連載官能小説『サキュバス』第22回

連載官能小説『サキュバス』第22回

(マリアさんのお尻、一体どんな感じなんだろう? 凄く楽しみだぞ……)

淡い欲望を胸に、和人は肛孔にペニスを押し当てていく。

そして、いきり立った肉竿を、ゆっくりと挿入していった。

「あぁ、あぁん、おちん×ん大きいぃ……。お尻が凄く熱くて……、あぁ……、これがアナルセックスなのね……」

「ずぶずぶってち×ぽが入っていきますよ……。凄い感覚だ」

マリアのアヌスは、入り口が強烈に狭く、中はフワフワとしていた。

ルナのアヌスは、ぴったりとペニスに吸いついたが、マリアの場合、少し違っていて、全体を淡く包み込む感じである。

(マリアさんの中、温かくて気持ちいいや……)

「か、和人さん、苦しい……、お尻が熱くて……、あぁん、はぁう、もよおしそうですぅ……」

「少し我慢してください。その内慣れますから」

和人はそう言うと、ゆっくりとペニスを穿ち始める。

じゅちゅ、にちゅと、淫猥な音が鳴り響き、和人の耳に心地よく届いた。

「はぐぅ……、お尻が……、お尻が捲れちゃう……。はぁぁ……、あぁぁん」

強烈な排泄感が、マリアを襲っていく。ただ、少しずつ尻孔が柔軟になっていき、ペニスがスムーズに動くようになっていくのであった。

「マリアさんのお尻、締め付けが物凄くて、ペニスが千切れそうですよ……」

「はぐぅ……、う、うぅぅ……、お尻の穴をズボズボ犯されて……、私、変になっちゃいます……。あふぅ。変になるぅ……、もっと変にさせてぇ……」

マリアは淫声を轟かす。

耳に溶け込んでいく甘い声を聴いていると、和人のボルテージも上がっていくのであった。

「少しずつ動きを速めていきますからね?」

「はぅ……、速く動くの? あ、あぁん、お尻が火傷するみたいに熱くなってる……。でも、イイわ。速く動いて、私を滅茶苦茶にしてぇ……」

アヌスへの挿入が初めてであるマリアであったが、徐々に快感を覚え始めた。

肛孔がじんわりと熱くなり、それでいて、甘い悦楽が降り注いでくるのだ。

「うわぁ、メリメリと奥までち×ぽが入っていきます……。う、うぅ。これは気持ちいいぞ……。マリアさんはどうです? 気持ちいいですか?」

「あぁん。気持ちいい……。お尻を突かれるの、気持ちいいのぉ……、はぅん、これってなんだか癖になりそうよ。お尻の虜になってしまうわぁ……」

「そのまま虜になってください……。何度でもイッていいんですから」

「はぐぅ。お尻でイッちゃう……、お尻の穴を、穿られて気持ちよくなってるのぉ……、あぁん、気持ちいいわぁ……」

突かれるほどに、快感は強まっていく。

あられもない姿にされて、強引に尻孔を突かれているというのに、激しい悦楽が襲ってくるのであった。

「マリアさん、おま×ことお尻、どっちがいいですか? どっちが気持ちいいですか??」

「あふぅん、どっちも……、どっちもイイの、どっちかなんて選べないわぁ……。両方よくて、心地よくなってしまうの……」

「そうですか。なら、おま×こも触ってあげますよ……。両方の穴で気持ちよくなってください」

と、和人は言い、マリアの脚を高く掲げ、まんぐり返しに近い形にさせた。器用に菊門にペニスを挿入し、さらに膣口を指でくりくりと擦り始めた。

「マリアさん、おま×こが濡れ濡れですよ。お尻の穴にち×ぽ挿れられて、おま×こ濡らしてしまったんですか?」

「ハァ……、アッ……。だって、だってぇ、こんな風にエッチな格好させられたら、おま×こが興奮して濡れてしまうわ……。仕方ないの……」

「お尻を犯されておま×こ濡らすなんて、マリアさんは天性の淫乱だ……。最高ですよ。もっとトロトロになったおま×こを見せてください……。ほら、こんなに指がぐっしょりだ」

秘唇に軽く指を押し当てただけで、忽ち指は淫蜜で濡れてしまう。

キラキラと輝く指先、マリアに見せると、彼女は沸騰したように顔を赤くさせた。

(和人さん、私を辱めているのね……。そうやって楽しむつもりなんだわ……。うぐぅ、恥ずかしいぃ、エッチな格好して、お尻の穴におちん×ん挿れられてるのに、凄く気持ちよくなってしまうの……。はぁ、はぁん、止まらない……、お尻がズキズキ疼いて……、もうダメェェェ!)

和人は、身体を前傾にさせていき、マリアに覆い被さった。

そして、その状態で顔を近づけ、彼女の唇を奪っていく。

(マリアさんにキスしたい……、あぁ、堪んないよ……)

マリアの首元から立ち昇る、ふんわりとした女臭に、和人はくらくらし始めた。

その高貴な匂いを嗅ぎながら、自らの唇を、マリアの唇の押し当て、甘いキスを展開していく。

(あぁん、私、お尻におち×ぽ挿れられたまま、キスされてる……。変態セックスしてるのに、キスまでされて、私、おかしくなってしまうわ……。和人さん、和人さん……)

和人の名前を呟きながら、蕩けるようなキスを受けるマリア。

堪らなくなったマリアは、自らの舌を和人の口腔内に挿れ、唾液を啜っていく。

(マリアさんが舌を絡めてきた。凄い熱くて、溶けるみたいだ……)

お互いの舌を絡めあい、ディープなキスを生み出していく。

本気のセックスをしているような感覚になり、二人は夢見心地になっていった。

「んちゅ……、にちゃ……、ちゅぱ、にちょ、ちゅぱん……」

激しいキスを展開していくと、マリアの口元から涎が滴り落ちていった。

それがシーツの上に流れ、うっすらとした染みを作っていく。

「んちゃ……、マリアさん、クリ……、クリを弄られたらどうです?」

「え? クリを……、クリを弄るの……。そんなダメよ……、そんなことされたら、私イッてしまうわ」

「イッていいですよ……。何度でもイカせてあげます……。イキ狂った姿を、俺に見せてください……」

「はぐぅ……、らめ、らめぇぇぇぇ!」

マリアさの叫び声を聞きながら、和人は姿勢を起こしていく。

結合部からは立ち昇る性臭が漂い、ムンムンとしていた。和人は、陰核を指で弄ると、そこをクリクリと刺激し始めた。

「きゃぁ、クリ、クリ気持ちいいの……。お尻を突かれながら、クリちゃんまで刺激されてるぅ……。ハァ、ハァ……、もうダメ……、動けなくなってしまうわ……」

マリアは貫かれたのように、身体をビクつかせた。

次第にアクメが大きくなっていき、快感の塊が全身を包み込んでいく。

(マリアさんのクリトリス、小刻みに震えてる……。よし、もっと弄ってやるぞ……)

和人は、女豆を露出させ、そこを強引に弄り始めた。

次の瞬間、マリアは劈くように叫び、目をキュッと閉じる。

「あぁん、らめ! そんなに強く弄ったら……、わ、私、本当にイッてしまう……」

ガクガクと身体を震わせながら、マリアはアクメを感じ始める。

ジンジンとした悦楽に包まれて、彼女は昇天してしまった。

「マリアさん、イッたんですか? お尻を突かれながら、クリトリス弄られて、気持ちよくなってしまったんですね?」

「はぅ……、そ、そうみたい……、私、こんな変態みたいな恰好で、お尻を穿られえて、イッてしまったの……」

一度イッたからといって、和人の抽送は止まらない。

敏感になった陰部を指で擦りながら、アヌスへの一撃を繰り出していく。

「はぁん……、イッたばかりなのに……、そんなに強く突かないで……、お願いぃ、お尻が捲れて広がってしまうわぁ……」

「お尻の穴、どんどん広がっていますよ。俺の大きなち×ぽが、こんなにずっぽり入っているんですから……」

メリメリと直腸内を切り開き、いきり立った怒張が奥の方まで届く。

フワフワとした、挿入の感覚が心地よく、和人を満足させていくのであった。

「マリアさん、今度は後ろから突いてあげます……。四つん這いになってください……」

「四つん這いね……。わかったわ、イイわよ……、たっぷりと私を犯してぇ」

彼女を四つん這いにさせ、くぱぁと広がった肛穴に再びペニスを挿入していく。

そして、激しい勢いでガンガンと突き始める。

「あぐぅ……、あぁ、激しい……、まるで獣みたいよ……。お尻の穴をズコバコ突かれて、私、どんどん変態になっていく……」

「後ろから突くと、ち×ぽが奥まで刺さりますね……。堪りませんよ」

「はぎゃぁ……、激しいの好きぃ……、エッチな格好で、お尻を突かれると、気持ちいいのぃのぉ、まるでレイプされてみるみたい……」

レイプ願望があるわけではないが、激しくアナルセックスをされて、マリアは強く興奮していた。強引に牡の象徴を突っ込まれると、どこか安心し、心地よくなってしまうのである。

「う、うぅぅ……、お尻がどんどん広がる……。知らなかったわぁ、お尻がこんなに気持ちいいなんて……、凄い感覚よぉ……」

マリアは激しい快感を覚えて、腰をフリフリと振り始める。

その動きに合わせて、和人は腰をグラインドさせ、突きの一撃を繰り出していった。

「マリアさん、おっぱいも弄ってあげますよ……」

「はぅぅ。弄って、おっぱいも乱暴に揉んでぇ、そうされると、興奮しちゃうのぉ」

「マリアさんは強引なのが好きなんですね? 本当に淫乱だ……。まるでセックスをするために生まれたみたいですよ……」

「そうなの。私セックスが大好きなの……。夫を喪ってからずっとしていなかったから、その反動で、激しく求めてしまうのぉ……」

和人は手を前の方に回し、マリアの大きな乳房を揉み始めた。

彼女の言葉通り、やや乱暴に揉みくちゃにしていく。

「あぁ、激しい……、おっぱい乱暴に揉まれて、私興奮しちゃってる……。あぁん」

「マリアさんのおっぱい、凄く柔らかい……、マシュマロみたいですよ」

ふんわりと柔らかい乳房を揉みながら、アヌスへの一撃は忘れない。

再び、マリアはアクメを覚え、白目をむいて感じ始めた。

「はぅん……、ま、また、イッちゃう……、おっぱい揉まれながら、イッちゃうのぉ……」

「イッて下さい。乳首も弄ってあげますよ……」

ビクビクと反応していくマリアを尻目に、和人は乳首を捏ね繰り回していく。

胸の蕾をキュッと摘まむと、プクっと膨らみ、ヒクヒクと動いていった。

「あぁ、マリアさん、最高ですよ……。本当に気持ちいい……、ち×ぽが蕩けそうだ……」

「私も気持ちいい……。後ろからお尻を突かれて、気持ちよくなってるのぉ……。もっとしてぇ、ずぼずぼって、おちん×んで掻き回してぇ……」

マリアの艶のある声が、室内に響き渡っていく。

次第に、和人も射精感を覚え始める。

(うぐぅ……、あぁ、気持ちよくて、精子が出ちゃいそうだ……)

和人のペニスがビクビクと痙攣していく。

その様子に過敏になった直腸で、マリアは感じ取っていた。

「和人さん、イキそうなんですか?」

「はい、精子出そうです……。お尻の中に出していいですか?」

「出してぇ、たくさんの精子をお尻に頂戴……。お願いぃ」

「わかりました。たくさん出しますからね……」

じわじわとしたオルガスムスが、和人の全身を貫いていく。

圧倒的な心地よさを前に、彼はとうとう牡の欲望を発散させるのであった。

「うわぁぁー! イク、出ます……。精子が出る」

「出してぇ。お尻のたくさんの精子を……、うぅ、あぁぁん……」

ビュルビュルドピュと、激しく子種が放出させる。

過敏になった直腸全体で、マリアはスペルマを受け止めていくのであった。

「あぐぅ……、あぁあん、精子が出てる……、私のお尻の中に……、あぁん、精子がたくさん……」

「どんどん精子が出てきます……、うわぁ、止まらない……」

「ビュッビュッて精子を出されると気持ちいいの……、お尻が熱くなって堪らないぃ……。う、うぅぅ……、最後の一滴まで搾り取ってあげるわぁ……」

肛孔をキュッと締め付けると、マリアは肉竿を包み込み、最後の一滴まで精液を搾り取っていくのであった。

対する和人は放心状態である。激しい快感を前に、身も心も心地よくなっていく。

「マリアさん、最高でした……。凄く気持ちよかったです……」

「私もよ……、おちん×んをお尻に挿れられて、ズボズボってされて、心地よくなってまったの……、和人さん、あなたのおち×ぽ、本当に最高よぉ……」

アナルセックスを終えた二人は、激しい抱擁を交わす。

そして、キスの雨を降らせながら、アナルセックスの余韻に浸っていく。

(こんな生活も、もう終わりなんだ。寂しいけど、元いた場所に帰らないと……)

と、和人は感じていた。

同時にその思いを馳せながら、マリアをギュッと抱きしめるのであった――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください