連載官能小説『初体験の教室』第5回

連載官能小説『初体験の教室』第5回

授業が始まり、愛花は興奮の中にいた。

(なんか変な感じ……)

ローターを秘部に挿れて、彼女は授業を受けていた。

生理用品を入れるから、異物をあそこにいれるのは慣れている。

だから、ただ、ローターを挿れるだけなら、全く問題はなかった。

それでも若干の異物感はある。まだスイッチは入っていないから、本当のローターの良さを分からずにいた。

授業は英語。

教師が例文を読み、それを生徒が答えていく。

不意に、愛花に問題が当たり、彼女は立って答えることになった。

これをチャンスと見た良治は、ポケットの中に入れていたローターのスイッチを入れた。

ヴヴヴヴ。

音はほとんど聞こえない。

良治は愛花を見つめた。すると、愛花は顔を真っ赤にさせて、もじもじと立ち尽くしている。

「角田さん、次の文を読んでくれる?」

担当教師がそう尋ねる。

すると、愛花はガクガクと身体を震わせながら、例文を読み始める。しかし、声にならない。時折、甘い声が漏れ、教師も訝しい視線を送った。

「あ、あの、その、えっと」

愛花は混乱している。

流石にやりすぎたかなと感じた良治は、一旦、ローターのスイッチを切った。

途端、身体が軽くなったかのように愛花の表情が元に戻る。

その後は、すんなりと例文を読めて、そのまま席に座った。

そこで、良治はチラッと愛花を見つめた。

愛花もこちらを見つめていた。顔を真っ赤にさせ、必死に抵抗の顔をしている。

(止めて……)

そう言っているように聞こえた。

しかし、ここで止めるわけにはいかない。

まだまだ、楽しみはこれからなのである。もっとエッチなプレイを楽しみたいのだ。

再び、良治はローターのスイッチを入れた。

ヴヴヴヴ……。

愛花を見つめると、彼女は必死に何かに耐えているように、脚をぴったりと閉じ、もじもじとし始めた。

恐らく感じているのであろう。

それを確認した良治は、なんだか楽しくなってきた。

美少女が悶える姿を見ていると、どんどんエッチな気分になってくる。

良治のペニスも勃起し始め、スラックスにテントを張り始めた。良治はそれを隠すために、ペニスの位置を変えて、周りから勃起していることがバレないようにした。

(なんだか、すごい興奮するなぁ)

良治は愛花のことを見つめながら、興奮の中に放り込まれた。

ローターのスイッチを少しずつ強めていく。

愛花の表情がどんどん困惑していき、体を小刻みに震えさせ始めた。

(あのバカ、どこまで調子に乗っているのよ)

愛花は必死に抵抗しようとするが、席が離れているので全く上手くいかない。

性器の中に挿れたローターが、くるくると暴れ狂っている。膣壁をメリメリと切り開き、次第に気持ちよくなっていく。

こんなに恥ずかしいのに、どうしてか気持ちよくなってしまうのである。

もしかすると、自分は変態なのかもしれない。ローターが膣内で動き回り、気持ちよさはアップしていく。やめたいけれど、もっとしてほしい。そんな気持ちが浮かび上がってくる。

(なんか気持ちいい……。止めたいのに、止めらない……)

気持ちよさの中に放り込まれる愛花。

彼女は、最早授業に集中できなかった。何を考えようとしても、性器が気持ちよくて集中できないのである。体も火照り、熱を帯びている。さらに、蜜液が溢れ出し、それがショーツを濡らし始めた。まるでお漏らししたかのようになっている。このままでは本当に不味いかもしれない。

身体を小刻みに震わせながら、愛花は快楽と恥ずかしさの中に放り込まれた。

 

 

「角田さん、調子悪いの?」

愛花の調子がおかしいことを見抜いた担当教師が、そんな風に呟いた。

この時、ローターのスイッチは入ったままだ。

愛花は、ガクガクと体を震わせながら、何とか答える。

「えっと、ちょっと寝不足で」

「保健室に行く? 少し休んでもいいのよ」

「え、でも……」

「顔も赤いし、風邪でも引いたんじゃないかしら」

「そ、そうかもしれません」

そこで良治が手を挙げて立ち上がった。

「せ、先生。俺保健委員なんで角田さんを保健室まで送ってきます。いいですか?」

担当教師は良治の方を向くと、

「そうね、それじゃお願いしようかしら。角田さん、保健室に入ってきなさい」

「わかりました」

と、愛花も承諾する。

愛花と良治は教室を出て、廊下を歩いていく。

この時、良治はローターのスイッチを切っていた。

廊下を歩きながら、愛花が少し怒って言った。

「あんたやりすぎ」

「ゴメン」

「どうなるかと思っちゃった」

「でも気持ちよかったんじゃないの」

「まぁそうだけど、周りに見つかったら色々問題あるし」

「どうする? このままローター外す」

「うん、保健室に言ったら外そうかな」

「そう」

二人は一応保健室に向かった。

ただ、保険医は不在であり、閑散としていた。

「あんたも興奮しているんじゃないの?」

不意に愛花が言った。

もちろん興奮している良治。ペニスは勃起していた。

「実は少し……」

「ねぇ、ここでちょっとしていなかない?」

「していくってセックスを?」

「セックスもそうだけど、私、シックスナインしてみたいの。あんたしたことある?」

「したことないよ」

「じゃあしてみようよ、私をローターでイジメたんだから、その贖罪をしなさい」

「わかったよ。ベッドが空いているみたいだから、そこでしようか」

「そうね」

二人はベッドに移り、靴を脱いでシックスナインの形をとった。

愛花はローターを外し、それをベッドの上に置いた。

万が一保険医が帰ってきたら不味いので、服は脱がずに、着衣のままプレイを続ける。

愛花のスカートをめくり、さらにショーツを下ろす。すると、ぐっしょりと濡れているのが分かった。

愛花も良治のズボンのファスナーを下ろし、勃起したペニスを解放する。

「スゴイ、大きくなってる」

「ご、ゴメン、興奮しちゃって」

「じゃあ舐めてあげる」

「俺も舐めるよ」

こうして、二人はシックスナインを始める――。

 

 

ショーツを全て下ろさず、良治はクンニリングスをしていく。クリトリスを中心に舐め上げていき、愛花を気持ちよくさせていく。

愛花の蜜壺も、どんどん蜜液が溢れ出してきて、それが良治の舌先に付着した。

「角田さん、気持ちいい?」

「アン、気持ちいい、もっと舐めて」

「俺も気持ちいいよ」

陰核を中心に性器を舐めていく良治。

ヒクヒクと震えるクリトリスは、小動物のような雰囲気があり、エロスを助長させていく。舌で陰核を弄りながら、さらに指先を膣内に挿入していき、中をかき回していく。女蜜に満たされた膣内は、ぬめぬめとした質感で満たされており、指がスムーズに動いていく。

「アン、ふぁ、ひいぃん、気持ちいいよぉ」

「角田さん、声が大きいよ」

「だって声が出ちゃうんだもん」

「もっと静かにしないと」

ベッドの上に置いてあったローターを見つけた良治は、それを使ってさらに、性器を刺激していく。舌先で陰核を舐めるのを止め、今度はローターのスイッチを入れて刺激し始めた。

ヴヴヴヴと激しい稼働音が鳴り響く。すると、愛花の身体が反り返る。

「ひ、ひぎぃぃぃ。ひゃん、そ、そんな風に弄られたら、私、もう駄目かも」

「まだイクのは駄目だよ。俺はまだ余裕あるんだから」

「無理だよぉ、だって、このままじゃイキそうになっちゃう」

続けてローターで秘部を弄る良治。

愛花は体をガクガクと震わせて快楽の中に放り込まれた。彼女も限界も近いようである。次第に膣内が収縮していき、ヒクヒクと動き始めた。

「ローターズルいよぉ、も、もうだめ、イク、イッちゃう……」

愛花の声が小さくなり、身体の震えが大きくなる。

そして、次の瞬間、愛花の身体をオルガスムスが襲う。

「いやぁぁぁん、イクゥゥ」

ぷしゅと愛蜜が噴き出し、それがベッドを濡らしていく。

どうやら、愛花はイってしまったようである。

「角田さんイッたんだね。でも、俺はまだ足りないよ。もっと気持ちよくしてくれないと」

「だってぇ、じゃあ放課後に続きをしようよ。ここだとあんまり落ち着かないし」

「わかった。じゃあ放課後待ってる。いつもの教室でやるの?」

「私の家来る? 親いないし、ゆっくりできると思うけど」

意外な提案に良治は嬉しくなった。

「いいの、それはありがたいけど」

「なら決まり。私の家で続きをしよ、あんたを気持ちよくしてあげるから覚悟しなさい」

二人は約束をして、にっこりと笑い合った――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください