連載官能小説『サキュバス』第20回

連載官能小説『サキュバス』第20回

(初めてのアナルセックス……、あぁ、凄く楽しみだなぁ……)

と、和人は感じていた。

肉竿を、菊筋に押し当てると、そのままゆっくりと貫いていく。

(がはぁ……、あぁぁん、入ってきたぁ。おちん×ん、お尻に入ってきちゃったぁ……)

ずぶずぶずぶと、ペニスがアヌスに入っていった。

キュッと窄まった彼女の尻孔は、どこまでも窮屈であり、ペニスをギュギュっと締め付けていく。

「うわぁ、凄く狭い……、ち×ぽが噛み千切られるみたいだ」

「うぎぃ……、キツイ……、それにお尻が熱いよぉ……」

「ルナちゃん、大丈夫? 痛いの?」

「う、うぅ、そんなに痛くないけど、変な感じ……、あ、あのね、うんち出そう……」

「最初はゆっくり動くから大丈夫だよ。じゃあ動いていくからね」

と、和人は告げ、ゆっくりと腰を穿ち始める。

ずちょにちょと、ペニスが直腸内を切り開いていき、更に掻き回していく。

(あふぅ、こ、これがアナルセックスなの? あぁ、凄くキツくて苦しい……、あぁん、で、でも、何か気持ちいいかも……、お尻がじんじんして熱くなるのぉ……)

最初は、猛烈な排泄感があったが、それは次第に収まっていった。

すると、排泄感の代わりに、途轍もない快感が降ってきたのである。

「ルナちゃんのお尻、凄く締まる……、あぁ、気持ちよすぎるよ……」

「うぐぅ……、うはぁ……、和人、お尻、気持ちいいかも……。お尻の穴、ズコバコされるの気持ちいい……。興奮するのぉ……」

「うん。それに、ルナちゃんのアナルは、俺のちん×んにぴったりと吸い付くんだ。キュキュッと窄まって、ち×ぽを包み込んでく」

通常、アヌスを使ったセックスは、挿入口だけがキツく、内部が空洞ということが多々ある。しかし、ルナの直腸は、膣内のようにピッタリと吸いつき、ペニスを甘締めしていくのであった。

「うおぉぉぉ……、ルナちゃん、ああ、気持ちよすぎて堪んない……。どんどん腰が動いていくよ」

「はぁ……、も、もっと動いて……、激しく突かれると興奮しちゃう……。私、お尻の穴におちん×んを挿れられて、気持ちよくなってる。恥ずかしいのに……、あぁ、お尻、癖になっちゃうよぉ……」

ずりゅ、めりゅと、ペニスが直腸内を掻いていく。温かな内部の感触に包まれていくと、どこまでも心地よくなってしまう。和人はまさに、夢見心地の中にいた。

「和人……、和人……、あぁん。お尻、激しく突かれてる……。はぁん、激しいの……。お尻の中を滅茶苦茶にされて、あぁ、私、変になっちゃう……」

「変になっていいんだよ……。もっと、俺にエッチな姿を見せて」

「くぅぅん……、お尻、ジンジンしてる……。大きく広がっちゃうのに、止められないの……。気持ちよくて、どんどん突いて欲しくなるの……」

「たくさん突いてあげるからね。アナルで感じるルナちゃんも、凄く可愛いよ」

一定のリズムで腰をグラインドさせていく和人。

先ほどイッたばかりであるが、もう一度射精したくなる。

(あぁ、精子が暴発しそう……。でも我慢しないと……、まだ耐えないとダメだ。始まったばかりなんだから)

「和人のおちん×ん、お尻の中でビクビクしてる……。和人、イキそうなの?」

「まだ大丈夫……。イキたくなったらアナルに精子出すからね……」

「うん、お尻の中に精子欲しいの……、たくさん出してぇ……」

ルナの艶のある声を聴いていると、ますます興奮してくる。

素早く腰を動かし、快感を生み出していくのであった。

「はぁん……、うひぃ……、あぁぁ、あぁぁん、あぎゃぁ……、ハァ、ハァ……」

「ルナちゃん、一旦体位を変えようか? 今度は後ろから挿れたい」

「体位を変える? いいけど、後ろからしたいの?」

「うん。後ろから、思いっきりアナルを犯したいんだ……」

犯すという言葉に、ルナは思わずハッとする。

何というか、興奮の波が、身体中に襲い掛かってくるのである。

「ルナちゃん、四つん這いになって。そしたら、また挿れるから」

和人は一旦ペニスを引き抜いた。

ヌメヌメと光る怒張は、どこまでも淫猥に見える。

「四つん這いになったよぉ。早く、早く挿れて……、後ろからおち×ぽ挿れて、ズンズンって突いてぇ」

ルナは腰をフリフリと振りながら、和人を誘惑していく。

彼女の淫らな姿を見ていると、和人の怒張もさらに硬さを増していくのであった。

「ルナちゃん。後ろから挿れるからね」

「うん、早く来てぇ……」

和人は、ルナの臀部に手を置くと、双肉をクイッと開き、アヌスを露出させる。

そして、ヒクヒクと震える菊筋にペニスを押し当て、ずりゅっとめり込ませていった。

「ぐぐぐぐ……、うあぁ……、あぁん、後ろからおち×ぽが入ってくるぅ……」

「後ろから挿れても気持ちいい……。相変わらず、締まりが強くて最高だよ!」

パンパンパンと和人の恥骨が、ルナの臀部に当たり、音が出て行く。

彼はリズミカルに腰を動かすと、ペニスを奥の方まで挿入し、更なる快感を生み出していった。

「うひぃ、お、奥まで入ってる……。おちん×ん、奥まで入って、気持ちいいぉ……」

「うん。奥の方が気持ちいいんだね? そうしたら、奥を犯してあげるから」

「あひぃ、奥がいいのぉ。おち×ぽ、もっとズボズボしてぇ……」

正常位の時に比べると、後背位の挿入は、幾分か奥までペニスが届く。

ずっぽりと直腸内に、肉竿が埋まり、奥の方まで切り開いてくのであった。

「うぉぉ。ルナちゃんのお尻を犯してる……。ルナちゃんは俺のものだ……」

「あぅぅ、私、和人に犯されてるの? でも、犯されるの気持ちいい……。無理矢理、おちん×んをお尻に入れられて、感じてるの……、あぁん、ダメなのに、お尻はエッチぃことに使う穴じゃないのに……、どんどん気持ちよくなっちゃう……」

「ルナちゃん、お尻はエッチなことにも使えるんだよ……。だって、こんなに気持ちいいんだから。ルナちゃんだって気持ちいいって連発してるじゃんか」

「あひぃ、お尻……、気持ちいいの……、メリメリっておちん×んで貫かれると、気持ちよくなっちゃう……。ああぁん、もうダメ、止まらないぃ……」

やがて、小さなアクメが断続的にルナを襲い始める。

体中が痙攣したかのように震え、快感の塊が全身を包み込んでいく。

「ルナちゃん、身体が震えてるよ。もしかしてイッちゃった?」

「はぁん、イク……、イクゥ。気持ちよすぎてイッちゃうのぉ……」

ルナは激しく叫びながら、身体を捩らせる。

全身が性感帯になったかのように、鋭い悦楽が、降り注いでくるのであった。

「もっと、イカせてあげるよ。こんなのはどう?」

と、和人は告げ、手を前の方に回していく。

(あぁん、和人、一体何をしようとしてるの? あはぁ、これ以上、動かれたら、私狂っちゃうわ……)

あまりの快感に失神寸前になっているルナは、和人の新たな行動の前に、キッと身構える。

和人は、手を前に回すと、陰部に指を押し当て、なんと陰核を弄り始めたのである。

「あぁ、クリはダメだよ……、そんなとこ弄られたら、私……、アッ……ああ、あぁん」

陰核の包皮を剥き、白い女豆を露出させる。そして、ヒクヒクと震えるクリトリスを、指で摘まみ上げ、クリクリと刺激していくのであった。

「クリトリス弄ったら、お尻の穴がキュッと締まった。連動してるんだ……、凄いなぁ……」

「あぐぅ。クリちゃんクリクリしちゃらめぇぇぇー。またイッちゃう。またイッちゃうよぉ……」

ルナは再び、身体を痙攣させ、ビクビクと震えていった。

背中を思い切り弓なりにさせ、感じ続けていく。

(やっぱり、クリを弄ると、気持ちいいんだ。もっとイジメたくなるなぁ……)

和人は、陰核をキュッと強めに摘まみ上げる。

すると、ルナは堪らなくなったようで、桃色の吐息を吐き始めた。

「あぎゃぁ……、そんなに強く弄らないでぇ、クリちゃんは敏感なの……、大切に弄らないとらめなの……。優しくしてぇ……、アァァん、和人ぉ……」

アンアンと淫声を轟かせながら、ルナは感じ続けていく。

あまりに痛烈な刺激であるため、耐えるのが難しく、身体中に電流が走っていくかのようであった。

「次は、胸を弄ってあげるよ……、ルナちゃん、おっぱい弄られるのも好きだよね?」

「え? えぇぇぇ、おっぱいも弄るの……? ダメだよ……、そんな次から次にエッチなことしないでぇ……」

ルナは、口では嫌がっていたが、実は乳房を弄って欲しかった。

胸を揉みしだかれながら、突かれると、激しく興奮してしまうのである。

「ルナちゃんのおっぱい柔らかい……」

和人は左手で陰核を弄り、さらに空いた右手で乳房を弄り始める。

アヌス、陰核、乳房と、敏感な部分を次から次へと責められて、ルナは失神しそうになってしまう。

「あぁ、あぁぁん、おっぱいも気持ちいい……、乳首、弄られるの好きぃ……」

「乳首がいいんだね……、わかった。弄ってあげるよ」

指先をフルに使って、彼は乳首を弄りまわしていく。

プクっと立ち上がった胸の蕾は、どこまでも敏感であった。

「きゃあー……、乳首、コリコリされると気持ちいい……。私、お尻を犯されながら、おっぱいまで弄られてる……。変態みたいだけど、物凄く気持ちいいの……、はぁん、止まらない……、気持ちいいのが止まらないのぉ……」

「俺もち×ぽが気持ちいいよ……、ルナちゃんのお尻も気持ちいいし、乳首がクリを弄るのも楽しいよ……、だから、もっと気持ちよくなって、たくさんイッていいからね」

と、言った和人であったが、彼も次第に限界を迎え始めた。

じわじわとペニス全体が熱くなり、気持ちよさの塊が、肉竿を包み込んでいくのである。

「和人、私またイッちゃう……、お尻がおま×こみたいになってるぅ……、物凄く気持ちいのぉ……、クリやおっぱい弄られながら、お尻を突かれると、イッちゃいそうになるよぉ……。あはぁん、ああぁあ、らめぇぇぇぇー!!」

「ルナちゃん、俺もイキそう……。精子出そうだよ……、出してもイイ? お尻の中に?」

「うん。出してぇ、いっぱい精子頂戴……。ビュルビュルってたくさん精子が欲しいのぉ……」

「わかった。いっぱい出すからね……。うぉぉー」

和人は最後の力を振り絞って抽送を続けていく。

ペニスは暴発寸前になり、圧倒的なオルガスムスを覚えていくのであった。

「うわぁぁ、ダメだ! イク、出るよ、精子が出るぅ……」

「出して! お願い。お尻の中にたくさん精子頂戴ぃ!」

ルナは叫んだ。彼女も再びアクメを迎え、身体中を震わせてイッた。

そして、和人自身も牡の欲望を一気に放出していく。大量のスペルマがルナの直腸内に注がれていく。

「きゃぁん……、お尻の中に、たくさんの精子が出てる……、ビュッビュッて出て、凄く気持ちいいのぉ……、あぁ、狂っちゃうよぉ……」

大量の精液を流し込まれ、感極まるルナ。あまりの気持ちよさに、失神寸前であった。

「ルナちゃん、精子が止まらないよ……、あぁ、出てる……、ドロドロの精子がたくさん……」

「うん。いっぱい出して、私を精子まみれにしてぇ……」

こうして、二人のアナルセックスは終わりを告げた。

二人の美少女を前に、たくさんのセックスができて和人は満足している。

「和人さん、あ、あの、もう一度お精子注いでください。まだ、満足できないんです」

二人の情事を見ていたエリザが、物欲しそうな表情を浮かべ、和人に迫っていく。

すると、ルナも彼の元に忍び寄り、催促するように告げる。

「和人、私もよ。今度はおま×こに精子を注いで。そうしないと、満足できないんだから……」

「わかったよ。ちゃんとするから、落ち着いて……、俺、まだまだ出来るから」

「きゃぁ、嬉しいです……。じゃあ次はまた私に挿れて下さいまし」

と、エリザが歓喜の表情を浮かべる。

三人のセックスはまだまだ終わりそうにない。

和人はグッと握りこぶしを作ると、更なる快感を求めて、肉棒を扱いていくのであった――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください