古き良きAV女優 第27回『紅音ほたる』

古き良きAV女優 第27回『紅音ほたる』

引用元:https://www.google.com/url?sa=i&source=images&cd=&cad=rja&uact=8&ved=2ahUKEwi1rorOtLDhAhWVyosBHXsxDS4QjRx6BAgBEAU&url=https%3A%2F%2Ftwitter.com%2Fyo4861%2Fstatus%2F770503387028664320&psig=AOvVaw1aBvpD5CX7t3XhEDAYD8Pw&ust=1554260174217335

皆さんこんにちは。

古きAV女優のお時間です。

今回紹介するAV女優は00年代に人気を爆発させた『紅音ほたる』です。

潮吹きが有名なAV女優ですが、どんな女性だったのでしょうか?

紅音ほたるの背景。そして人気の作品について迫ります。

それでは、早速見ていきましょう。

□潮吹きクイーン。紅音ほたるってどんなAV女優?

紅音ほたるは1983年10月25日生まれの女性で、00年代を席巻したAV女優の一人です。

大阪府出身であり、デビューは2004年でした。ただ、この時は紅音ほたるという芸名ではなく、秋月杏奈という名前で活動していました。

デビュー当時はギャル系の容姿でしたが、一旦ロリ系にイメージチェンジ。その後再びギャル系に戻った経緯があります。

2005年に週刊プレイボーイのAVアカデミー賞の新人賞を受賞し、その後2008年まで活動しました。

AV女優の他にも、テレビ出演したり、タレント活動したり幅広く活躍されてしました。

また、2011年には公認HIV啓発大使に就任し、話題を集めました。

2008年にAV女優を引退し、様々な活動をされていた紅音ほたるですが、2016年に、喘息急性発作による突然死により亡くなってしまいました。

味のある元AV女優の突然死に、多くの方が動揺し、涙を流しました。

紅音ほたるというと、潮吹きが有名であり、多くの作品で潮吹きが見られます。

潮吹きクイーンとして認知されており、潮吹きの量が凄まじく、脱水症状になることもあったそうです。

そんな紅音ほたるですが、おすすめの作品はあるのでしょうか?

次項以降、詳しく見ていきます。

□ハレンチな妄想を叶えてくれる傑作

紅音ほたるは人気AV女優だったため、出演作品がかなり多いです。

おすすめを絞るのは難しいですが、個人的におすすめの作品があるので、ご紹介します。

まずは、『ハレン痴女子校生』です。

こちらは、プレミアムというAVメーカーが製作した作品で、2006年に発売されました。

紅音ほたるの他に、『紗月結花』『星月まゆら』などが出演しています。

学校でのハレンチな妄想をエロ可愛い紅音ほたるが叶えてくれる趣向です。

基本的に責められるシーンが豊富なので、M系の男性にはうってつけの作品です。

豊富なシチュエーションで、紅音ほたるを堪能できるおすすめの作品と言えるでしょう。

コチラの作品はここで購入できます。

□潮吹きクイーンの真骨頂の作品はこちら

潮吹きクイーンとして有名の紅音ほたるですが、ここで紹介する作品もおすすめです。

その作品は、『絶対興奮 紅音ほたる』です。

これは、ワンズファクトリーというAVメーカーが製作した作品で、紅音ほたるの単体出演作品です。

紅音ほたるの潮吹きと美体を最高に堪能できる仕上がりになっています。

6つのコンテンツで構成されており、興奮するメニューが豊富です。夜這いシーン、水たまりを作るほどの大量の潮吹きシーンなど、ヌキどころは満載です。

最も勢いのあったころの紅音ほたるが体感できる作品となっています。

コチラの作品はここで購入できます。

□若くして亡くなった紅音ほたるの作品は永遠!

紅音ほたるの突然の死は、ファンに大きな衝撃を与えました。

人気のあったAV女優ですし、様々な活動をしていた女性だけあって、彼女の死は、多くの方のショックを与えました。

今回は00年代を席巻したAV女優、『紅音ほたる』について解説してきました。

彼女の詳しい背景や、おすすめの作品を中心にみてきたので、ぜひ、参考にしてみてください。

たくさんの作品に出演した紅音ほたるですから、今見ても見応えは十分です。

この記事を参考に、紅音ほたるの作品を見直してみてはいかがでしょうか?

きっと楽しめると思います。

では、次回の古き良きAV女優でお会いしましょう。ではでは……。


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください