連載官能小説『サキュバス』第15回

連載官能小説『サキュバス』第15回

(バックからの挿入……、本当に楽しみだ……)

ワクワクしながら、和人はペニスを秘唇に押し当てる。

すると、メリメリとめり込むように、胎内に吸い込まれていった。

「くぅん……、はぁう……、またおち×ぽ挿れられちゃったわぁ。ううぅ……、うぅぅん……」

和人は、マリアの臀部に手を置いて、胎内の奥の方までペニスを導いていく。

ピタッと膣壁がペニスに絡みつき、圧倒的な快感が迸ってくるのであった。

(やっぱり、気持ちいい……。正常位もよかったけれど、バックもなかなかいいぞ……)

感動しながら、和人は膣内の感触を味わっていく。

ヌメヌメとした質感がとても気持ちいい。にちゃっと、ペニスに吸いつくのであった。

「和人さん、はぁん、おちん×んで突かれて、私、恥ずかしいわ……」

「今更、恥ずかしがらないでください。四つん這いになったマリアさん、凄く魅力的ですよ……」

「ふふぅん……、あぁ、大きなおち×ぽで、突かれてる。ズンズン突かれて、私、心地よくなってる……。あぁん、何だか変態になった気分よ」

「変態でもいいじゃないですか。とにかく気持ちよくなりましょう」

和人は、パンパンとリズミカルに腰をグラインドさせていく。

彼の恥骨部分と、マリアの臀部がぶつかり合い、軽快な音が発生していった。

「う、ううぅ……、何だか、激しく犯されてるみたい……。エッチな姿で、おち×ぽ挿れられてるのに、私、凄く興奮しちゃってるの……、うぐぅ……、あはぁ……、イイわ。凄くよくて、虜になっちゃいそう」

「俺もです。マリアさんのおま×この中、ヌルヌルしていて、凄く気持ちいいんです。ち×ぽが絡みとられて、ハァ……、耐えきれない……」

「イキたくなったらいつでも中に出してね。受け止めてあげるから」

「ありがとうございます。たくさん精子を注ぎますからね」

「はぅん……。おちん×んでもっと突いてぇ。たくさん突いて、おま×こを滅茶苦茶にしてぇ」

軽快なリズムで腰を穿ち続ける和人。

そして、その動きに合わせて、マリアも腰を振っていく。

(あぁん、私、自然と腰を振ってる……、きゃぁ、エッチな女だと思われてしまうわ……)

と、マリアは感じ、顔を赤らめた。

それに対し、和人もある思いを浮かべていた。

(マリアさん、腰を振ってる。あぁ、気持ちいいんだな。よし、もっと突いてやろう……)

和人は、少しずつ腰の動きを速めていった。

ずちゅめちゅと、ペニスがめり込んでいき、奥の方まで突き刺さる。

「あぁ、あ……、あぁぁん、奥に当たってる……。奥までおち×ぽ突き挿されて、感じちゃってる……、はぁ、堪らないわぁ」

「奥がいいんですか? なら、もっと奥を突きますよ」

「そう、奥がいいの。何だか獣になったみたい……、凄く興奮するわ。もっとバコバコって激しく突いてもいいのよ……。乱暴にして、乱暴に私を犯してぇ……」

和人の動きも次第に激しくなっていく。

マリアという、大人の女性を征服したような気分になり、彼は心地よくなっていった。

(凄い、まるでレイプしてるみたいだ。……これは、これで興奮するぞ……。それに、マリアさんのおま×こ、どんどん濡れてきて、大洪水になってきたよ)

止めどない、淫蜜が迸り、ペニスの動きをスムーズにしていく。

膣壁をペニスが擦りあげていくと、鋭い悦楽が降り注ぎ、二人を包み込んでいく……。

(ぁぁん、おま×こどんどん濡れちゃう。もう我慢できないの……、あまりに気持ちよくて、お漏らししたみたいに濡れてしまうわ……)

結合部分は、半透明の蜜液でグチュグチュになっていた。

突くほどに、淫猥な糸が伸びていき、官能的な一幕が広がっていく。

「マリアさん、あぁ、気持ちいいです……」

和人は、姿勢を前傾にさせた。そして、マリアに覆い被さると、彼女の乳房を揉み始めた。

よく考えれば、彼女のおっぱいを揉むのは初めてかもしれない。

「きゃぁ、おっぱいを……、和人さん、私のおっぱいも触って……、揉んで揉みくちゃにしてぇ」

「はい。マリアさんのおっぱい、マシュマロみたいに柔らかいです」

マリアの乳房は、恐らくDカップ前後あるだろう。適度に大きく、揉みごたえがあるのであった。

和人は赤子になった気分で、乳房を揉みしだいていく。

(ふぅ……、ひぅ……、私、おっぱい滅茶苦茶にされながら、突かれてる……。はぁ、本当に獣みたい……。獣同士が交尾しているみたいよ……。でも、それが興奮するの……。セックスが久しぶり過ぎて、どんどん深みにはまっていくわぁ)

「おっぱい揉むと、おま×こが締まりますよ。マリアさん、感じてるんですね?」

「そうよ。感じてるの……。おっぱい揉まれながら、おちん×んで突かれると、興奮してしまうのよ」

「もっと興奮してください。それも狂うくらいに……」

「もう狂ってるわ……。きゃぁ……、もうダメェェェー!」

小さなアクメがマリアを襲い、背筋をビクッとさせる。

彼女は昇天し、がっくりと身体を震わせた。

「マリアさん、イッたんですか?」

「う、うぅぅ……、気持ちよすぎて、イッちゃったみたい……。でも、まだできるから安心して。イッたばかりの敏感なおま×こを突いて。壊れちゃうくらいについて欲しいの……」

「おま×こ、壊れてもいいんですか? 壊しちゃいますよ……」

「壊して……、滅茶苦茶にして……。そうしたら、もっと気持ちよくなれるから。はぁん、失神しちゃいそう……」

「失神してもいいですよ。気絶しても、俺は突き続けますからね」

ジンジンと秘唇が熱くなり、マリアは心地よさを覚えていく。

長い間、アクメを感じていき、体中が歓喜の渦に包み込まれていった。

「あ、あぅぅ……、き、気持ちいい……、あひぃ……、うぐぅ……、おちん×んでズンズン突かれてる。はぁ、おちん×ん刺さってる……」

和人は前傾させた姿勢を起こし、マリアの手を掴んで、彼女の身体を反り返らせる。

プルンとバストが震え、弓なりになった身体が非常に官能的であった。

(きゃぁ、何をするつもり……、和人さん、一体何を??)

身体を反らせて、その状態で突かれ続けるマリア。

レイプされているような気持が強くなり、彼女の興奮もピークを迎えていく。

(こ、こんな体勢で、無理矢理……、あぁ、無理矢理おちん×ん挿れられてる……、で、でも、イイの。凄くイイの。こんな感覚、初めてかもしれないわぁ)

「うぉぉ、マリアさんを犯してるみたいだ。激しく犯して……、俺も気持ちよくなってます……」

「うぐぅ、犯して……、激しく犯してほしいの……、久しぶりのセックスだから、激しいのがイイのぉ。お願い……、激しくしてぇ……」

和人は、抽送のリズムをますます上げていった。忽ち、一気に射精感が襲ってくるが、そんなのはお構いなしであった。

「和人さん。ねぇ、今度は私に責めさせてくれないかしら?」

「え? マリアさんが?」

「そう。久しぶりに騎乗位をしてみたいの」

和人にとって、騎乗位は初めての経験である。エリザやルナとセックスをたくさんしてきたが、大抵ノーマルなプレイであり、騎乗位はしてこなかったのである。

(騎乗位か……、それもやってみたいな……)

和人はそう考え、マリアの意見に賛同した。

「マリアさん、どうすればいいですか?」

「和人さんは、仰向けに寝て頂戴。そうしたら、私が上から跨るから……」

一旦ペニスを引き抜き、和人はベッドの上に仰向けになっていく。

その姿を見るなり、マリアは彼の上に跨っていった。

(あぁ、和人さんのおち×ぽ、私のマン汁でヌルヌルになってるわぁ……)

マリアは和人のいきり立った怒張を握りしめると、静かに腰を落とし、秘部に押し当てていく。

ずぶずぶずぶ……。めり込むように肉竿が女壺の中に侵入していった。

「あぁぁん、おち×ぽ、入ってきたぁ……。大きなおちん×ん、気持ちいい……。和人さんのおち×ぽ、大きくて気持ちいいのぉ……」

「うわぁ、マリアさんの中の奥の奥まで入っていく……」

騎乗位は、その性質上、挿入が深くなる。和人のペニスはかなり大きいため、本当に子宮に届く勢いで吸い込まれていった。

「動くわよ、イイわね?」

「もちろんです。俺も下から突き上げますから……」

「あふぅん……。ありがとう、たくさん突いてね、和人さん」

腰を深く落とし、マリアは静かに上下に動き始めた。

ずりゅ、めりゅと、怒張が膣壁を擦りあげ、奥深くまで突き刺さっていく。

(挿入の角度が変わって……、痺れるくらいに気持ちいいや……)

と、和人は感じていた。

初めて感じる騎乗位は、どこまでも心地よく、彼を満足させていく。

(あ、あぁぁん、くぅ……、おち×ぽが深く刺さるわ……。感じすぎちゃって、またイッちゃいそう……)

鋭い快感が、マリアを包み込む。腰を動かすにつれて、ジンジンとアクメが襲ってくるのであった。

「はぐぅ……、和人さん……、和人さん……、私、またイッちゃいそう……。おま×こが気持ちよすぎて、もうダメェ……」

「イキたくなったらイッてください。イキ狂わせてあげますよ」

「はぁん……、あがぁぁぁ、……おま×こ……、ビクビクしちゃう……。あぅぅ……、イク! イッちゃう!」

マリアは身体を小刻みに震わせていく。忽ち、膣内が激しく痙攣し、彼女は再び昇天を迎える。

(マリアさん、またイッてる。アヘ顔が堪らないよ)

お互いの顔が見られる体位なので、興奮もひとしおである。

マリアはトロリと蕩けるようなアヘ顔を見せながら、イッてしまった。

「マリアさん。もっとイカせてあげますよ……」

和人は、下から激しくペニスを突き上げる。

同時に、陰核を指で擦り、ダブルで刺激を加えていくのであった。

「きゃぁ……、クリを、クリを弄らないでぇ……、イッたばかりだから、おま×こ敏感なのぉ……」

「敏感になったおま×こを徹底的に犯してあげますよ……。ほら、気持ちいいでしょ? クリを弄ったら、おま×こが再び痙攣しましたよ……」

激しく膣痙攣を起こすマリア。

あまりにイキすぎて、体中が溶けて消えてしまいそうであった。

「あぁぁん、ダメ……、ダメだったらぁ……、あぁぁ、おま×こ壊れる……、あぐぅ……、壊れちゃう……」

「さっきも言ったでしょ? おま×こ壊してあげるって……。もうおかしくなっちゃってください」

イキまくるマリアであったが、和人も限界を迎えつつあった。

激しくペニスを穿ち続けていたので、射精感が強くなり、抑えきれなくなる」

「うわぁ……、マリアさん、俺もイキそうです。……精子が出ます……」

「はぅん……、精子……、精子頂戴……、たくさん中に出してほしいの……」

「中にたっぷりと出しますよ? いいですね?」

「きゃぁ、出して……、中に出して……、中出しじゃなきゃ満足できないの……。サキュバスは中出しが鉄則よぉ……」

和人は、肉竿を激しく突き立て、最後の仕上げにかかる。

そして、ジンジンとしたオルガスムスを感じ始めた。

「うわぁぁ……、マリアさん、イク! 精子出しますよ!!」

「出してぇ……、お願いぃ……」

忽ち、ペニスから牡の欲望が発射される。

ドクドクと尿道をスペルマが駆け巡り、マリアの胎内に流れ込んでいく。

「あぁ……、出てる、精子が……、うぅ……、気持ちいい……、中出しされると、気持ちいいのぉ……、私もまたイクゥー」

ビュルビュルと迸るスペルマを感じながら、再度マリアはアクメを迎える。

ゾクゾクとした鋭い快感が、全身を覆い尽くしていった。

「はぅん……、たくさん精子出てる……、あぁ、私、おま×この中に精子出されて感じちゃってる……、はぁ、いけない女……。でも仕方ないの……、私はサキュバスだから、牡を求めてしまうのよ……」

マリアは膣内をキュッと締め付け、最後の一滴まで精液を搾り取った。

対する和人は恍惚としながら、すべてのスペルマを出し尽くし、そのままベッドに崩れ落ちる。

「マリアさん、凄くよかったです。たっぷり精子を出せました」

「力が漲ってくるわぁ……。これがサキュバスの力なの……。ありがとう和人さん、私も満足できました……」

こうして、二人の淫靡なセックスは終わりを告げた。

甘いセックスの余韻に浸っていると、ふとマリアが口を開く。

「和人さん。やっぱり自分のいた世界に帰りたいわよね?」

「それは、まぁそうですね。ずっとこのままじゃ辛いです……」

「そうよね、なら、いい方法があるわ。ちょっと準備するから、もう少しだけ待ってくれるかしら」

「何か方法があるんですか?」

「ええ。私に任せて。後、貴方にも協力してもらう必要があるから、そのつもりでね……」

「協力ですか?」

「貴方の精液を使って、私たちの力を最大に引き上げます。そして、この世界と貴方の世界の間に亀裂を作るの……。そのためのアイテムに心当たりがあるから、私が持ってくるわ……。だからもう少しだけ待っていてね」

「あ、ありがとうございます。あの、俺の精液を使うって言うことは、またセックスをするってことですよね?」

「そうよ。そうしないとダメなの……。大丈夫?」

「俺は大丈夫です。お願いします……」

一筋の希望が見え始めた。

和人は満足しながら、ゆっくりと目を閉じていった――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください