連載官能小説『後輩社員と秘密の関係』最終回

連載官能小説『後輩社員と秘密の関係』最終回

「ここ、またミスしてるわよ」

「す、すみません。うっかりしてました」

「また最近、上の空なのね。どうしてかしら」

今、孝樹は咲子の前に立っている。

次の会議で使う資料を作っていたのだが、些細なミスを犯してしまったのだ。

最近、再び仕事に熱が入らない。

確かにセックスはしているのだが、悶々としてしまうのである。

「まだ、物足りないのね」

と、咲子は言った。

対する孝樹は、顔を赤くしながら、俯いてしまう。

自分は、余程、性欲が旺盛なのだろうか? だとすると、困った性癖でもある。自分の性欲がコントールできないなんて、何か情けなくなってしまう。

「そういうわけじゃないと思うんですけど」

「でも、仕事に集中できないんでしょう」

「はい。どうしてかわからないんです」

「わかったわ。私が何とかしましょう。今日の夜、空けておいて。一緒に行ってほしい所があるから」

「行ってほしい所ですか?」

「そう。まぁすぐにわかると思うけど、楽しみにしていてね。でも、とりあえず、今日の仕事は集中すること。仕事が終わったら、たっぷりと楽しませてあげるから」

「は、はい。ありがとうございます」

こうして、孝樹は仕事に戻った。

ミスをした個所を素早く直し、再度提出する。何とかOKを出してもらい、別の仕事に移る。

とりあえず、今日中にあらかた仕事を終わらせておいた方がいいだろう。夜は空けておかなければならないのだ。

なんとなく、咲子がしようとしていることはわかる。

恐らく、Hなプレイをしてくれるのだろう。咲子と孝樹は、定期的に身体の関係を結んでいたから、今日もセックスができるはずだ。そう考えると、途轍もなく嬉しい。早く仕事を終えて、快楽に飛び込みたい。

時間がこれ以上、長く感じた日はなかった。

午後6時――。

孝樹の会社は、午後6時で終業である。仕事が残っていれば、残業をしなければならないが、孝樹は今日の分の仕事は終えていた。チラと咲子の方を向くと、咲子の仕事を終えて、帰る準備をしている。

(課長のところに行った方がいいのかな?)

そう考えていると、咲子が孝樹のところにやってきた。

「工藤君。じゃあ行こうかしら」

「わかりました」

二人は会社を出て、駅の近くにあるシティホテルへ向かった。

いつもはラブホテルを利用していたのだが、この界隈にはないので、今回はシティホテルを利用するようだ。

「ここで、するんですか?」

「うふふ。お楽しみね。とりあえず付いてきなさい」

そう言い、ホテルの中に入っていく咲子。

彼女は受付でチェックインすると、部屋の鍵を受け取り、エレベーターの方へ向かっていく。今日は花の金曜日。明日は休みであるから、ホテルを利用している人間も多いようである。

用意された部屋は広々としており、ダブルのベッドが用意されていた。

部屋に入るなり、咲子はベッドに腰下ろした。そして、孝樹にも座るように言うと、にっこりと笑った。

「もう少しだと思うんだけど」

咲子は、スマホを片手にどこかに連絡している。

それを見ながら、孝樹はじっと咲子を見つめた。

見つめられていることに気づいた咲子は、静かに話し出した。

「実はね、今日はゲストがいるの」

「ゲストですか?」

「そう、あなたもよく知っている子よ。もう少しで来るから、それまで待っていましょうか」

しばらく待っていると、トビラがノックされた。

それを受け、咲子が立ち上がり、部屋のトビラを開けた。

ドビラの向こうに立っていたのは、なんと瑞希であった。

「く、工藤さん、それに橘花課長も」

「み、瑞希ちゃん、どうしてここに?」

慌てて言う孝樹、訳が分からない。

二人の様子をニコニコとして見ていた咲子は、まずは瑞希を部屋の中に入れ、ベッドに座らせた。そして、二人が困惑している姿を見るなり、高らかに宣言する。

「今日は三人で楽しむの。工藤君のためにもね」

「三人で?」孝樹は言う。「そ、それってつまり、3Pってことですか?」

「そうなるわね。工藤君は私と瑞希ちゃんの二人と関係を持っているわ。まさに両手に花という状態ね。だから、今日は三人でセックスするの。そうすれば、工藤君も満足するでしょう」

「い、良いんですか?」

「私は大丈夫よ。もちろん、瑞希ちゃんも承諾済み」

咲子がそう言うと、瑞希が答える。

「私も大丈夫です。工藤さんのためなら、何でもします」

「瑞希ちゃん……」

「工藤君は私たち二人を抱いて、ふらふらと揺れているの。でも、どちらかを選ぶなんてできない。だからこそ、悶々としてしまうのね。それなら、自然の流れに従えばいいのよ。つまり、三人で楽しむ。そうすれば、工藤君も満足するでしょう」

孝樹は感動した。何度も「ありがとうございます」と、連呼しながら、嬉しさに体を捩らせた。

「じゃあ早速始めましょうか?」

咲子はオフィスウェアを脱ぎ、下着姿になった。セクシーなレースが施された黒の下着であった。もしかすると、勝負下着なのかもしれない。

咲子が脱いだのを見るなり、瑞希もオフィスウェアを脱いだ。瑞希の下着は咲子とは相反する形であり、シンプルな白のショーツとブラであった。

それに合わせて、孝樹もボクサーパンツ姿になる。既に興奮からか、ペニスはギンギンに膨れ上がっている。

「ウフフ。工藤君、おちん×んが、凄いことになっているわよ」

「す、すみません。二人があまりに魅力的なんです」

「嬉しいことを言ってくれるわね。さぁ始めましょうか」

咲子は孝樹を寝かせると、ボクサーパンツを脱がして、ペニスを愛撫し始めた、

そして、レロレロとペニスを舐めながら、瑞希にも指示を出す。

「瑞希ちゃんは、工藤君の乳首を責めてあげて」

「わ、わかりました」

瑞希は言われるままに、孝樹の乳首を責め始めた。

舌先で乳首を転がすように、舐めまわしていく。ペニスと乳首を同時に責められた、激しい快楽の中にいた。

「瑞希ちゃん。俺があそこを舐めてあげるよ」

「え、そ、そんな恥ずかしいです」

「良いから、こっちにお尻を向けて」

恥ずかしがる瑞希の秘部を強引に舐めまわしていく孝樹。

瑞希は甘い声で「アン、気持ちいい」と叫んでいる。

「こっちもそろそろいいわね」

今度は、咲子が告げる。

彼女は一旦フェラを止めると、孝樹に跨り、騎乗位で挿入を始めた。

ずぶずぶずぶ……。

咲子の秘部はしっとりと濡れており、すんなりと、ペニスを導いていく。

「工藤君のち×ぽ、どんどん硬くなってるわよぉ」

孝樹は、瑞希の秘部を舐めながら、咲子の膣内にペニスを挿入し、形容しがたい気持ちよさを味わっていた。

ぺろぺろと秘部を舐めまわしていくと、今度は、アナルを舐めたくなる。しわが深く刻まれた菊門は、文字通り、菊の花のように見えた。

「こっちの穴も刺激してあげるよ」

孝樹はそう言うと、瑞希のアナルを責め始めた。

ヒクヒクとアナルを震わせていた瑞希は、あまりの刺激に体をビクッと反り返らせる。

「そ、そんなところ舐めないでください」

「すごく、美味しいんだ、瑞希ちゃんのアナル、堪らないよ」

「いやぁん。恥ずかしいです」

瑞希は顔を真っ赤にさせるが、アナルを刺激されて気持ちよさを感じていた。

恍惚とした表情を浮かべながら、ガクガクと体を捩らせていく。

「流石は工藤君ね、アナルを責めるなんて。なら、こっちもペースを速めるわよ」

アナル舐めを見ていた咲子は、次第に抽送のスピードを上げていく。挿入が深くなり、ペニスが膣壁を擦り付けていく。

「ち×ぽが奥まで当たって、凄く気持ちいいです」

孝樹は瑞希のアナルを舐めながら叫ぶ。

素晴らしく気持ちいい。あまり長く持たないだろう。

「私も気持ちいいわ。こんなのはどうかしら?」

今度、咲子は反対の方向を向いた。孝樹に背を向けて、その状態で挿入を続ける。ペニスがやや反り返った状態で挿入されるため、カリの裏側が刺激され、別の刺激が入ってくる。新しい気持ちよさを感じ、孝樹は喜びの声を上げる。

「うわぁぁ。こ、これいいです。気持ちよくて堪りません」

「私も気持ちいいわぁ。おま×こが擦れておかしくなりそう。はぁん、アン……」

「橘花課長ばっかりずるいです。私も挿れてほしいのにぃ」

アナルを舐められている瑞希がそう反論する。

すると、咲子が後ろを向いたまま、冷静に言った。

「もう少しで工藤君がイクから、そうしたら交代しましょう」

「工藤さん、早くイって、今度は私に挿れてください」

「お、俺、もうイキそうです。イってもいいですか?」

「中に思い切り出してぇ。私を滅茶苦茶にしてぇ」

「うぉぉぉ。イクぅ」

激しいオルガスムスを感じ、孝樹は勢いよく射精をする。

ビュルビュルドビュ。

白濁色の精液が咲子の膣内に注がれ、ゴポゴポと溢れ出してくる。

「工藤君の精液がこんなにたくさん、私の中に……」

孝樹は果ててしまったが、まだここで終わるわけにはいかない。

一度イッたばかりだというのに、ペニスは萎えることなく、隆々としている。すぐに二回戦ができるだろう。

「今度は瑞希ちゃんに挿れてあげるよ」

精液で塗れたペニスを、瑞希の中に挿入していく。

今度はバックの状態である。

四つん這いになった瑞希は、嬉々としながら腰を振り始めている。

咲子はというと、孝樹の後ろに回るなり、乳首を刺激しながら、孝樹の唇を奪った。

ディープなキスが展開され、二人の唾液が入り混じる。甘い蜜のような味わいが、孝樹の口腔内に広がり、満足感で満たされていく。

咲子とキスをしながら、瑞希の秘部にペニスを突きたて、ずんずんと押し広げていく。肉襞をペニスが侵食していき、メリメリと広げていく。ぬめぬめとした質感が、孝樹のペニスを覆いこんでいき、彼を支配していく。

「工藤君、もっと激しく突いてあげなさい。瑞希ちゃんもしっかりと気持ちよくさせるの」

「はい、わかりました」

ピストンの動きを速め、瑞希の膣内を堪能していく孝樹。

どんどんと気持ちよくなっていき、再びイキそうになってしまう。

「アン、く、工藤さん、もっと突いて、激しく犯してくださいぃ」

瑞希も涎を垂らしながらよがり続ける。

パンパンパンと肉同士がぶつかる音がこだまし、室内に染み渡っていく。

やがて、孝樹も限界を迎え始める。あまりにハイペースで動いていたため、もうあまり持ちそうにない。

「瑞希ちゃん、中に出すけどいいかい?」

「中に、中に出してください。中出ししてぇ」

「よしぃ、イクよ、中に思いっきり出すよ」

二度目の所為の爆発が、孝樹を襲う。

一度目に比べると、幾分か精液の量は減ったが、それでも溢れんばかりの精液が瑞希の膣内に注がれていく。

「工藤さんのせーえきがドクドクと私の中に入ってきますぅ」

「瑞希ちゃんの中、締まりが良すぎて、ち×ぽが搾り取られるみたいだ」

立て続けに性を放出した孝樹は、ベッドに崩れ落ちた。

激しい満足感が、彼を満たしていく。

すると、それを見ていた咲子が口を出した。

「工藤君。まだ、終わりじゃないわよね」

「え?」

「今日はたっぷりと楽しむのよ。まだまだ終わりじゃないわ」

仰向けになりながら、脚を大きく開いた咲子がそのように告げる。

堪らないエロスを感じさせる光景に、孝樹のペニスもムクムクと隆起していく。

(今日は限界までやるぞ)

孝樹はそう言い、再び下半身に力を入れた。

「橘花課長の次はまた私にしてくださいね、工藤さん」

と、瑞希が告げる。

「わかったよ、限界までやるから、ちょっと待ってて」

「その意気よ。工藤君、これからが本番なんだからね。さぁ挿れて頂戴」

週末の夜。

ホテルの一室で始まった3P はまだまだ続きそうである。

孝樹はペニスを持ちながら、後何回イケるかを考え、再びセックスを始めた。

三人の夜は、これからも続く――。

 

〈了〉


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください