連載官能小説『母娘の誘惑』第2回

連載官能小説『母娘の誘惑』第2回

小夜の身体は、まだまだ発展途上であるが、それでも魅力がある。

二次性徴期を迎え、徐々に女性らしい体のシルエットになりつつあるのだ。

ヒップの膨らみ。そして乳房の高さ。和樹にとって、初めての女性の身体であった。

思わず見惚れてしまう和樹。すると、それを感じた小夜が恥ずかしそうに顔を赤らめた。

「お兄ちゃん。そんなに見ないでください。恥ずかしいです」

「あ、ご、ゴメン。そのあんまりキレイで」

「私、キレイですか?」

「すごく」

「嬉しいです。そう言ってもらえると、自信がつきます」

和樹の隣に、ちょこんと座り込む小夜。

和樹はどうするべきなのかわからなかった。童貞である彼は、この場を打開する手段を持っていなかったのである。

(参ったな……。どうしたらいいんだろう)

考えるのはそればかりである。

それに、自分たちは兄妹である。確かに血は繋がっていないのだが、法的には兄妹になる。だからこそ、このような関係になって本当にいいのかわからなかった。

今なら、まだ引き返せる。ここで止めてしまえば、普通の兄妹として生きていける。だが、ここで一線を超えてしまえば、普通の兄妹には戻れないだろう。それは少しだけ恐怖だった。でも、それ以上にもっと小夜の肉体を見たいという希望もある。

いけないこと。したいこと。ギリギリの精神の中に和樹は放り込まれていた。

「キスしてください」

「き、キス……」

「はい。私、キスしたことないんです。お兄ちゃんはありますか?」

「俺もないよ。でもいいの? ファーストキスは好きな人がいいんじゃないの?」

「大丈夫です。私、お兄ちゃんが好きですから。安心ですし」

「そう言ってもらえると嬉しいけど」

覚悟を決めるしかないだろう。

少なくとも小夜の表情を見る限り、冗談で言っているようには見えない。笑顔の中にも真剣な一面が垣間見えるのだ。

(キスくらいならいいかな……)

そう考えた和樹は、ふと小夜の肩を抱きしめた。

そして、そのまま自分の唇を小夜の唇に押し当てる。

ちゅ……。

僅かに唇同士が重なる。

(あ、や、柔らかい)

初めてのキスに、和樹は感動していた。

女の子の唇がここまで柔らかいものだとは思わなかったのだ。

「もっと、して、お兄ちゃん」

小夜は和樹に腕を回し、硬く抱きしめた。そして、そのままさらに激しくキスを迫ってくる。

舌を強引に中に入れて、ディープなキスを展開していく。

「んぐ、みぐ……」

驚く和樹。しかし、決して嫌ではない。むしろ嬉しいという気持ちが湧き出してくる。同時に、和樹も小夜を熱く抱きしめ、そのまま舌同士を絡め、熱いキスを交わした。

長いキスを終えると、二人の口元から唾液の糸が伸び始めた。それはうっとりとするほど、甘美な雰囲気に包まれており、まるで恋人同士のように見えた。

「お兄ちゃん、ありがとうございます。私にキスしてくれて」

「い、いや、良いけど、俺も初めてだったから嬉しいよ」

「本当ですか? そう言ってもらえると私も嬉しいです。じゃあ先を続けましょう。今度はおっぱいを触ってください」

「おっぱい? い、いいの?」

「はい、お兄ちゃんに触ってもらえば、もっと大きくなると思うんです。ほら、好きな人に揉んでもらうと大きくなるって言うでしょ」

確かにそんな噂もあるが、都市伝説のようにも感じられる。

ただ、女の子の胸を揉みたいという希望は湧きだしてくる。

和樹は我慢できなかった。

「じゃあ揉むよ」

和樹は小夜のブラジャーを外そうとする。しかし、初めてであるため、外し方がよくわからずに苦戦してしまった。焦れば焦るほど、上手くいかなくなる。

「お兄ちゃん、落ち着いて、後ろにホックがあるからそれを外してください」

「ご、ゴメン、俺、慣れてなくて」

「ふふ。大丈夫です。慣れれば簡単ですから」

「ありがとう」

小夜の指示通り、ホックを外しブラジャーを脱がすと、プルンと小さめの乳房が露になった。控えめなバストであるが、ややおわん型をしており、ふっくらと膨らみがある。初めてみる乳房に和樹は興奮していた。

「私、胸、あんまり大きくないんです。お母さんは大きいんですけど」

「そうかな、普通くらいだと思うけど。って言っても、俺は胸見るの初めてだから、他の人が良くわからないんだけど」

「も、揉んでみてください」

「良いんだね」

「はい。おねがいします」

ゆっくりと小夜の乳房に手を回す和樹。

まずは丁寧に触ってみる。プニと柔らかな質感が和樹の手を覆っていった。

(ほ、ホントに柔らかいんだな)

感動しながら、和樹はそう考えていた。

次は乳首を弄ってみる。すると、乳首がコリコリと硬くなり、ぷくっと立ち上がっていく。

「乳首が立ったね。気持ちいいの?」

「よくわかんないんですけど、興奮はします。このまま続けてください」

丁寧に乳房を揉みしだいていく。

「乳首、舐めてみても良いかな?」

「はい。大丈夫です」

和樹は乳首を軽く舐めてみた。そしてチュパチュパと吸い始めた。

「いやぁん、何かくすぐったいですぅ」

思わず、小夜の甘い声が漏れる。

乳房を堪能していくと、やがてもっと別に刺激が欲しくなる。

和樹の視線は自ずと小夜の下半身に注がれた。小夜の秘部を見てみたい。女性器を見た経験のない和樹は、どうしても性器が見たくて堪らなくなった。そして、下半身に手を伸ばす。

小夜もそれをわかっていたのか、嫌がる素振りは見せなかった。自分の方から脚を広げていく。

ショーツ越しに、秘部に触れる和樹。

小夜のあそこは、じんわりと熱を帯びていて、さらにしっとりと濡れていた。少し触れただけで、ショーツのクロッチ部分に染みが浮かび上がり始めた。

(小夜ちゃん。濡れてるんだ。こ、興奮しているのかな……)

女性が興奮すると濡れるというのは知識と知っている。しかし、実際に目の当たりにしたことはないのだ。だからこそ、本当に濡れた蜜壺を見て、彼は感動していた。

「ショーツ脱がしても良いかな?」

「え、でも恥ずかしいです」

「小夜ちゃんのおま×こが見たいんだ。お願いだよ」

「お兄ちゃん……。わかりました、じゃあ脱がしてください」

脚をまっすぐにする小夜。

それを確認した和樹は、ショーツを持ちゆっくりと脱がし始めた。

するするとショーツを脱がしていくと、ツルツルの恥丘が見えた。

「さ、小夜ちゃん、毛がないよ」

「いやん、そんな風に言わないでください。私、体毛が薄いんです。それでまだ陰毛が生えていなくて。引きますか?」

「引かないよ。俺、毛がない方が好きなかな。そっちの方が綺麗だと思うし……」

「本当ですか、ありがとうございます」

「じゃあ触るよ。脚を広げてくれるかな」

「恥ずかしけどやってみます」

小夜は恥ずかしそうに脚を広げる。ベッドの上でM字開脚の姿勢を取る。

すると、性器がくっきりと見える。小陰唇のビラビラが開かれて、さらに奥に膣口が見えた。サーモンピンクの膣口はぬらぬらと半透明の蜜液で満たされており、キラキラと輝いて見えた。

和樹は肉壺に指を当て、そこをスリスリと摩り始めた。愛蜜で濡れた秘部は、スムーズに和樹の指を動かしていく。

「いやん、何か変な感じです」

「指、中に挿れてみるよ」

和樹は指を膣内に挿れこんだ。

ぬむぬむと指は吸い込まれ、指先に温かな感触が染み渡っていく。

そして、少しずつ動きを速め、ピストンを強めていく。

くちゅくちゅと、卑猥な音が鳴り響き、それが心地よく和樹の耳に届く。

(確か、クリトリスが感じるんだよな?)

和樹はクリトリスの存在を知っている。同時にそこか気持ちいい場所であることも聞いているのだ。だからこそ、陰核を弄ってみたい。そんな欲望に囚われた。

「クリトリス触ってあげるよ」

「え、そんな、敏感な所を弄るんですか?」

「大丈夫、気持ちよくなるから」

膣口の上方部分に包皮に包まれた箇所がある。そして、その包皮を指で向くと、白い豆のような物体が飛び出してきた。

(小夜ちゃんのクリトリス、可愛いな……)

小夜の陰核は小ぶりでヒクヒクと小刻みに震えていた。触ってほしいと叫んでいるようにも感じられる。

和樹は指先でクリクリと陰核を刺激し始めた。

すると、ビクンと小夜の身体が反り返った……。

「ふ、ふぁ、は、激しいです」

小夜の声が大きくなる。

「小夜ちゃん、声が大きいよ」

「ご、ゴメンなさい。ただ、あんまり気持ちよくて、もっと弄ってください」

「わかった」

続けて、クリトリスを重点的に弄り始める和樹。

愛蜜がどんどんと溢れ出してきて、それが和樹の指を濡らしていく。ヒクヒクと震える女豆はどこまでも淫靡に見えて、和樹を一層興奮させていく。

指で陰核を摘まみながら、さらに刺激していく和樹。同時に、指を膣内に挿入しピストンさせていく。つまり、ダブルで女性器を刺激していったのである。

敏感な小夜の性器は、止めどなく繰り出される愛撫に耐えきれなくなっていった。

「お、お兄ちゃん、わ、私イキそうです」

「イってもいいよ。イクところを俺に見せて」

「いやぁぁぁん、も、もう駄目、気持ちよすぎる……、あ、あひぃ、ヒギィ、イックぅぅ」

小夜は甘い声を吐きながら、オルガスムスを感じ、そのまま果ててしまった。

あまりに気持ちよかったのが、僅かに失禁をしてしまい、それがシーツを濡らしていった。

手マンの余韻に浸りながら、小夜は告げた。

「お兄ちゃん、ありがとうございます。とっても気持ちよかったです」

「ホント、ならよかったよ、俺、初めてだから上手くできたか自信なかったんだ」

「このまま続きしませんか?」

「続き?」

「んもう、私に言わせないでください、続きって言ったら一つしかないじゃないですか」

「せ、セックスしてもいいの?」

「はい。お願いします」

初めてのセックスに胸を高鳴らせながら、和樹は小夜を抱擁した――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください