連載官能小説『サキュバス』第12回

連載官能小説『サキュバス』第12回

帰る方法。

それは全くわからなかった。ただ、和人はアウグスト家の客人として、至れり尽くせりの待遇を受けた。

(どうやって帰ればいいんだろう?)

不安は尽きない。そんな感じで、彼は一週間ほどアウグスト家で暮らしたのである。

寂しくはなかった。毎日のようにエリザとルナを相手に、中出しセックスをしていたのだから。

(セックスは気持ちいいけど、このままじゃなぁ……)

日中はルナとセックスして、夜になったらエリザと寝る。その繰り返しである。

平均すると、一日あたり五回くらい射精していた。そのため、彼は大きな満足を得ていたのである。

(毎回中出しだけど、妊娠とかしたらどうなっちゃうんだろう? 俺、責任とれるのか??)

サキュバスは中出しを欲している。だから、流されるままに中出しをしているのであった。

しかし、よく考えるととても危険である。

(子供ができたら、俺、困るよなぁ……)

結局は、流されて中出ししてしまうのであった。何しろ、生のセックスは気持ちいい。

それに抗うのは、かなり難しかったのである。

「和人、今日母さまが帰ってくるの」

ある日、セックスを終えると、ルナが口を開いた。

「母さま? お母さんってことだよね? そういや俺、一度も会ってないな」

「うん。母さまは忙しいからね。普段はこの屋敷に来ないの。たまにフラッとやってくる感じかな」

「一応挨拶した方がいいよね?」

「そうね。でも、大丈夫よ、優しい人だから……」

「ならいいけど……」

こうして、和人はルナとエリザの母親に会うことになったのであった。

夜――。アウグスト家の食堂。

「まぁまぁまぁ……」

その人物はあまりに可憐であった。

ルナやエリザの年齢を考えると、母親は四十代の半ばであるはずなのに、見た目の印象は完全に二十代であった。

「ど、どうも……」

緊張しながら和人は口を開く。食事を終え、暫し歓談していると、そこに母親が帰ってきたのである。

「あなたが例の……」

「え? 俺のこと知ってるんですか?」

母親は、煌びやかなドレスを着用していた。中世ヨーロッパの貴婦人のように見える。

「えぇ。エリザから話は聞いていますよ。不思議な男の子がやって来たってね」

「はぁ、そうなんです。先週からお世話になっています」

「アルヴェスト王国の人間じゃないわね……、あなた??」

「はい。そうです。信じてもらえないかもしれないですけど、俺は、日本って国の東京都から来ました」

すると、母親は目をまん丸くさせる。まるで意味が分かっていないようであった。

「う~ん。よくわからないところからやって来たのね。この国の男子は、ほとんど戦争に行ってしまってるから、貴方のような存在は珍しいのよね……。まぁ、イイわ。この後、私の部屋にいらっしゃい。そこで話を聞いてあげるから」

「え、あ、はい。わかりました」

そう言い残すと、母親は使用人に荷物を持たせ、そのまま部屋の方へ消えていく。

一人残された和人は、時間を置いて、彼女の部屋に向かった。

「あ、あの、お母さん、工藤和人です」

母親の部屋はルナから聞いていたため、スムーズに向かえた。

豪奢なトビラをノックすると、中から優しい声が聞こえてくる。

「はいはい。どうぞ。開いてますから……」

「入ります」

和人は恐る恐る部屋の中に入った。

年上の女性と話す機会など、自身の母親以外ない和人は、どこまでも緊張していた。

「あなた、和人さんっていうのね。いいお名前ね」

「ありがとうございます」

母親の部屋は、かなり広々としている。

調度品はすべてアンティーク調であり、統一感がありながら、高級感に満ちている。

(あぁ、なんだかいい匂いがする……)

部屋の中央には、大きな天蓋付きのベッドが置かれている。恐らく、キングサイズのベッドだろう。そしてベッドの上にちょこんと母親は座っていた。

「こっちへいらっしゃい。さぁさぁ……」

「はい」

和人はベッドの前に立った。母親はうっとりとするほど美しかった。熟しきった果実のような感じである。

「まずは自己紹介しましょうか。私はマリア。マリア・アウグストよ。このアウグスト家の家長をしています。あなたは和人さんっていうのよね?」

「俺は、工藤和人です。えっと、学生ですかね」

「そう。なんでもこことは違った世界からやって来たみたいだけど」

「そうなんです。俺がいた世界には、アルヴェスト王国なんて国はありません。気づいたら森の中に倒れていたみたいです」

「帰れないと不安よね……」

「まぁ不安です」

「けど、大丈夫よ。いい方法がありますからね」

「いい方法ですか?」

「そうです。サキュバスの力を使うのです」

「サキュバスの?」

「サキュバスは力が最大まで高まると、不思議な魔法が使えるようになるの。その魔法を使って、この世界の空間に穴を開けます。そうすれば、貴方がいた世界に戻れるかもしれないわ」

「力を高めるって……、そ、そのどうやって」

「ウフフ。貴方も知ってるでしょ? 貴方、エリザちゃんやルナちゃんとエッチなことしたでしょ?」

図星を突かれ、顔を真っ赤にさせる和人。

「そ、それは、その……、何ていうのか……」

「隠さなくていいの。二人共、体力や気力が高まっているようだから、もしかしたらと思ったけれど……。相手は貴方だったのね」

「はい。その、寝てしまいました」

「ウフフ、別にいいのよ。殿方なら当然だものね。でも凄いわね。あの二人と相手にして、貴方は全く疲れていない。普通の殿方だったら、とっくに動けなくなってるわよ」

「俺はこの世界に人間じゃないですから、大丈夫みたいです」

「そう。なら、貴方を試させてもらおうかしら?」

「え? 試す??」

「えぇ。貴方の精力がどこまで強いのか調べます。精力が強いほど、サキュバスの力は高まりますからね」

和人は、ゴクリと生唾を飲み込んだ。

マリアは誘っているのだろうか?

「あ、あの、それって俺とエッチなことするって意味ですか?」

「ウフ。もちろんよ。私のようなおばさんとするのは嫌かしら?」

「いえ。おばさんだなんて、これっぽっちも思っていません。エリザさんやルナちゃんのお姉さんのように見えますし」

「あら。嬉しいわ。そう言ってもらえると、感じちゃう。フフフ。じゃあ楽しみましょうか」

そう言うと、マリアはベッドの上に和人を寝かせた。

そして、自身は彼の上になり、下腹部を見つめる。

「和人さんのおちん×ん、見せてぇ……」

ズボンをスルスルと脱がしていくと、彼はボクサーパンツ姿になる。

興奮からか、既にペニスは半勃ち状態になっていた。

「もっと大きくしてあげるからね……」

マリアは半勃ち状態のペニスを丁寧に握りしめた。

温かな手のひらの感触が、ペニス全体に広がっていく。

(あぁ、マリアさんの手、凄いスベスベしてる。なんてエッチなんだろう)

ビクッと身体を震わせる和人。

対するマリアは慈愛に満ちた表情を浮かべ、ペニスを扱き始める。

「まぁまぁ。おちん×ん、大きくなってきたわねぇ。何て立派なんでしょう……。それにこの匂い。牡の逞しい香りがするわ」

マリアは鼻を動かし、ペニスの匂いを嗅いでいく。

あまりに興奮しているのか、彼女の鼻息も荒くなっていた。

「和人さん。気持ちいいかしら?」

「はい。繊細なタッチで、気持ちいいです」

「私ね。夫が亡くなってからしばらく殿方とは交わっていないの」

「え、でもサキュバスなのに……」

「確かにサキュバスは男性の精液が必要になるんだけど。それは絶対ってわけじゃないの。もちろん、精子の供給を受けた方が力が高まるから、定期的にセックスするサキュバスは多いけれど、私、そういうの苦手で……。でも、貴方の顔を見て安心したわ。貴方とだったら、セックスしてもいいって思ったの」

「あ、ありがとうございます」

「だから、たっぷり気持ちよくなってね」

「はい」

立ち昇る射精感を前に、和人は必死になって耐えていた。

ペニス全体を優しく扱かれて、淡い刺激が全身に伝わっていく。

(あぁ、凄く気持ちいい……。やっぱり経験豊富なんだろうな……。だから、こんなに繊細なタッチができるんだ)

「和人さん、おちん×んの先っぽからエッチなお汁が出てるわよ……」

「はい。そ、その、興奮しちゃって……」

「堪らない匂い……。私も興奮してきたわぁ」

ペニスから立ち昇る、牡の臭気を感じていると、自身の秘裂がズキリと疼くのを感じていた。女の部分が熱く反応し、奥の方からじゅわっと淫蜜が溢れ出してきた。

(やぁん、あそこが……、おま×こが濡れてきちゃったわぁ)

「マリアさん、そ、その、舐めてくれませんか? ち×ぽ、舐めて欲しいんです」

「もちろんよ。私も和人さんのおちん×ん舐めたいの」

手でペニスを扱きながら、マリアは舌をグッと伸ばし、亀頭に導いていく。

ムワッとする牡フェロモン臭を感じながら、レロレロと亀頭を舐め始める。

「んちゅ、むちょ……、んんぁ……、あぁん、おちん×ん汁、美味しい……」

チュッチュッとキスをするように、ペニスを愛撫していくマリア。

この辺の仕草は、どこまでも手慣れており、円熟さを感じさせた。

「あぁ、マリアさん、気持ちいい……、舌でレロレロされるの、凄く気持ちいいです……」「ウフフ……、もっと気持ちよくしてあげるわよ……。うぅん、んぁ……」

マリアは舌先でカリ全体を舐め尽くしていく。

まずはカリ表を舐め、次いで、カリ裏を刺激していくのであった。

「ほぅら。どんどんエッチなお汁が出てきましたよ……。凄く濃いの。とっても美味しいわ……」

「うぐぅ……、はぅ……、あぁ、マリアさんの舌づかい、凄すぎます……」

感動しながら、フェラチオを受けていく和人。

ジンジンとした鋭い悦楽が、全身を貫いていく。

「んちゃ、にちゃん、……くちゅきゅつ……、ちゅぱん……」

淫猥な音が聞こえ始め、静かな室内に染み渡っていく。

恍惚とした表情を浮かべながら、和人はフェラチオを受けていくのであった。

「和人さん、こんなのはどうかしら?」

マリアは、口を大きく開けると、喉元までペニスを咥えこみ、激しく吸引し始めた。

口腔内の温かな質感を覚えていくと、ますます気持ちよくなっていくのであった。

「うわぁ、マリアさん、最高です。ち×ぽが破裂しそうだ……。うぐぅ……。」

「イキたくなったらイッていいですからね。お口の中にたくさん出してください」

徐々に射精感が強くなっていく。

マリアやルナのフェラチオも気持ちよかったが、マリアのそれは、素晴らしいほどのレベルである。

(このままじゃあんまり持たない……。イキそうだ、あぁぁぁ!)

和人はガクガクと身体を震わせ始めた。

ペニスがビクビクッと収縮を始め、イク兆候が現れた。

(和人さん、イキそうなのね。おちん×んがビクビクしてるわ……)

そう感じながら、マリアは口奉仕を緩めなかった。むしろ、ねっとりと舌を絡め、ペニスを刺激していく。

これには、和人も耐えきれなくなった。快感の爆弾のようなものが降り注ぐ。

「うぐ……、あぁぁ、ま、マリアさん、ダメだ、イク、精子が出ちゃいます……」

「んちゃ……、んぐ……、んんぁ……、出して、精子たくさん、出して頂戴」

激しい勢いでペニスをズボズボと愛撫していく。口腔内の粘膜に擦られて、形容しがたい快感が発生するのであった。

そして、とうとう和人は果ててしまう。オルガスムスを感じ始めた、一気にペニスが暴発する。

「うわぁぁぁぁ……、ダメだ! 出る、イキます! イクゥー」

ビュルビュルと勢いよく白濁色の子種が放出される。

「んご……、むごごご……、んんん」

あまりに大量のスペルマが放出されたので、マリアは心底驚いた。

しかし、冷静に精液を受け止めていく。

(あぁぁん、凄い量の精子……、それにとっても濃いわ……)

たっぷりと放出された精液を、ゴクリと飲み干すと、最後の一滴を絞り出すように、ペニスを吸引していく。

「うぐぅ……、あぁ、マリアさん、気持ちいい……、気持ちいいです……」

思わず口から歓喜の言葉が漏れる。和人は恍惚とした気分を味わいながら、完全に果てる。

対するマリアは、ようやくペニスから口を離し、その余韻に浸っていく。

「凄い濃い精子だったわ。これだけ濃いなら、きっとサキュバスの力も最大に高まるでしょう。安心して。和人さん、きっと帰る方法があるから」

マリアはそう呟き、くねくねと身体を動かし始める。

その仕草が、あまりに淫猥であり、すぐさまペニスが硬さを取り戻していく。

「マリアさん、そ、その、おま×こ見せてください。俺、マリアさんのおま×こが見たい」

「まぁ、そんなにおばさんのあそこがみたいのかしら?」

「みたいです。今度は俺が気持ちよくする番ですよ……」

「ウフ。恥ずかしいけれど、見せてあげるわ……。さぁ、私のショーツを脱がして」

マリアはベッドの上に膝立ちになり、腰をフリフリと振る。

誘惑的な彼女の姿を見て、和人はますます興奮していくのであった――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください