官能小説レビュー 第52回『お尻っ娘ヴィーナス』

官能小説レビュー 第52回『お尻っ娘ヴィーナス』

引用元:https://www.amazon.co.jp/%E3%81%8A%E5%B0%BB%E3%81%A3%E5%A8%98%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%82%B9-%E3%81%B7%E3%81%A1%E3%81%B1%E3%82%89%E6%96%87%E5%BA%AB-55-%E9%BB%92%E7%80%A7%E7%B3%B8%E7%94%B1/dp/4894904551

最近、ぷちぱら文庫の官能小説にハマっております。

今回紹介する官能小説も、そんなぷちぱら文庫から発売されました。

 

黒瀧糸由さんの『お尻っ娘ヴィーナス』をご紹介します。

お尻にスポットを当てた、ラノベタイプの官能小説です。

詳しいネタバレアリのストーリーと、登場人物をまとめていきます。

 

それでは、早速見ていきましょう……。

 

□登場人物とストーリー

 

本作品は全6章の構成となっています。

各章のストーリーと、登場人物を見ていきましょう。

 

【登場人物】

・遠山完治……主人公の高校生 お尻好き

・氷雨川雫……完治のクラスメイト 美少女だがかなりの毒舌

・綾芽桜……完治のクラスメイト 優しい美少女

・早乙女健也……完治のクラスメイト 男の子のフリをしているが実は女の子

 

【ストーリー】
第1章

第1章はプロローグ的な章となっています。

まず、尻好きの主人公である遠山完治が、無口の美少女である氷雨川雫と出会います。

彼女は全く話をしないのですが、ある一件が関係して、完治と話すようになるのです。

 

ある一件とは、綾芽桜と完治がぶつかった時に、どういうわけか、完治は桜の下着を被ってしまうのです。

そして、その姿を雫に見られて大笑いされます。

これが、二人の出会いのきっかけでした。

 

ただ、雫はクラスメイトから冷めた目で見られており、虐めの標的になります。

それを、桜が救うのですが、逆に彼女も虐められてしまうようになるのです。

不憫に感じた完治は二人を救うために立ち上がります。

 

自らもクラスメイトから無視されたりするようになるのですが、それを気にせず、雫と桜と行動を共にするようになります。

 

それを見ていた、彼の親友である早乙女健也も、このグループに入り、一緒に行動するようになるのです。

 

第2章

第2章は前半が完治と雫のパート。後半が完治と桜のパートです。

完治に救われた雫と桜でしたが、やはり、完治のことが気になり始めます。

そして、二人共、彼に告白するのです。

 

美少女二人に告白された完治は迷います。

どちらかを選ぼうとしても、どちらも魅力的過ぎて選べないのです。

それだけ、二人共素晴らしいお尻をしているのでした。

 

ある日、完治は雫に呼び出され、雫も桜も両方好きだと話します。

それに納得した雫は、自慢のお尻を使って彼を誘惑するのです。

そして、そのまま流されるままに、二人はいい雰囲気に。

エッチな関係になってしまうのでした。

 

また、完治は桜をもモノにします。

彼女のお尻に触ってしまい、そのままエッチな展開に流れていくのです。

完治は雫と桜とセックスしてしまい、二人のお尻を手に入れたのでした。

 

第3章

第3章は、前半が完治と雫。中盤が完治と健也、後半が完治と桜のパートとなっています。

ある日、完治は雫の運転するビッグスクーターに乗り、森林公園に行きます。

そこで、手作りのお弁当を食べた後、森の中でセックスをするのです。

お尻をたっぷりと堪能する、濃厚なセックスとなっています。

 

中盤では健也が登場。

彼は男子生徒という設定なのですが、彼の着替えを見てしまった時、お尻があまりに女の子みたいで、少しずつ完治は健也の性別を疑い始めます。

一応、この段階では、まだ健也は男であるということで、話は進んでいくのです。

 

後半は完治と桜のパート。

一緒に帰る二人ですが、バスの中で桜がお尻を触って欲しいとお願いします。

そして、バスの中で痴漢プレイをしていくのです。

バスの中だけでは収まらず、完治は桜を自宅に招いて、セックスをします。

桜は体育で使ったスク水を着用しており、それでセックスするのでした。

 

第4章

第4章は前半は完治と雫のパート。後半が完治と健也のパートです。

学校へ行く前、雫が勝手に完治の家にやってきて、色々散策をします。

そして、目覚めた彼に迫っていくのです。

 

雫は完全に完治に惹かれており、彼をものにしたいと考えています。

二人は学校に行く前、玄関でセックスをして楽しむのです。

この状態でもまだ、完治は桜と雫を選べないでいたのでした。

 

後半は健也の性別が明らかになります。

健也は女歌舞伎の男形の家系の生まれで、男として生活することを求められています。

しかし、健也自身も完治が気になっており、徐々に接触するようになるのです。

 

完治は健也の本当の性別を見抜き、健也を問い詰めます。

そして、とうとう白状した健也のお尻の虜になってしまうのです。

二人はいい雰囲気になり、求め合います。

 

ただ、女の子になりたくない健也は、女性器を使うのではなく、アヌスを使って性行為してほしいとお願いします。

二人はアナルセックスをして結ばれるのでした。

 

第5章

第5章は前半が完治と雫のパート。後半が完治と健也のパートです。

桜とスク水セックスをしたという話を聞いた雫は、自分もスク水になって完治を誘惑します。

誰もいなくなった更衣室の前で、二人はセックスをするのです。

スク水に着替えた雫のお尻を堪能しながら、情事は進んでいきます。

まんぐり返しで、挿入したりするシーンもあるので、見所は満載です。

 

 

後半は完治と健也のパートです。

健也は本当の名前を伽夜といい、二人の時は本名で呼んで欲しいと完治にお願いします。

完治もそれを承諾するのでした。

 

ある日の休日、完治が眠っていると、伽夜が家にやってきて、彼のペニスを咥え愛撫していきます。

止まらなくなった完治は、再び伽夜を求め、アヌスを犯していくのです。

こうして、完治は伽夜とも濃密な関係を結ぶようになります。

 

第6章

第6章は、コンパクトな章なのですが、完治と雫の章となっています。

完治を手に入れたい雫は、彼に自分のお尻を捧げる覚悟を決めるのです。

そして、完治とアナルセックスをするのでした。

完治は雫のアナルの快感を覚えながら、アナルセックスを堪能していくのです。

 

エピローグにおいて、完治は伽夜と女性器を使った本当のセックスをします。

女になった伽夜は自分の本当の姿を、雫と桜には説明すると告げるのです。

 

最後の描写では、桜と雫との3Pシーンが描かれます。

尻好きである完治は、三人の美少女を手に入れるのですが、特定の誰かを選べません。

ですが、最終的に三人を幸せにすると、決意を固めるのでした。

 

□尻好きのためのライトノベル官能小説

 

本作品は、お尻のフォーカスしているので、お尻の描写が豊富です。

まんぐり返しや、アナルセックスなど、痒い所に手が届く描写が豊富となっています。

三人の美少女と、エッチな関係になっていく完治が、非常に羨ましいです。

 

また、文章も非常に端正で読みやすいです。

会話文が多いので、サクサクと読み進められるのが特徴となっています。

 

例えば、

『臀部を掴みながら、尻穴に舌を這わせた。噴き出した愛液が付着し、アナルもたっぷりと濡れている。そっと舌を挿し込むと、キュッと激しく締めつけてくる』

P254より抜粋

 

このように、濃密な文章も素晴らしいので、読み応えがあるのです。

 

□三人の美少女との情事がバランスよく描かれている

 

本作品は、三人の女の子が登場します。

ただ、伽夜というキャラクターは、当初は健也という名前で男の子という設定です。

それでも早い段階で女の子では? とわかるので、新たなヒロインとして読めるようになっています。

 

全6章の構成ですが、各キャラのエッチシーンがバランスよく描かれているので、満足できる仕上がりではないでしょうか?

個人的には桜が可愛いと思っていたので、彼女の描写がもう少しあってもよかったかもしれません。

 

それでも、各キャラが程よいバランスで描かれているので、読んでいて不満はありませんでした。

自分の好きなキャラを見つけて、読んでいくのも、一つの楽しみ方でしょう。

 

□お尻好きにはぜひおすすめしたい作品!

 

いかがだったでしょうか?

今回は黒瀧糸由さんの『お尻っ娘ヴィーナス』を紹介しました。

お尻にフォーカスした内容であり、非常に読みごたえがあります。

 

通常のセックスだけではなく、アナルセックスも豊富なので、楽しめるはずです。

まさに、お尻好きのための、ライトノベル官能小説と言えるでしょう。

黒瀧糸由さんは非常にキレイな文章を描く作家さんなので、最近ハマっている作家の一人です。

 

機会があれば、別作品のレビューもしていきたいと思います。

それでは、次回の官能小説レビューでお会いしましょう。ではでは……。

 

コチラの作品はここで購入できます。

 


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください