連載官能小説『初体験の教室』第3回

連載官能小説『初体験の教室』第3回

お互いにとって初めてのセックスである、

興奮しないわけがない。

良治自身、激しく動揺していた。

まさか、セックスできるチャンスを舞い降りてくるなど、想像できなかったのである。

それも相手は、美少女である愛花だ。

高嶺の花であると、最初から諦めていた少女が相手なのだ。

これで興奮しないほうがおかしい。

「ほ、本当にいいの?」

と、良治は改めて尋ねた。

すると、愛花は顔を赤らめながら答える。

「う、うん、少ししてみたいし」

「お、俺でよければいいけど」

「ならしてみよ。本当はベッドの上がいいけど、ここにはそんなものないから床で我慢しましょう」

「わかった」

「で、とりあえずどうすればいいの?」

この教室でセックスをするのなら、立った状態のまました方がいいのであろうか?

良治はあまり知識がないため、どうやってセックスを進めていければいいのか迷ってしまった。しかし、ここは何とかリードしなければならない。知識を総動員して彼は答える。

「とりあえず、仰向けで寝てくれる? 床冷たいかもしれないから、俺がブレザーを敷くよ」

そう言い、良治はブレザーを床に敷いて、それをシーツ代わりにした。

その上に、ごろりと横になる愛花。

スカートを穿いたままであるが、そのままでも問題ないだろう。

「これでいいの?」

仰向けになった愛花はそのように尋ねた。

それを受け、良治はごくりと生唾を飲み込みながら、

「うん、それで脚を開いてもらえると、ありがたいかな」

「脚を開く? でもそうしたら、見えちゃうんじゃん」

「でも見えないと挿入できないし」

「あんまり見ないでね、恥ずかしいんだから」

「うん、なるべく見ないようにします」

良治がそう言うと、愛花はゆっくりと足を広げていく。

スカートがめくれ上がり、性器が顔を出した。

既に一度イっていることもあり、彼女の性器は愛蜜で満たされており、ぬらぬらと光っているように見えた。それはどこまでもエロスを感じさせる光景である。

なるべく見ない……。

そう言った良治であったが、結局は性器を凝視してしまう。

どうして、女性器はこんなに卑猥な形をしているのだろう。

一見するとあわびのような形に見えるが、それが途轍もなくエロく見えてしまうのだ。

これは生命の不思議であると感じた。

続けて良治のセックスの準備を進める。セックスの基本は正常位である。彼は膝を床につけ、座り込むと、そのままペニスを蜜壺の方に導いていった。

「それじゃ挿れるよ」

と、良治は合図を出す。

それを受け、愛花も答える。

「うん、わかった」

 

 

初めてのセックス。

愛花は興奮と動揺の中にいた。

初めては痛いと聞くが、実際はどうなのだろうか?

ドキドキしながら、挿入を待っていた。

やがて、良治が、ペニスを膣口に当て、ゆっくりと動かし始めた。

ぬむぬむと、静かにペニスが吸い込まれていく。

途中、「ブチ」っと何かが始めるような音が聞こえた。

次の瞬間、愛花は痛みで眼を背けた。

「い、痛い……」

「ご、ゴメン、抜こうか?」

慌てて良治が言う。

しかし、ここで止めるわけにはいかない。

これは通過儀礼なのだ。痛みは誰にでもある。でもきっとそれも途中でなくなるだろう。

そう思い、愛花はそのまま続けるように言った。

「大丈夫、続けて」

「わかった。なるべくゆっくり動くよ」

初めて感じる膣内は、温かさに満たされており、さらにヌメヌメとしており、途轍もなく気持ちがよかった。これは、マスターベーションの比ではない。圧倒的な快楽が、良治を襲っている。

できるのであれば、もっと早く動きたい。滅茶苦茶に愛花の中をかき回したい。しかし、それでは愛花が困るだろう。痛みに耐えているのだ。なるべく痛みを減らしてあげたい。そのためには、まずはゆっくりと動く必要があるのだ。

そう考えた良治は、亀のように鈍足なスピードで腰を動かし始めた。

そろりそろりとペニスが膣内に吸い込まれていき、やがて奥の方まで届いた。

「大丈夫?」

「うん、なんとか、少しずつ速く動いてみて」

「いいの」

「多分、大丈夫だと思うから」

「わかった」

指示通り、抽送の動きを速めていく良治。

にちゃにちゃという音がこだまし、室内に染み渡っていく。

少しずつ速く動いていくと、ペニスが擦れ合う面積が広くなり、かなり気持ちよくなっていく。これがセックス。本当に気持ちがいい……。そんな風に良治は感じていた。

一定のリズムを刻み、腰を動かす良治。

彼はセックスが初めてであるが、初めてにしては冷静に対処できていた。最初のセックスとなると、どうしてもすぐにイってしまいそうになるが、そんなことはなく、ある程度余裕をもってピストンができている。少しずつ、それが自信に変わっていく。

「もっと、速く動いてもいい?」

と、良治は提案する。

できるのならば、もっと速く動きたい、そうすれば、さらに快楽が高まるような気がしていた。

「うん。いいよ」

対する愛花も少しずつ痛みに慣れ始めていた。

最初は、かなり激しい痛みに感じていたが、今はその痛みは消失しつつある。その代わり徐々にあそこがじんわりと熱くなり、気持ちよくなってきたのだ、痛気持ちいい、そんな感覚が性器全体に広がっていく。

愛花の言葉を受け、良治はさらに抽送のスピードを速める。

ずちゅずちゅとと、肉棒が性器に突き刺さり、蜜壺から止めどなく蜜液が溢れ出してくる。もちろん、その中には良治のカウパー腺液も含まれているだろう。半透明の液体が、床に流れ出し、水たまりを作り始めた。

「アン、何か気持ちよくなってきた。もっと突いて」

「お、俺も気持ちいい、こんなの初めてだ」

「一緒に気持ちよくなろ」

「う、うん、もっと速く突くよ」

必死になってピストンを繰り返す良治。

だんだん、彼もセックスに慣れ始めた。形容しがたい気持ちよさが彼を支配し、抽送のスピードをどんどんアップさせる。

今日はまだ一度もイっていない。

だからこそ、男根は敏感に反応する。初めてであることを差し引いても、彼はかなり長く持った方であろう。しかし、徐々に限界は訪れ始める。

下半身にも力があり、だんだんとペニスが熱くなっていく。

「す、凄い気持ちいい。お、俺、もうイキそうだ」

「え、イキそうなの?」

「うん、ゴメン、もうあんまり持たない」

「ならイってもいいよ」

「どこに出せばいいかな?」

「中に出してみて」

「え? 中に? でもそれじゃ」

「今日は安全な日だから大丈夫だと思う、それに、私中出しを経験してみたいの」

「それじゃ、中に出すよ、後少しでイキそうなんだ」

「わかった」

最後の力を振り絞って良治はピストンを続ける。

ずんずんとペニスが膣壁を切り開いていき、更なる快楽の高みに誘う。

そして、とうとう良治の限界もやってくる。

彼のペニスは激しく収縮し、ビクビクと膣内で震え始めた。イク前兆である。

「駄目だ、もう良く、出るぅ」

「うん、来てぇ」

「うわぁぁぁ出るぅぅ」

激しく叫びながら、良治は熱いスペルマを発射する。

ドクドクと尿道を駆け巡る精液。止めどないスペルマが、大量に愛花の膣内に注ぎ込まれた。

「ああぁ、凄い出てる、大量のせーえきが私の中に出てるぅ」

愛花は恍惚としながら体を捩らせた。彼女もまた絶頂を迎え、激しくイってしまったのである。

二人の初セックスはこうして終わりを告げた。

セックスの余韻に浸りながら、愛花が言った。

「どうだった?」

「うん、気持ちよかった。角田さんは?」

「わたしも、よかったと思う、ありがとね、協力してくれて……。それであんたさえよければ、今後も私に付き合ってくれない? 実はまだしてみたいことがあるの?」

「そ、それはいいけど、例えばどんなこと?」

「それはまだ内緒。とりあえず、準備するから、待ってて、そしたらこっちから声をかけるから……。あと、このことは絶対に誰にも言っちゃ駄目よ。言ったら殺すからね」

「わ、わかりました」

二人は再会を近い、熱く抱擁を交わした――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください