連載官能小説『温泉宿の女将の甘い誘惑』第9回

連載官能小説『温泉宿の女将の甘い誘惑』第9回

四つん這いになったことで、秘所はくいッと押し広げられる。全体的にぬらぬらとした蜜壺に、孝信はペニスをあてがっていく。膣口にペニスを当て、そのままゆっくりと貫く。

ぬむぬむと、静かにペニスが吸い込まれていき、胎内の温かな感触を味わうことができる。

(あぁ、バックからの挿入も気持ちいい……)

と、孝信は感じていた。

正常位に比べて、やや挿入が深くなり、ペニスは奥の方まで届く。薫の膣内は、相変わらず窮屈であったが、その締め付け感が素晴らしく、孝信を恍惚とさせていく。

「く、うぁ、あぁん」

と、ペニスを挿れられて薫が甘い声を上げた。

同時に、お尻を高く上げて、じっくりとペニスを迎え入れる。

「薫さんのおま×こ、いい感じですよ。凄い締め付けて気持ちいい」

「はぁん、わ、私も気持ちいいですぅ。ひゃぁ……」

少しずつ、抽送のスピードを上げていく孝信。

リズミカルに腰を振り、ペニスを奥の方まで突き上げる。

淡い快感が全身に染み渡り、孝信は気持ちよくなっていった。

薫の臀部に手を置き、パンパンパンと勢いよく腰を動かしていく。膣壁をペニスが擦っていき、堪らない快感が発生していく。もちろん、薫自身も激しい快感の中にいた。強引にペニスで貫かれると、どこか犯されているような感覚がして、興奮するのである。

「ふ、ふぁ、ふ、深い、おちん×んが奥まで当たりますぅ」

と、薫はヨガる。顔は薄っすらと上気し、薄紅色になっていた。

孝信は、ペニスを突きまくりながら、空いた手を使って、薫の臀部を叩き始めた。

ぺちぺちと、静かに音がこだましていく。

「いやん、お、お尻を叩かないでぇ」

「でもこっちの方が興奮するんじゃありませんか?」

「そ、そんな、興奮なんて」

「お尻を叩くと、おま×こがキュッと締まりますよ」

「うぅ、ひぅ、わざとじゃないんです。自然とそうなってしまうんです」

「きっと、興奮している証拠ですよ。叩かれると、気持ちよくなってしまうんです」

そう言われ、薫は少し考えた。

確かに、お尻を叩かれるだけで、心地よくなってしまう。

もしかすると、自分はMで、虐げられたいのかもしれない。だからこそ、こうして軽いスパンキングに興奮を覚えるのである。

(あぁぁ、何か気持ちいい……、癖になりそう)

と、薫は感じていた。

同時に、もっと叩かれたいという希望が湧きだしてくる。

自然と、自分でも腰を振り、快楽を貪欲に求め始めた。

もちろん、薫が腰を動かし始めたことに、孝信も気づいている。そして、彼女の腰の動きに合わせて、自らのペニスを突きたてていく。

にちょ、ぬちょ、くちょん。

淫猥な音がこだまし、その淫音が二人をますます興奮させていく。

「いやいや、音が聞こえてしまいます」

「いいじゃないですか、ここには僕とあなたしかない。誰も聞いていませんよ」

「で、でも、恥ずかしくて堪りません」

「大丈夫です。その内、気にならなくなりますよ」

卑猥な音と連動し、膣口がヒクヒクと動いていく。そして、愛蜜がたっぷりと溢れ出し、ピストンをスムーズにさせるのに一役買っていた。薫は深い興奮の中におり、どんどん発情していった。

「おふぅ、く、んんぁぁぁ」

もう、声を抑えられない。

薫は、必死に声を上げて快感に抵抗していく。しかし、抗いきれない。どんどん気持ちよくなっていき、身体が小刻みに反応してしまうのである。孝信の怒張は想像よりもずっと熱く、そして、硬かった。

(あぁん、この、おちん×ん凄い。あそこが裂けちゃいそう……)

薫はスレンダーな体つきをしている。その肉体が、突かれることでビクビクと反応していく。女の最盛期とも言える官能的な肉体は、貪欲に快感を求め、歓喜の声を上げていった。

既に長大な屹立はすべて膣内に収まっている。孝信の怒張は、かなり大きいので、子宮の入り口付近まで届きそうな勢いである。こんな感覚を味わったのは、これが初めてであると薫は感じていた。

「うぉ、薫さんのおま×こ、凄い締まります。それに温かい。うぅぅ」

心地いい結合に、思わず声が漏れる孝信。そして、この美しい女性を抱いているのだという実感がこみあげてくる。

既に何度もイっているのであるが、再び激しい射精感に襲われる。しかし、まだ耐えなければならない。バックからの挿入は破壊的に気持ちいい。この気持ちよさを、心行くまで味わっていたかったのである。

「んん、んっ、ふぅ、ふぅ、ふぅぅ」

薫は嗚咽を漏らし、懸命に快感と戦っていた。

逞しい牡の猛りを挿入され、それを膣洞で感じている。孝信の腰の動きに合わせて、自らも腰を振り、どんどん快感を求めていく。本当はもっと激しく動きたかった。そうすれば今以上に気持ちよくなれるだろう。

しかし、それでは直ぐに果ててしまう。孝信同様、薫もアクメを感じ、果てまいと耐えていたのである。

この時、薫は肉欲に従順な奴隷のようになっていた。とにかく心地よさを追いかけて、必死になっているのだ。情欲に任せて懸命に腰を振る。その淫らな姿も、間違いなく自分なのである。そして、その姿こそ、真の自分なのだと自覚した。

「ひぎぃ、うぅぅ、と、届きます。おちん×んが奥まで届いちゃっています」

媚襞が勃起に順応して、結合がより深まっていく。こうなると、薫はもう堪らない、喘ぎ声を出しながら、ただ快感に身を捩らせていった。また、鈴口が女体の最深部を強く叩いている。

「お、奥までち×ぽが入って気持ちいい。薫さん最高ですよ」

と、孝信が歓喜の声を上げる。

彼もまた、激しい快感の中にいた。ペニスを奥まで導くと、カリと膣壁が擦れ合い、圧倒的な心地よさを発生させるのである。

「ひ、ひぃ、あひぃ、ひいいいぃ、あ、駄目です。そ、そんな、あ、あうぅ」

薫は淫らな声を上げつつ、身体をくねらせ始めた。

そんな薫の痴態を前にした孝信も、一層興奮していく。もっと激しくペニスを突きたてやろうと考え、抽送のリズムを押し上げていく。

姿勢をやや前傾にさせ、孝信は薫に覆いかぶさるような姿勢を取った。まるで、獰猛な獣同士が交尾をしているかのような格好になる。それにますます発情したのか、薫の膣内がキュッと締まり、ペニスを甘締めしていく。

「あぁん、そ、そんなに突かれたら、私、おかしくなってしまいますぅ」

「奥まで当たって気持ちいいでしょ? おま×こがどんどん締まって、僕も気持ちいい」

孝信の動きはかなり逞しく、人並み外れた馬力があった。

だからこそ、薫の蜜壺を掻き回し、素晴らしい快感を生み出していけるのである。

孝信は決してテクニシャンというわけではない。しかし、薫を気持ちよくさせ、自分も気持ちよくなりたいとい強い願望があった。その結果、突きに強いオーラが生まれ、薫を心地よくさせていったのである。力任せの突きではあったが、それが逆に気持ちいい。滅茶苦茶にされているという気持ちが湧きだし、興奮を誘ってくれるのである。

「薫さん、ぼ、僕、止まりません。気持ちよすぎます」

と、孝信は告げる。

貪欲な抽送が、新鮮な愉悦となって二人を襲っていた。

圧倒的な快感に変換され、二人はアクメを感じ始めている。

急激に上昇する悦楽に、全身の毛穴が開いていくかのようであった。

孝信の額からは汗が滲み出していた。そして、その汗が滴り落ち、薫の背中に流れていく。薫もじっとりと汗を掻いており、二人の汗が煌びやかに舞っていく。

結合部分からは、白く泡立った愛液が滲み出し、ぐちゅぐちゅと淫猥な音を鳴り響かせている。

「ほぉ、おほぉ、く、うぁ、尾崎様、私もう駄目です」

と、悲痛な声を上げる薫。

小さなアクメを断続的に感じていたのであるが、それが次第に大きくなり、巨大な快感の塊となって彼女を襲っていた。同時に、膣内が激しく痙攣していき、ヒクヒクと動き始める。奥底から気持ちよくなっていき、淡い悦楽が全身を包み込んだ。

その言葉を聞いた孝信も、限界を感じ始めていた。

必死に下半身に力を入れて耐えていたのであるが、そろそろ我慢も限界に近い。早くスペルマを放出したくて、堪らなくなっているのだ。

「ぼ、僕も出そうです。また中に出してもいいですか?」

「はぁん、な、中に……、中に出してください」

孝信は卑猥なグラインドを止めずに、最後の力を振り絞ってピストン運動を続ける。

そして、とうとうオルガスムスを感じ始める。

「あぁ、駄目だ、で、出ます、出ちゃう」

「私もイキそうです。あぁぁ、くひぅ、駄目ぇ」

二人の淫声が重なり、性的なボルテージが最高潮に高まった。

そして、次の瞬間、孝信はドクドクと、スペルマを発射させた。

精液を膣内に放出され、随喜の涙を浮かべる薫。カチカチと歯を鳴らし、快感に身を捩らせていく。血液が沸騰したかのように全身が熱かった。

「ひぃぃぃ、熱い、熱い、イヤ、また、またイッちゃう、アァアァ」

嬌声を上げる薫。

その声を聞きながら、孝信は最後の一滴まで精子を絞り出すのであった。

こうして、二人のセックスは終わりを告げた。

セックスを終え、孝信はその余韻に浸っていた。心地いい満足感が彼を支配している。同時に、こんな考えが巻き起こる。

(明美さんと薫さんを同時に抱いてみたい)

淡い欲望に取り憑かれた孝信は、翌日の朝、同時に二人を呼び出すのであった――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください