連載官能小説『多淫少女は文芸部員』第4回

連載官能小説『多淫少女は文芸部員』第4回

文芸部に入部した司は、ほぼ毎日文芸部の活動に勤しんだ。

とはいっても、文芸部らしいことは何もしていない。ただ、部長である静華とセックスをして楽しむだけである。本を読んだり、書評を書いたりなど、文芸部らしい活動は多岐にわたるが、それらは全くしていないのである。

それ故に、司は半分困惑していた。決して嫌なわけではないのだが、何かできすぎているような気がして、居心地が悪くなることがあるのだ。

「あ、あの……。文芸部って何をするんですか?」

ある日の部活動の日、司は静華に尋ねた。

静華は首を傾げながら、次のように答える。

「本を読んだり、書評を書いたりとかかな」

「でも、僕はまだ何もしていません。そ、その、セックスだけです」

「それも文芸部の仕事の一つよ。言ったでしょ。文学を理解するためには。性行為が必要なの。そのための訓練だと思わなきゃ」

「はぁ、そうなんでしょうか」

こうして、再び二人はセックスをして、静かに時が流れていく……。

数日後、司が昼休みに廊下を歩いていると、ある教師に呼び止められた。

「ちょっと、江藤君だったかしら」

声をかけてきたのは、林田恵という女教師であり、司とはあまり面識がなかった。

ダークブラウンのパンツスーツに身を包み、できる女を演出している。恵は今年28歳になる若手教師であり、担当は英語である。ルックスも女優のように整っており、生徒からは人気があるのだ。

スラっとした体躯に見惚れながら、司は答えた。

「は、はい。僕は確かに江藤ですけど。何か?」

「ちょうどいいわ、ちょっと話かったの。こっちに来てくれる?」

そう言い、恵はウインクした。

その仕草が、あまりに素敵すぎて、司はくらくらとしてしまう。

言われるままに、司は恵の後について行った。

彼女が案内したのは、空き教室であった。

「まぁちょっと座って頂戴」

と、恵は言った。

椅子を用意すると、それを司の前に置き、座るように指示を出す。同時に、自分の分の椅子も用意して、そこに座り込んだ。

脚を組んで、やや挑発的な態度で司を見つける。

ほっそりとした脚が魅惑的であり、思わず見惚れてしまう司。

しかし、あまりに見惚れてしまうと問題があるかもしれない。目のやり場に困りながら、司は視線を外した。

「そ、それで何の用なんですか?」

「ええ、まずは文芸部に入ってくれてありがとう。顧問としてお礼を言うわ」

「あ、あぁそのことですか。林田先生は確か文芸部の顧問でしたよね」

「そうなの、普段はあまり顔を出せないんだけどね」

「僕の方も挨拶が遅れてすみません。まぁ文芸部に入ることになりました」

「うふふ。入部してしばらく経ったけどどんな感じかしら?」

まさかセックスしかしていないとは言えない。

何とかはぐらかすしかないだろう。

「え、えっと、まずまず楽しんでいます」

「それならよかったわ。あの部活はあまり人気がないから廃部寸前なの。あなたのような人間が入部してくれてとっても嬉しいわ」

「力になれてよかったです」

「まぁそれはそうと……。霧島さんとはどこまでしたの?」

「え?」

「だから、どこまでの関係になったわけ? 多分、もうしちゃっていると思うけど」

恵は全てを見抜いているかのように、言葉を重ねる。

もしかすると、自分たちがセックスしていることを知っているのかもしれない。

「せ、先生は知ってるんですか?」

「知ってる? 何を?」

「つまり、僕と霧島さんが、そういう関係になっていることです」

「やっぱりそうなのね……、困ったわ」

そう言うと、恵は天を仰いだ。

一体何が起きているのであろうか?

「あなたは知らないかもしれないけれど、霧島さんは多淫なのよ」

「多淫……ですか?」

「そう、とにかく男の人と寝てしまう癖があるの。何というのかしら、男性の生気を吸って生きている感じなのよ。それで、彼女の餌食になった男子生徒は多いわ。もう卒業した男子生徒ばかりだけど、やはり在校生にも手を出してしまったようね」

「霧島さんはセックス中毒ってことですか?」

「まぁそんな感じかしらね。でもね、誰でも相手になるわけじゃないのよ。見込みがある人間のみ襲っているって感じね。つまり、あなたは霧島さんに認められたってわけ。それは誇ってもいいのだけれど、これから大変よ」

確かに大変かもしれない。

静華の性欲は凄まじく、とにかく貪欲に身体を求めてくるのである。1回で終わることは稀であり、2,3回と体を求めてくるのだ。それ故に、毎回精液を限界までむしり取られてしまう。

「ぼ、僕はどうしたらいいんですか?」

「とにかく彼女を満足させてあげて。あの子はね、男子生徒の生気を吸わないと生きていけないの。だから、あなたが協力してあげてくれるとありがたいわね。でも、その前に私もあなたをチェックします」

「え?」

「だからあなたの精力をチェックしてあげる。本当に霧島さんに耐えられる人間なのか、顧問として知っておく必要があるわ」

「な、何を言っているんですか?」

困惑する司を尻目に、恵はすっくと立ちあがると、教室のトビラに鍵をかけた。昼休みであるし、あまり人が寄り付かない教室だから、誰か来ることはないだろう。その後、恵は教室のカーテンを閉めて、薄暗くした後、司の前に立った。

「まずはあなたのち×ぽをチェックします」

恵は、司のベルトを緩めると、そのままスラックスを脱がした。

あっという間に、ボクサーパンツ姿になる司。まだ、完全に勃起はしていないが、美人教師に見つめられて、少しずつ興奮してきてしまう。

「ウフフ、凄いいい匂いがするわ。私、こんな匂いが好きなの」

下着越しにペニスに触れる恵。

しこしことペニスを弄っていくと、司のペニスは完全に勃起してしまった。

「せ、先生、何を……」

「言っているでしょ。わたしがあなたをチェックするの。霧島さんが認めたあなたに凄い興味があるのよ。どう、先生ともいいことしたいでしょ?」

「そ、それはまぁ」

ゆっくりとボクサーパンツを下ろしていく恵。

司のペニスが露出し、ビクンと反り返った。隆々といきりたつペニスを見て、恵は感動したかのような目つきで司を見つめた。

「スゴイ、立派なち×ぽを持っているのね。霧島さんが納得するはずだわ。私が味を見てあげる」

恵はペニスを握りしめると、それを上下に動かし始めた。

先端からぬめぬめとしたカウパー腺液が溢れ出し、それが恵の指に付着していく。恵は半透明の我慢汁を指で弄ぶと、それをペロッと舐めた。その仕草が、あまりに官能的過ぎて、司はくらくらとしてしまった。

「エッチなお汁が出てるわね。興奮してるのね、イケない子」

「そんなこと言われても、興奮しないほうが無理ですよ」

「わかってるわ。性に一番興味がある年代だものね。このくらい当然かもしれない。ねぇ、どうしてほしい?」

「そ、そのまましごいてほしいです。あと、できれば舐めても欲しいです」

「ウフフ。少しずつ調理してあげる。まずは手コキからね」

ペニスを硬く握りしめ、素早い手つきで動かしていく恵。

巧みな手さばきで、かなり気持ちがいい。立っているのが徐々に辛くなってくる。膝がガクガクと震え始め、快楽に敏感に反応していく。

「どんどんち×ぽが大きくなっていくわ。いい子ね、もっと弄ってあげる」

恵はたっぷりと唾液をペニスに垂らすと、にちゃにちゃと音を上げながら、ペニスをしごき始めた。少しずつ動きが速くなり、快楽のレベルも上がっていく。

「せ、先生、気持ちいいです」

「霧島さんのと、どっちがいいかしら?」

正直、どちらがいいかと言われても選べない。

両方とも同じくらい気持ちがいいのだ。

「どっちも気持ちいいです。でも、先生の動きは凄い巧みだと思います」

「ウフ。そう言ってくれると嬉しいわね。次は舐めてあげるわ」

恵はペニスを深く咥えこんだ。

温かな口腔内の質感が、司のぺニスを覆っていく。

恵はディープスロートを開始して、たっぷりと唾液を含ませて、ペニスを隅から隅まで舐め尽くしていく。喉元近くまでペニスを咥えこんだため、擦れ合う面積が広くなり、どんどん気持ちよくなっていく。

さらに、恵は指で陰嚢を刺激し始めた。ペニスを舐めながら、陰嚢を刺激されると、堪らなく気持ちがいい。膝を震わせながら立ち尽くす司は、必死に快楽に耐えていた。

ペニス全体を口で含み、ずぼずぼとピストンさせた後、恵は舌先を使って亀頭全体を刺激し始めた。まずは亀頭の先端を舌先でレロレロと舐めていき、溢れ出るカウパー腺液を吸っていく。やや苦みのある精液の味わいが、恵の口内に広がっていく。

「ウフフ、江藤君のち×ぽ、とっても美味しいわ、癖になりそう」

「は、うっ。ぼ、僕、そんな風にされると、イキそうになってしまいます」

「イクのはまだ駄目よ。まだまだこれからなんだから」

恵はカリの裏側を舌で沿わせながら、チューチューと吸い付きながら舐め始めた。カリの裏側が弱い司は、この行為をされて「おぉ」と、感動的な声を上げて反応する。このままではあまり持たない。ただ、もっとこの快楽を味わっていたい。何とか耐えなければならないだろう。

司が懸命に快楽に耐えていると、恵は再び、ペニスを大きく咥えこみ、そのまま激しく吸い付いていき、そのまま動いていく。

ペニスはどんどん膨れ上がっていき、破裂寸前なほど大きくなっていく。止めどなく溢れるカウパー腺液と、恵の唾液が入り混じり、それが口元から滴り落ちていく。それはどこまでも卑猥な光景であり、司をうっとりとさせた。

「せ、先生、ぼ、僕もう限界です」

「仕方ないわ。ならイってしまいなさい。私が受け止めてあげる」

「口の中に出してもいいですか?」

「えぇ口の中に出しなさい」

最後の仕上げと言わんばかりの勢いで、恵はディープスロートを速めていく。

司はもうこれ以上耐えられない。ペニスが酷く収縮し始めたと思うと、そのまま激しい興奮が彼を襲い始めた。

「駄目だぁぁ。出る、イキますぅ」

ペニスに快楽の爆弾が降り注ぐ。それと同時に、彼は大量のスペルマを放出した。

ビュルビュルドビュ。

勢いよく、スペルマが恵の口腔内に注がれる。

あまりに大量の精液であったが。恵は一滴も残らず、すべて口の中で受け止めると、それをそのまま飲み込んでしまった。

ゴクリと咽頭をかけめぐる音が聞こえたかと思うと、恵がペニスから口を離した。

「スゴイ、濃い精液ね。流石若いだけあるわ」

「す、すみません、飲ませてしまって」

「ううん、あなたの精液、とっても濃くて美味しかったわよ。霧島さんが夢中になる理由がわかるわ」

「は、はぁ、ありがとうございます」

「まだ時間はあるわね。このまま次のプレイに移るけど準備はいいかしら?」

「次のプレイですか?」

「そう。今度は私を気持ちよくして頂戴。先生のおま×こを見せてあげる」

恵の口から、直に卑猥な言葉を聞いて、司は激しく興奮した。

一度イッたペニスは、小さくなることなく、隆々といきりたっている。

司はごくりと生唾を飲み込むと、恵の姿を爛々とした瞳で見つめた――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください