連載官能小説『「花園」に来る懲りない面々』第4回

連載官能小説『「花園」に来る懲りない面々』第4回

邦夫は興奮していた。

毎回「花園」に来て性行為を重ねてきた邦夫であったが、いつも、南は興奮させてくれる。

彼は、南の秘部に手を伸ばすと、秘部を隠している手をはねのけた。

すると、南のあそこが露になる。サーモンピンクで彩れたキレイな性器である。風俗嬢という、性行為の多い職場にいるのに、彼女のあそこはキレイで、しっとりと濡れている。

(凜々花ちゃん。濡れてるよぉ)

南も興奮していることを知り、邦夫は嬉しくなる。

一緒にこうして気持ちよくなってくれるのは、喜び以外何者でもない。

「凜々花ちゃーん、おま×こ弄るよ」

「いやん、そんな風に言わないでくださいぃ。恥ずかしですぅ」

「恥ずかしがっている凜々花ちゃんも可愛いよぉ」

邦夫はそのまま、性器に触れ、指で愛撫していく。

指先に蜜液が付着し、堪らない女臭を漂わせる。蜜液の匂いを嗅いでいると、どんどん、エロスが感じられて、気持ちも高まっていく。

邦夫は指先で性器の入り口を擽ると、少しずつ、指を挿入していく。

ぬるりとした質感が素晴らしい。滑っていて、滑りがよく、スムーズに指が入っていく。くちゅくちゅと卑猥な音を上げながら、性器を弄り回していく。

「アアアン、き、気持ちいいです」

「凜々花ちゃんの中、ぬるぬるになってるよぉ」

「だって気持ちよすぎるんですもの。おかしくなっちゃう」

南は甘い声を出して、喘いでいく。そんな彼女の仕草を見ていると、邦夫にも力が入っていく。指を奥まで挿入し、徐々にピストン運動を速めていく。

にちゃにちゃと、淫靡な音が聞こえ始め、女蜜が滴り落ちていく。それがシーツに流れ出て、水たまりのような染みを作っていく。

「こっちも弄ってあげるねぇ」

と、邦夫は言い、今度は陰核を弄り始める。

女性の一番敏感な部分を弄られて、南は体を反り返らせ、身体を捩らせる。堪らない快楽が襲ってきて、それが南を覆っていく。

陰核の包皮を剥き、女豆を露出させると、ヒクヒクと動く、白い豆が顔を出す。それを丁寧に指で刺激していく。その都度、南の体が震え、甘い声が漏れる。

「んぁ、き、気持ちいいぃ。そこ、もっと弄ってぇ」

「よしよし、もっと弄ってあげるからね」

邦夫は指を二本、膣内に挿入すると、残った親指の腹を使って陰核を弄り始める。すると、蜜液が溢れ出してきて、しっとりと邦夫の指先を濡らしていった。

南は快楽の中にいる。彼女は仕事柄、陰核を弄られることが多いが、特に邦夫の弄り方は巧みであり、かなり気持ちいい。なかなかのテクニシャンなのかもしれない。官能の中にいる南は、恍惚とした表情を浮かべながら、気持ちよさを味わっていた。

「ふぁん。き、気持ちいいです。凄い刺激が強くて、どんどん気持ちよくなっていくぅ」

「凜々花ちゃんが気持ちよくなってくれて僕も嬉しいよ。ねぇ、そろそろ挿れたいんだけど、良いかな? もう我慢できないよ」

「いやぁん、もう挿れちゃうんですか? でも仕方ないですね、じゃあ一旦指を抜いてください」

言われるままに、邦夫は指先を抜いた。

ぬちょんという音がこだまし、半透明の蜜液がキラキラと光っている。

「今日は凜々花が騎乗位で挿れてあげます」

南はそう言うと、邦夫を仰向けに寝かせ、コンドームを装着する。既に、ビンビンになった肉竿は、早く挿入したくて堪らないのであろう。小刻みに動いている。

「凜々花ちゃんと早く合体したいよぉ」

邦夫は今か今かと待ち構えている。

少し焦らすような素振りを見せながら、南は邦夫のペニスを持つと、それを膣口に密着させ、少しずつ挿入していく。なるべくゆっくりと、流れるような所作で、ペニスを挿入した。

ずぶずぶずぶ……。

亀頭の先端が膣内に入り、ぬめぬめとした質感が彼のペニスを覆っていく。

(凜々花ちゃんの中、温かいよ)

体温で満たされた南の膣内は、うっとりとするほど、温かく、それでいて、女蜜で大量に溢れて滑りが良い。少しずつ挿入していき、やがて、ペニス全体が膣内に吸い込まれていった。

「ふぁん、邦夫さんのち×ぽ硬いですぅ」

「スゴイよ、凄い刺激だよ、凜々花ちゃーん」

邦夫が堪らず叫ぶ。

騎乗位は挿入が深いため、ペニス全体が包まれるようになる。南は最初から飛ばさず、ゆったりとしたペースで動き始め、腰を大きく動かしていく。

姿勢をやや全劇にさせながら、挿入し、次は反り返らせていく。結合部分が丸見えになり、それが堪らないエロスを感じさせる。半透明の糸が長くのび、卑猥な光景が広がっていく。南は次第にピストンの動きを速めていく。膝を折り、やや半立ちになると、両手をベッドの上に置いて、激しい勢いで、腰を振り始める。

「ち×ぽが奥まで当たって気持ちいいですぅ。邦夫さんはどうですか?」

「ぼ、僕も気持ちいい、ち×ぽが蕩けそうだよ」

文字通り、蕩けてしまいそうであった。

南の膣内は、独特の襞があり、それがペニスを刺激して、堪らない快楽を発生させるのである。いやゆる、名器というやつだ。南の名器に、心を奪われた客も多いのである。恐らく、邦夫もその一人であろう。マスターベーションとは全く違う、快感が、彼を襲っていく。

こんな感動を味わってしまうと、普通のセックスには戻れない。もっと過激に、もっと気持ちよくなりたいと思ってしまうのだ。

「り、凜々花ちゃん、後ろから突きたい」

「えぇ、後ろからですかぁ。……どうしようかなぁ?」

「お願いだよぉ、凜々花ちゃんを後ろからハメたいんだ」

「仕方ないですね、じゃあしっかり凜々花を気持ちよくしてください」

南は騎乗位を止め、今度は四つん這いになった。

お尻を高くあげて、ふりふりと振って誘惑する。

対する邦夫は起き上がると、膝立ちになって、ペニスを持ち、それを秘部に持っていく。

四つん這いになっているため、サーモンピンクの女性器が押し開かれてみて、膣口の内部の粘膜の色までよく見えた。軽く触れると、蜜液が付着し、女臭が邦夫の鼻にかかる。馨しい匂いを感じ、邦夫の興奮もさらに高まっていく。

「凜々花ちゃーん、行くよ。挿れるよぉ」

膣口にペニスを当て、そのままゆっくりと挿入していく。

蜜液で満たされた膣内。するりと入るペニス。

後ろから挿入していくと、女性を征服しているような気分になり、性的な興奮も高まる。邦夫は、気持ちよさのあまり、激しい勢いでピストンを続け、南の膣内をかき回していく。

「アアアン、激しいですぅ。刺激が強いぃ」

「凜々花ちゃん、気持ちいいよ、もうち×ぽが溶けてなくなりそうだ」

懸命にピストンを続ける邦夫。

邦夫は南の片腕を持ち、身体を反りかえらせると、動物が交尾するような姿勢で挿入を突続ける。その後、姿勢を前傾にさせ、南に覆いかぶさるように体を持っていく。姿勢が変わると、刺激の入り方が変わり、快楽のレベルも高まっていく。

気持ちよさは最高潮を迎え、彼も限界を迎え始める。

パンパンパン。

肉同士がぶつかる音がこだまし、それが一層淫靡な雰囲気を作っていく。

とにかく性に貪欲な邦夫は、限界を突破してもなお、そのまま突き続けていた。しかし、やがて限界がやってくる。

「凜々花ちゃん、い、イキそうだ。イってもいいかい?」

「凜々花もイキそう。一緒にイキましょう」

「わかった。うぉぉ、イクぞ、イッけぇぇぇ!」

次の瞬間、邦夫は圧倒的なオルガスムスを感じ、勢いよく精子を発射する。

コンドーム内にドクドクとした白濁の液体が注ぎ込まれ、邦夫はバックで挿入したまま、南と共に倒れ込んだ。

「スゴイ、よかったですぅ、邦夫さんはどうでしたか?」

「僕も最高だったよ。流石は南ちゃんだ。もう完全に凜々花ちゃんそのままだったよ」

「楽しんでもらえてよかったです。また遊びに来てくださいね」

「もちろん、次の衣装も考えているんだ。それを着てもらうからねぇ」

邦夫はそう言うと、満面の笑みを浮かべた。

「花園」に来る懲りない面々である邦夫との関係は、これからも続く――。

〈続く〉


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください