連載官能小説『サキュバス』第9回

連載官能小説『サキュバス』第9回

和人は、ルナの肩をそっと抱き、そのまま顔を近づけていく。

対するルナは、かぁと顔を赤くし、スッと目を閉じた。

(あぁ、私、キスされちゃうんだ……。はぁん……)

ルナは、キスをしたことがない。子供のサキュバスである彼女は、性体験はもちろんであるが、男性と手を繋いだことだってないのである。

だからこそ、ルナは浮き立っていた。初めてのキス……。どんな味がするんだろう??

「んちゅ、にちゃ……」

唇同士が触れる。

和人もエリザとキスをしたのが初めてであったから、経験が豊富なわけではない。

(舌、絡めてもいいのかな?)

と、考えを巡らせる和人。すべてが手探りであり、ドキドキとしていた。

(んんん。ルナちゃんの唇、とっても柔らかい……。あぁ、凄い感覚だよ……)

たっぷりと水分を含み、ぷっくらと膨らんだルナの唇は、プルルとしており、繊細な印象があった。そのふんわりとした質感を、十二分に堪能していく。

「んんぁ……、あぁぁん……」

ルナの口元からスッと涎が零れ落ちた。

彼女も初めてのキスに、恍惚とした気分になっていた。

(よし、舌を絡めてやるぞ……)

決意を固め、和人は自らの舌を、ルナの口腔内に導いていく。

すると、ルナの目がカッと見開いた。

(なぁ、和人……、私の口の中に舌を……、ちょっと待ってよぉ……)

抵抗しようとするが、和人はやや強引に舌を絡めていく。

ヌメヌメとした、舌の質感を前に、トロリと蕩けるような感覚を覚えていった。

(うわぁ、ルナちゃんの口の中、凄い温かい……、おま×この中みたい……。それに、ヌメヌメとしていて、仄かに甘みもあるよ)

じゅるじゅると、ルナの唾液を啜り上げる和人。

ハチミツのような甘みが感じられ、彼を満足させていくのであった。

「んんぐ……、んんぁ、にちょん、くちゅ、ちゅぱ……」

お互いに舌同士を激しく絡めあい、ディープなキスを展開していく。

うっとりとするようなキスを前に、ルナの頭はふわふわとした感覚に覆われていった。

(あぁ、何か気持ちいい……。これがキスなのね……。体中が痺れちゃうよぉ……)

咄嗟に、ルナは自分の手を和人の背中に回した。

そして、キュッと強く彼を抱きしめる……。

(ルナちゃん。俺を抱きしめてる……。よし、俺もお返しに……)

対する和人も、肩から手をずらしていき、背中に手を回していく。

そのまま激しく彼女を抱き寄せ、官能的な抱擁を交わしていった。

「んんん。んぁ、……はちゅ……、ちゅぱん、くちゅきゅつ……」

激しいキスを十二分に堪能していくと、二人はお互いを見つめ合った。

ルナの瞳は、ウルルと濡れており、それだけで官能的な趣がある。

(ルナちゃんの瞳、何か濡れてる……。か、可愛いなぁ……)

キスを終えた二人は、次なるステップに進もうとしている。

和人自身、経験が豊かなわけではない。だから、常に疑心暗鬼であった。しかし、彼は突き進む。

(キスの次は……。んんと、胸……、そうだ、おっぱいを触ればいいのかな??)

そう考えた和人は、ルナの服を脱がしにかかった。

彼女はミニ丈のドレスを着用しており、なかなか脱がすのが難しい……。

(できれば着衣のままがいいんだけど、ルナのちゃんの裸も見たいしなぁ)

悩ましい悩みである。

対するルナは、和人が自分の服を脱がそうとしていると察した。

(服、脱げばいいのかな……、で、でも恥ずかしい……。だけど、そうしないと大人になれないんだよね……。なら、我慢しなくちゃ)

「後ろのファスナーがあるから下ろして」

そう言い、ルナは後ろを向いた。

首元から背中にかけて、縫い目に沿ったコンシールファスナーが見える。

「わかった、ファスナー下すよ」

ファスナーを下ろしてもらったルナは、ドレスを脱ぎ、下着姿になった。

可愛らしい白のブラとショーツである。決して華美な印象があるわけではなく、ファンシーなタイプの下着であった。

「あんたも脱ぎなさいよ。私ばっかり脱いだら変じゃないの……」

「わかった。俺も脱ぐよ……」

和人は言われるままに、制服のズボンとワイシャツを脱ぎ捨てた。

そして、彼もボクサーパンツ一枚という下着姿になる。

「あ、あんまり見ないで……。恥ずかしいから」

「でも、凄いキレイだよ。天使みたいだ……」

「あぅぅ……。そ、そんなこと言っても、何も出ないんだからね」

「とりあえず、おっぱい見せて……。お願い……」

必死に懇願する和人。

それを見ていたルナは、忽ち顔を朱色に染めていく。

「え、で、でも、私、そんなに胸が大きくないの……、ううん、そ、その、小さいの……。だから、その見ないでよ」

「俺、小さいおっぱいも好きだよ」

「だけど、姉さまは大きいわ……。私は小さいのに……」

「小さい方が感度がいいっていうけどね……。とにかく、俺が触ってあげるよ。あのさ、触ると大きくなるっていう話もあるよ」

「はぐぅ……、そ、そんなに見たいの?」

「うん。見たい、見せてよ……。お願いだから」

「ふ、ふん。別にいいわ。見せてあげる。その代わり、しっかり気持ちよくしてよね」

「もちろんだよ」

和人は、ルナの背中に手を回すと、そのままブラのホックを外しにかかった。

この辺りの所作は、大分慣れてきた。スムーズにブラを外すことができる。

(うぅ、恥ずかしいぃ……、まだ男の人に見られたことないのに……)

ルナの顔面は、沸騰するほど赤くなっていた。

ゆっくりとブラを外されると、小さなおっぱいが顔を出した。

「…………」

ルナの乳房を見た和人は黙り込む。ただ、じっとバストを見つめている。

「ちょっと、何か言いなさいよ……。やっぱり小さくてがっかりしてるんでしょ?」

「違うよ。キレイなおっぱいだなって思って……」

「え? キレイ??」

「そう。確かに小さいかもしれないけれど、形が凄くキレイだよ。うっとりするくらいだ」

唐突に褒められて、ルナは嬉しくなった。これは予想外の攻撃である。

ルナは背中を反り返らせ、胸をツンと広げていく。

「ルナちゃん、おっぱい触るよ……」

「え、あぁ……、う、うん。痛くしないでね……」

「痛くなんてないよ。大丈夫だから」

和人はスッと手指を伸ばした。そして、胸の膨らみをツンツンと突き始める。

全体的にプニプニとしており、適度な弾力がある。

(あぁ、ルナちゃんのおっぱい、凄く柔らかい……。プリンみたいだ……)

と、思わず感動する和人。

乳房全体をゆっくりと撫でまわすように、揉みしだいていく。

(あぁぁん、私、おっぱい触られてる……。はぐぅ、恥ずかしいよぉ……)

ルナはキュッと目を閉じて、されるがままになっている。

淡い悦楽が、徐々に体中に広がっていくのを感じていた。

「ルナちゃん、乳首が勃ってるよ」

「バカ! そんなこと一々言わないでよ」

「乳首が勃ってるってことは、興奮してるんだよね?」

「バカバカ! 和人のバカ! あんたってデリカシーがないのよ。あ、当たり前でしょ、そんな風に触られたら、誰だって勃つに決まってるじゃない。バカなの? 死ぬの?」

相変わらず高圧的な態度であるが、決して嫌がっているようには感じられなかった。

気をよくした和人は、指先を使って胸の蕾をクニクニと摘まみ始める。

「はぐぅ、乳首摘まんじゃらめぇぇぇ」

「どうして? 気持ちいいでしょ……」

「うぐぅ……、気持ちいいけど、びっくりするでしょ。バカ!」

「ルナちゃんの乳首、ツンと上を向いていて可愛いなぁ……。もっと弄りたくなるよ……」

和人は、スッと顔を近づけていく。

そして、そのままルナの乳房を舐め始める。

「あぁん、おっぱい舐めないでよ……。感じちゃう……」

優しいタッチで、乳房を舐めていく和人。ふんわりとしたいい香りが漂ってくる。

牝フェロモン臭を感じながら、和人は懸命におっぱいを舐め回していく。

「んちゅ、んんぁ、ルナちゃんのおっぱい美味しい……。ハァ、堪んないよ……」

「あぐぅ……、私、おっぱい舐められてるぅ……、あぁん、何か気持ちいいぃ……」

ルナの淫声も少しずつ艶を帯びていく。

彼女は、激しく感じ始めているのであった。

「乳首も舐めてあげる」

「きゃぁ……、バカ! そこは敏感だから、らめだよぉ……」

抵抗するルナであったが、力が入っているわけではない。

つまり、心の奥底では期待しているのである。乳首を弄られたくて堪らないのだ。

「くちゅ、ちゅちゅちゅ……、んちゅ……、ちゅぱ、ちゅぱん……」

乳首に吸いつき、チューチューと音を上げて舐め回していく。

ルナも恍惚としているのか、頬を上気させながら、目を閉じている。

(ルナちゃんの乳首、ゴムを噛んでるみたいだ……、適度に弾力があって、コリコリとしていて、凄く心地いいや……)

乳首全体を堪能していくと、次は陰部に触れたくなっていく。

和人はスッと手を伸ばし、秘部に手を回していくのであった。

(あぁ、和人の手があそこに……、バカ! そんなとこ触らないでぇ)

ショーツのクロッチ部分は、たっぷりと愛蜜で満たされ、くっきりと染みができている。

トロトロになった陰部から、しとどに淫蜜が溢れ出し、それが太ももに伝っていた。

「ルナちゃん、おま×こ凄い濡れてるよ」

「んんんぁ……、だ、だって、だってぇ……、和人はエッチぃことするから……」

「パンツがぐっしょりになってる。気持ち悪いだろうから、脱がしてあげます……」

(いやぁ。私、パンツを脱がされちゃうの……。そうしたらあそこが見えちゃうよぉ……)

和人はルナのショーツに手をかけ、そのままゆっくりと下ろしていった。

陰部から半透明の糸が伸び、全体的にトロトロになっている。

「ルナちゃん、フェラしたり、おっぱい舐められたりして、興奮したんだね。だから、こんなにおま×こが濡れてるんだよ」

「はぐぅぅ……、んんぁ……、だってぇ、だってぇ」

「ルナちゃんって意外とエッチなんだね。おま×この濡らして……、パンツがお漏らししたみたいになってるよ」

「違うもん、エッチじゃないもん。ただ、サキュバスだから仕方ないの……。私はサキュバスだから、本能的に男の人を求めてしまうのぉ……」

「おま×こどうして欲しい? 触ってあげようか?」

「え? んんん。い、イイわよ。触りたいのなら、触っても……」

「強情だなぁ。……なら、おま×こ触ってって言ってよ」

「ば、バカ! そんな恥ずかしいこと……」

「言わないと触ってあげないよ。ここでお預けを食らったら、ルナちゃん変になっちゃうんじゃないの? ほら、早く言って」

ルナは顔を真っ赤にさせながら、ビクビクと震えた。

触って欲しい……、本当に早く弄って欲しいのである。本能が彼の指を求めているのだ。

「お、おま×こ触って。こ、これでいいんでしょ?」

「よく言えました。じゃあおま×こ触ってあげるね……」

満足げに和人は告げる。

そして、ルナをベッドの上に押し倒すと、彼女の脚を持ち、左右に広げていった――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください