連載官能小説『後輩社員と秘密の関係』第7回

連載官能小説『後輩社員と秘密の関係』第7回

バックからの挿入は久しぶりである。

瑞希とのセックスでもよくした体位であるが、相手が咲子だと、また趣が違う。

四つん這いになって、性器を押し広げると、ぱっくりと膣口が口を開き、小陰唇のビラビラが、テカテカと光っている。

蜜液で満たされた咲子の性器は、それだけで魅力的であり、野性的な香りを放っている。

「挿れますよ」

「うん、早くそのち×ぽをぶち込んで……」

「わかりました」

ち×ぽという卑猥な言葉を聞き、ますます興奮していく孝樹。

彼はペニスをしっかりと持ち、膣口に押し当てた。

ぬめぬめとした性器は、ペニスをすんなりと飲みこんでいき、ぬるぬるとした質感が孝樹のペニスを覆っていった。

(す、凄い、ヌレヌレだ……)

半ば感動する孝樹。

瑞希とのセックスとは違う刺激が入り、これはこれで魅惑的である。

「アアン、凄い大きいわ。ち×ぽが中で暴れてるぅ」

「ゆっくりと動きますね」

最初からペースを上げていかない。

静かに動きながら、膣内の感触を味わっていく孝樹。

かなり気持ちよく、もっと早く動きたくなるが、それをギリギリのところで抑え、ピストンを続けていく。

臀部に手を当てて、なるべく腰が密着するように、突きまくる孝樹。

どんどん気持ちよくなっていき、ペニスの先端からはカウパー腺液が溢れ出していた。それが膣内に流れ出し、咲子の蜜液を融合して、半透明のとろとろとした液体を作り出している。結合部分から、二人の蜜液が溢れ出し、みちゃみちゃと卑猥な音を上げていく。

静かな、会議室内で、肉同士がぶつかる音がこだまし、それがエロスを作り出していく。できるキャリアウーマンである咲子を、後ろから犯していると、どこか征服したような気分になり、これはこれで気持ちがいい。

「橘花課長の中、ヌレヌレで気持ちいいです」

「私も気持ちいいわ。もっと突いて、激しく犯してぇ」

「少しずつ速めていきます」

次第に抽送のスピードを上げていく孝樹。

溢れ出る蜜液がデスクの上に滴り落ち、水たまりを作っている。それはどこまでも卑猥な光景であり、本気のセックスをしているような気分になる。

少しずつ、姿勢を変えていく孝樹。

咲子に覆いかぶさるように体を動かすと、咲子の胸の揉みしだき、さらに獣のようにペニスを突き立て続けた。

「課長の胸、大きくて最高です」

瑞希とは違い、咲子は巨乳である。

しかも形までよく、年齢が30歳を超えているというのに、全く垂れていない。ツンと上を向き、それでいて豊満な乳房であるため、かなり揉み応えがある。

胸を揉みしだきながらピストンを続けていくと、ますます快楽の波が襲ってきて、堪らない気持ちよさの爆発がある。ペニスを奥の方まで挿入し、咲子の膣内を堪能していく。

やがて、孝樹は咲子の片足を持ち上げ、牡犬がおしっこするようなポーズをとらせた。こうすると、結合分が丸見えになり、テカテカと光る性器がむき出しになった。滴り落ちる蜜液がエロスを生み出し、それがまた興奮のレベルを押し上げていく。

「いやぁん、こ、こんな格好恥ずかしいわぁ」

「でも、締まりがよくなりましたよ。興奮しているんじゃないですか?」

「だって、こんな体勢で突かれたら、興奮するに決まっているじゃない」

「スゴイですよ、俺のち×ぽをが吸い取られているみたいだ」

脚を高くあげたことにより、膣内の形状が変わり、締まりがよくなっていく。

孝樹の言うとおり、彼のペニスはキュウキュウと締め付けられるように刺激され始めた。

「はぁん。もう、おかしくなりそう。もっと早く動いてぇ」

「これ以上速く動くと、イキそうになってしまいます」

「でも、動いてほしいのぉ」

懸命にペースを上げる孝樹。

まだ余力はあるが、このままのペースで動いていると、あまり持たないだろう。

それでも、彼はペニスを突き続ける。

脚を上げた姿勢から、今度は立ち上がり、立ちバックの姿勢で挿入を開始する。

立ちバックになると、より一層征服しているような感覚が増し、野生のセックスをしているような気分になってくる。

孝樹は咲子の両腕を持ち、彼女の身体を反りかえらせながら、挿入を続ける。立ちバックになると、やや挿入は浅くなったが、それでもペニスが擦れ合う面積は広く、気持ちよさが上がっていく。にちゃにちゃと卑猥なお汁が溢れ出してきて、抽送はスムーズに進んでいく。

「こんな獣みたいなセックスで感じちゃうんなんて、私、もう駄目かもしれない」

「イキそうなんですか?」

「まだ大丈夫よ、でも気持ちよくてイッちゃいそう」

「俺ももう少しでイキそうです。だから一緒にイキましょう」

「まって、今度は私主導で動いてもいいかしら?」

「課長主導ですか?」

「そう、騎乗位で挿れてあげるわ」

そう言うと、咲子は孝樹を仰向けに寝かせた。

そして、彼の身体にまたがると、ゆっくりと姿勢を落としていく。

さらに、ヴァギナをペニスに密着させ、静かに挿入していく。

ずぶずぶずぶと、ペニスが膣内に吸い込まれていく。

騎乗位はバックとは違い、挿入がかなり深い。

ペニスは子宮まで届く勢いで、中に入っていく。

「奥まで入って気持ちいいです」

「騎乗位だと、別の刺激が入っていいわね。動いていくわよ」

「わかりました」

騎乗位でペースを速めていく咲子。

まずは姿勢を反り返らせて、腰を振っていき、刺激していく。

やや挿入は浅くなったが、それでも気持ちはよく、孝樹は感動していた。

身体を反りかえらせているので、結合部分がよく見えて、性器の卑猥な形が色濃く感じえられ、それが一層興奮のレベルを上げていく。

「課長のおま×こ、ぱっくり開いて、凄いエロいです」

「そんな卑猥な言葉を使っちゃいやよ。でも、私も気持ちいいわ」

「課長、言ってください。おま×こが気持ちいいって」

「そんな恥ずかしいセリフ、言えるわけないでしょう」

「言ってください、そうすれば、俺はもっと興奮できるんです」

やや躊躇したものの、咲子は恥ずかしそうに告げる。

「お、おま×こが気持ちいいわ。もっと激しくするわよ」

咲子は姿勢を一転させて前傾にさせた。孝樹に覆いかぶさるようになると、彼の顔を抱きしめて挿入を続けていく。

次第に、孝樹も限界を迎え始める。

あまりに気持ちがよく、このままでは持たない。

咲子の方もイク寸前になっており、ペースは落とさず、より一層強めていく。

「か、課長、俺、もうイキそうです」

「私もイキそうよ。一緒にイキましょう」

「どこに出せばいいですか?」

「中に決まっているでしょう。私がすべて受け止めてあげるわ」

「中に? 良いんですか?」

「本気のセックスなんだから、中出ししないと駄目よ。そうしないと私も満足できない」

「わかりました。じゃあ中に出します」

最後の仕上げと言わんばかりの勢いで、咲子はペースを速めた。

恐ろしいスピードでピストンを続けて、とうとう二人はオルガスムスを感じ始める。

「う、うぉぉぉ。イキます。出るぅ」

「私もイク、イッちゃうぅ」

次の瞬間、孝樹のペニスが激しく爆発した。

勢いよく白濁色の精子が飛び出し、それが咲子の膣内に注がれている。

ゴポゴポゴポ。

大量の精液が注がれ、結合部分から溢れだしてくる。

「スゴイ、大量のザーメンが私の中で暴れているぅ」

「精子が止まりません。凄い気持ちいいんです」

「出し切りなさい、私は吸い取ってあげるから」

極限まで精子を出し切ると、彼はペニスを引き抜いた。

すると、大量の精液が膣口から溢れ出し、デスクの上に広がっていく。

セックスを終えた後、咲子は、孝樹のペニスを咥え、お掃除フェラをして、最後の仕上げを行った。

「どうだった、気持ちよかったでしょう」

「最高でした。ありがとうございます」

「これで仕事に集中できるわね」

「多分ですけど」

「またムラムラしたらいらっしゃい、いつでも相手になってあげるから」

こうして、二人のセックスは終わりを告げた。

孝樹は満足感を胸に、咲子の髪を撫でた――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください