連載官能小説

連載官能小説『温泉宿の女将の甘い誘惑』第10回

連載官能小説『温泉宿の女将の甘い誘惑』第10回 孝信とのセックスは、夢のような時間であった。まさか、あんな関係になるとは思っていなかったが、明美は孝信に抱かれて満足していた。 明け方、仕事をしていると、そこに孝信が現れた。その姿を見...
古き良きAV女優紹介

古き良きAV女優 第41回『細川しのぶ』

古き良きAV女優 第41回『細川しのぶ』 引用元:imgs.aventertainments.com 古き良きAV女優も今回で41回目を迎えます。 今回紹介するAV女優は、少し前の女優です。 それは、『細川しのぶ』。...
連載官能小説

連載官能小説『温泉宿の女将の甘い誘惑』第9回

連載官能小説『温泉宿の女将の甘い誘惑』第9回 四つん這いになったことで、秘所はくいッと押し広げられる。全体的にぬらぬらとした蜜壺に、孝信はペニスをあてがっていく。膣口にペニスを当て、そのままゆっくりと貫く。 ぬむぬむと、静かにペニス...
連載官能小説

連載官能小説『温泉宿の女将の甘い誘惑』第8回

 連載官能小説『温泉宿の女将の甘い誘惑』第8回 薫を仰向けに寝かせて、足を広げていく。秘部は既にぐっしょりと濡れており、ぬらぬらと光り輝いていた。トロトロとスフレのようになった蜜壺は、早くペニスを迎え入れたくて、小刻みに動いている。 ...
連載官能小説

連載官能小説『温泉宿の女将の甘い誘惑』第7回

連載官能小説『温泉宿の女将の甘い誘惑』第7回 ヴィーナスの丘には、ふさふさと柔らかい陰毛が繁茂している。体毛は濃くもなく、薄くもない。手入れはあまりしていないのか、大陰唇の周りまで、陰毛が生い茂っていた。ただ、その淫らな光景が、孝信を一層...
連載官能小説

連載官能小説『温泉宿の女将の甘い誘惑』第6回

連載官能小説『温泉宿の女将の甘い誘惑』第6回 明美とのセックスを終え、孝信は一人横になっていた。 あれだけ気持ちのいい体験をしたのは、本当に久しぶりである。心地よい満足感と、充足感が身体中を満たしていく。 (はぁ、もっとやりた...
連載官能小説

連載官能小説『温泉宿の女将の甘い誘惑』第5回

連載官能小説『温泉宿の女将の甘い誘惑』第5回 メリメリと、膣内をペニスが侵食していく。バックからの挿入は、正常位に比べると、やや深くなり、奥の方まで届く。全く違った刺激が入り、明美は強い満足感の中にいた。後ろから挿れられていると、なんだか...
官能小説レビュー

官能小説レビュー 第35回『北国の未亡人兄嫁【喪服と雪肌】』

官能小説レビュー 第35回『北国の未亡人兄嫁【喪服と雪肌】』 引用元: 官能小説レビューも今回で35回目を迎えます。 今回ご紹介するのは、なぎさ薫さんの『北国の未亡人兄嫁【喪服と雪肌】』です。 タイトルからそそられま...
連載官能小説

連載官能小説『温泉宿の女将の甘い誘惑』第4回

連載官能小説『温泉宿の女将の甘い誘惑』第4回 孝信にとって、セックスは久しぶりの行為であった。それだけに、気分は浮き立っている。とにかく、早く気持ちよくなりたい。思うのはそればかりだ。明美の両脚を左右に広げると、女陰が、くぱぁっと顔を出す...
古き良きAV女優紹介

古き良きAV女優 第40回『半沢あい』

古き良きAV女優 第40回『半沢あい』 引用元: 古き良きAV女優も今回で40回目を迎えました。 記念すべき、40回目に登場するAV女優は一体誰でしょうか? 今回は00年代の中期に活躍した『半沢あい』をご紹介...
タイトルとURLをコピーしました