古き良きAV女優 第55回『三浦あいか』

古き良きAV女優 第55回『三浦あいか』

引用元:https://www.google.com/url?sa=i&source=images&cd=&ved=2ahUKEwjoraTZopvlAhWRvpQKHdTfDFcQjRx6BAgBEAQ&url=https%3A%2F%2Ferohika.com%2Farchives%2F14706&psig=AOvVaw3u0LrAC07zvR89z9GIqtmX&ust=1571126027177633

古き良きAV女優も55回目を迎えました。

今回も素晴らしいAV女優をご紹介します!

 

今回紹介するのは、『三浦あいか』です。

主に90年代後半から、00年代にかけて活躍されました。

 

三浦あいかとは、どんなAV女優なのでしょうか?

本記事では、三浦あいかを丸裸にし、徹底解説していきます。

それでは、早速見ていきましょう。

 

□クールな美貌! 三浦あいかってどんなAV女優?

 

三浦あいかは、生年月日が統一されておらず、複数の表記がありました。

最終的には、1975年11月2日となっているので、こちらが正しいのかもしれません。

また、スリーサイズもいくつかの説があります。

 

デビュー当時は、身長155㎝、B81-W54-H79となっていました。

ですが、ストリップ転身後は、身長154㎝、B82-W58-H79です。

時代によって、サイズが変わっていくのが、特徴となっています。

 

三浦あいかは1990年代後半に活躍したAV女優です。

抜群の演技力。そして、引き締まったスレンダーボディで、人気を博しました。

1995年にAVシーンにデビューし、その後、2002年まで活躍。

 

引退後はストリッパーとして活躍されました。

大阪の東洋ショー劇場の踊り子だったようです。

ただ、2006年頃に引退し、一時期行方わからなくなりました。

 

それでも、2012年の9月に再びAV女優として復活。

以降、熟女系の作品に多く出演するようになります。

但し、2015年の作品を最後に、新作は発表されていません。

一応、今も現役ということで、認知されています。

 

熟女系の看板女優なので、復活して欲しい所ですね。

それでは三浦あいかのおすすめの作品を見ていきましょう。

 

□復活の記念的作品はコチラ!

 

三浦あいかは、長くAV女優として活躍しているので、たくさんの作品に出演しています。

その中でも、おすすめの作品があるので、こちらで紹介。

一体、どんな作品なのでしょうか??

 

まずは、「復活!! 三浦あいか 初本番」です。

こちらは、引退から10年経ち、再び、AV業界に帰ってきた時の、記念的作品。

相変わらずのセクシーボディを披露してくれました。

 

デジタルモザイクという点も嬉しいポイントです。

本番シーンも見ごたえ十分であり、濃厚ファックが堪能できます。

また、親近感たっぷりのハメ撮り。そして、3Pファック。凄まじいです。

 

復活した三浦あいかが見たいなら、コチラの作品をおすすめします。

 

コチラの作品はここで購入できます。

 

□若かりし頃の三浦あいかがみたいならコレ!

 

三浦あいかの全盛期である00年代初頭の作品は特におすすめです。

中でも「インモラル天使 三浦あいか」はいかがでしょうか??

コチラの作品は、シネマジックというAVメーカーが2004年に制作しています。

 

学生服姿の三浦あいかが堪能できる仕上がりです。

また、縛り・緊縛プレイもあるので、非常に見ごたえがある内容となっています。

教師に弄ばれるのを想像し、徐々にお仕置きをエスカレートさせていく義父にいいように蹂躙される三浦あいか。

 

淫縛された、三浦あいかはどこまでも美しく、我々を魅了してくれるのです。

 

コチラの作品はここで購入できます。

 

□演技力が魅力! 三浦あいかを堪能しよう

 

いかがだったでしょうか??

今回は主に90年代から00年代に活躍した三浦あいかを紹介しました。

今も現役なので、知っている方も多いはずです。

 

本記事では、三浦あいかの詳しい背景を紹介し、さらにおすすめの作品を厳選してまとめました。

どれも、素晴らしい作品なので、ぜひ、一度見てみてください。

きっと、心の底から楽しめるでしょう。お試しあれ!

 

それでは、次回の古き良きAV女優でお会いしましょう。ではでは……。


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください