連載官能小説『エッチな家庭教師たちとラブラブレッスン』第3回

連載官能小説『エッチな家庭教師たちとラブラブレッスン』第3回

初めてのセックス。それだけに、勝の気分は高揚していた。

一体、どれくらい気持ちいいのだろうか?

(手コキでも、凄かったから、きっとセックスはもっと気持ちいいはずだ……)

「勝。挿れる場所わかるわよね?」

「はい。ただ、上手くいかなくて」

ペニスを挿入するのは、これが初めてであるため、なかなか上手くいかなかった。

膣口にペニスを押し当てるのだが、ヌルヌルとしていて、簡単に挿入できない。

「ここに挿れるのよ。ほら、こうやって……」

身を起こし、奏が勝のペニスを支え、自身の蜜壺に押し当てる。

ここまでして、ようやく怒張が胎内に吸い込まれていった。

(あぁ、入っていく……、ヌルヌルして気持ちいい……)

ペニスが膣壁を擦り、耐えがたい快感が全身を貫いていく。

マスターベーションの気持ちよさとは、全く次元が違っているのだ。

(これがセックス。やっぱり気持ちいいんだ……)

あまりの快感に、勝は感動していた。同時に、少し腰を動かすだけで、忽ちイッてしまいそうになる。

(気を引き締めないと、直ぐにイッちゃいそうだよ)

「勝、最初はゆっくり動いてよね。女の子のあそこってデリケートだから」

「わ、わかりました。ゆっくりですね」

「そう。おま×この中をおち×ぽでシコシコするの。そのくらいならできるでしょ?」

「はい、大丈夫だと思います」

言われるままに、勝はゆっくりと腰を動かし始める。

キュッと締まった膣内の刺激に、身も心も心地よくなっていくのであった。

(凄いなぁ……、ヌメヌメして、ち×ぽにぴったりと絡みついてくる。セックスってこんなに気持ちよかったんだ)

「う、うぅ、くぅ……。あんたって年下の癖に生意気なのよ。私のおま×こにち×ぽ挿れたいなんて、普通じゃないわ」

「だって、挿れたくて仕方ないんです。でも、先生とこうして合体できて嬉しいです。それに、凄い気持ちいいです。先生はどうですか?」

どうですか? と、問われ、奏は解答に迷う。

確かに、セックスは気持ちいい。だが、ここで認めてしまうと、何となく屈服した気分になってしまう。

「ま、まぁまぁよ。初めての割には上手いと思うけど」

「本当ですか? うわぁ、ありがとうございます。俺、もっと先生を気持ちよくさせるために、頑張りますから」

「少しずつ、動きを速めていくの……、うん。そんな感じで……。だけど、急いじゃダメよ。童貞って簡単にイッちゃうんだからね。あんまり早くイッたら承知しないわよ」

「はい。なるべく我慢します……。でも、あまりに気持ちよくて……。そ、その、イッちゃいそうです」

「我慢して……、男でしょ。自分だけ気持ちよくなって、ハイ終わりじゃだめよ。絶対に許さないんだからね」

「先生は厳しいです……。で、でも、頑張ります……」

射精感は、徐々にせり上がってくる。じんじんとペニスが熱くなり、暴発寸前なほど、膨れ上がっているのだ。

(うぅ。参ったな、イキそうだ。だけど、我慢しないと……)

アヌスに力を入れて、勝は必死になって射精感を押さえ込んだ。

下腹部にグッと力を入れると、幾分か射精感が収まり、再び抽送できるようになった。

「もっと、奥まで突いて。挿入が浅いわよ、勝!」

「はい。奥まで突けばいいんですね?」

「そう。そうすると、おま×この中をち×ぽが擦って気持ちよくなれるの。あんただってもっと気持ちよくなりたいでしょ」

「奥まで入れると、直ぐにイッちゃいそうになるんです。あうぅぅ……」

半ば泣きそうになりながら、ピストンを続ける勝。

あまりに気持ちいいため、我慢するのがしんどくなっていくのである。

「ダメよ。そんなに簡単にはイカさないんだからね。もっと、私を気持ちよくさせて……」

「はい。俺、頑張ります」

抽送を続けながら、勝は姿勢をやや前傾にさせた。

そして、奏の顔に自分の顔を近づけると、そのまま唇を奪っていく。

「んちゅ、にちゅ……、んんちゅ……」

(あぁ、私、勝にキスされてる……。キスなんて久しぶりなのに……。あぁん、で、でも、気持ちいい……、キスされながら、おま×こ突かれるの気持ちいい……)

興奮しきっている勝は、自分の舌を奏の口腔内に入れ込んでいく。そして、舌同士を絡め、激しく唾液を啜り始めた。

「んじゅる……、じゅるじゅる……、んんじゅん……」

ディープなキスが展開され、口元から唾液が滴り落ちていく。

貪るようにキスをしていくと、脳髄が刺激されてフワフワとしていくのであった。

(先生とのキス、堪らない……。先生の唾液って仄かに甘くてハチミツみたいだ……)

キスも初めてであるが、見様見真似で口づけを展開していく。

「先生、おっぱい……、おっぱいも見せてください……」

「え? 何を言ってるのよ?」

「セックスしながら、おっぱい舐めたいんです」

「んんあぁ……、あぁん、イイわ。服を脱がして」

勝は挿入を続けながら、奏の着ていたブラウスを脱がした。

すると、あっという間にブラのみになる。

「先生、ブラってどうやって外せばいいんですか?」

「後ろのホックがあるから、それを外せばいいの……。できそう?」

そう言いながら、奏は姿勢を起こし、ブラが外しやすいような体勢を取った。

素早く勝は、彼女の背中に手を回し、後ろのホックの位置を探る。

(う、うぅ、ホックで外しにくいな……、でも……)

何とか、ホックに手をかけ、ようやくブラを外す。

プルンと豊満な乳房が露になる。

「先生のおっぱい、大きいです……。それに凄いキレイな形をしてます」

「と、当然でしょ……。なんてったって私なんだから」

支離滅裂なことを口走る奏であったが、興奮している勝は特に気にしなかった。

ただ、プルプルと震える乳房に手を伸ばし、ゆっくりと揉み始める。

(これが女の人の胸なんだ。凄い柔らかい……)

「んんん、んぁ……、触り方がヤらしいわよ、勝」

「ヤらしいことしてるんですから、しょうがないです。おっぱい揉まれると感じるんですか?」

「う~ん、どうなんだろう……、よくわかんない。でも、おち×ぽでおま×こ突かれながら、おっぱい揉まれると興奮するわ……。発情してるみたい」

「なら、もっと発情してください。エッチになった先生の姿が見たいんです」

「勝、胸を揉むのはいいけど、乱暴にしちゃダメよ、丁寧に扱うの……」

「はい、もちろんです。優しく触ります」

まるで割れ物を扱うように、勝は乳房に触れていく。

プニプニと柔らかく、巨大なマシュマロを触っているような気分になる。

「乳首も、乳首も弄って、勝……」

「乳首ですね。わかりました」

指で乳首を捏ね繰り回すように摘まんでいく。すると、プクっと乳首が膨らみ、花の蕾のようになる。

「はぁん、乳首気持ちいいわ……、乳首抓られながら、おま×こ突かれるの気持ちいい……。その調子でやりなさい。イイ感じだから」

「先生、おっぱい舐めてもいいですか? もう我慢できません」

「イイわよ、たっぷり舐めなさい。その代わり、終わったらちゃんと勉強するのよ……」

「はうぅ、ありがとうございます……、んんちゅ……、にちゅ……」

勝は顔を乳房に近づけていく。すると、ふんわりした甘い香りが鼻を突いた。

若い女性特有の体臭と、馨しい性臭が入り混じり、高貴な匂いを発生させている。

「先生のおっぱい、イイ匂いがします」

「ば、バカ! 匂い嗅ぐなんて変態よ……。年下の癖にぃ」

「あまりにイイ匂いすぎて我慢できません。んん、あぁ、堪んない……」

「ほら、匂いばっかり嗅いでないで、しっかり舐めて、おっぱいベロベロに舐めなさい!」

「あうぅぅ、舐めます……、おっぱい舐めます……」

念仏のように唱えながら、勝は乳房を舐め回していく。

チュパチュパと赤子のように豊満なバストを舐め回し、快感を生み出していくのであった。

「勝、ち×ぽの動きが緩慢になってるわよ。しっかり突いて。おま×この奥におち×ぽを挿れてズボズボするのよ」

「ぐ、ぅぅぅ……、先生のおま×こ気持ちよすぎて、あんまり速く動くとイッちゃいそうになります」

「もう少し、もう少し我慢して……、そうすれば、私もイケそうだから。一緒にイクのよ。そうしないとダメなんだからね」

「うおぉぉ。……先生……先生……。俺、頑張ります」

必死になって抽送を続ける勝。彼は少しでも刺激を変えようと、奏の脚を持ち上げ、その状態でピストンを生み出していった。

「ちょ、ちょっと、何て格好させるのよ……、恥ずかしいでしょ」

「先生のエッチな格好が見たくて。でも、こっちの体勢のほうが、気持ちいいんじゃないですか? さっきよりも奥に入ったような気がします」

おむつを替えるようなポーズをさせられ、一層剛直が奥まで届いた。

ずんずんとめり込むように膣内の奥深くまで突き刺さり、鋭い刺激が襲う。

「先生、気持ちいいです……、ち×ぽが蕩けそうだ……」

「あぁん、んんぁ……、私も、私も気持ちいい……、ズボズボおま×こ突かれるの気持ちいいのぉ……、勝、その調子で突き続けて……、私もイキそうだから」

断続的なアクメが奏を襲い、その感覚が徐々に小さくなっていく。

じわじわと快感の塊が全身を貫き、大きな満足感となって彼女を包み込んでいった。

「あぁ、先生、俺、もうダメです、イキたい! イッてもいいですか?」

必死に下半身に力を入れて耐えていた勝であったが、最早限界は近い。

激烈な射精感が広がり、我慢の限界を迎えていく。

「わかったわ。イッてイイわ。精子出しなさい」

「あ、あの、中に出してもいいんですか? 俺、先生の中に出したい!」

「んんぁん、中出しですって? あんたって本当に生意気よ。んんん。でもいいわよ、今日は安全な日だから。中にビュルビュルって精子出してぇ……」

「わかりました。じゃあ精子を中に出しますからね」

「あぁん、んんん、私も……、私もイキそう……、おま×こが気持ちよくておかしくなりそうー」

「うおぉぉぉ、出る……、精子出ます……」

「勝……、勝……、出して、精子を中に出してぇー。お願いぃ!」

次の瞬間、激しい性の高鳴りが発生した。

そして、ビュルビュルドピュと勢いよく牡の欲望を発射させていく。

「んぐ、んんぁ……、出てる……、精子がたくさん……、私のお腹の中に……、あぁん、熱い……、精子熱いわぁ……」

「先生、気持ちいい……、気持ちよすぎます……、おま×こがキュッと締まってち×ぽを締め付けるんです。精子が搾り取られます」

「精子を最後まで搾り取ってあげる。覚悟しなさい」

「はぅぅ……、んんん。気持ちいい……、あぁ、ち×ぽが溶けてしまうぅ……」

激しい射精を終え、勝は恍惚としていた。そして、最後の一滴までザーメンを絞り出すと、そのまま果てるように崩れ落ちる。

「先生、気持ちよかったです……、ありがとうございます」

「中出しまでしたんだから、ちゃんと責任とって勉強しなさいよね。そうしないと許さないわよ」

「もちろん、勉強します。大丈夫です」

勝の初めてのセックスはこうして終わりを迎える。

しかし、これは全ての始まりに過ぎない。エッチな女子大生との淫らな関係は、これからも続いていくのであった――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください