連載官能小説『多淫少女は文芸部員』第7回

連載官能小説『多淫少女は文芸部員』第7回

ある日の文芸部の活動。

その日も司は部活に向かっていた。行けば大抵やることは決まっている。そう、セックスをするのである。それが文芸部のスタンダードになっていたのだ。

セックスは嫌いではない。むしろ好きな方である。だからこそ、気分も浮き立つし、楽しみで仕方ない。

だが、本当にこのままでいいのだろうか?

司は、静華の他に恵とも寝ているのである。静華と付き合っているわけではないから、浮気にはならないであろうが、何か、一人に絞れないのは、優柔不断のような気がして、滅入ってくるのである。

「どうかしたの、江藤君?」

部活に行くなり、静華がそう告げた。

勘が鋭いのかもしれない。

司は、恵とセックスしたことを静華に告げていない。

言うと、何か問題になりそうな気がしたのである。

それ故に、言い出せずにいた。しかし、このまま隠しきれるかどうかはわからない……。

「い、いえ……」

「嘘仰い。何かを隠しているでしょう」

「そ、そんなことは……」

「いいから話してみなさい。相談に乗るから」

ここまで言われると、隠しきれなくなる。

どうしようか迷った司であったが、結局、真実を話すことに決めた。

「じ、実は……」

恵とセックスしたことを、赤裸々に話す司。

そして、それを真剣な瞳で聞く恵。

彼女は、話を聞き終わるなり、声を出した。

「なるほどね。やっぱり林田先生も手を出してきたか」

「やっぱり……ってどういう意味ですか?」

「その前に一つ聞きたいのだけど、林田先生は私のことをなんて言っていたかしら?」

「ええと。その、言いづらいんですけど、多淫だって言っていました」

「そうでしょうね。そう言うでしょう」

「霧島さんは多淫なんですか?」

「私は誰でも簡単に寝る女じゃないわ、しっかりと見極めてから寝るようにしているの。でも、寝ていることには違いないから、多淫と言われても仕方ないと思うけれど」

「確か、去年の先輩とも寝ていたんですよね?」

「ええ。文芸部の活動のためにね。でも、皆私の性欲についてこれずに、途中で逃げ出してしまうの」

「そうなんですか……」

「でもね、林田先生も多淫なのよ。あの教師、少しいいなと思った生徒に手を出しているんだもの。あなたの場合、林田先生の標的になってしまったようね」

「気にいられたってことですか?」

「そういうこと」

「ぼ、僕、どうしたらいいんでしょうか? このままでいいのでしょうか?」

「江藤君は私と林田先生、どっちがいいかしら?」

急に問われて、司は迷ってしまった。

どちらの女性も素晴らしく魅力的なのだ。

だからこそ、選ぶといっても選びきれない。

「ぼ、僕は選べません」

「あなたは、優しそうな顔をしているものね。まぁ無理に選ぶ必要はないと思うけれど、私は、私を選んでくれると嬉しいかな。そうすれば、もっと文芸部の活動が楽しめると思うし……」

「そ、それはまぁ、そうですけど、僕は霧島さんも好きです。だけど、先生も優しいし、何となく気になります」

「なら、私がもっと気持ちいいことをしてあげるわ。さぁ脱ぎなさい」

唐突に脱げと言われて、面を食らってしまう司。

しかし抗えない。これから始まる気持ちいいプレイに、心が躍ってしまうのである。

おずおずとベルトに手をかけると、一気にズボンを下ろした。

既に興奮からか、ペニスは硬くなり始めていた。ボクサーパンツはテントを張っており、ピンと尖っている。

「ウフフ。とっても興奮しているのね、もうこんなに大きくなってる」

「き、霧島さんが、素敵すぎるから、勃っちゃうんです」

「良い子ね。私がたっぷり気持ちよくしてあげる」

そう言うと、静華は司を立たせたまま、ペニスを握りしめて、上下に動かし始めた。

少しずつ、快楽の波が襲ってくる。

巧みな指捌きで、ペニスを弄っていき、どんどん気持ちよくしていく。

「く、うぁ、き、気持ちいいです」

「まだよ、まだまだこれからなんだから、耐えなさいよ」

「わかりました」

唾液を手に垂らし、それで滑りをよくする静華。

にちゃにちゃと、音を上げながら、ペニスをしごいていく。最初はペースがゆっくりであったが、次第に動きを速めていき、刺激を強めていく。亀頭の先端を中心にシコシコとしごいていき、快楽のリズムを刻んでいくのだ。

激しい快楽の中に放り込まれた司は、ただ懸命に耐えていた。

一人でマスターベーションするのとは、全く違う刺激が入る。こんなプレイを味わってしまうと、もう普通のマスターベーションには戻れないような気がした。

動きを速めながら、静華はある指示を出した。

「江藤君、ちょっと四つん這いになってくれるかしら」

「え? 四つん這いですか?」

「そう、もっと気持ちいいことしてあげるから」

一体、何をしてくれるのだろうか?

確かな期待を感じながら、司は四つん這いになる。

お尻を高く空上げると、アナルが丸見えになってしまう。

恥ずかしさに顔を赤らめながら、司は声を出した。

「な、何をするんですか?」

「あなたの処女を奪ってあげる」

「は? 処女?」

「そう。アナルを弄ってあげるから覚悟しなさい。こっちは初めてでしょう」

アナルプレイは全く未経験である。

しかし、全く興味がないわけではない。気持ちよくなれると言う噂を聞いたことがあるのだ。

「あ、アナルを責めるんですか? き、汚いですよ」

「大丈夫よ。私、江藤君の体臭が好きなの。独特な性臭が漂っていて、私を興奮させるのよね。きっと、アナルも素晴らしい匂いがするはずよ」

「そ、そんな」

静華は、司のアナルを指で広げると、そこをぺろりと舐め上げた。

菊門の筋を舐められて、ビクンと体を震わせる司。

素晴らしく刺激的な感覚が全身に広がっていく。

「ぐ、ぐぁ、何か変な感じです」

「でも、気持ちいいでしょう」

「はい、おかしくなりそうです」

「フフフ。おかしくなっていいのよ、もっと気持ちよくなりましょう」

そのままアナルをペロペロと舐め上げていく静華。

その都度、司は体を震わせて刺激に耐えている。

形容しがたい快楽が体中を襲い、司を刺激していく。

四つん這いで、お尻を舐められていると、恥ずかしさが先行するが、それでも気持ちいいことには違いない。

「指を挿れてあげる」

静華は指をアナルに挿入していく。

強い排泄感を覚えるが、同時に快楽も襲ってくる。

少しだけ排泄感に堪えていると、やがて気持ちよくなってきて、もっと指で弄ってもらいたくなる。それだけ激しい快楽が襲ってきたのだ。

「き、霧島さん、気持ちいいです」

「そうでしょう。もしかすると、江藤君はアナルが性感帯なのかもね。もっと弄ってあげるわ」

静華はアナルを刺激しながら、さらにペニスをしごき始めた。

まるで乳しぼりをするかのようにペニスを揉みしだいていくと、同時に、菊門をべろべろと舐め上げて、ダブルで刺激していく。

捉えようのない刺激が司を襲い、激しい快楽が彼を包んでいく。

こんなに気持ちよくなったことは、未だかつてない。

つい先日、恵とセックスした時も、激しい快楽に溺れたが、この感覚はそれ以上であった。

だからこそ、司は感動していたし、もっとこの快楽を味わいたかった。

「どう、江藤君気持ちいいでしょう」

「は、はい、お尻を責められると、ち×ぽまで気持ちよくなるんです」

「ウフフ、本当に江藤君は正直ね。もっとイジメたくなっちゃう」

さらに、静華は行動を進めていく。

アナルを舐めながら、さらにペニスを弄り、そして残った片手で陰嚢を刺激し始めたのだ。圧倒的な快楽が司を襲っていく。

「はう、タマタマが気持ちいいです」

「陰嚢とち×ぽ、そしてお尻を同時に責めてあげる。もう耐えらないでしょう」

「は、はい。気持ちよく過ぎて、ぼ、僕もう駄目です」

徐々に限界を迎え始める司。

セックスを経験してから、若干であるが耐えられるようになったが、それでも、あまり速いペースでしごかれてしまうと、限界は早くやって来てしまう。

「き、霧島さん、ぼ、僕イキそうです。イっても良いですか?」

「フフフ、イキそうなの、仕方ないわね、なら思いっきりイキなさい。私が見届けてあげる。

そう言うと、静華は司の姿勢を四つん這いから仰向けに切り替えた、

そして、アナルを舐めるのを止めて、ペニスを咥えこむと、次に指でアナルを刺激しながら、ペニスを舐め始めたのだ。

ギリギリの状態で、司は快楽に耐えていた。しかし、もう持たない。

素晴らしい快楽の爆弾が、ペニスに降り注いでいく。

「あぁぁ、もう駄目だ、イク、イキます!」

激しいオルガスムスを感じながら、司はスペルマを放出した。

ビュルビュルドビュと、勢いよくスペルマが放出され、それが恵の口腔内に注がれる。

恵は精液をすべて口腔内で受け止めると、いつもと同じですべて飲み砕いてしまった。ごくりと精子を飲み込む音が聞こえ、そのまま静華は声を出した。

「相変わらず凄い濃い精液ね。とっても美味しいわ。どうだった江藤君?」

放心状態である司は、胡乱な瞳を向けながら質問に答える。

「気持ちよかったです。こんなのは初めてです」

「そうでしょ。満足してくれてよかったわ、でもこれで終わりじゃないのよ。まだまだこれから」

「はい、わかってます。今度は僕が霧島さんを気持ちよくする番です」

「ウフフ、分かっているわね。今日はね、私の処女をあげようと思って」

「え? 処女?」

「そう、私の処女をあげるわ」

「え、でも霧島さんは、経験も豊富で、そ、そのつまり多淫なんじゃ」

「もちろんそうよ、でもね、まだ未経験な場所もあるの。それを今日あなたに捧げるわ」

そう言い、静華はウインクをした。

彼女の可愛い仕草にドギマギしながら、司は次なるプレイを待った――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください