連載官能小説『多淫少女は文芸部員』第9回

連載官能小説『多淫少女は文芸部員』第9回

ある日の放課後――。

文芸部の教室へ向かうと、そこには誰もいなかった。

普段は、静華が先に待っているケースが多い。

それが、今日はまだ来ていないようであった。一人、教室の隅に座った司は、窓の外を見つめた。

静華だけでなく、恵ともセックスしている。

そして、それをお互いが知っているのである。多淫という不思議な病を持った二人。性欲旺盛であり、普段のセックスから二度、三度と求められている。

司は絶倫というわけではないのだが、それでも二人のために必死になっていた。

セックスは気持ちがいい。男子だから、当然興味があるのだ。それに、静華も恵も絶余の美女である。学園を代表する美貌の持ち主であると言えるだろう。それだけに、そんな存在とセックスができて、不思議な気分に浸っていた。

どうして、自分なんだろうか?

気になるのは、そればかりである。

決してルックスがいいわけでも、運動ができるわけでもない。おまけに頭だってよくない。決してモテる要素が満載と言うわけではないのだ。本当にどこにでもいる、些細な存在。……それが司である。

それ故に、二大美女と性的な関係になって、彼は驚きと同時に、喜びを感じていたのだ。

しばらく物思いに耽っていると、やがて教室のトビラが開かれる。

司の視線の先に、静華が立っている。

「お、早いわね……。感心、感心」

「は、はぁ。どうも」

「今日はね、ちょっと試したいことがあって」

「試したいことですか?」

「そう。実はね、今日は林田先生も呼んであるの」

「林田先生ですか?」

恵を呼んでいる。

恵は文芸部の顧問だから、この場所にいても不思議ではないのだが、彼女は多忙であり、あまり文芸部の活動に顔を出さない。基本的に、文芸部の活動は生徒主体で動いているのだ。それが、今日は恵もいるのである。

静華の後ろに人影がある。それは恵であった。

「江藤君、今日もちゃんと来ているわね」

と、恵が言うと、司が答える。

「はい、今日は先生も活動するんですか?」

「活動というよりも、もっと楽しいことをしましょうか?」

「楽しいことですか……」

司はそれを聞き、顔が緩んでいく。

恵に楽しいことと言われれば、想像することはただ一つである。

もちろん、性行為だ。

それに、今日は恵の他にも静華もいる。

(もしかすると、三人でするのかな)

そんな風に考えて、期待感を込める司。

二人のやり取りを見ていた静華が、そこで会話に割って入ってくる。

「今日は3Pをします。江藤君もしたいでしょ?」

堂々と3P宣言されて、喜びを感じ始める司。

にやにやが止まらなくなり、既にペニスは勃起し始めていた。

「3Pって、そのつまり、3人でするってことですか?」

「そう。折角だから3人で楽しみましょう」

意外な話の流れになったが、司は興奮を抑えられなかった。下半身に力を集中させ、必死に股間部分を隠した。

まず、静華が部屋のカーテンを全て閉めて、さらに鍵をかけた。

これで、誰か入ってくることはない。

その後、静華も恵も上着を脱ぎ始めた。

それを見つめながら、司も上着を脱ぎ、シャツとスラックス姿になる。

「全部脱ぎなさい、江藤君」

と、静華が告げる。

彼女は既に下着姿になっており、薄ピンクの可愛らしい下着が輝いて見えた。

「わ、わかりました」

スラックスを脱ぎ、さらにボクサーパンツを下ろした。

勃起したペニスがいきりたち、ビクンと立ち上がっている。

「ウフフ、元気のいいち×ぽね。先生、まずは私からさせてもらっても良いですか?」

その問いに、恵が答える。

「わかったわ。じゃあ最初は二人で楽しみなさい。私はその後、隙を見て入っていくから」

最初に動いたのは、静華であった。

彼女は司を仰向けに寝かせると、そのままペニスを掴み、軽くしごいた後、自分の性器を弄り始めた。

にちゃにちゃとテカテカした蜜液が溢れ出し、ペニスを迎え入れる準備は整っている。

「さぁ、楽しみましょう。まずは、騎乗位で挿れてあげる」

「も、もう挿れるんですか?」

「ええ。もう我慢できないの。でも大丈夫よ、私のおま×こ、こんなにぐっしょりだから」

確かに、静華の恵の性器は濡れている。

すんなりとペニスを飲み込むだろう。静華はペニスを跨ぐなり、静華に挿入していった。

ずぶずぶずぶ……。

(あ、入っていく……)

ゆっくりとペニスが挿入され、奥深くまで突き刺さった。

ペニスを奥深くまで咥えこんだ静華は、徐々に動き始め、抽送を進めていく。ペニスが膣壁に擦れて、捉えようのない気持ちよさが感じられる。

「き、霧島さんの中、ヌレヌレで気持ちいいです」

「そうでしょ、私、早くセックスしたくてしょうがなかったの。授業中から興奮していたのよ」

「僕も文芸部でセックスするのが楽しみです。ありがとうございます」

「ウフフ、これからもっと気持ちよくしてあげる」

次第にペースを速めていく静華。

床に手を置いて、腰を深く落としながら、ピストンさせていく。ペニスが奥深くまで突き刺さり、膣壁をメリメリと切り開いていく。子宮の入り口まで届きそうな勢いで、抽送が繰り返され、どんどん気持ちよくなっていく。

次に、静華は足をM字に開いて挿入を始めた。

若干であるが、挿入が浅くなるが、擦れ合う面積が広くなり、気持ちよさのレベルは上がっていく。また、結合部分が丸見えになり、サーモンピンクのヌレヌレの膣口が、赤黒いペニスを飲み込んでいく様がよく見えた。

それはどこまでも淫靡な光景であり、興奮のレベルを押し上げていく。

(き、霧島さんのあそこ、本当に綺麗だ)

思わず見惚れてしまう静華の性器。

卑猥な形をした性器が、貪欲にペニスを飲み込んでいく。ぐちょぐちょになった静華の性器は、激しい熱で満たされており、燃えるように熱く、さらにヌメヌメとした質感が、司のペニスを覆っていった。

「き、霧島さん、今度は僕が動きます」

率先して、司は体位を変える。

騎乗位も気持ちいいがいいのだが、やはり、自分が主体でセックスを進めたい。

そんな思いが浮かび上がってくるのだ。

「仕方ないわね、後ろから挿れたいの?」

「はい、後ろから挿れたいんです」

「わかったわ。じゃあ、後ろから挿れて頂戴」

そう言うと、静華は経ちバックの状態で後ろを向いた。そして、お尻をくいッと高くあげ、挿入しやすいように体勢を変えていく。

「い、挿れます」

臀部に手を置き、さらに双肉を横に押し広げて性器を露出させると、膣口にペニスを押し当て、さらに挿入していく。立ちバックは挿入が難しいが、既に何回かトライしているので、問題なく挿入ができた。

立ちバックで抽送を繰り返し、激しいピストンを生み出していく司。

勢いよく、腰を振り、快楽を求め続ける。

「アアン、良いわ、良い感じよ、そのまま突いて頂戴」

「わかりました。もっと突きます」

言われるままに、司は激しく腰を振り始める。

動きが単調にならないように、片足を持ち上げ、牡犬がおしっこするような姿勢を取らせると、やや横向きから挿入を繰り返していく。

脚が開かれたことにより、結合部分が丸見えになり、静華の蜜液と、司のカウパー腺液が入り混じった液体が、強かに零れ落ちていった。

「き、霧島さん、き、気持ちいいです」

「私も気持ちいいわ、こんなに恥ずかしい姿勢で感じてしまって、何か恥ずかしいわ」

「でもとっても締まりがよくなって、ち×ぽが搾り取られるみたいです」

「だって、気持ちよくて力が入っちゃうんだもの。もう駄目、このまま突き続けて、私をイカして頂戴」

静華の言葉を胸に、司は腰を振り続ける。

限界は近い。しかし、それでもよかった。今日はまだまだ楽しめるのである。

一度行っても、二回、三回と楽しめばいいのだ。この後は、恵も控えているのだから。

「き、霧島さん、イっても良いですか? 僕の精液を受け止めてください」

「たっぷり私の中に注いでぇ。精液まみれにしてぇ」

「わかりました。イキます!」

最後の仕上げの勢いで、ピストンを速めていく司。

やがて、彼は絶頂を迎えて勢いよくスペルマを放った。

ドクドクドクと、大量のスペルマが静華の膣内に注ぎ込まれ、ゴポゴポと溢れ出す。

「あぁ、わ、私種付けされているのね。凄い量のザーメンが私の中に……」

「き、霧島さん、気持ちいいですぅ」

そのまま司は果ててしまった。

しかし、まだこれで終わりではない……。まだまだ続きはあるのだ。

ここで、二人の行為を見ていた恵が立ち上がり、さらに下着を脱いだ。

「次は私の番よ。江藤君、さぁ準備して頂戴」

力を振り絞り、司は答える。

「わかりました。どんな体位がいいですか?」

「私もバックで挿れてほしいわ。最後は正常位がいいけれど……」

「じゃあバックで挿れます」

イッばかりのぺニスであったが、恵の裸体を見ていると、すぐに回復してしまい、臨戦態勢になった。問題なく挿入できるだろう。射精後の痛みもそれほどなく、このまま続けてプレイできそうである。

司はまず、バックの状態で恵の性器を弄り始めた。

準備万端の恵の性器はどこまでもヌメッており、テカテカと光り輝いている――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください