連載官能小説『サキュバス』第11回

連載官能小説『サキュバス』第11回

トロトロになったルナの秘部に、ペニスを押し当てる。

むりゅっとした質感が怒張を覆っていき、忽ち胎内にめり込んでいく。

(あぁ、ち×ぽがおま×この中に入っていくよ……。すげぇ)

二度目のセックスに、思わず感動する和人。

ずっぽりとペニスを奥まで挿れていくと、少し停止して、膣内の感触を味わっていく。

「プチッ」と、僅かに膜が破れるような音が聞こえる。

(私、処女を卒業したんだよね? これで大人のサキュバスの仲間入りだよね??)

と、ルナは感じていた。

立ち昇る高揚感を前に、彼女はフワフワとした感覚を得ていく。

「んなぁ。おちん×ん挿れられちゃった……、はぁん……」

ルナは恥ずかしそうに淫声を上げる。

その声を聞いていくと、和人もますます興奮していくのであった。

「ねぇ、ルナちゃん、処女ッて痛いって聞くけど大丈夫なの?」

「え? そうなの?? 大丈夫だけど……」

「サキュバスは違うのかなぁ……。俺の知識だと、処女は痛いから大変って話だったけどね」

「今のところ大丈夫。大丈夫だからね。あぁあん」

「ルナちゃんのおま×こ、ぴったりとち×ぽに吸いつくよ。生きてるみたい……」

「ふぁ……わかんない……、でも、気持ちいいの……、あぁ、早く動いて……、和人、早くしてぇ……」

「わかってるよ。少しずつ動いていくからね」

静かに、和人は抽送を始めていく。

結合部からは、にちゃにちゃと淫猥な音が鳴り響いていた。

「んく……、あぁ……、これがセックスなのね。はぁん……、ああぁん、気持ちいい……、セックス気持ちいいよぉ……」

「俺も気持ちいい……、あまりに気持ちよくて、身体が蕩けてしまいそうだよ」

スタンダードな正常位で、挿入を続けていく和夫。

一定のリズムで腰を動かしていくと、じわじわと快感が降り注いでくるのがわかる。

(今日だけで何度もイッてるのに、まだまだイキ足りない……。何度でもできそうだよ)

と、和人は感じていた。

度重なる射精により、ペニスにはヒリヒリとした痛みがある。しかし、それにめげずに、彼は抽送を続ける。

「はぁん、和人……、もっと、もっと動いてぇ……。あぁ、焦らされてるみたいで堪んないの……」

「うん。少しずつね。あんまり飛ばすと、直ぐにイッてしまいそうになるから」

「きゃぁ、意地悪しないでぇ。あぐぅ……、おま×こ、ジンジンしちゃう……」

リズミカルに腰を動かしていく和人。なるべく動きが単調にならないように、浅く突いたり、深く突いたりを繰り返していく。

「うぐぅ……、あぁは……、ハァ、ハァ……、私、おちん×ん挿れられて、感じてる……。感じちゃってるのぉ」

「感じていいんだよ。そっちの方が俺も嬉しい」

「ひゃん……、あぁ、おちん×んが奥まで当たって、キュンキュンしちゃうよぉ」

「気持ちいいんだね? ルナちゃん??」

「うん、気持ちいい……、こんなにセックスが気持ちよかったなんて知らなかったの」

初めてのセックスでありながら、ルナは心の底から楽しんでいた。

破瓜の痛みは全くなく、天性の淫乱と言えるかもしれない。

「和人のおちん×ん、凄く大きいのぉ。おま×この中、掻き回されて、おかしくなっちゃいそう……」

「うん。おかしくなって。おかしくなった姿を見せて……」

「はぁん……、う、ううううぅ……、あぁん、子宮までおちん×んが届いて、凄い感覚……」

少しずつ抽送のリズムを上げていく和人。

次第に発生していく射精感を押さえながら、彼は必死になって腰を動かした。

(あぁ、堪らない感覚だ……、女の子のおま×こってどうしてこんなにも、気持ちいいんだろう……。うわぁ、もうイキそうになってる……、だけど我慢しないと……、まだセックスは始まったばかりなんだから)

「ひぅぅ……、きゃぁわぁ……、ううぅ……、ハァハァ……、あぁぁん」

「ルナちゃんのエッチな声、素敵だよ。もっと聞かせて……」

「だって、あんまり気持ちよくて、声が出ちゃうんだもん。我慢できないよぉ……」

「声を出していいんだよ、そっちの方が、俺も興奮するから……」

「はぁん……、あぁぁ、んんぁ……、んんん。ふぐぅ……、ひゃぁぁ……」

ペニス全体を、ルナの秘唇が優しく包み込んでいく。

キュッキュッと甘締めされると、頗る気持ちよくなっていくのであった。

(あぁ、おま×こ壊れちゃいそう……。勢いよく突かれて、私、変態になったみたい)

和人は、ルナの脚を大きく掲げた。上方部分に持ち上げると、膣内の形状が変わり、締まり方に変化が生まれる。

(きゃぁ、和人……。な、何をするの……??)

「脚を上げたら、おま×こが締まったよ。まるで生きてるみたい……」

「ふぁ……、んんん……、わかんない……、わかんないよぉ……」

「ち×ぽがおま×こに入っている所が丸見えだよ。凄くエッチな眺めだ」

と、和人は随喜の声を上げる。

ヌレヌレになった結合部分からは、たっぷりと淫蜜が溢れてきている。

(あぁ、恥ずかしい格好にさせられてる。脚を上げて、おま×こ丸見えになってるよぉ……)

次いで、和人は持ち上げた脚を更に前方の方に持っていく。

まんぐり返しに近い形になり、グチュグチュとペニスを陰部に突き挿すように、挿入していった。

「らめぇぇ。恥ずかしいよぉ、こんな格好……」

「ルナちゃんの恥ずかしがっている所が見たいんだ。エッチな格好になってどんな気分に……」

「バカバカァ……、恥ずかしいに決まってるでしょ……。ひぃぃ……」

「でも、気持ちいいでしょ。おま×こがこんなに濡れてるもんね……」

(悔しいけど……、気持ちいいかも……、こんな恥ずかしい格好にさせられて、私感じちゃってるんだもん。んんぁ……あぁぁん)

ペニスがずんずんと奥まで入っていく。膣壁をメリメリと切り開いていき、じゅるめりゅっと擦りあげていく。すると、鋭い快感が襲ってきて、ルナを包み込んでいった。

「同時にクリトリスも弄ってあげるよ……」

「えぇ……、クリも弄るの……、そ、そんな、ダメだよ、そんなことされたら……」

陰核の包皮を剥くと、プクっとした女豆が飛び出した。

そこを指先でクリクリとしていくと、ルナは更なる衝撃を受けていく。

「んんぁ、クリちゃん弄っちゃらめぇぇぇ……。あぁぁん、ビクビクしちゃう……、変になるから……、止めてぇー」

「嫌がってる割に、全然抵抗しないね。本当はもっとして欲しいんでしょ?」

「う、うぅ、バカ……、こんな体勢じゃ抵抗できるわけないのに……」

「クリ触られると気持ちいいでしょ? 正直に言ってよ」

「気持ちいいけど、とにかく恥ずかしいの……、脚も疲れるし……。ずっとこの体勢は辛いよぉ」

「わかった。そろそろ体位を変えよう。今度は後ろから挿れてあげるよ」

「え? 後ろから??」

「うん。バックってやつ。今よりも気持ちよくなれるかもよ」

「くぅん……、し、してもいいけど、優しくしてよね……」

「もちろん」

和人は一度ペニスを引き抜くと、ルナの体を起こし、四つん這いにさせた。

お尻を高く上げてもらい、彼は臀部の双肉をくいっと押し開いていく。

(ヌレヌレになったおま×こ。なんて卑猥なんだろう……)

陰部にペニスを押し当て、そのままゆっくりと貫いていく。

(はぁん、後ろから挿れられてる……。んんぁ、何か犯されてるみたい……)

正常位に比べると、後背位は挿入が深くなる。

それ故に、先程は違った角度でペニスが奥の方まで届いた。

「あぁん、おま×こ壊れちゃう……、はぁん……」

「バックだと全然感触が違うね。これはこれで堪らないよ……」

後ろから突き続けていくと、次第に射精感が強くなり始めた。

必死になって、下半身に力を入れて耐えの忍んでいく。

(あまりに気持ちよくて、精子が出ちゃいそうだ……、もう少し我慢したいのに……)

と、和人は感じていた。

徐々に限界は近づきつつある。

「和人、もっと突いて、激しく突いて欲しいのぉ……」

「ルナちゃんも激しいのが好きなんだね。流石はサキュバスだ……」

「ズンズンっておちん×ん突かれると気持ちいいの……、おま×こが喜んでる……。んんぁ……、あぁ気持ちいい……」

パンパンパンと肉同士がぶつかり合う音がこだましていく。

和人は、必死になって抽送を続けていった。

「あひぃ……、んん……、んぐ……、おま×こ突いて……、後ろから突かれるの好き……、好きなのぉ……」

ルナも激しくアクメを感じ始めた。

性器を通じて、体中に歓喜の濁流が流れていく。

「和人ぉ、あぁん、私、イキそう……、おま×こ気持ちよくなって……、イッちゃいそうだよぉ……」

「イキたくなったらイッてもいいからね。俺ももう少しイキそう……」

「ふぁん……、だったら一緒にイッて。一緒に気持ちよくなるのぉ……」

「わかった……、一緒にイコう!」

最後の力を振り絞って、和人は腰をグラインドさせていく。

激しい勢いを突きの一撃を加えていくと、一歩ずつ限界に近づいていくのがわかった。

(あぁ、そろそろ限界だ……。ち×ぽ汁が出ちゃいそう)

「和人、ちゃんと中に出して……、中出ししないと、ダメだからね……」

「うん。中に出すよ、たくさん精子出すから……」

(私、おま×こに精子出されるんだ……、どんな気持ちになるんだろう??)

高揚感が期待感に変わっていく。

サキュバスは、中出しされることで力を最大に発揮できるのだから……。

「ルナちゃん、あぁ、俺、もうダメ、イクよ、出すよ……」

「あぁぁん、出して、早く精子頂戴……、たくさん私のおま×こにビュッビュッてしてぇ」

「うぉぉぉ!! 出る……、イクゥー」

和人は強く叫んだ。

次の瞬間、圧倒的なオルガスムスが襲ってきて、激しくスペルマを吐き出していく。

「きゃぁぁ、出てる、おま×この中に精子が……、あぁあん、気持ちいい……、中出し気持ちいいよ……、死んじゃいそう……」

ビュルビュルと尿道を駆け巡る精液。

それが膣内に吐き出され、しとどに溢れた淫蜜と融合していく。

「はぁ、凄い気持ちいい……、精子出すのって気持ちよすぎるよ……」

「私も気持ちいいの……、おま×こに精子出されると、凄く気持ちいいの……、あぁん、堪んない……、ホント癖になっちゃう……」

今日だけで、何度も射精をしている和人であったが、若いだけあって、未だに大量の精液を出すことができた。

絞り出すようにスペルマを出し尽くすと、和人はベッドの上に崩れ落ちた。

「ルナちゃん、気持ちよかったよ、ありがとう……」

それを聞いたルナは、中出しの余韻に浸りながら、顔をうっとりとさせた。

「うん。私も気持ちよかった……。これで大人のサキュバスの仲間入りよ……」

「そうか処女を卒業したんだもんね」

「そうね。体中に力が漲ってくる。これがセックスなのね。凄い体験だわ……」

最後に、二人はベッドの上で熱い抱擁を交わした。

抱き合いながら、チュッチュッとキスをして、恋人のような甘い時間を送ったのである。

(エリザさんに続いて、ルナちゃんともセックスしちゃった……。俺、幸せだよ……。でも、帰る方法を探さないとな。いつまでもこうしていられない……)

現実に引き戻され、和人は改めて帰る方法を考えるのであった――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください