連載官能小説『可愛い妹 危険な相姦関係』第4回

連載官能小説『可愛い妹 危険な相姦関係』第4回

「これって騎乗位って言うんだよね?」

と、真理子は言った。

彼女は、康太に跨りながら、ペニスを持つと、それを膣口に導いていく。

にちゃと、淫靡な音が鳴り響くと、スムーズにペニスは挿入されていく。

ずぶずぶずぶ……。

ペニスはすんなりの膣内の奥まで入っていった。

(やっぱり気持ちいい……)

素直に感動する康太。

何度セックスをしても、毎回気持ちがいいのである。これでは、二度とマスターベーションに戻れないような気がした。

妹とセックスしている。そんな背徳感が、より一層興奮を高めていく。

「奥まで入ったぁ」

と、真理子が言う。

そして、ゆっくりと動き始める。

騎乗位であるため、挿入が深くなり、ペニスが擦れ合う面積が広がっていく。それ故に堪らなく気持ちがいい。康太は仰向けに寝転びながら、じっくりと真理子を見上げた。

真理子は懸命に騎乗位を続け、徐々にペースを速めていく。

まずは、姿勢を仰向けにさせて、結合部分がよく見えるような体勢を取る。一度膣内で射精されているため、膣内は精液で満たされており、ぬめぬめとぬめっている。それだけに滑りがよくなっている。

「お兄ちゃん、気持ちいい?」

「あぁ、すげぇ気持ちいいよ。真理子はどうだ?」

「私も気持ちいい」

「痛くないのか?」

処女であった真理子には、若干ではあるが痛みがあった。それでも、康太に気持ちよくなってもらいたいという気持ちがあったので、何とか耐えていたのである。

確かに痛みはあったのではあるが、膣全体に精液を浴び、それで満たされていくと、次第に痛みが快楽に変わっていった。今では、痛みよりも気持ちよさの方が上回る。もっと、早く動いて、気持ちよくなりたい。そんな思いが浮かび上がってくる。

「もう、痛くないよ、大丈夫」

「それならよかったよ。俺も下から突き上げるぞ」

「うん、お願い」

真理子は必死に腰を動かし、それに合わせて康太もペニスを突き上げる。

ギュウギュウと窮屈な感覚が広がり、堪らない快楽を生み出していく。

やがて、真理子は姿勢を移動し、前かがみになっていく。そして、康太の体を強く抱きしめる。

真理子の乳房が、康太の胸で潰れて柔らかな感触を残す。

抱きしめられた康太は体を起こし、真理子の唇を奪った。変則的な騎乗位を行っていく。

「ああん、凄い、お兄ちゃんのち×ぽが深く刺さって気持ちいい……」

「俺も気持ちいいぞ、もっと、動いてもいいか?」

「うん、思い切り動いてきて、お願い……」

「よし、行くぞ! うぉぉぉ」

一人気合を入れる康太。激しくペニスを突き上げて、快楽を貪っていく。キスをした後、康太は、真理子のヴァギナをこれ以上ないくらいのスピードで突き上げていく。もちろん、真理子も懸命に腰を動かして、二人でセックスを作り上げていく。

次第に、康太は別の体位も試したくなっていった。

騎乗位だとどうしても自分が後手になってしまう。もっと大胆に責めたいという希望が生まれた。

そんな中、康太は告げる。

「真理子、後ろから挿れてもいいか?」

「後ろから? いいよ」

「なら、四つん這いになってくれ。バックでしてみたいんだ」

「お兄ちゃんのH。でもいいよ。やってみようよ」

そう言うと、真理子は一旦ペニスを抜いた。

そして四つん這いになり、お尻を高く上げる。

性器が押し開かれて、ぱっくりと顔を出す。

トロトロとした蜜液が溢れ出し、半透明の液体が滴り落ちていく。

ゴクリと生唾を飲む康太。

四つん這いになった真理子は、どこまでもエロスを感じさせ、かなり魅力的である。

「よし、挿れるぞ」

「うん、早く来てぇ……」

ペニスをしっかりと持ち、膣口に押し当てる、バックからの挿入は、当然初めてであるので、かなり挿れるのに手間取ったが、彼は何とかペニスを挿入した。

ずりゅめりゅ……

膣内を押し開いていくように、ペニスが挿入されていく。

バックからの挿入は、どこか征服しているような気分になり、独特の感覚が広がっていく。グッと下っ腹に力を入れて、ピストンを続けていく康太。徐々に気持ちよくなっていき、堪らなくなっている。

「動物の交尾みたい、何か恥ずかしいよぉ」

「俺は気持ちいいぞ、真理子も気持ちいいだろ」

「うん、気持ちいい、ち×ぽがどんどん大きくなってるんだもん」

真理子の膣内で、康太のペニスはどんどん膨れ上がっていった。既に一度射精しているとは思えないほど、元気なペニスである。流石は若いだけあって、回復力も早いのであろう。

パンパンパンと肉同士がぶつかり合い、卑猥な音を発生させていく。

ぬめぬめとした膣内の質感を味わいながら、康太はプレイを続けていく。

(何か違った刺激が欲しいな……)

そう思った彼は、AVなどで見た知識を総動員して、バックの変則的な体位を思い出していく。

そして、康太は真理子の肩脚を持ち上げ、犬がおしっこするようなポーズで挿入すると、激しく突き始めた。

「いやぁん。こんな格好恥ずかしいよ」

「スゴイ、奥までは挿いるぞ。ヌレヌレで気持ちいいぃ」

「私も気持ちいいぃ。でもこんな体勢ってやっぱり変態みたいだよぉ」

変態かもしれない。

何しろ、妹とセックスをしているのだから、変態を言われても仕方ないであろう。

それでも、もっと気持ちよくなりたい、そんな希望が上回り、二人はセックスを続けていく。

「真理子、気持ちいいか?」

「うん、お兄ちゃんは?」

「俺も気持ちいい、真理子、おま×こ気持ちいいって言ってくれ」

「え、そんなセリフ言えないよぉ」

「お前の口からおま×こって聞きたいんだよ、頼む、言ってくれ」

顔を真っ赤にさせる真理子。

しかし大好きな兄の頼みである。できるのなら、聞き入れてあげたい。

「お、おま×こ気持ちいいよぉ」

「もっと大きく」

「おま×こ気持ちいい!」

「最高だよ。真理子、よし、最後の仕上げだ」

次第に限界も近づいていて来ている。

このペースで動いていると、もう少ししか持たないであろう。

しかし、それでもよかった。何とかこの気持ちよさを維持したまま、果ててしまいたい。そんな思いが浮かび上がってくる。

「真理子、また中で出すぞ! いいか?」

「うん、中にたっぷり出して、私もイキそうだから、一緒にいこう」

「わかった。よし、イクぞ、出すぞ!」

「いやぁん、もうダメェ、イクぅぅ……」

真理子の叫び声が聞こえたと思うと、康太も激しいオルガスムスを感じ始めた。

「うぉぉぉ。俺も出るぅ」

ビュルビュルドビュ……。

二度目の射精だというのに、大量の精液が迸っていく。

尿道を駆け巡る精液の感覚がとても気持ちいい。ドクドクと溢れ出る精液は、真理子の父から零れ落ちていく。

「アアン、お兄ちゃんの精液が大量に、……わ、私、種付けされてるぅ」

種付けという卑猥な言葉を聞き、康太はますます興奮していく。

最後の一滴まで精液を絞り出すよう、ペニスを動かしていくと、とうとう、康太は崩れ落ちた。

折り重なるように、二人はベッドの上に倒れ込み、そして抱き寄せ合った。

どこまでも親密になりたい。だからこそ、こうしてセックスをしているのである。妹であるとか、兄妹であるとかそんなことは関係ないように思えた。要は好きになる感覚が必要なのである。

「お兄ちゃん、気持ちよかったよ。大好きだからね」

「お、俺もだよ、もっと二人で楽しもう」

こうして、康太は吹っ切れた。

二人のセックスはこれが始まりであり、留まることを知らない。

激しく抱き合いながら、二人は熱い接吻を交わした――。

真理子と初セックスを終えてから、康太は活動的になっていった。

学校生活も楽しくなり、勉強にも力が入る。学校でしっかりと勉強して、そのまま家に帰り、自宅では真理子とセックスをする。そんな暮らしが続いた。

今のところ順調ではあるが、次第に問題も発生し始めた。

あまりにセックスに貪欲になってしまったので、徐々に、学校生活が疎かになってしまったのだ。そんな中、康太は担任教師に呼ばれることになる。

これが、新たな、快楽の始まりを告げることになるのだ――。

 

〈続く〉

 


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください