連載官能小説『初体験の教室』第4回

連載官能小説『初体験の教室』第4回

初めてのセックスを終え、愛花は悶々としていた。

あれは、かなり気持ちいい体験であった。なかなか味わえる体験ではない。学校でマスターベーションをしていて、それが見つかって性的な関係になってしまった。

(もっとしたいな……)

そんな思いが浮かび上がってくる。

良治はどう思っているのだろう?

正直、今までは全く関係もなかった。同じクラスメイトだけど、話すことはなかったし、ほとんど他人という関係であった、それが、今では性的に関係になってしまっている。それが、不思議な縁であると思えた。

きっと、良治はこれからも協力してくれる。

根拠はないが、そんな自信があった。

(次は何をしようかな)

考えるのは次なるプレイであった。

セックスはした。もっと親密なっても良いと思っているのだが、自分たちは付き合っているわけではない。だから、このまま関係を深めていいのかわからなかった。

愛花はベッドの上に横になる。

制服姿で、横になり、太スカートをめくりあげる。すると、ショーツが露になり、薄ピンクのショーツが見えてくる。ふと、ショーツ越しに秘部に触れてみる。じんわりと熱くなっている。

先日のセックスを想像すると、かなり興奮してきてしまう。

もっと気持ちよくなりたい。そんな思いが浮かんでは消える。

(濡れてる……)

秘部に触れると、濡れているのが分かった。

熱く蜜液が溢れ出し、それがショーツを濡らしていた。

愛花はくちゅくちゅと指を動かし、そのまま膣内に指を挿入した。

ヌルヌルとした質感で、指はスムーズに動いていく。

淫靡な音が聞こえ、それが室内に響き渡っていく。

(やだぁ、指が止まらないよぉ)

少し触れただけなのに、秘部は敏感に反応する。

止めたいのに、指の動きは止まらない。むしろ逆に、どんどんと指の動きが速まっていく。

「アン、き、気持ちいい……」

甘い声が漏れる。

もっと大胆に、もっと激しく動きたい……。

堪らない快楽が愛花を襲っていった。

どのくらいだろう? 愛花は指を動かし続けた。指を奥深くまで挿入して、陰部を刺激していく。気持ちよさはどんどんアップしていき、指の動きは止まらない。

次に、愛花はクリトリスを弄り始めた。

ここも良治に弄られた時、途轍もない気持ちよさを感じていた。だからこそ、もっと気持ちよくなりたいと感じていた。指でクリトリスを摘み、コリコリと刺激していく、包皮から解放されたクリトリスは、無防備な白い豆を露出し、ヒクヒクと震えている。それを指で擦り付けながら、愛花は快楽の絶頂の中にいた。

「駄目、イキそうだよぉ」

途轍もない気持ちよさが襲ってくる。

次の瞬間、愛花はガクガクと身体を震わせ、そのまま果ててしまった。

「イクゥゥ」

甘い声をあげ、そのまま体を震わせた。

マスターベーションの余韻に浸りながら、愛花は立ち上がった。そして、机の上にあるものに視線を注ぐ。

そこにはピンクローターが置いてある。昨日通販で買い、使ってみようと考えてみようと思ったのである。それでも勇気が出ずに、未だに使えずにいる。何か道具を使うようになると、本当に変態になったような気がして、元に戻れない感覚があるのだ。

(あいつなら、使ってくれるかな?)

と、愛花は考える。

あいつというのは、当然良治のことである。

良治なら、このローターを使って気持ちよくしてくれるかもしれない。

密かに期待感が浮かび上がっていく。

ローターを握りしめながら、愛花は次なるプレイを想像した――。

 

 

ある日の学校――。

良治は昼休み、食事を終えて、一人悶々としていた。

彼は自慢ではないが、あまり友達がいない。だから、食事が終われば大抵一人で過ごしている。本を読んでいる時もあれば、こうしてボケっとしている時もある。

(早く、学校終わらないかな)

と、そんな風に考える。

すると、そんな彼の前にある人物が現れた。

それは、角田愛花である。

「角田さん……」

「あんた、今暇?」

「暇だけど」

「ちょっと付き合ってほしいの」

「わかった」

二人はいつもの空き教室へ向かった。

この教室はほとんど人が寄り付かない上に、鍵がかかるので、重宝しているのである。

愛花は部屋に入るなり、カーテンを閉めてさらに鍵をかけた。

「これで誰も来ないわ」

まさか、昼休みにセックスをするのであろうか?

それはあまりに大胆であると感じた。

「もしかして、ここでするの?」

と、良治はぎこちなく尋ねた。

すると、愛花は尋ねた。

「あんまり時間は取らせないわ。少し、道具を買ったの」

「道具?」

「うん、コレ」

そう言うと、愛花は制服のポケットの中から、ピンクローターを取り出した。

「これって大人のおもちゃだよね。どうしたの?」

「通販で買えるのよ。ちょっと使ってみたくて」

「そ、そうなんだ、初めてみたよ」

「私も初めて、で、これってどうやって使うわけ?」

「知らないのに買ったの?」

「何となく知っているんだけど、男なら詳しいでしょ」

「俺もそんなに詳しくないけど、多分、あそこに当てて使うんだと思うけど」

「これをあそこに当てればいいのね?」

「うん。それでスイッチがあるだろ? そのスイッチを入れると、刺激が入って気持ちよくなる仕組み」

「ちょっとやってみたいんだけど、手伝ってくれない?」

「て、手伝う?」

「うん、自分でやるの怖いんだもの」

「わかった、手伝うよ。じゃあローター貸して」

愛花はローターを良治に渡す。

良治はローターを受け取ると、試しにスイッチを入れてみた。

ヴヴヴヴ……、

激しい稼働音が鳴り響く。あまりに大きな音だったので、逆に驚いてしまった。

「じゃあ当ててみるから、脚を開いて」

「え、脚を開くの?」

「うん。そうしないと刺激できないし」

「そ、それなら、やってみる」

愛花は恥ずかしそうに脚を開いてみる。

スカートがめくれ上げり、薄ピンクのショーツが目の前に広がる。

僅かにレースが施された可愛らしいショーツであった。

良治のペニスもどんどん興奮し勃起し始めた。

それを悟らないように、彼は腰をかがめて、そのまま愛花の秘部にローターを当てた。

「いやん、何か変な感じ」

「ご、ゴメン、びっくりした?」

「ううん、大丈夫、続けてみて」

「わかった、このまま当てていくよ」

ショーツ越しに、ローターを当てていく。

ヴヴヴヴと激しい音が鳴り響き、それが教室内に染み渡っていく。さらに、じんわりと熱を帯び、愛蜜が溢れ出してきた。

「濡れてきたよ」

「だってぇ、気持ちいいんだもん」

「直に当ててみようか? そっちの方が気持ちいいと思う? ショーツを脱がすよ」

「いやん、恥ずかしいぃ」

それでもそこまで嫌がっているようには見えない。

良治はそれを肯定の印と考え、強引にショーツを下ろした。

すると、ぬらぬらと光り輝く、性器が顔を出した。

サーモンピンクの小陰唇、そしてその奥にくっぱりとした膣口が見える。

そこは半透明の液体で満たされており、テカテカと光り輝いていた。

「じゃあ当てるよ」

愛花の陰核に向けて、良治はローターを当てた。

陰核の包皮を剥くと、白い女豆を露出させ、そこをローターで刺激し始めた。

「いややん、そんな敏感な所を刺激しないでぇ」

「でも気持ちいいでしょ?」

「うん、気持ちいい。おかしくなっちゃうよぉ」

やはり、クリトリスが一番感じるらしい。

それは、愛花の行動を見えればわかる。良治はそのままローターを当てながら、さらに自分の指を膣口に挿入し、ゆっくりとかき回し始めた。

にちゃにちゃと淫靡な音が鳴り響き、静かな空間に染み渡っていく。

誰もいない二人だけの教室は、アッという間にエロスを作り上げていった。

「ひぃぃ、指を挿れないでぇ。感じちゃうよぉ」

「もっと感じてよ、俺が気持ちよくするから」

懸命に指を動かす良治。

次第に愛花の蜜液も溢れ出し、それが良治の指を濡らしていく。

堪らない女臭が良治の鼻をつき、興奮の渦に巻き込んでいく。

(すごい濡れている。角田さん、興奮しているんだ……)

良治はローターを陰核にこすりつけ、さらに指で激しく膣内をピストンさせていく。止めどなく溢れる蜜液。そして甘い声をあげる愛花。二人だけの空間は、エロスで満たされ、花園ようになっていく。

「ねぇ、イキそうなんだけど、イってもいい?」

「うん、いいよ、イクところを俺に見せて」

「ふあぁっぁあ、だ、ダメ、イク、もう限界……」

愛花の身体がガクガクと震え始める。

立っているのが限界のようで、身体が倒れそうになっている。

それを見た良治が、愛花を支え、最後の仕上げにローターの振動を強めた。

「いやぁぁぁ、イクゥゥ」

次の瞬間、愛花の身体が激しく反り返った。

そして、そのままガクリと体を折り、床に倒れ込んだ。

「イッたんだね、角田さん」

「う、うん。だって気持ちよすぎるんだもん」

「もっと気持ちよくなりたい?」

「え? どういうこと?」

「これをあそこに挿れたまま授業を受けてみてよ。俺がスイッチを持っているから、時折刺激してあげるよ。そうすれば、もっと気持ちよくなれると思う」

「で、でも、誰かに見つかったら……」

「角田さんが、冷静さを取り繕えば問題ないはずだよ。あそこに挿入すれば、音だって消えるはずだから問題ないよ。やってみようよ」

と、良治は提案する。

どうするか迷ったが、もっと気持ちよくなれると知った愛花は、酷く興味が湧いた。

「わかった。やってみる……」

「じゃあ、挿れてるよ。そしたらショーツを穿いて、後は普通に過ごすんだ。俺が時々スイッチを入れて刺激するから、それに耐えてみてよ」

「うん、それじゃお願い」

二人は、更なるプレイを考え出し、それを実行してみることに決めた。

Hなプレイはまだまだ終わりそうにない――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください