連載官能小説『サキュバス』第14回

連載官能小説『サキュバス』第14回

(マリアさんのおま×こに、ち×ぽを挿れるんだ……。くぅ、楽しみで仕方ないよ……)

興奮もピークを迎え、ペニスを持つ手先がフルフルと震えている。

彼は膣口にペニスを押し当てると、そのままゆっくりと貫いていった。

「はぁん……、おちん×んが入ってきたぁ……」

「うわぁ、マリアさんのおま×こ、本当にトロトロで、温かい……」

「くぅん、久しぶりのおち×ぽ、はぁ、気持ちいいわ。おま×この中、思い切り掻き回して」

「はい。動きますよ……」

和人は、ペニスを奥の方まで導いていくと、その状態で少し静止する。

そして、胎内の感触を存分に味わうと、ゆっくりと動き始めた。

(これが大人の女の人のおま×こなんだ……。何て卑猥で、気持ちいいんだろう……。エリザさんやルナちゃんとは違った感触だよ……)

と、和人は感じていた。

少しずつ抽送のリズムを上げていき、快感を味わっていく。

「和人さん、もっと、もっと突いてちょうだい……。私を狂わせてぇ」

正常位の状態で、和人は一定のリズムで突き続ける。

一度イッているとはいえ、あまりに速く動くと、忽ちイッてしまいそうになる。

(これはしっかり気を引き締めないとダメだな……)

そう感じ、下半身にギュッと力を入れていく。

ずりゅ、めりゅと、ペニスが膣壁を切り開いていき、淡い快感を発生させた。

「うほぉ、おち×ぽ、おち×ぽ、気持ちいいのぉ……、久しぶりのセックスで、私、興奮してる……、あぁん、堪らない……。このまま狂ってしまいたいわぁ」

「俺のち×ぽがずっぽりと奥まで刺さってますよ。それに、凄い締め付けです。まるでち×ぽが圧搾されてるみたいだ……」

心地いい刺激が、和人の全身を包み込む。

同時に、マリアも激しいアクメを感じ始めた。

(あぁ、私、挿れられただけなのに、イッてる。気持ちよすぎてイッてしまったわぁ)

マリアの膣内がビクビクと痙攣を始める。

大きなアクメが襲ってきて、マリアは昇天を迎えてしまったようだ。

「マリアさん、どうしたんです。身体が震えてますよ……」

「あふぅ……、わ、私、久しぶりのセックスだから、おちん×んを少し挿れられただけでイッてしまったの。おま×こがビクビクしてるわぁ」

「イッたんですか? でも、まだ終わりじゃないですよ。俺はまだまだ出来ますから」

「はぁん、イッたばかりのおま×こ突かれて、私おかしくなりそう……。敏感になったおま×こ突かれると、気持ちよくなっちゃう。あぁん、気絶しそうよ……」

マリアの口元からスッと涎が垂れた。

その姿は、まるで淫魔のようであった。どこまでも心地よさを感じ、恍惚としていく。

(マリアさん、イッたんだ。アヘ顔のマリアさんも凄く可愛い……)

和人は、奥深くにペニスを突き挿したり、浅く突いたりを繰り返した。

そのようにすれば、動きが単調にならないと察したのである。

(俺、まだまだ経験不足だけど、一所懸命にやらないとな……)

気合を入れ直し、彼は抽送を続ける。

ジンジンとペニスが熱くなり、彼の怒張は、暴発寸前な程膨れ上がっていった。

(あぁん、和人さんおち×ぽ、まだ大きくなってる……。カリがキノコみたいに広がって、おま×こを掻き上げていくの……、あぁ、凄い快感。癖になりそう……)

和人の突きの一撃のリズムに合わせて、マリアも腰を振っていく。

イッたばかりの敏感な性器は、ヒクヒクと震えており、じわじわとするアクメが断続的に襲ってくる。

(はぁ、イッたばかりなのに、また気持ちよくなってる。気持ちいい時間が、永続的に続いてるみたい……。はぁ、堪らないわ……)

男性のオルガスムスに比べると、女性のアクメは長い傾向がある。

淡い快感が、長い時間に渡って続いていくのだ。その感覚を、十二分に味わっていく。

(おぅ……。お、おま×こ、どんどん気持ちよくなって、壊れちゃいそう……。これで中に出されたら、私どうなってしまうの? 怖いわ。でも、どうなるか見てみたい。きっと、物凄い快感が襲ってくるはずよ)

過去、夫と狂ったようにセックスをした時期もあったが、夫はこの世界の男性であるため、一度セックスをしてしまうと、その日は動けなくなってしまう。だからこそ、マリアはどこか消化不良を感じていたのである。

(和人さんとなら、満足がいくまでセックスできそう。はぁ、凄く楽しみ……、本当に気持ちいわぁ)

恍惚とした表情を浮かべながら、マリアは身体中で快感を貪っていった。

こんなに気持ちよくなったのは、本当に久しぶりである。

「マリアさんのおま×こ、突くほどに締まりが強くなってる気がします……」

と、和人が叫んだ。

それを受け、マリアが激しく淫声を轟かせる。

「はぅん。そうよ、突かれると、自然とおま×こが締まっちゃうの……。アッ! それだけ感じてるのよ。だから、和人さん、いっぱい突いて。たくさん突いてくれると、もっと気持ちよくなれるから……」

「もちろんです。俺も限界までやりますから。どんどん気持ちよくなってください」

和人は、更に抽送のリズムを上げていった。

忽ち、鋭い射精感に襲われる。それでも彼は、お構いなしにピストン運動を続けていく。

「あぁ、おちん×ん、凄く激しい……、激しいのは好きよ……、その調子でズンズン突いて。バコバコおま×この中を犯してぇ……」

「うぉぉぉ、ち×ぽがどんどん気持ちよくなってる……。凄い感覚ですよ……、本当に……」

じわじわとする甘露のような味わいを、ペニス全体で感じていくのであった。

頗る気持ちよく、和人の腰の動きも速くなっていく。

(私、おま×この中を掻き回されてるのね。大きなおち×ぽで、ぐちゅぐちゅに突かれてる……。はぁ、凄いわ! セックスってこんなにも気持ちよかったのね……。あの人とした時以上の感覚だわ……)

夫との性交以上の気持ちよさがある。夫以外の男性の肉棒で、激しくイカされている。かなり恥ずかしいのであるが、それ以上に心地よさが優っていた。

(うぅ……、おま×こ気持ちよすぎて、イキそうになってきたよ。でも、まだ我慢しないと……。まだまだやり足りないんだ……)

和人は必死になって射精感を押さえていく。

それでも、立ち昇るアクメは、留まることを知らなかった。

「マリアさん。俺、凄い気持ちいいです。あまりに気持ちよすぎて、このまま溶けてしまいそうです……」

「はぐぅ……、私も、私もよ。快感が鋭すぎて、消えてしまいそうなの……、それくらい気持ちいいのよ……。和人さん、限界まで突いて、お願い……。私をおかしくさせて……」

マリアの声を聴き、和人は少し体勢を変えた。

彼女の脚を手で抱えると、垂直に持ち上げていく。

(アァツ、脚を上げたらおま×この中が変わったぞ。何かキュッと締め付けられる……)

「な、なんて格好をさせるの……、和人さん、恥ずかしい……」

「恥ずかしがってるマリアさん、最高にそそりますよ。もっとエッチな顔を見せてください……」

「きゃん……、おばさんをイジメて楽しんでるのね……。いいわ……、もっと大胆にしてぇ、私に恥ずかしい思いでいっぱいにさせて」

和人は、持ち上げた脚を、グイッと前の方に倒していく。

まるで、赤子のおむつを替えるような体勢になったのである。

(きゃあ。これじゃおま×こが丸見え……、お尻まで丸見えになっちゃう……)

恥ずかしさのあまり、マリアは顔を朱色に変えていく。

その姿をみて、和人はますます満足していくのであった。

「おま×こにち×ぽを突き挿しますよ?? いいですね?」

「はぁん、突き挿して……、お願い、恥ずかしい格好のまま、おち×ぽで、掻き回してぇ……」

和人は、上から下に突き挿すようにペニスをグラインドさせていく。

挿入が深くなっていき、子宮口にペニスが届きそうな勢いであった。

(あぁ、子宮が、子宮に届きそう……。ずっぽり奥まで刺さって、物凄い気持ちいい……)

「マリアさん、気持ちいいです。ち×ぽが苦しいくらいに気持ちいい……」

「私もよ……、その調子で突き挿して、その大きなち×ぽで、私を思い切り感じさせてぇ……」

マリアの身体もガクガクと震えていく。

恥ずかしい体勢になり、ペニスで秘唇を突かれている。それだけで興奮するのであった。

「クリトリス触ったらどうなりますか?」

「え? クリを触るの……、ちょっと、まって、そんなことされたら、私……」

和人は肉胴を突き挿しながら、指先で陰核を弄り始めた。

忽ち、鋭い刺激がマリアの全身を包み込んでいく。

「くぅん、あぁ、クリ……、クリもイイ。クリちゃん弄られながら、おま×こズボズボされるの好きぃ……」

「クリトリス、ぷっくら膨らんで、いやらしくなってますよ……。それに少し充血して、キレイなピンク色になってます」

「ハァ、それだけ興奮してるのよ……、女の一番敏感な部分だから、そこを弄られたら、誰でもおかしくなってしまうわ……」

「もっとおかしくなってください……。クリを触ったら、おま×こがキュキュっと動きましたよ。まるで生きてるみたいだ……」

「ア、アァァ……、あぁぁん……、イイわ、凄くイイ……、気持ちよくすぎて、私イキ狂ってしまうわ……」

「イキ狂わせてあげますよ。何度でもイカせてあげます」

再び、ゾクゾクとしたアクメがマリアを包み込んだ。

おま×こ全体が性感帯になったかのように、敏感に反応していく。

「きゃぁ……、また来た……、イク、イッちゃっうのぉ……」

あられもない姿にされながら、彼女は再び昇天を迎える。

体中がビクビクと痙攣していき、本当にイキ狂ってしまいそうであった。

「マリアさん。またイッたんですね。おま×こがブルブル震えています……」

「ハァ……、ハァ……、イキすぎて、変になりそう。でも、まだ足りないわ。イッたばかりのおま×こをもっと突いて、突き挿してぇ……」

和人は、自分の体勢をグッと押し倒していき、マリアに抱き着いた。

そして、ぷっくらとした彼女の唇に、自らの唇を押し当てていく。

「んちゅ……、ぴちゅ……、ちゅ、チュッ……」

キスの雨を降らせていく和人。

触れるだけのキスから一転して、舌を絡めるディープなキスを生み出していく。

(あぁ、私、キスされながら、おま×こ突かれてる……、ぁぁ……、まるで強引に犯されてるみたい……。でも、いい感じ……、ますます興奮するわぁ……)

お互いの唾液啜り合い、激しく舌同士を絡めていく。

マリアの唾液は、ハチミツのような甘みがあり、和人を嬉しくさせた。

(マリアさんとのキス、堪らない……。俺、今、マリアさんを征服してるんだ……。マリアさんは俺の肉奴隷だ……)

次第に、和人を覆う射精感も堪えがたいほど強くなっていった。

もう後少ししか持たない。必死になって耐えていたが、限界は近い。

「マリアさん、俺もイキそうです。イッてもいいですか?」

「イッて……、おま×この中にたくさん精子出して……、ビュルビュルって出して……」

「中に出しますよ……。いいんですね?」

「もちろんよ。中に出してくれなきゃ満足できないの……、貴方の精子を心行くまで堪能したいのぉ」

鋭い快感が、和人を襲っていく。

ペニス全体が迸る悦楽に包まれていくのであった。

「あぁ、ダメだ。マリアさん、俺、もうイキます。精子出ます……」

「出してぇ、おま×この中に出してぇ……」

最後の力を振り絞って和人はピストンを生み出していく。

そして、とうとう彼は限界を迎える。青い欲望で支配され、一気にスペルマを放出する。

「うぉぉぉぉーイクゥ! 出る! 精子出ます……」

ビュルビュルと白濁色のスペルマが、マリアの膣内に注がれていく。

それまマグマのように熱く、マリアを激しく感じさせた。

「ふあぁ……、お腹の中に精子が……、う、うぅ、たくさん出てるわ……、そ、それに凄く気持ちいい……、中出しセックス気持ちいいのぉ……」

「俺の精子で感じてください。……マリアさん……」

最後の一滴まで精子を絞り出す和人。

対するマリアは、自身の秘裂で精液を啜り取っていった。

「和人さん、凄い濃い精液よ。お腹の中が熱いの……、それに物凄い力が漲ってくる……」

「ハァ……、マリアさん、最高のセックスでした、あまりに気持ちよくて失神しそうです」

「和人さん、まだよ、まだ終わりじゃないわ……」

そう言った後、マリアはズルリとペニスを引き抜いた。

どろりと白濁色のスペルマが膣口から流れ出て行く。それはどこまでも淫靡な姿であった。

「んちゅ、むちょ……、んんんぁ……」

「ま、マリアさん何を……」

「またおち×ぽ勃たせてあげる。貴方は何度でもできるのでしょう?」

「はい。まだできます……」

イッたばかりの和人の怒張は、みるみる硬さを取り戻していく。

そして、あっという間に臨戦態勢になった。

「きゃあ、もうこんなに立派になって。すごいわ、この世界の男性じゃ、絶対に無理なのに……」

「マリアさん、次は、後ろから突かせてください……。お願いします」

「後ろから犯したいのね? いいわよ、その代わり、激しくしてね……。私、まだまだイキ足りないの……。たくさんイカせてぇ」

「はい! わかりました」

和人は勢いよく叫び、マリアを四つん這いにさせる。

お尻を高く上げると、トロトロになった性器だけでなく、アヌスまで丸見えになった――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください