連載官能小説『後輩社員と秘密の関係』第3回

連載官能小説『後輩社員と秘密の関係』第3回

孝樹のペニスは既にギンギンに勃起していた。

瑞希の性器を舐めるにしたがって、はち切れんばかりに膨張していたのである。全体的に窮屈であり、早く解放したい。孝樹とはドキドキとしながら、スラックスを脱いだ。

ボクサーパンツ姿になる孝樹。勃起したペニスの関係で、ボクサーパンツはテントがはったかのように三角形を形成していた。

「スゴイ、もうこんなに大きくなって……」

うっとりとしながら、瑞希が告げる。

そして、ボクサーパンツ越しに、彼のペニスに触れた。

触られて、孝樹はビクビクと体を震わせた。

ゾクゾクとする感覚が孝樹を覆っていく。

「瑞希ちゃんが可愛いから、こんなに勃っちゃうんだよ」

「うふふ。それじゃ私がもっと気持ちよくしてあげます」

「ありがとう。楽しみだな」

瑞希はボクサーパンツの上からペニスをしごいていく。

むわっとする性臭が漂い、それで瑞希はくらくらとしていく。猛々しい雄の香りが充満し、辺りに染みわたっていく。

「スゴイ、堪らない匂いがします」

「ご、ゴメン、シャワー浴びてないから、臭うかな?」

「いえ、むしろいい香りです。もっと嗅ぎたいくらい」

くんかくんかと、鼻を近づけて匂いを嗅ぎまくる瑞希。雄の香りを嗅いで、ますます興奮してきたようである。特に精液の独特の香りと、汗の匂いが入り混じり、形容しがたい性臭が漂っている。

「パンツ脱がしますね」

瑞希はそう言うと、孝樹の下着を脱がし始めた。

すると、反り返ったペニスが一気に解放される。ビンビンに勃ったペニス。

先端からは、カウパー腺液が溢れ出している。

「先端からお汁が出てますよ」

「興奮しているんだよ」

「にちゃにちゃとしてヤらしいです」

瑞希は、指先でカウパー腺液に触れると、それを指で伸ばし始めた。半透明の液体が、にゅるにゅると伸びていき、エロスを感じさせる。

自分の我慢汁を弄ばれて、どことなく恥ずかしさを感じる孝樹。

しかし、決して嫌ではなかった。自分の精液をもっと弄ってもらいたい……。そんな欲望に囚われていく。楽しそうに我慢汁を弄ぶ瑞希は、そのままペニスを握りしめ、軽く上下に動かし始めた。

唾液をたっぷりとペニスにかけ、ぬちょぬちょと音を上げながら、しごいていく。最初からペースを上げるのではなく、ゆっくりとペニスを動かしていき、次第に動きを速めていく。

瑞希の手はそれほど大きくないのだが、その小ぶりの手が、孝樹のペニス全体を包み込み、優しく愛撫していく。次第に、気持ちよくなっていく孝樹。先日、マスターベーションをして、抜いたばかりであったが、その気持ちよさとは全く次元の違う快楽が襲ってくる。

「き、気持ちいいよ、瑞希ちゃん」

「ウフ、そう言ってもらえると嬉しいです、もう少し速く動かしますよ」

「うん」

ペニスを一定の速度でしごきながら、瑞希はさらに陰嚢を揉みしだいた。ペニスを弄られながら、さらに陰嚢を指で揉まれると、堪らない気持ちよさに襲われていく。うっとりとしてしまう快楽が、徐々に下半身全体を覆っていき、形容しがたい気持ちになってくる。

優しい手ほどきでペニスをしごいていくと、カウパー腺液はどんどん溢れていく。気持ちよさも高まっていき、恍惚としながら、孝樹は立ち尽くしていた。

立ったままペニスを弄られていると、何か変な気分になってくる。女性を服従させているというか、征服しているような気分になるのである。孝樹は決してSっ気が強いわけではないのだが、これはこれで楽しめると感じた。

せっせとペニスを弄っている瑞希を見下ろしていくと、どんどん瑞希が愛おしくなっていく。これまで、それほど瑞希を意識してきたわけではない。しかし、社内の中でも割と可愛い部類に入るので、密かに憧れを抱いていたのは事実である。

後輩に憧れる孝樹であったが、そんな憧れの存在である瑞希にペニスをしごかれて、気持ちよさのピークを迎えていた。

しかし、まだ行くわけにはいかない。……必死に耐えながら、彼はペニスをしごかれ続けた。

「スゴイ、気持ちいいよ……。ねぇ瑞希ちゃん、口でしてくれないかな?」

「え? 口でしてほしいんですか?」

「う、うん、ダメかな? 手でもいいんだけど、口も堪能してみたいんだ」

「いいんですけど、あんまり自信ないです。下手でもいいですか?」

「手でしごくのも十分上手いから口でも問題ないと思うよ。お願いできるかな?」

「恥ずかしいけれど、やってみます」

瑞希は手でしごくのを止め、彼女はペニスの先端を舌先で舐め始めた。

カウパー腺液が舌に付着し、若干であるが苦みを感じる瑞希。

ちろちろと舌先で亀頭の先端を舐めながら、彼女はフェラを続けていく。

「どうです、こんな感じでいいんですか?」

「うん。それもいいけど、全体的に咥えてもらえるとありがたいかな」

「咥えればいいんですか?」

「うん、しゃぶってもらいたいんだ」

「わ、わかりました、やってみます」

瑞希は次に唾液をたっぷり含ませて、口全体でペニスを咥え始めた。

瑞希の口内の温かな質感が、ペニス全体を覆っていく。

「うわ、凄い刺激だ。堪らないよ」

「ありがとうございます。もっと気持ちよくなってください」

ペニスを口に含んでいると、ますます孝樹の肉棒は硬くなり、口内で大きくなってきた。じゅぼじゅぼと音を立てながら、瑞希はフェラを展開していく。フェラの仕方については、それほど豊富なわけではないが、Hな小説を読み、なんとなくやり方は知っていた。

ペニス全体を舐めまわしていたが、次は、亀頭を中心に舐め始めた。テロテロと舌を十分に使って、亀頭全体を責めていく。孝樹は亀頭を責められて、確かな気持ちよさを感じていた。うっとりとするほど気持ちいい。

「そ、それ、気持ちいい。凄い上手だよ」

「嬉しいです。では続きをさせていただきます」

「ありがとう」

舌先で亀頭を弄ると、次は亀頭の裏筋を舐め始めた。敏感な部分を弄られて、ガクガクと体を震わせ始めた。

ペニス全体を舐めまわした後、今度は、陰嚢に照準を合わせる瑞希。彼女は陰嚢を舐め始めると、チューチューと音を立てながら、吸い始めた。陰嚢を吸われると、形容しがたい気持ちよさが襲ってくる。ペニスを弄られるのとは別の刺激が入り、うっとりとさせてくれるではないか。

孝樹は嬉しくなって、玉舐めをしている瑞希の髪を撫でた。

ふんわりとしている柔らかな髪の毛。ややダークブラウンに染まり、天使の輪ができている。きっと手入れをしているのだろう、さらさらとしていて触り心地がいい。それにプラスして、馨しい香りもしている。シャンプーの匂いと、瑞希の体臭が入り混じり、高貴な匂いを放出していた。

「玉舐めも気持ちいいよ、流石は瑞希ちゃんだ。完璧だよ」

「見様見真似ですけど、気持ちよくなってもらっているみたいで嬉しいです」

「うん。このまま続けて、もう少しでイキそうだから」

「わかりました。たっぷり気持ちよくなってください」

陰嚢を舐めながら、さらにマッサージをしていく。さらなる快楽に覆われていき、孝樹の興奮もピークを迎え始めた。次第に、ペニス全体が気持ちよくなっていき。破裂寸前になっていく。

既に限界は近い。ただ、もう少しこの気持ちよさを味わっていたい。それでもこのまま果ててしまいたい気持ちが襲ってくる。

「み、瑞希ちゃん、イキそうだよ」

「わかりました。もう一回口で含むんで、口の中に出してください」

「口の中に? いいのかい?」

「もちろんです。工藤さんの精液を味わいたいんです」

「わかった。それじゃ口の中に出させてもらうよ」

瑞希は再度ペニスを口で含み、高速でフェラを開始した。

最後の仕上げと言わんばかりの速度で、ペニスを動かしていく瑞希。シュボシュボと、激しい音を上げながら、フェラを続ける瑞希。

流石にここまで激しくされると、我慢の限界もやってくる。

孝樹はイク寸前になり、下半身をギュッと体を硬直させた。

「み、瑞希ちゃん、イク、イクよ!」

「イってください」

「うぉぉぉ、も、もう駄目だ、イクぅぅ」

次の瞬間、激しいオルガスムスを感じ、ペニスが一気に暴発した。

びゅるびゅると、勢いよく精液が放出され、瑞希の口内に注がれた。

大量の精液を放出する孝樹。

そのすべてを口内で受け止め、瑞希はそのまま精液を飲み干した。

「み、瑞希ちゃん、飲んでくれたの?」

「はい。工藤さんのですから、飲みたかったんです」

「あ、ありがとう、嬉しいよ」

「工藤さん。まだ時間ありますよね?」

「うん。もちろんだよ」

「じゃあこのまま続きをしましょう、もう誰も残っていないはずですから、ここでセックスしても安心です」

「ほ、ホントにいいのかい?」

「はい、工藤さんが相手なら、私も嬉しいです」

「な、ならしようか。夜はまだこれからだし」

「ありがとうございます」

二人は向かい合わせに座り込み、にっこりと笑いあった。

夜はまだまだ終わらない――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください