南ちゃーん。今日は凜々花ちゃんって呼ぶからね」

邦夫は風俗嬢を名前で呼ぶのではなく、気に入ったアニメキャラの名前で呼ぶ癖がある。

慣れれば、それほど違和感は抱かないが、最初は戸惑ってしまう。

「じゃあ、横になってください。凜々花が悪戯してあげます」

キャラになり切って、邦夫を楽しませる南。

全く凜々花というキャラは知らないが、何とかなるだろう。

まず、南はペニスを握りしめた。かなりやる気満々で、既に邦夫のペニスは赤黒く勃起している。きっと、興奮しているのだろう。

ペニスを握りしめ、上下に動かしていく。ローションを使って滑りをよくすると、にちゃにちゃと卑猥な音をこだまさせながら、しごいていく。

赤黒く変色し、暴発寸前になっている邦夫のペニス。逞しいほど、硬くなり、先端からはカウパー腺液が溢れ出している。カウパーが南の指先に当たり、透明な糸を引く。それは、どこまでもヤらしい光景で、いつ見ても、興奮させてくれる。

ペニスを弄りながら、さらに陰嚢を揉みしだく。ペニスを弄られながら、陰嚢をセットで弄られると、それだけで堪らない気持ちよさに襲われる。邦夫は「うぅ」「くぉ」「いい」と声を漏らしながら、快楽の中を漂っている。

邦夫は、ペニスをしごからながら、南の制服に手を伸ばし、スカートの裾を弄り始めた、南の局部が見えそうで、見えないポジションであり、なかなか見ごたえがある。

(凜々花ちゃんにそっくりだぁ。流石は南ちゃんだなぁ)

半ば邦夫は感動していた。

これまで数多くのコスプレ衣装を揃えてきた。その中でも今回の衣装はよく似合っている。完全にアニメの中の凜々花が再現されたという感じである。

「凜々花ちゃん。ふぇ、フェラしてくださいぃ」

懇願するように、邦夫は告げる。

それを受け、やや焦らしながら、南は対応する。

邦夫はややM気質なところがあるから、焦らすと効果的なのである。

すぐにはフェラをせずに、指先をフルに使って肉竿をしごいていく。ヒクヒクと小刻みに動くペニスは、何か小動物を彷彿させるようで、愛おしくなる。

「凜々花ちゃーん。ぼ、僕、我慢できないよぉ、早く舐めてくれぇ」

「わかりました。それじゃフェラしてあげます」

ここで、ようやく南は口にペニスを含む。

全体を包み込むように、ペニスを口で含んでいく。口内は暖かく、さらにしっとりと濡れているので、滑りがよくなる。口内の粘膜とペニスが擦れ合い、堪らない興奮を生み出していく。

「きもひいいれすか?」

フェラをしながら、南はそう告げる。

対する邦夫は体をガクガクと震わせながら、快楽の中にいた。

圧倒的な気持よさ。風俗嬢として、数多くの男性のペニスを弄ってきたのである。この辺のフェラの技術は高いものがある。

全体を軽く舐めまわすと、亀頭の裏筋を舌でそわせ、さらに、陰嚢を軽く口に含み吸い寄せるようにフェラを続ける。どんどんカウパーが溢れてきて、少し苦い味わいが、南の口内に伝わっていく。

続けて、舌先で亀頭全体を舐め回す。優しく刺激してあげるだけでも邦夫には効果があり、邦夫は体を震わせて「うぉぉ」「凜々花ちゃーん」と声を上げる。

肉竿は、より一層固くなり、猛々しく勃起している。

かなり大きなペニスであり、口に含むのも大変である。それでも、南は丁寧にフェラを続けている。じゅぼじゅぼと激しい音を上げながら、フェラを展開していく南。淫靡な音が室内に広がっていき、それが一層興奮のレベルを押し上げていく。

亀頭を中心に弄ってからは、全体を舐め始める。バキュームするように、ペニスを吸い上げていき、刺激を強めていく。

「うわぁぁ、凜々花ちゃん、最高だよ」

堪らない声を上げる邦夫。

彼は南にしごいてもらう経験が多いが、毎回すぐにイってしまいそうになる。

少しずつ、限界を迎え始め、快楽の爆弾が降り注ごうとしている。

硬く勃起した肉棒は、南の口内で暴れ狂っている。早く出したい。そんな思いがある。気持ちよさの中に放り込まれ、邦夫はうっとりと恍惚とした表情を浮かべていた。

いつも素晴らしいフェラをしてくれる南。だからこそ、邦夫は彼女を慕い、『花園』に通うのかもしれない。

「凜々花ちゃーん、気持ちいい、もうだめ、イキそう

「駄目です、もう少し我慢してください、まだこれからですよ」

「ふひぃ、ひぃ……、あひぃ。もっと我慢すればいいの?」

「イッたらHしてあげませんよ。クスクス。とにかくもう少し我慢してください」

邦夫は下半身にぐっと力を入れて耐え始めた。

すると、僅かにペニスが回復し、幾分か耐えられるようになった。

それでも、それほど長くはもたないだろう。

だが、南とHしたい邦夫は、意地でも耐えてやろうと、我慢し続けた。

対する南は、少しペースを落としていた。全体をバキュームフェラのように刺激するのではなく、ソフトにペニスを舐めるように弄り始めた。

ペニスはまだ余力があるようで、もう少しなら耐えられるだろう。激しく痙攣し収縮してきたら要注意である。だが、今のところその兆候はまだない。絶妙のバランスを感じ取りながら、南はフェラを続ける。

「はぁはぁ、凜々花ちゃん。イキたい。イキたいよぉ」

「もう少しです。後少しですよ」

必死に耐えていた邦夫であったが、やがて限界を感じ始めた。

ペニスが収縮していき、暴発寸前になる。

それを感じ取った南は、スッとフェラを止めた。

あまりに潔かったため、邦夫は面を食らってしまう。イキたいのに、寸前でお預けを食らって、途方に暮れしまう。

「凜々花ちゃん。イカせてくれないのぉ」

「まだ駄目ですよ、イクのはHしてからです。でも、我慢できましたから、ご褒美に凜々花のおま×こを舐めさせてあげます」

南はスッと膝立ちすると、ミニスカートをたくし上げる。

すると、控えめな陰毛に包まれた恥丘が顔を出す。しっかりと整った陰毛。そして、その奥に肌色がかった大陰唇が見えている。南の性器を見て、邦夫はさらに興奮していく。

「凜々花ちゃんのおま×こ舐めたいよぉ」

邦夫は犬のように涎を垂らしながら、そんな風に呟いた。

それを見た、南には、膝立ちの姿勢からM字開脚をしながら体育座りをする。そして、大事な部分が見えないように手で隠した。

「凜々花ちゃん、手で隠さないで、見えないよぉ」

「恥ずかしいです」

「恥ずかしがっている凜々花ちゃん、最高に可愛いよぉ」

「じゃあまずは指で弄ってください。舐めるのは最後ですよ」

「わ、わかった、凜々花ちゃんのおま×こを指で弄ってあげるよぉ」

興奮が冷めないまま、邦夫は指を伸ばしていく。

南は、期待感を胸に、邦夫を見つめた――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください