連載官能小説『サキュバス』第21回

連載官能小説『サキュバス』第21回

(俺、本当に帰れるのかなぁ……)

エリザとルナとの3Pセックスを終えた後も、彼はコンスタントに二人と寝続けた。それは、どこまでも心地いいひと時であり、彼を満足させたのである。

(ずっとこのままじゃ、流石に不味いよな)

そう、彼はこの世界の人間ではない。

つまり、帰るべき場所があるのだ。しかし、その帰る方法がわからない。

(そういえば、マリアさんが、何か方法があるって言ってたけれど……、あれはどうなったんだろう??)

アウグスト家は、アルヴェスト王国の中でも、有数の貴族の一族であり、その家長であるマリアは、常に忙しい日々を送っていた。時に晩餐会、時に舞踏会、様々な催し物があるのだ。

(早く、マリアさん帰ってこないかなぁ……)

エリザやルナとセックスするのは気持ちいい。頗る気分がよくなるし、エリザもルナも満足してくれている。ただ、このままではいけないというものわかっている。

(何とか、帰る方法を探さないと……)

彼が一人、あてがわれた部屋でぼんやりとしていると、不意にトビラがノックされた。

時刻を見ると、夜の8時を回っている。一体、誰だろうか?

「はい。どうぞ……」

「和人さん、私です。マリアです」

と言う、マリアの声が聞こえた。そして、トビラの向こうから、シックなシュミーズを着たマリアが入ってきた。

「マリアさん、どうかしたんですか?」

「ウフフ。いいお話があるのよ」

「いい話ですか?」

「そう。貴方の帰る方法がわかりました」

「本当ですか?」

「えぇ。でもね、貴方にも頑張ってもらわないといけないの」

「俺、帰れるんなら、何でもしますよ」

「慌てないで。貴方には、私たちに精子を注いでほしいの……」

それはあまりにも唐突で、エッチすぎる話であった。

和人は思わず顔を赤らめ、マリアの反応を待つ。

「クス。そういう反応になるわよね。ほら、この間にも少し言ったでしょう? サキュバスは精液を注がれると、その力が最大になるの。そして、その力を使って、この空間に穴を開け、貴方のいた世界と繋げるのよ。もちろん、私一人の力では足りないの。エリザやルナの力も必要ね」

「俺が、マリアさんやエリザさん、そしてルナちゃんに精子を注げばいいんですか?」

「早い話、そうなるわね。勿論、一度だけではなく、何度もね。どう? できそうかしら??」

「大丈夫だと思います。帰れるんなら、俺、頑張りますよ」

「よかったわ。今日はね、そのためのアイテムも持ってきたの」

「アイテムですか?」

「えぇ。アルヴェスト王国にはね、魔力の宿った神器が多数あるの。その中に、空間に穴を開けるための鏡があるのよ。由緒正しい貴族の方が、これを所有していてね、それを貸してもらったの。なかなか大変だったのよ。でも、貴方のために、頑張ったの」

マリアはそう言うと、パチンと、指を鳴らした。

すると、彼女の後方から執事が顔を出し、両手に持った大きな鏡を見せつける。

「これがね、例の鏡。マーヴェラスの鏡っていうのよ。サキュバスの魔力が最大に高まると、力を発揮するアイテムでね、異世界とのトビラを開けるのが、この鏡の特徴。だから、これを使えば、貴方は帰れるわよ」

「う、嬉しいです。俺……。ま、マリアさん、ありがとうございます」

再び、マリアが指を鳴らすと、執事は鏡を持ったまま、彼の部屋から出て行った。

それを見届けた後、マリアが口を開く。

「でも、何か寂しいわね……」

ふと、マリアが寂しそうな顔を浮かべた。

その表情は、非常に悩ましく、艶っぽくもあり、和人をドキンとさせるのであった。

「寂しい……、ですか??」

「ええ。だって、貴方のような精力が絶大の殿方って、この世界にはいないのですもの……。和人さん、貴方だから、何度もセックスができるのよ。アルヴェスト王国の男性じゃ、絶対に不可能だもの……」

「まぁ、俺は若いですし……。相手がマリアさんたちだから、何度もできるんです」

「フフ。ありがとう。それじゃこの鏡を使って、貴方を元いた世界に返してあげましょう。そうと決まれば、早い方がいいわね……。今日はエリザがいないから、明日にしましょうか。明日、私とエリザ、そしてルナと貴方を合わせた4人でセックスするの。そして、私たちに中出しをして、魔力を最大に高め、このマーヴェラスの鏡を使って、空間に穴を開けます。後は、貴方の世界と繋がるのを待つだけ。それが終われば、貴方は元いた世界に戻れますよ」

「ありがとうございます。明日ですね……」

明日。自分はこの世界を去る。

少しだけ、寂しさもある。曲りなりにも、一カ月近く滞在したのである。

(アウグスト家にはお世話になったな……、確かに、寂しさもあるな)

と、和人は感じていた。

彼は哀愁を感じさせる表情を浮かべている。すると、それを見ていたマリアが、彼に向かって声を出す。

「和人さん。明日、貴方はいなくなります。もう会えないかもしれないわね……。だから、今夜私を抱いてくれないかしら」

「俺が……、マリアさんを……??」

「そう。明日で最後なんて、寂しいじゃないの。だから、今夜も抱いて欲しいの。そして、私の中に大量の精子をたくさん注いで」

それは嬉しい提案であった。エッチが好きな和人の怒張は、みるみる大きくなっていく。

「あ、あの、マリアさん、それなら、マリアさんのお尻を犯してもいいですか? 実はルナちゃんとアナルセックスをして、その気持ちよさにびっくりしたんです……」

「まぁまぁ、お尻がイイの? 私、そんな不浄なところを使ったことないわ……、大丈夫かしら?」

「最初はゆっくりしますから……」

「和人さんがそう言うなら……、イイでしょう。私のアナルバージンを貰ってちょうだい……。最後にいい思い出になるわ」

「あ、ありがとうございます……。じゃあ、早速しましょう」

そう言い、和人はベッドにマリアを呼び寄せる。

彼が眠っているベッドは、ゲスト用であるが、ダブルサイズという大きさであった。

「あぁ、和人さん、お尻なんてやっぱり汚いわ……」

と、不安そうにマリアが告げる。既に顔には朱色の色が混じっている。

「大丈夫です。マリアさんの身体に汚い場所なんてないですよ……。それに、アナルって凄い気持ちいいみたいですよ……。ルナちゃんは失神しそうでしたから」

「ルナが……、あの子、強情なのに……。そんなにイイのなら、私にもしてくださる? 頑張ってやってみましょう」

「はい。じゃあ、こっちに……」

和人は、マリアの着ている白レースのシュミーズを脱がした。すると、繊細なレースと透け感のあるブラとショーツが露になる。かなりセクシーな下着であり、それを見た和人はビクッとペニスを震わせた。

「マリアさんの下着、凄くセクシーです……」

「はぁん……、貴方のために選んだのよ。少し大胆過ぎたかしら?」

「いえ、そんなことありません。マリアさんは美しいから、このくらいセクシーな下着の方が似合いますよ」

「ウフフ……、ありがとう。それじゃしましょうか?」

「わかりました」

和人はそう言うと、マリアの唇に、自分の唇を押し当てた。

そして、その勢いを利用して、彼女をゆっくりと押し倒していく。

(マリアさん、凄いイイ匂いがするよ……)

立ち昇るマリアの体臭は、香水やフェロモン臭が入り混じり、どこまでも高貴な香りであった。また、こんな匂いを嗅いでしまうと、どんどん興奮する自分がいるのであった。

(私、お尻を犯されるのね……。一体、どうなってしまうんだろう……。あぁ、お尻は初めてなの……、まるで生娘みたいに、緊張してる……)

マリアは緊張しているのか、身体がガチガチに固まっていた。

和人は、緊張感を和らげようと、キスの雨を降らせ、そして、脚を大きく広げていった。

(マリアさんのおま×こ、トロトロに濡れてる。キスで興奮したのかな??)

マリアの秘唇はしっとりと濡れており、ヌルヌルと滑っていた。

しかし、今回使うのは膣孔ではない。もっと卑猥な肛孔を使うのである。

「マリアさんのお尻の穴、凄くキレイです……。ムダ毛が一本もなくてツルツルです」

「あぁん、恥ずかしいわ……。あんまり見ないでぇ……」

脚を大きく広げ、さらに前方に持っていく。赤子のおむつを替えるような体勢になり。秘唇だけでなく、アヌスまで全開になったのである。

「お尻の穴に指を挿れてみますね……」

「きゃぁ……、ほ、ホントにするの? あぁ、そんな孔、汚いのに……」

「汚くなんてないですよ、エッチな匂いがして興奮します」

性器やアヌスからは、ムンムンとした性臭がしとどに漂っている。

その匂いを嗅ぎまくり、彼の怒張はビンビンに膨れ上がった。

「指を挿れます。マリアさん、力を抜いてください」

そう言い、和人はゆっくりと人差し指を菊孔に導いていった。

キュッと窄まった肛穴は、締め付けが強烈で、指をグググと締め付けていった。

「うわぁ、凄い締め付けですよ。指が、指が……、キュッと締め付けられる……」

「あひぃ……、あぁん、指がお尻の中に……、はぁ、何か変な感じ……」

「その内、気持ちよくなりますよ……、安心してください」

和人は、指をずっぽりと奥まで入れると、菊筋に向かって唾液を垂らし、それを潤滑油代わりにして、指を動かしていく。

(はぅぅ……、お尻をクリクリされてる……、指で思いっきり掻き回されちゃってるの……はぁん、いけないことなのに……、どうしてか、気持ちよくなってしまう……)

挿れた直後は、強烈な排泄感があったが、次第にそれは収まっていく。

その代わり、尻孔が熱くなり、じわじわと快感が降り注いできた。

「お尻の穴がヒクヒクしてます……、気持ちいいですか? マリアさん??」

「うひぃ……、あぁ、指がお尻の中を掻き回して……、あぁん、気持ちいいわ……、おま×ことは違った刺激があるの……」

「おま×ことお尻、どっちが気持ちいいですか?」

「きゃぁ、どっちもお尻もおま×こも両方気持ちいい……。両方弄ってぇ……」

「マリアさんは欲張りですね。でもいいですよ、おま×ことお尻、両方犯してあげます……」

と、和人は告げると、空いた指を膣孔に突っ込んだ。

そして、奥深くまで挿入すると、激しくピストンさせ始める。

「あぁ、おま×ことお尻、両方に指を挿れられてる……、あはぁん、凄い感覚……、気持ちよすぎて、おかしくなっちゃいそう……」

マリアは身体を捩らせて快感を表現していく。

それに気をよくした和人は、ますます抽送のスピードを上げていくのであった。

「おま×ことお尻に指を挿れられて、マリアさんは感じてるんだ……。本当にエッチですね」

「はぁん、そう、エッチなの……、私、エッチなことが大好きなのぉ……」

マリアはアンアンと淫声を届かせながら、身体中で感じ始めていく。

膣内とアヌスを両方弄られて、形容しがたい快感が襲い掛かってくるのだ。

「マリアさん。クリトリスも弄ってあげますよ。ほら、クリクリクリー」

和人は、親指で陰核を弄り始めた。

こんな風にされると、マリアも堪らない……。ガクガクと身体を震わせ、快感を覚えていく。

「あぁん、そんな……、クリを弄られたら、私、イッちゃう……、あぁ、イク……、イッてもイイ?」

「もちろんです。激しくイッて下さい。お尻もイイ感じに広がってますよ……」

三か所を同時に責められ、マリアは激しくアクメを感じる。

身体中が性感帯になったかのように、過敏に反応していくのであった。

「あぁ、ダメ! イク、イッちゃうわぁ!!」

マリアが激しく叫んだ。

大きなオルガスムスを感じ、彼女はそのまま果ててしまった。

(あぁ。私イッてる……、おま×ことお尻に指を挿れられて、激しくイッちゃてるのぉ……、恥ずかしい……、でも最高に気持ちいいぃ……)

打ち上げられた魚のように身体を痙攣させると、マリアはそのままぐったりとしてしまう。イキ狂っているが、もっとイキたくて堪らない。彼女は物欲しそうな表情で、和人を見つめる。

「和人さん、早くお尻に……、お尻の穴におちん×ん挿れて下さい」

「わかってますよ。アナルにずっぽりち×ぽを挿れてあげますからね。安心してください」

「う、うぅ……、早く……、お願い、お尻が疼いて仕方ないの……、早く大きなおちん×ん挿れてぇ」

マリアはクネクネと身体を動かし、官能的なダンスを踊る。

和人はその妖艶な踊りを見ながら、自らの怒張を扱き、それを菊筋に導いていくのであった――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください