連載官能小説『エッチな家庭教師たちとラブラブレッスン』第5回

連載官能小説『エッチな家庭教師たちラブラブレッスン』第5回

スッと瑞希の裸体に視線を注ぐと、いきり勃った肉棒がグッと震える。

徐に、瑞希の下半身に近づき、そっと手を伸ばす。

「先生、おま×こ触りますよ」

「んんん。何か緊張するな。でも、君が触りたいのなら、思う存分触りたまえ」

「ありがとうございます」

浴室で、二人で性器を見せ合っている。それは、不思議な光景であった。

高鳴る興奮を抑えながら、勝は瑞希の秘唇に手を当てた。

(あ、熱い……、先生のおま×こ、熱くなってる……)

ヴィーナスの丘には、フワフワとした淫毛が生え揃っている。

やや剛毛のようで、密生している感じであった。

「先生、おま×こが濡れてます……」

「あぁう……、そんな風に触られたら、濡れてしまうに決まってるだろう……。んんぁ……」

「もっと触ってもいいですか?」

「うむ、もっと触ってくれ。こっちまで興奮してくるから」

膣口を指で擦っていくと、ヌメヌメとした淫蜜が溢れ出してくる。

半透明の蜜液が、勝の指に付着し、キラキラと輝いて見えた。

「エッチなお汁がどんどん出てきます」

「んんぁ……、あぁん、当然だろう……、君の触り方がいやらしいんだよ」

「先生、気持ちいいですか? おま×こ弄られてどんな感じです?」

「うぐぅ……、恥ずかしいが……、んぁ……、あぁ、気持ちいい……、おま×こが熱くなって気持ちいいよ……」

「おま×この中に指を挿れますね」

「あぁん、指を挿れるつもりか……、んぐ、んんん。優しく扱うんだぞ……」

「もちろんです。先生のおま×この中、トロトロとしていて温かいですよ」

「膣の中は、体の中でも体温が高いと言うからな。それに、興奮してるから余計に熱く感じるんだよ」

「先生のおま×こ、ピッタリと指に吸いついて、にちゃにちゃしてます」

「んぐぅ……、そんなこと一々言わないでもいい……、恥ずかしいじゃないか」

「先生ってどこか怜悧な感じがするのに、エッチなことをすると、可愛らしい声を出すんですね。凄く魅力的です」

「こら、年上を揶揄うもんじゃない……。全く、勝君は生意気な生徒だな……」

「すみません。生意気言ってるつもりはないんですけど。でも、とにかく魅力的ですよ……。もっと、おま×こ弄らせてください」

指を奥深くまで挿入し、クリクリと胎内の感触を味わっていく。

膣壁は少しザラついていて、指にピタッと吸いついてくる。

「奥の方まで指が入っていきますよ。奥を刺激されるの気持ちいですか?」

「う、うぅぅ……、気持ちいいよ……。年下の学生におま×こ弄られて感じるなんて、かなり恥ずかしいけどね」

「先生、クリトリスも弄ってあげます。もう少し脚を開いてください」

「脚を開けばいいんだな。仕方ない、このくらいかな?」

勝の言う通り、瑞希は脚を開いた。

胎内の奥深くまで指を挿れて、さらに陰核を擦りあげていく。

「う、うぐぅ……、そ、そこは敏感だから、なるべく優しく扱ってくれ……」

「クリトリス弄ったら、おま×こがキュッと締まりましたよ。感じてるんですね」

「んんぁ……、あぁん、感じてる……、そうだよ、私、クリを弄られて感じてるの……、あぁん、気持ちいい」

「おま×こを指でクリクリされながら、さらにクリトリスを弄られて、感じてるんですね……、先生、可愛いです……。もっと感じてください」

「んんんー。あふぅん……、あぁ、クリもおま×こも両方気持ちいい……、あぁ、勝君、堪らないよ……」

「先生、次はおま×こを舐めてあげますよ……」

「何? 舐めるだって?? そんなところは舐めるもんじゃないぞ。汚いから止めるんだ」

「大丈夫ですよ。ここは浴室ですし、先生の身体はどこだってキレイですよ。それに、俺、おま×こ舐めるの好きなんです……」

「君はそんなに経験豊富なのか?」

「あ、否。まだ一人しか経験していないんですけど、とにかくおま×こ舐めさせて下さい」

「あうぅぅ……、もうどうなっても知らないぞ。うぅ、恥ずかしいんだから、あんまりベロベロ舐めるんじゃないぞ」

「ベロベロ舐めちゃいます。大丈夫ですよ。きっと気持ちよくなれますから」

勝はそう言って、自らの顔を女性器に近づけていく。

すると、ツンとした馨しい香りが漂ってくるのがわかった。

「先生のおま×こ、いい匂いがします。あぁ、堪らないよ、この匂い……、凄く興奮するんです」

「こ、こら、匂いを嗅ぐな。嗅いじゃダメだったらぁ……」

熟れた果物のような香りがする性器を、勝はくんかくんかと嗅いでいく。

こうすると、ますます怒張がいきり勃ち、興奮していくのであった。

「んちゅ、んちゅぐ……、ちゅぐ……ちゅぱ……にちょん……」

淫音を鳴り響かせながら、勝は女陰を舐め回していく。

しとどに淫蜜が溢れ出し、そのラブジュースを啜るように飲み干していった。

「あぁん、勝君、それ以上されると、わ、私、おかしくなってしまうよ」

「おかしくなってください。それに、気持ちよくなったらイッてもいいんですよ」

蜜壺をペロペロと舐められ、次第にアクメを覚え始める。

女の部分が熱く反応し、じわじわと淡い悦楽が降り注いでくるのであった。

「先生のおま×こ、凄く美味しいです……、ハチミツを舐めてるみたいだ……、あぁ、そうだ、最後にクリトリスを舐めてあげますよ。これでイッて下さい」

「クリはダメだよぉ……、そんなとこ舐められたら、ホントにイッちゃう……」

瑞希の口調も徐々に柔らかくなり、女らしくなっていった。

淫声に艶が出てきて、勝は最後の仕上げに、陰核を舐め上げていった。

「先生のクリトリス、プクっと勃起したみたいになって可愛いです。んんん、じゅる、じゅぴぷ……、くちゅ……」

「あぐぅ……、クリが……、クリが感じるのぉ……、んんぁ……、そんなに弄っちゃダメェェェ」

大きなアクメが襲いかかってきて、瑞希は卒倒寸前になっていた。

こんなにも気持ちよくなったのは、もしかすると初めてかもしれない……。

(あぁ、私イッてしまう……、年下の男の子におま×ことクリを舐められて、イカされちゃう……、んんんぁ……、恥ずかしいけど、もう我慢できない……)

ガクガクと身体を震わせ、快感に酔いしれていく。

「先生、おま×こがヒクヒクと痙攣してきました。イキそうなんですね?」

「うん、イキそう……。イキそうなの……。んんぁ……、あぁん」

「イッて下さい。イクところを俺に見せてください」

「勝君……、あぁぁん、イクゥ―!!」

陰部と陰核をダブルで刺激され、とうとう瑞希は果ててしまう。

淡かった快感が、最後は鬼のように鋭くなり、全身を貫いていくのであった。

「先生、イッたんですね?」

「うむ、そうみたいだな。凄く気持ちよかったよ、こんな経験は初めてだよ」

「俺も先生とエッチなことができて嬉しかったです。あ、あの、その、よければ、部屋に戻ってこの続きをしませんか?」

「続き? まだ何かしたいのか?」

「はい。ここまで来たら、セックスもしたいです……」

「なっ! セックスだって……、だがね、君と私は、そういう関係じゃ……」

「保健体育ですよ。先生、俺に女の子の身体を教えてください。つまり勉強するんです」

勉強という言葉を囁かれると、瑞希は断れなくなる。

勉強のためなら仕方ない。と、思ってしまうのであった。

「仕方ないな。体育の成績が下がったら私の責任にもなるから、君には頑張ってもらいたいんだ。私とセックスして、君がやる気になるのなら、私が身体を使って女の仕組みを教えてあげよう……」

「うわぁ……、ありがとうございます……。じゃあ、部屋に移動しましょう」

嬉々として語る勝。肉棒に力が漲り、一層いきり勃っていくのであった――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください