連載官能小説『サキュバス』第10回

連載官能小説『サキュバス』第10回

ルナの秘部が開帳され、あまりの感動にまじまじと陰部を見つめる和人。

エリザとは違った形をしており、全体的に卑猥である。

(これがルナちゃんのおま×こ。結構小さいんだな……。それに毛が一本も生えていない)

「ルナちゃん、おま×この毛が無いよ。どうして?」

「ふぁ……、私、体毛が薄いみたいなの。だから、その、まだ生えていないの。小さな女の子みたいに……。やっぱり変かな?」

「変じゃないよ。毛がない方が清潔だし、キレイだからいいと思うよ。確か、エリザさんの毛の処理をしていたから……」

「毛が生えてなくても笑わないのね」

「笑うもんか。凄くキレイで、俺はこっちの方が好きだよ」

(和人……、そんな風に言ってくれるなんて、ちょっと嬉しいかも……)

小陰唇のビラビラが小さく、キレイなピンク色をしていた。

また、奥の方に見える膣口は、たっぷりと淫蜜で満たされており、ヌラヌラと光り輝いているように見える。

「そ、そんなに見ないで……、バカ!」

あくまでも高圧的な態度で告げるルナ。

対する和人は、ますます彼女を虐めたくなった。

「ねぇ、ルナちゃん。どうしてこんなに濡れてるの?」

「な、な……、そ、そんなのあんたがエッチぃことしたからに決まってるでしょ。んんぁ、そんなこと言わせないで……」

「ククク……。ルナちゃん、口では厳しいこと言ってるのに、おま×こヌレヌレで、説得力がないよ。でも、可愛いなぁ。こんなにおま×こ濡らしてくれて、俺は嬉しいよ……」

かぁと顔を赤らめるルナ。和人はそっとルナの頭を撫でる。

ふんわりとシャンプーの匂いがして、和人を興奮の海へ誘っていく。

「おま×こ触ってあげるよ。触って欲しいでしょ?」

「触りたいなら触ってもいいけど……。早くして、恥ずかしいから……」

「全く強情だなぁ。まぁいいけどさ。じゃあ触ってあげます」

スッと手指を伸ばして、和人は陰部に触れる。

にちゃっと、愛蜜が付着し、温かな質感が指先を覆っていく。

(ルナちゃんのおま×こトロトロだ……、凄く温かい……)

クリクリと膣口をマッサージするように触っていくと、しとどに淫蜜が溢れてくる。

あっという間に、彼の指先は女蜜で満たされていった。

(あぁん、す、少し気持ちいいかも……、おま×こ触られて、私気持ちよくなってるぅ……)

ルナは立ち昇る快感を覚えながら、背筋をビクッと震わせた。

「ねぇ、ルナちゃん、オナニーとかしたことある?」

「は、はぁ? な、なに言ってんのよ、急に……」

「いや、ただ気になってさ」

「あるって言ったらどうするの?」

「別にどうもしないけど、ちょっと見てみたいかな……、ルナちゃんのオナニー」

ルナはマスターベーションの経験がある。

人恋しい時、彼女は秘密裏に陰部を触って、快感を得ていたのである。

「そんなの、人に見せる行為じゃないわ」

「今じゃなくてもいいからさ。今度オナニーしてるところ見せてくれない?」

「な、何でよ。バカ、そんなの見せられるわけ……」

「お願い! 俺、女の子のオナニーしてるところ見てみたんだ。ちゃんと、中出しして気持ちよくするからさ」

中出しという言葉を聞き、再びルナは顔を赤くする。

サキュバスは中出しされることで、力を最大に発揮できるのである。

「ホントに中に出してくれるの?」

「もちろん……」

「大丈夫なの? その、一日に何度もして。そんなことしたら、死んじゃうんじゃ……」

「この世界の男の人は死んじゃうかもしれないけれど、俺は大丈夫だよ。まだまだ何度でもできそうだから」

「この世界の人って何を言ってるのよ」

「多分だけど、俺はこの世界の人間じゃないっぽいんだよね。だからさ」

「ふ、ふ~ん。そうしたら、母さまに相談するといいかもね。そういう話に詳しいから」

「ありがとう。でも、今は君を気持ちよくするよ……」

そう言うと、和人は指先をググっと膣内の奥まで挿れて、くちゅくちゅと胎内を掻き回し始めた。

ジンジンとする淡い感覚が、ルナの全身を貫いていく。

「は……、はぐぅ……、んんぁ……、弄っちゃらめぇぇぇ」

「ルナちゃんのおま×こ小さいね。それに、凄いピンクでキレイだ」

「う、ふぁ……、指が奥まで入って……、んんん、あぁん、気持ちいいかも……」

「気持ちいいんだね。それはよかったよ……、もっと弄ってあげるから」

和人は、人差し指を挿入していたが、それにプラスして、中指を挿れ始めた。

小さな彼女の膣内がググっと広がり、拡張していく。

「ああぁ、そんなに指を挿れないで……。おま×こ広がっちゃう……」

「広げておかないと、俺のち×ぽが入らないからね。大丈夫、直ぐに慣れるよ」

「ふぁん……、あんた愚民の癖に生意気よ……、本当に……。上から目線で……、あぁん」

「ルナちゃん、おま×こを弄ると、キュッキュッと締まるね。指が食いちぎられそう……」

「だ、だって、あんたが弄り回すから……、そ、その自然と締まっちゃうのぉ……」

続いて、和人は指の動きを少しずつ速めていった。

陰部からは、くちゅくちゅという淫猥な音が鳴り響き始める。

「エッチなお汁がどんどん出てきて、大洪水だよ……。興奮してるんだね」

「んんぁ……、はぐぅ……、だってぇ、だってぇ……。ふ……、あぁぁん」

ルナの淫声が静かな室内に染み渡っていく。

こんなエッチな声を聞いてしまうと、和人自身もますます興奮していくのであった。

「そうだ、今度はクリトリスを弄ってあげるよ」

「ふぇ……、く、クリトリス??」

「うん。知ってるでしょ。女の子の一番気持ちいい部分……。そこを弄れば、もっと気持ちよくなれるよ」

「そんなに弄りたいなら、触ってもいいけど……」

クリトリスの存在は、ルナ自身も知っている。マスターベーションをする際、勃起したクリを弄ることがあるからだ。

「じゃあ、クリトリス弄ってあげます……」

和人は、指を挿入したまま、今度は親指で膣口の上方部を押した。

そこには包皮に包まれた陰核がある。

(あぁ、クリちゃん弄られちゃう……。どうしよう……)

立ち昇る興奮を前に、ルナはビクッと身体を震わせる。

和人は、クリトリスとの包皮を剥くと、白い豆を露出させた。

「クリちゃんの小さいね。米粒みたい……。弄るとプクって膨らむんだよね?」

「う、ううぅ……。きゃぁ……。早くして、恥ずかしいよぉ……」

女豆がククッと飛び出し、プクっと膨らんだ。

米粒大のクリトリスは、外気に触れてヒクヒクと震えているではないか。

(ルナちゃんのクリトリス、凄く可愛い……。あぁ、早く弄りたい……)

和人は、そっと親指で陰核を押した。

クニッとクリトリスが反応し、白かった色が徐々に薄紅色に変わっていく。

「んんあぁ……、び、敏感だから、そんなに大胆に弄らないでぇ……」

「ご、ゴメン。つい、勢いで……。ちゃんと優しくするから」

和人は指先の力を緩め、静かにクリトリスを転がし始めた。

ビクビクと動く陰核は、まるで生き物のようにも見える。

「きゃぁ……、あぁぁん、く、クリ気持ちいい……、はぁん、気持ちいいのぉ……」

「まただ。またおま×こが締まった。クリと連携してるみたいだよ」

「はぐぅぅ……。う、ううぅ……。わ、私、和人に触られてる……、クリを弄られて、気持ちよくなってるのぉ……」

「おま×こも締まるし、クリも敏感だし、本当にルナちゃんはエッチなんだね……、でも、俺はエッチな女の子の方が好きだよ。可愛いと思うし……」

「ば、バカ……!! んんぐ、んぁ……、あぁぁん」

和人は、陰核を弄りながら、さらに胎内を侵食していく。

やや強めに陰部を掻き回していくと、ルナの秘唇から潮が吹き出てきた。

「い、いやっぁぁ……、何か出ちゃう……、ちょっとストップ。待ってぇ……」

「潮吹きだよ……、凄い、まるでお漏らししたみたいだ」

ぷしゅしゅーと勢いよく潮を噴くルナ。こんな経験をするのは初めてであった。

ただ、突き抜けるような快感が全身に広がっていき、彼女は驚いている。

「あぁ、あぁぁん、らめぇぇ、らめだってぇぇぇ」

いやいやをして抵抗するルナであったが、迸る潮を止めることはできない。

たっぷりと潮を噴いていくと、シーツはビショビショに濡れてしまった。

「多分、クリとおま×こを両方弄ったから潮吹きしたんだよ。凄いなぁ、俺、初めて見たよ……」

ルナを潮吹きさせたことで、和人も自信を得ていた。

指先にも力が入り、彼女の濡れまくっている陰部を丁寧に触っていく。

(あぁん、私、小さな女の子みたいに、お漏らしみたいなことしちゃって……)

「今度はおま×こを舐めてあげるよ」

と、和人は告げる。

すると、ルナはハッと顔色を変えた。

「え、でも、今、潮吹きしたから汚いよ……、そ、そのおしっこかもしれないし……」

「ルナちゃんの身体で汚い場所なんてないよ。お尻の穴だって触りたいくらいだもん」

「ば、バカ! 何言ってんのよ……、あんた、本当に変態じゃないの……」

「とにかく、おま×こ舐めてあげるよ。イキたくなったらイッていいからね」

じゅるじゅると音を立てて、和人は陰部を舐めまわしていく。

恥ずかしさでいっぱいになったルナであったが、初めてのクンニリングスを前に、気持ちよくなっていった。

(んんぁ、私、おま×こ舐められてるんだ……。恥ずかしいけど、凄く気持ちいい……)

舌先をフルに使って膣内を刺激していきながら、さらに、陰核も舐めていく。

女性器全体を舐め回してくと、ルナは断続的なアクメを感じ始めた。

「いやぁん、お、おま×こ気持ちいい……、ジンジンしちゃって、おかしくなっちゃう……」

「ルナちゃんのおま×こ、エッチな味がして美味しいよ……。うわぁ、堪らない……」

気絶するほど気持ちいい。淡かった快感が、次第に鋭さを増していき、大きな塊となって彼女を包み込んでいく。

随喜の声を上げ、ルナは絶頂を迎える……。

「か、和人、私、もうダメ、イキそう……、おま×こ舐められて、私イッちゃうのぉ……」

「イッていいよ。イクところを俺に見せて。ルナちゃんのイク姿が見たい」

「んんぐ……、んぁ……、おま×こ気持ちいい……、はぁ……はぁ……、らめ……らめぇぇ……」

ルナの身体がビクビクと反応していく。

また、膣内が急激に収縮を始めた。

(おま×こがヒクヒクしてる。あぁ、ルナちゃんイキそうなんだ……)

「ア……、あぁん、らめぇ……、もうらめぇぇ、和人、私イッちゃう、イクゥ……」

ルナの身体に電流が走ったかのような衝撃が流れる。

過敏に身体を捩らせて、快感の波に包まれていくのであった。

「はぁっぁあん……、んんぁ、和人ぉぉー!!」

とうとう、ルナは興奮のピークを迎えた。

圧倒的な快感が降り注ぎ、彼女は素晴らしい心地よさに覆われていく。

「ルナちゃん、イッたんだね。おま×こがビクビクしてたもん」

放心状態のルナは、トロンとして目つきで答える。

「うん、イッちゃったみたい。凄く気持ちよかった……」

「それならよかったよ。でも、まだ終わりじゃないよ。これから、今イッたばかりのおま×こに俺のち×ぽを挿れるんだからね」

(私、おま×こにおちん×ん挿れられるんだ。はぁん……)

「俺のち×ぽ、はち切れそうなくらい膨らんでるよ……」

既に何度もイッているのに、彼の怒張は元気充分である。

和人は自らのペニスを握りしめると、シコシコと扱いていった。

「ルナちゃん、ち×ぽ挿れるからね、いいよね?」

「うん。いいよ。私の中におちん×ん挿れてぇ」

「わかった。じゃあ行くよ……」

和人はルナの秘唇にペニスを導いていった――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください