連載官能小説『サキュバス』第19回

連載官能小説『サキュバス』第19回

エリザの淫猥な姿を見て、和人の怒張はますますいきり立っていくのであった。

(あぁ、早くち×ぽを挿れたい……。そして、気持ちよくなりたい)

早く膣内に挿入したくて堪らない。

エリザとは頻繁に中出しセックスをしており、和人はその虜になりつつあった。

「エリザさん、挿れますよ」

「はい、おち×ぽズボズボしてくださいまし」

「わかりました。ズボズボしますからね」

そう言い、和人は自らの分身を秘部に押し当てていく。

ヌメヌメと滑っている膣口は、ペニスを受け入れる準備が万端に整っていた。

「行きます。エリザさん」

「はうぅ……、来てぇ……、和人さん」

ずぶずぶずぶと、赤黒く変色した怒張が、膣内にめり込んでいく。

ピタッとペニスに吸いつく膣襞が、どこまでも心地いい。

(あぁ、やっぱりセックスって気持ちいい。堪らないや……)

「く、うぅぅ、あぁ、おちん×んが入ってきましたぁ。おま×この中に……、あはぁ……、凄い刺激ですぅ……」

エリザ自身も和人とのセックスを心待ちにしていた。

とにかく気持ちよく、さらに、何度も中出ししてくれるので、エネルギーは常に満タンになるのであった。

「エリザさんの中、キュッと締まって気持ちいいです。それに、襞々が、ち×ぽに絡みついてきます」

「あひぃ……。おちん×ん挿れられると、あまりに気持ちよくて、自然と締まっちゃうんです……。あぁん、ごめんなさい、淫らな女なんですぅ……」

「俺はエッチな女の子の方が好きですよ。エリザさん、最高です!」

和人は胎内の奥深くまで肉竿を押し入れると、少しだけ静止し、膣内の暖かくてねっとりした感触を味わっていく。ほんわりとした膜に、優しく包まれていくようであった。

(ア……、エリザさんの中、温かくて、ヌレヌレで気持ちいい……。凄い感触だ……)

と、和人は感じていた。

そして、彼は少しずつ、腰のグラインドさせていき、快感を発生させていく。

「はぅ……、おちん×ん、奥まで当たってます……、あひぃ……、きゃぁ……、ちん×ん気持ちいい……、いっぱいおま×この中、掻き回してくださいまし……。ハァ、そうされると、凄い興奮するんです……。あぁ……、どんどんエッチになっていきますぅ。で、でも身体が止まらないのぉ。あぐぅぅ……」

エリザは淫声を轟かせ、気持ちよさを体いっぱいに表現していく。

脚を大きく広げ、ペニスを包み込んでいくのであった。

(あぁ、姉さまに和人。凄く気持ちよさそう……。私も、早くおちん×んが欲しいよ……。見てるだけなんて堪らない……)

二人のセックスを端から見ていたルナは、自身も早くセックスがしたくて仕方なくなった。我慢できず、自分の手指を使って、陰唇や菊孔を弄っていく。

(私、おま×ことお尻弄って、興奮してる……。あぁ、これじゃまるで変態じゃないの……。で、でも、止まらないの。エッチなことしたくて、指が止まらない。それに、おま×ことお尻を両方クリクリすると、物凄く気持ちいい……)

ルナは一人、アヌスと性器を弄りながら、マスターベーションに耽っていった。

もちろん、その姿に和人は気づいている。そして、それを見て、ますます興奮していくのであった。

(ルナちゃんが、オナニーしてる……、うわぁ……、何て卑猥なんだろう。凄くエッチだよ。おま×こだけじゃなくて、お尻にも指を挿れて……、あぁ、可愛いなぁ……)

そんな風に和人は感じていた。

一方、エリザの快感の中に放り込まれている。ビクビクと身体を震わせながら、悦楽を味わっていくのであった。

「和人さん、あぁ、あぁん、突いてください……、激しく突かれるのが好きなんです……」

「激しくですね……。わかりました。ズコバコ突いてあげますから」

「きゃわぁ……、アッ! あぁぁん。おちん×んでズコバコされるの好きなのぉ……、あぁ、気持ちよくて死んじゃいそうですぅ……」

「イキたくなったら、遠慮なくイッて下さい。イキ狂わせてあげますよ。何度イッても、俺がイクまでセックスは止めませんからね」

「あひぃ、嬉しい……、いっぱい突かれるの、嬉しいのぃ……、それにたくさんイキたい。イキすぎて、おま×こが壊れてしまいそうですぅ……」

和人は少しずつ、抽送のリズムを上げていった。

パンパンパンと、肉同士がぶつかり合う音がこだまし、静かな室内に染み渡っていく。

「こんな体勢はどうです?」

和人は、身体を斜め横に傾け、斜め下から突き上げていく。

こうなると、挿入の角度に変化が現れ、新しい快感が降り注いでくるのであった。

「あぐぅ……、う、うぅぅ……、気持ちいい……、あぁ、おちん×んで突き上げられてる……。あふぅ……。おま×こ気持ちよすぎて……、エッチなジュースが止まりません」

結合部からは、半透明の淫蜜が滴り落ちていた。また、くちゅくちゅと淫音を鳴り響かせながら、ねっとりとした糸を引き始めている。

「うぉぉぉ……、エリザさんのおま×この中、最高です。……うわぁ、あまりにも気持ちよくなりすぎて、俺もおかしくなりそうだ……」

「うひぃ……、あぁぁん、あぁ……、ハァ、ハァ……。ぐちょぐちょのおま×こ、たくさん突かれて気持ちいい……。あひぃ……、このまま突かれたら、私……、あぁ、あぁぁん……」

「エリザさん、今度は後ろから突いてあげますよ。いいですね??」

「え? 後ろから? 後ろから挿れてくれるんですか? はぅぅ、嬉しいです……、後ろからバコバコしてくださいまし……。もっと激しいのがイイのぉ」

和人は姿勢を起こすと、仰向けになっていたエリザを四つん這いにさせた。

そして、ヒクつく性器に向かって、激しく怒張を突き立てていく。

「ぐちゅ、にちょん、じゅりゅ、めちゅ……」

結合部分から、粟立つ淫蜜がどこまでも淫らであった。

和人は、必死になって腰を穿ち、獣のように、突きまくっていく。

「きゃん……、激しいぃ……、おち×ぽ激しいですぅ……。犯されてるみたいで、興奮しますぅ……」

「エリザさんは、俺に犯されてるんですよ。淫らな性奴隷になってるんです……。うぐぅ……。ち×ぽ気持ちよすぎて、頭が痺れてくる……」

「私もです。私も……、おち×ぽでずっぽり突かれると、頭がフワフワして、体中が痺れるんです……、それが凄い心地いい……。癖になりそうぅ……」

二人が濃密なセックスを展開している間、ルナも一人マスターベーションを続けていた。

アヌスと膣内に指を挿れて、快感を貪っていく。

(あぁ、指が止まらない、お尻の穴に指を挿れて、私気持ちよくなってる……。こんなの変態なのに……、お尻はエッチぃことに使う穴じゃないのに……、あひぃ、止まんない……、もっと強い刺激が欲しくなるのぉ……)

ルナの菊孔は、少しずつ拡張され、指一本だけでは物足りなくなってきた。

彼女は、人差し指と中指をくっつけて、それを肛穴に導いていく。

(あぐぅ、指が二本入っちゃった。あひぃ……、お尻の穴がどんどん広がっちゃう……、で、でも、止められないの……、あまりに気持ちよくて、指がますます動いちゃうの……)

快感に身を焦がらせ、ルナは身悶えしていった。

淡い快感が、アヌスを通じて、全身に広がっていくのである。こんな感覚になったのは、初めてかもしれない。

(お尻、気持ちいい……。二本の指で、お尻の穴を犯してる……。あぁ、いけないのに……、でも、お尻があまりに気持ちよくて、もうダメ……、あぁん、このエッチな穴におちん×んを挿れて欲しい。そうすれば、もっと気持ちよくなれるのにぃ……)

和人のいきり立った肉竿が、どうしても欲しくなる。

ルナは、横目で和人とエリザのセックスを見て、そんな風に感じていた。

「和人さん、クリを、クリトリスを弄ってくださいまし……」

後背位で激しく突かれているエリザは、更なる快感を求めて、そう言った。

対する和人は、姿勢をやや前傾にさせ、エリザに覆い被さっていく。

「わかりました。クリですね。クリトリスがいいんですね?」

「はぎゃ……う、うぅ……、クリトリスがいいんです……。クリちゃん弄られながら、突かれると、とっても気持ちいいですもの……。だからお願い……、クリちゃん弄ってぇ……」

その言葉を聞き、和人は手を陰部に回していく。

そして、腰を穿ち続けながら、陰核を指で押し摘まんでいった。

(あ、あぁぁん、クリちゃん弄られてる……。は、はひぃ……、クリちゃん、クリクリされれると、おかしくなっちゃいますぅ……、あぁん、気持ちいいぃ……)

陰核に触れると、エリザの身体がビクンと跳ねた。

そして、ガクガクと小刻みに震えていくと、忽ち膣内が経験し始めた。

「おま×こがキュキュって締まってます。あぁ、凄い締め付けだ……、堪らないよ……」

「ふぅ、ひぃ……、あぁぁん。和人さん、あぁ、また、まだです……」

「また……、何ですか?」

「おしっこ出ちゃいます……。またお漏らししちゃいますぅ……」

「いいですよ。後ろからち×ぽで突かれて、お漏らしするエリザさん、堪らなく官能的です。おしっこ漏らしてください……」

「あぐぅ、恥ずかしいですぅ……、で、でも我慢できない……。あ、ああぁ、出る、おしっこ出ちゃいますぅ……」

エリザは劈くように叫んだ。そして次の瞬間、陰部からピッピッと尿を迸らせていった。

「あふぅん、おしっこ出てる。恥ずかしいのにぃ、止まらないぃ……、あぁん、おちん×んで後ろから突かれて、おしっこ漏らすの気持ちいい……、恥ずかしいけど、気持ちいいんです……」

黄金水が、陰部から滴り落ち、太ももを伝ってシーツに零れ落ちていく。

お漏らしするエリザを前に、和人は素早いペースで腰をグラインドさせ続ける。

「はひぃ、うぐぅ、おしっこ止まりません……、うぅ……、おま×ことクリちゃん弄られて、私お漏らししちゃいましたぁ……、あひぃ……」

「お漏らしして感じ続けるエリザさん、凄く魅力的ですよ。もっとイカせてあげますからね……」

「イキたい! 激しくイキたいですぅ……」

ここで、和人はさらに抽送のスピードを上げていった。

恐ろしい速さで腰を動かし吸続けると、自身も激しい射精感を覚え始めた。

「エリザさん、俺も……、俺もイキそうです。一緒にイキましょう」

「はぐぅ……、私もイキたいです……。和人さん、中にたくさんお精子出してください。濃いお精子をビュルビュルって出されると、気持ちいいんです……。あはん、お願い、中に出してぇ……」

「もちろん中に出しますよ。たくさん精子出しますから心配しないでください……」

「あぅあぅ……、嬉しいですぅ……、早く、早くお精子を、おま×こに注いでくださいまし……」

その言葉を聞くと、より一層射精感が強くなった。

最早、限界はすぐそこまで忍び寄ってきている。

「うわぁ、エリザさん、出る! 精子が出そうです!」

「きゃぁ……、出して、お精子出して、そしてたくさんズボズボしてください!」

「出します、イキますよ!」

和人は大きく叫んだ。

すると、身体の奥底からオルガスムスが発生し、それが全身を包み込んでいく。

「うわぁぁぁぁ。出る! イクゥー!!」

「私も、らめ、限界……らめぇぇぇぇぇ!!」

二人の声がシンクロした瞬間、牡の欲望が一気に放出された。

ビュルビュルドピュと、勢いよく白濁色のスペルマが注がれていく。

「あぁん、お精子が出てます……、熱くて濃いお精子がたくさん……、私のお腹の中に……、うぐぅ、気持ちいい……、中出しセックス気持ちいいのぉ……」

「う、うぅぅ、精子が止まらない……、どんどん出てきます……」

「出して……、出してぇ……、最後の一滴まで絞り出してくださいまし……」

エリザも激しく昇天し、膣内をビクビクと痙攣させていった。ビュクっと、膣内が締まり、和人のザーメンをキュキュっと絞り出していくのであった。

(うわぁ、おま×こが締まって、精子が搾り取られる……、凄い感覚だ……)

頗る気持ちいい感覚に、和人は満足感を覚えていた。

そして、とうとう精子を出し尽くす……。

「エリザさん、気持ちよかったです。ありがとうございます」

「私も気持ちよかったです……、中出しされて、体力も気力も満タンになりました」

二人はそこで抱き合い、甘く蕩けるキスを展開していった。

ベッドの脇でマスターベーションに耽っていたルナが、すっくと立ち上がり、和人に迫っていく。

「和人、姉さま、終わったのね。じゃあ、次は私の番でしょ? 私の中にもおちん×ん挿れて……、もう我慢できないのぉ……」

淫らでエッチな要求を聞いた和人は、ルナをそっと抱きしめた。

「大丈夫、ちゃんとルナちゃんにも挿れてあげるから。今日はお尻に挿れてあげるよ……」

「ほ、本当にお尻でするの?」

「うん。してみたいんだ……。痛くないようにするから。安心して……。きっと気持ちよくなれるよ……」

と、和人が告げると、ルナはコクリと頷いた。

和人は、ルナを仰向けにさせると、脚を大きく前方に持っていき、アヌスを全開にさせた。

「ルナちゃん、さっき自分でお尻の穴弄ってたでしょ?」

と、和人が告げると、ルナは恥ずかしそうに答える。

「だ、だって、お尻でするって言ったから……。和人がそう言ったから……」

「うん、お尻気持ちいいでしょ?」

「はぐぅ……、気持ちいいけど、おちん×ん入るのかなぁ……?」

「大丈夫、ゆっくり入れるからね。準備はいいかい?」

ルナは静かに首を縦に振る。

それを見た和人は、自らの分身をゆっくりと肛孔に導いていった――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください