連載官能小説『エッチな家庭教師たちとラブラブレッスン』第4回

連載官能小説『エッチな家庭教師たちとラブラブレッスン』第4回

退院後の高校生活も、まずまずの滑り出しであった。

奏とエッチなラブラブレッスンをして、勝は大きな満足を感じている。

(また、先生としたいな……。でも、勉強もしないとダメだよな)

自分の本業は学生。つまり、勉強しないとならない。

セックスだけではないのである。

(成績も上がってくれるといいけど。そうしないと、また留年しちゃうし……。そうなると、色々面倒だよな。親にも迷惑かけるし……)

こんな風にして、彼は高校生活を送っていたのである。

そして、学校が終わり、自宅でのんびりとしていると、不意にインターフォンが鳴った。

(誰だろう? 今日は奏先生の授業じゃないよな?)

彼の両親は共働きであるため、基本的に夕方は在宅していない。そのため、自分が出ないとならない。

「はい。どちら様ですか?」

トビラに向かって囁き、そして、戸を開く。

すると、全く知らない女性が立っているのがわかった。

(あれ、誰だろう? この人……)

勝の前に立っている女性。それは恐ろしくキレイな人であった。

奏も美女であったが、それとは違ったタイプのキレイさである。

「君が坂本勝君だな?」

「はい、そうですけど。あなたは一体?」

「私は野村瑞希。三品先生から、君の家庭教師をやるように命じられたんだ」

瑞希と名乗る美女は、どういうわけかジャージ姿である。アディダスの黒のジャージで、身体のラインに沿うようにピッタリとしたデザインであった。

「私はここで待ってるから、運動できる格好に着替えてくるんだ」

「え? 運動ですか? どうして??」

「決まってるだろう。運動するためだよ」

「えぇぇ。俺、運動はちょっと苦手で、したくないですよ」

「それはダメだ。何故なら、私は君の体育担当の家庭教師なんだから」

「体育……。そんな家庭教師までいるんですか?」

「そうだ。君の通う高校は、体育の成績も卒業には必要なんだよ。話によると、君は体育がかなり苦手のようだね。だから、私がこうして鍛錬をする。そう言うわけだよ」

「はぁ……、確かに体育は苦手ですけど……嫌だなぁ」

「グダグダ言ってないで早く準備したまえ。私はここで待ってるから」

ここまで言われると、最早断り切れない。ここは、運動の準備をするしかないだろう。

全く、やれやれである。

「わかりました。じゃあ準備してきます」

「うむ、いい心がけだな」

勝は一旦自室に戻り、運動できる格好に着替える。とはいっても、彼は学校の体操着以外、運動用の衣服を持っていない。そこで体操着に着替えて、瑞希の前に向かった。

「俺、ジャージとか持ってなくて、体操着でもいいですかね?」

「もちろんだよ。運動できれば何でもいいさ」

「じゃあ、これでいいですね。それで、運動って何を?」

「今日は初日だからな。とりあえずランニングをして、君の体力の基本を測るとするか」

「ら、ランニング……、げげぇ、マジですかぁ?」

「大マジだよ。さぁ行こう。走れば気持ちいいから」

ランニングなど、全くした経験がない。それに、奇病に犯され入院してから、運動などはしていないのだ。先日の体育の授業では、本当にヘロヘロであった。

「この近くに大きな公園があるだろう。その周りを走る。いいね?」

「はぁ、やりたくないなぁ」

「そんなこと言ってはダメだよ。私は君の家庭教師なんだから、しっかりとトレーニングを積んでもらい、君には無事に卒業してもらいたいんだ」

「その気持ちは嬉しいんですけど……。走るのは苦手で……」

「大丈夫。オリンピックを目指せと言ってるわけじゃない。卒業に必要な体力を付けるだけだから、君でも安心だよ」

褒められてるのか、貶されてるのかわからなくなったが、とりあえず走る必要があるようだ。ここは、覚悟を決めてやらなければならないのかもしれない。

(はぁ、何でこんなことに……、家で漫画でも読んでいたいよ)

公園に着くと、軽く準備運動をしてから、走り出す。

どうやら、瑞希も一緒に走ってくれるようだ。彼女は勝の前を走り、駆け抜けていく。

「せ、先生、ペースが速いです」

「おぉ、そうか、すまない、もう少しペースを落とそうか」

亀のような鈍足になりながら、二人は公園の外周を走っていく。

一周すると大体3㎞くらいのようで、まずは一周を走った。

「ハァハァ、先生、もう限界です」

「何! まだ一周だぞ。もう走れないのか?」

「走れません。だって、病み上がりだし。運動苦手だし……」

「まぁ病み上がりというのは本当のようだから仕方ないな。じゃあ今日はこの辺にして、軽くストレッチして家に戻ろう」

「はい。そうしてください」

公園の広場でストレッチをして、勝は自宅に戻った。しかし、どういうわけか瑞希も付いてくる。

「あの、先生も家に来るんですか?」

「うむ、今後の流れを一緒に確認したくてな。いいだろう?」

「俺は構いません。部屋の中、散らかってますけど」

「それは大丈夫だ。気にしなくてもよろしい」

「先生、俺、汗掻いたんでシャワー浴びてきてもいいですか?」

「そうだな。確かに運動後だし、シャワーはイイだろう。よし、それなら私も一緒に入ろう」

「はい、そうですね。…………って、えぇぇぇぇ! 今何て?」

思わずノリ突っ込みしてしまう。

「だから、私も一緒にシャワーを使うと言ったんだ。君の身体もチェックして、今後のデータにしたいからな」

「今後のデータって……、そんな……」

「入院で筋力が衰えているかもしれない。そうなったら筋トレする必要があるだろう。だからチェックさせたまえ」

瑞希は少し強引のようである。一度こうだと決めると、梃でも動かない。

(こんなキレイな人とシャワーを浴びたら、ち×ぽが勃っちゃうかもしれない。う、ううぅ、悩ましいよ、本当に……)

結局、二人は一緒にシャワーを浴びることになった。

勝は服を脱ぐのに躊躇していたが、瑞希はすんなりと裸体を見せた。

(先生、俺を男って意識してないのかなぁ……。で、でも、凄くキレイな身体だ)

体育の家庭教師だけあって、瑞希のボディは瑞々しいくらい神々しかった。

女性らしいラインを描きながら、適度に筋肉が付き、健康的な身体である。

「どうした、勝君、早く脱がないか?」

「先生、俺、一応男なんですけど……」

「男だからどうした?」

「そ、その、先生の裸を見たら、あ、あの、ち×ぽが勃っちゃいます」

ち×ぽという言葉を聞き、瑞希は興味深そうな顔を浮かべた。

「君は私の身体を見て、勃起しているのか?」

「はい。そうです」

「勃起した男性器を見せたまえ」

「え? どうしてですか? 恥ずかしいですよ」

「イイから。君の身体は、隅々までチェックしておきたい。早く見せるんだ」

そう言い、瑞希は勝の服を強引に脱がせた。

既にビンビンになったペニスが、露になってしまう。

「うむ、元気いっぱいだな。健康な証だ」

「あ、あの、先生、俺、我慢できません……」

「我慢できない? 何を言ってる??」

「先生の裸見てたら、興奮しちゃって……、興奮を諌めたいんですけど」

「具体的にどうしたらいいんだ?」

「そんなこと、言えませんよ……」

「私は君の家庭教師だ。できることなら協力するよ」

「本当に何を言ってもいいんですか? 引かないですか?」

「安心したまえ。大丈夫だから」

「じゃ、じゃあ、その、ち×ぽを舐めて欲しいです……」

「それは、俗にいうフェラチオというヤツだな?」

「そうです。俺、フェラとか経験したことなくて。だから先生にしてもらいたいんです」

「仕方ないな。私も経験がないが、してあげよう。但し、しっかり私と鍛錬すること。これは約束だよ」

「はい、もちろんです。しっかり鍛錬します」

と、勝は元気よく答える。

「それで、フェラってどうすればいいんだ?」

「ええと、まずは亀頭をペロペロ舐めてください」

「亀頭というのは、先端だな? よし、そこを舐めてやろう」

瑞希は舌をスッと出し、チロチロと亀頭を舐め始めた。

性器を舐められるというのは、どこか独特な感じがして、心地いい。

「どうだ。勝君、気持ちいいか?」

「はぅ……、気持ちいいです……。温かくて、ヌメヌメして、ふぁあ……」

既に尿道口からは、カウパー腺液が滲み出し、ヌラヌラと光り輝いていた。

「勝君、何か出てきたぞ」

「はい、我慢汁です。気持ちよくなると出ちゃうんです。先生、ち×ぽを咥えてもらえませんか? それでシコシコして欲しいんです」

「咥えればいいんだな? こうか??」

瑞希は口をいっぱいに広げて、静かにペニスを咥えこんだ。

口腔内の粘膜のねっとりした質感が、肉竿全体を覆っていく。

「あぅぅ、気持ちいい……。口の中にち×ぽが……、あぁ、凄い感覚だ……」

「んじゅぼ、んじゅ、じゅぼじゅぼ……」

激しい淫音を鳴り響かせながら、瑞希はフェラを続けていく。

彼女自身初めてのフェラチオであったが、それを続けていくと興奮していく自分がいるのに気が付いた。

(うぅぅ、私、勝君のおち×ぽ舐めて興奮してるみたいだ……。脳髄を刺激されるぅ)

「せ、先生、俺、気持ちよくてイッちゃいそうです?」

「イッちゃう? それはどういう意味だ?」

「そ、その、つまり、精子が出ちゃうってことです」

「射精というヤツだな。男の子は気持ちよくなると、精子をビュルビュルって出すのは知ってるぞ。よし、そんなに気持ちいいのなら、精子を出してスッキリしたまえ」

「口の中に出してもいいですか?」

「んぐ、んんぁ……、もちろんだ、私の口の中に出してしまえ。受け止めてあげるから」

「うぅぅ、ありがとうございます。じゃあ、たっぷり口の中に出しますね」

しゅぼしゅぼと口腔をフルに使って、ペニスを扱いていく瑞希。次第にフェラチオにも慣れて、動きも速まっていくのであった。

「あぁ……、先生、出る! 精子が出ます」

「じゅぼ、んぐぅ、出すんだ……、精子を出したまえ!」

ジンジンとペニスが熱くなったと思うと、激しいオルガスムスが訪れた。

そして勢いよく子種を放出する。

(んんん……、あぁ、出てるぞ、凄い勢いで精子が……私の口の中に……。それにしてもスゴイ量だ。含み切れない……)

あまりの量のスペルマを受け止め、口の中がいっぱいになる。

それでも、ザーメンは収まることがない。

「先生、飲んで! 俺の精子を飲んでください」

(飲む? この精液を飲めばいいんだな? くぅ、うぅぅ……)

瑞希はゴクリと咽頭を震わせて牡汁を一気に飲み込んだ。

粘つくドロリとした液体が、静かに喉の奥に流れていく。

「先生、精子、飲んでくれたんですか?」

「君が飲めと言ったんだろう? それに、あまり量に飲むしかなかったんだ」

「うわぁ、ありがとうございます。俺、嬉しいです」

「これでスッキリしただろう。さぁシャワーを浴びよう」

とはいうものの、勝の怒張はいきり勃ったままであった。

それを見た瑞希は、不思議そうに声を出す。

「勝君、まだおち×ぽが勃ったままだが……」

「はい。実はまだ興奮していて」

「まだエッチなことがしたいんだな?」

「はい。先生のおま×こをクリクリしたいです」

「私の性器を弄りたいというわけか……。しかしなぁ、私と君は教師と生徒という関係だし……」

「先生だから、俺に色々教えて欲しいんです。ほら、保健体育とかあるし」

「なるほど、保健体育か……、それなら君に教えないとならないな。私の性器を使って、君に授業をするわけだ」

「そうです。先生のおま×こ、凄くキレイで、もっと間近で見たいんです」

「うううぅ、恥ずかしいが、君がそこまで言うのなら、見せてあげよう。ちゃんと勉強するんだぞ」

「はい! もちろんです!!」

勝は意気揚々と叫び、瑞希の下半身に視線を注いだ――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください