連載官能小説『サキュバス』第16回

連載官能小説『サキュバス』第16回

帰る方法が、なんとなく浮かび上がっている。それはいい傾向であった。

そんな中、和人はエリザとルナの両方を相手にすることになる。

「和人さん。今日の夜も、お射精してもらえませんか?」

と、恥ずかしそうにエリザは告げる。

彼らは今、屋敷の大広間に座り、優雅にコーヒーを嗜んでいた。

「うん、いいけど……、実はね」

「何かあるんですか?」

「あの、その……、ルナちゃんにも相手になるように言われてて」

「ルナに? そうなんですか? で、でも、私も和人さんのお精子が欲しいんです」

「ありがたいんだけど……。う~ん、どうしようかなぁ……」

「そうだ。和人さん、簡単な方法があります」

「え? 簡単な方法って??」

「三人でエッチするんです」

「そうか……、三人で……、って、えぇぇぇ」

「そうすれば、私もルナも和人さんのお精子を頂けます。それが一番いい方だと思いますけど……」

「まぁそうだけど」

3Pなど、初めての経験である。しかし、やってみたい。

美少女を二人も侍らすことができるのである。ムクっとペニスが反応してくる。

「お願いです。和人さんのお精子が欲しいんです……。うふ、もう我慢できません……」

そういうエリザの表情は、どこまでも官能的に見えた。

こんな表情を見ていると、断ることはできそうにない。

「わかった。三人でやろう。んで、ルナちゃんにはどう言おう? エリザさんが説明してくれるの?」

「あ、それは……、私からルナに言うのは恥ずかしいです」

「わかった。じゃあ、俺が言うよ。それで、どこでエッチする?」

「私の部屋にしましょう。ベッドも多いですから、三人なら余裕で入ります」

「うん。それじゃルナちゃんに説明してくる。ちょっと待ってて……」

「お手数をおかけします。和人さん、宜しくお願い致します」

和人は、エリザの言葉を受けて、ルナの一室へ向かう。

屋敷は広いが、既に部屋の場所は覚えている。

(ルナちゃん、認めてくれるかなぁ……。独占欲が強そうだけど……)

彼はルナの部屋の前に着き、トビラをノックさせた。

「あの、ルナちゃん? 和人です。ちょっと入ってもいい?」

……。

しばしの沈黙があった後、反応がある。

「入って……」

「うん」

和人はゆっくりとトビラを開けて、部屋の中に入っていく。

室内は、もくもくとお香が焚かれ、いい香りが充満している。おまけにかなり薄暗い。

(何か、ミステリアスな雰囲気だな……。いつもと違うや)

「和人、遅いわよ。待ちくたびれちゃった」

暗闇の中、声が聞こえてくる。

スッと目を凝らすと、ルナはベッドの上で女の子座りをしていた。

「ゴメン、ちょっと色々あって。……あのさ、話があるんだけど」

「ん……、話? 何それ??」

ベッドまで忍び寄ると、僅かに明かりがある。

そして、その明かりがルナを照らし出している。

(ルナちゃんの格好、凄くセクシーだな……)

ルナは、透け感のあるレースのシュミーズを着用していた。

物凄くファンシーであり、彼女の持つ色気と上手く融合している。

「可愛い……、ルナちゃん、可愛いよ」

「当たり前でしょ。なんてったって、私なんだから……」

「うん。凄くエッチ……」

「バカ。それじゃまるで淫乱みたいじゃない……。セクシーとか、可憐とか、もっと言い様があるでしょ」

「ゴメン。それで話なんだけど……」

「うん、何なの?」

そこで、和人は3Pの提案をする。

ルナはじっと話を聞いていたが、みるみる顔が真っ赤になっていった。

「姉さまと三人でしたいですってぇ。あんた、どこまでも恐れ多いのよ。さ、三人でするんなんて、その、卑猥だわ」

「でもしてみたいんだ。たくさん中出しするからさ。三人でしてみようよ……」

「姉さまは何と言ってるの?」

これはエリザの提案であると、和人は黙っていた。

そこで、彼女も既に承諾済みであると説明したのであった。

「姉さまが承諾しているのなら、構わないけれど……、何か恥ずかしいわ……」

「大丈夫。直ぐに慣れるよ」

「簡単に言って。あんたはいいかもしれないけれど、私たちは姉妹なのよ。あぁ、恥ずかしい……、姉さまに裸を見られるなんて」

「二人とも魅力的だと思うけど……」

「あ、ちょっと待って。姉さまと私を比べるのはダメよ……」

「比べる? そんなことしないよ」

「だって、姉さまの方が胸は大きいし、スタイルもいいもの……、それに比べて、私は幼児体型で、魅力に欠けてしまう……」

そこまで言うと、ルナはしゅんと項垂れた。

それを見た和人は、優しくルナの頭を撫でる。

「ルナちゃんも十分魅力的だし、俺は二人を比べないよ。二人には、それぞれいい所があるんだから……」

「か、和人……。ありがとう」

「うん、それじゃ、エリザさんの部屋に行こう。そこでやるって話を通してあるんだ」

「仕方ないわね。そうと決まったらさっさと行きましょ」

こうして、二人はエリザの部屋に向かうことになった。

一方、エリザは一室で身悶えしていた。

(あぁ、私、三人でしようなんて言ってしまったけれど、恥ずかしいわ……。どうしてあんなこと言っちゃったんだろう……)

一人自室で待っている最中、猛烈に恥ずかしさが襲ってきたのである。

しかし、今更後悔しても既に遅い。

(でも、やらないと……。和人さんのお精子が私には必要なんだから)

その時、トビラがノックされた。

「エリザさん、和人です。ルナちゃんを連れてきました」

「入ってくださいまし」

凛とした態度で告げるエリザ。覚悟も決まってきたようである。

和人とルナの二人は、そろそろとエリザの部屋に入ってきた。

(エリザさんの部屋も薄暗いな……。何か妖艶な雰囲気だぞ……)

と、和人は感じていた。

お香は焚かれていないが、ふんわりといい香りが漂っている。

「和人さんにルナ……。ようこそいらっしゃいました。さぁこっちに……」

大きなキングサイズのベッドの上に、三人は座り込む。

まず動いたのは、和人であった。

「俺、三人でするのは初めてなんだけど……。まずは、俺のち×ぽを弄ってくれるとありがたいです……」

「私とルナで、和人さんを責めればいいわけですね。わかりました。それで行きましょう。……ルナもそれでいいわね?」

話を振られたルナは、スッと首を縦に振った。

どうやら、肯定しているようである。

「うん。私もそれでいいわ……」

「じゃあ、俺脱ぐから……」

和人は着ている服を脱ぎ、さらにボクサーパンツも下ろしていった。

すると、ギンギンになった肉竿が顔を出す。

(あぁ、和人さんのおちん×ん、こんなに大きくなって……)

と、エリザは感じながら、ゴクリと生唾を飲み込む。

それを見ていたルナも、ドキドキと心臓を高鳴らせた。

「和人、まだ何もしてないのにおちん×ん、おっきさせてるの? 変態じゃないの」

「ゴメン。三人でできると思ったら、興奮しちゃって……」

「まぁいいわ。扱いてあげる。姉さま、どっちが先にやりましょうか?」

「じゃあ、最初は私がやりましょう」

「わかりました。そうしたら、私は和人の乳首、責めてあげる……」

まず、エリザが和人を仰向けにさせ、股間部に座り込むと、すっくとペニスを握りしめた。

そして、シコシコと上下に動かし始める。

(はぁ……、エリザさんの手つき、相変わらず気持ちいいや……)

と、和人はうっとりとしていった。

ルナは和人の胸の横に座ると、手指を使ってくりくりと乳首を刺激し始めた。

「和人、乳首を弄ったら勃ってきたわよ。本当に変態ね。女の子に乳首弄られて感じるなんて……」

「う、うぅ……、だって、ち×ぽ弄られながら、乳首を抓られたら、誰だって感じちゃうよ……」

「フフフ、もっと弄ってあげるから……」

ルナは丁寧な手つきで乳首を弄り続ける。

それを見ていたエリザもニコッと微笑み、ペニスへの愛撫を強めていく。

「和人さん、おちん×んからエッチなお汁が出てきました……」

「うん。それだけ興奮してるんだよ……。はぁ、堪んない……、凄く気持ちいい……」

「和人さんのおちん×ん、ビクビクしていて、とっても可愛いです。弄れば弄るほど、大きくなって……。このおちん×ん、ちゃんとおま×こに挿れて下さいね」

「もちろんだよ。たくさん中出ししてあげるから……」

「きゃぁ嬉しいです……」

二人のやり取りを見ていたルナが、口を挟んでくる。

「ちょっと和人、姉さまにエッチぃことするのはいいけど、ちゃんと私にも精子注いでよね。そうしないと、許さないんだから……」

「大丈夫、何回だってできるから……。エリザさんにルナちゃん、両方のおま×こに、たっぷり精子を注ぐよ……」

その言葉を聞いたルナは、乳首を指で弄りながら、和人の唇に、自身の唇を押し当てた。

「んちゅ……、ちゅぷ……、くちゅん……」

(あぁ、ルナちゃんのキス……、物凄く温かい……それに、仄かに甘みがある……)

ルナは強引に和人の舌に、自分の舌を絡めていく。

つい先日まで生娘だったルナは、恐ろしいスピードで妖艶さを手に入れていくのであった。

「んぐ……んんぁ……、ちゅぱん……、ちゅぽ……」

舌を絡めながら、ディープなキスを展開していく。

二人の口元から、しとしとと、唾液が滴り落ち、シーツに染みを作っていった。

(あぁん、和人さんがルナとキスしてる……。私も負けられないわ……)

対するエリザは、シコシコと肉棒を動かすペースを速めていった。

ジンジンとする、淡い悦楽が、和人の身体を包み込んでいくのであった。

(う、ううううう……、エリザさんの手コキ、凄くイイ感じだ……、オナニーするよりも気持ちいい……)

「和人さん、タマタマも弄って差し上げますね……」

と、エリザは告げた。

利き腕である右手でペニスを扱きながら、空いた左手で睾丸を弄っていく。

すると、興奮したのか和人の怒張がビクンと跳ねた。

(ふぐぅ……、タマを弄られながら、ち×ぽを扱かれると、なんでこんな快感が迸ってくるんだろう……、本当に堪らないや……)

ペニスと睾丸、その二つをダブルで刺激され、和人は恍惚とした表情を浮かべた。

まるで、天国にいるような心地よさである。嬉しくて堪らなくなるのであった。

(姉さまが、和人を気持ちよくさせてる……。私も和人のおちん×ん、触りたいなぁ……)

ルナはそう感じ、ディープなキスを止めて、カプッと乳首に吸いついた。

そして、チューチューと音を立てながら、彼の乳首を弄り倒していく。

(あぁ、ルナちゃんに乳首を舐められてる……。うぐぅ……、凄い刺激だ……。俺、ち×ぽとタマを弄られながら、さらに乳首を刺激されてる……。う、うぅぅ、堪んないよ……、本当に……)

あまりの刺激に、身体が小刻みに震えていく……。

じわじわと射精感がせり上がっていくのを覚えていた。

「ちゅぱ、んちゃん……、くちょ、ちゅぱん……」

乳首を甘噛みしながら、さらに吸いつきを強めていくルナ。

鋭い悦楽が、乳首を中心にして、全身に広がっていく。

「あぁ、ルナちゃん、気持ちいい……、乳首気持ちいいよ……」

「ふん。当然でしょ。私が舐めてあげてるんだから……」

「うん、もっと、もっとしてくれぇ……」

徹底した乳首責めに、和人は少しずつアクメを感じ始めた。

ズキズキっと、断続的なアクメが襲ってきて、彼を恍惚とさせていくのであった。

「和人さん、今度はおちん×ん舐めて差し上げます……」

そう言ったエリザは、和人の肉竿に自らの舌を近づけていく。

更なる快感が、和人を襲い始めた――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください